「マーケティング」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

CMOのためのデジタルトレンド解説:
2022年のWeb解析 「GA4」の本格普及でマーケターに求められるスキルセットとは?
マーケティングリーダーが押さえておくべきデジタルテクノロジーのトレンドをエキスパートが毎月リレー形式で解説。今回は「2022年のWeb解析業務に求められるスキル」をテーマにお届けします。(2022/1/21)

好きなジャンルは?:
よく見ているテレビのジャンル 3位は「情報番組/ワイドショー」、2位と1位は?
CCCマーケティングは、普段テレビ番組を見ている全国16〜69歳のT会員を対象に、調査を実施した。よく見ているジャンル1位は「ニュース/報道」だった。(2022/1/20)

「ITmedia マーケティング」eBookシリーズ:
よく分かる「デジタルネイティブ」入門(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定期でお送りしています。今回のテーマは「デジタルネイティブ」です。(2022/1/19)

トンネル抜けるとマッチング!? ゲレンデでの男女の出会いを後押しするマッチング企画「Omiaiリフト」開催
マッチングアプリ「Omiai」を運営するネットマーケティングは、不動産業を展開するオープンハウスと共同で「群馬みなかみほうだいぎスキー場」を舞台に、ゲレンデでの男女の出会いを後押しするマッチング企画「Omiaiリフト」を開催する。(2022/1/18)

STマイクロエレクトロニクス エグゼクティブ・バイスプレジデント 野口洋氏:
PR:サスティナブル社会実現に向け技術革新&脱炭素を加速するSTマイクロエレクトロニクス
STマイクロエレクトロニクスは、豊富な半導体製品ラインアップを「オートモーティブ」「インダストリアル」「パーソナルエレクトロニクス」「コンピューター/通信機器」の注力4分野を中心に展開。2021年は各注力分野での力強い需要に支えられ、高水準の事業成長を果たした。2022年以降も、ニーズが高まるエッジAI関連製品やSiC/GaNパワーデバイスなどのラインアップをさらに充実させ成長を図るとともに、長年にわたって取り組むサスティナブル社会の実現に向けた施策を一層、加速させていくという。同社エグゼクティブ・バイスプレジデントで、中国を除くアジア・パシフィック地区のセールス & マーケティングを統括する野口洋氏に、これからの事業戦略について聞いた。(2022/1/21)

Apex Microtechnology マーケティング HelenAnn Brown氏/事業開発 Jens Eltze氏:
PR:「ハイスピード・ハイパワーなアナログ」で際立つ存在感、高電圧/大電流アンプで日本市場に切り込むApex
アナログ半導体を手掛ける米Apex Microtechnologyは、ハイスピード・ハイパワーに特化しているという点で、他のアナログ半導体メーカーとは一線を画す存在だ。今後は、アナログ技術に対する高い専門知識と、主力製品であるハイスピード/高電圧/大電流出力のパワーオペアンプを武器に、日本市場でのビジネス拡大を狙う。戦略マーケティングマネジャーのHelenAnn Brown氏と事業開発ディレクターのJens Eltze氏に、同社の強みと日本でのビジネス拡大に対する意気込みを聞いた。(2022/1/13)

Digi-Key Electronics プレジデント兼COO Dave Doherty氏:
PR:半導体不足を「2年前から予測」、万全の備えでサプライチェーンを支えるDigi-Key
半導体や部品の供給難で多くの分野が困難を強いられた中、米大手ディストリビューターのDigi-Key Electronicsは、約2年前から増強してきた在庫で対応し続けている。プレジデント兼最高執行責任者(COO)を務めるDave Doherty氏が、こうした予測不能な市況を切り抜けるための投資戦略の他、次世代のエンジニア育成に向けたマーケティング戦略について語った。(2022/1/13)

Mouser Electronics APACマーケティング&ビジネス開発担当VP Daphne Tien氏:
PR:部品数も品種も「圧倒的」、供給難を乗り越えるマウザーの在庫戦略
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)や半導体/部品不足の先行きが不透明な中、2021年の売上高を大きく伸ばしたMouser Electronics(マウザー・エレクトロニクス)。本社VP, APACマーケティング&ビジネスデベロップメントを務めるDaphne Tien氏は、困難な状況下でも、同社ならではの在庫戦略で切り抜けてきたと語る。(2022/1/13)

16〜19歳に「成人年齢が18歳になること」を知っているか聞いた 結果は?
CCCマーケティングとTポイント・ジャパンは、これから成人を迎える全国16〜19歳を対象に、「成人年齢の引き下げ」についての調査を実施した。「成人年齢が引き下げられることは知っていたが、時期までは知らなかった」と答えた人は33.1%だった。(2022/1/12)

JX通信社と日立、AIでインフル流行予報
 JX通信社(東京都千代田区)と日立社会情報サービス(東京都品川区)は1月6日、AIでインフルエンザの予報を行うテストマーケティングを開始したと発表した。日立グループの開発したLumadaソリューション「感染症予報サービス」を活用し、ニュースアプリ「NewsDigest」の利用者に向け実施する。(2022/1/7)

「ITmedia マーケティング」eBookシリーズ:
SaaS企業を成長させる「うまいやり方」(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定期でお送りしています。今回のテーマは「グロースマーケティング」です。(2022/1/7)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2022年1月)
今週は、マーケティングオートメーション(MA)ツールの売れ筋TOP10を紹介します。(2022/1/4)

今日のリサーチ:
「2021年に満足している」人は5割――CCCマーケティング調査
CCCマーケティングは18〜69歳の男女1502人を対象に、インターネット上での意識調査「Tアンケート」による「2021年に関するアンケート調査」を実施しました。(2021/12/28)

「オウンドプラットフォーム」が鍵
脱Cookie依存のコンテンツ&データ戦略 マーケターの仕事はこう変わる
サードパーティーCookieの廃止によって、顧客の心をつかむコンテンツとそれを適切に届けるためのデータ戦略の重要性がますます高まっている。これからのデジタルマーケティングが目指すべきゴールとは。(2021/12/28)

2022年、SNSで流行るものは? 「ネオ居酒屋」「YouTube Shorts」などがランクイン
SNSトレンドマーケティング協会は、「2022年SNSトレンド予測番付」を発表した。横綱は「ネオ居酒屋」(東)と「YouTube Shorts」(西)だった。そのほか、大関や関脇に選ばれた2022年のトレンドは?(2021/12/25)

マルチチャネルマーケティングの実例5選【第1回】
一流ブランドが実践する「マルチチャネルマーケティング」の鉄則
効果的なマルチチャネルマーケティングを実践している企業は、ブランドリーチとメッセージング、一貫性、エンゲージメント、体験を重視している。重要なのはそれを顧客が好む手段で提供することだ。その具体策とは。(2021/12/24)

ソニーが「α7C」「α6600」受注停止 「α7 II」と「α6100」は生産完了に 半導体不足で
ソニーマーケティングは23日、デジタル一眼カメラ「α7C」と「α6600」の受注を停止すると発表した。11月に受注を停止した「α7 II」と「α6100」は生産完了となる。(2021/12/23)

夫の独立や転職に賛成? 反対? 「父親の職業」や「年収」が関係
 Parasol(東京都港区)の運営する未婚男女のマーケティング研究機関「恋愛婚活ラボ」は、女性側の「夫の独立や転職に関する意識調査」を実施した。その結果、「父親の職業」や「自身の年収」に相関がみられ、独立や転職に対する意見に差がでることが分かった。(2021/12/23)

IDCが2020〜2025年の国内デジタルマーケティング関連サービス市場を予測
IDCは国内デジタルマーケティング関連サービスについて、2020〜2025年の市場予測を発表した。IDCがアドバイスする「顧客接点を起点とした改革」とは。(2021/12/22)

2100人に聞いた:
転職や異動を考える上で、働き方が「とても影響する」と答えた割合は?
ネオマーケティングは、全国の20〜79歳の男女に「地域別・働き方リサーチ 第二弾:エンゲージメント編」を実施した。転職・異動を考えるうえで「働き方」はとても影響すると答えた割合は、九州・沖縄が32.1%でトップだった。(2021/12/21)

今日のリサーチ:
産地イメージと実際の産出額にギャップ 「ねぎは群馬」「メロンは北海道」じゃないの?
CCCマーケティング総合研究所が全国47都道府県の男女9143人を対象に「農水産物の産地イメージに関する調査」を実施。生活者の産地イメージと実際の産出額には意外と一致しないようです。(2021/12/21)

「ITmedia マーケティング」eBookシリーズ:
富士通の取り組みに学ぶ「営業改革」と「CX改善」(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定期でお送りしています。今回のテーマは「富士通のデジタルトランスフォーメーション」です。(2021/12/20)

顧客志向のCRM活動を実現:
カスタマーサクセスのためのクラウドBIツール「CrossData」でできること
クロス・マーケティングがクラウドBIサービス「CrossData」の提供を開始。(2021/12/14)

子どもが虫眼鏡で見た「これは何?」にAIがお答え 魔法のような知育サービス「おとるーぺ」始動
12月16日から、クラウドファンディングを通じたテストマーケティングを開始。(2021/12/14)

数クリックで「ABテスト」「パーソナライズ」も可能:
PR:煩雑な「Webサイト運用」はもう卒業――ノーコードで更新・改善するには
ネット利用が広く普及したことで、企業が運営する「Webサイト」は、ビジネスに直接インパクトを与える要素の一つになった。しかし、効率的なWebサイトの運用や継続的な改善には課題も多い。さらに一歩踏み出して、デジタルマーケティングのベースとなる顧客行動の集計や分析、可視化を自社のWebサイトで実現しようとすると、ハードルが高い。どうすればよいのだろうか。(2021/12/10)

ソニー「α7 IV」供給に遅れ 予想上回る注文で
ソニーマーケティングは9日、ミラーレスカメラ「α7 IV」について、購入者に届くまで時間がかかる可能性があると告知した。「予想を大幅に上回る注文を受けたため」。(2021/12/9)

1時間で約200杯を抽出:
ロボットアームで“コーヒー”を抽出 JR東が東京駅に導入
JR東日本は12月8日、シンガポールのCrown Technology Holdingsと連携し、ロボット型無人コーヒーバリスタ「Ella(エラ)」を活用したテストマーケティングを開始した。(2021/12/9)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2021年12月)
今週は、マーケティングオートメーション(MA)ツールの売れ筋TOP10を紹介します。(2021/12/7)

「ITmedia マーケティング」eBookシリーズ:
「世界を救う会社」が大切にする4つのコアバリュー(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定期でお送りしています。今回のテーマは「ファイザーの企業文化」です。(2021/12/6)

2021年最も多かった出会いの場所 3位「Twitter婚活」、2位「ノンアル合コン」、1位は?
未婚男女のマーケティング研究機関「恋愛婚活ラボ」を運営するParasolは、婚活男女200人を対象に「恋愛婚活」に関する調査を実施した。その結果、「2021年、最も多かった出会いの場所・場面」1位は、男女共に「マッチングアプリ」だった。(2021/12/4)

不動産テック:
デベロップジャパン、動画利用のDXソリューションパッケージ「GEO-DAM」本格提供
デベロップジャパンは、動画広告作成から配信、分析までを統合・自動化した動画エリアマーケティングDXソリューションパッケージ「GEO-DAM」を2021年9月から本格的に提供開始した。効率的かつ安価なプロモーションを実現することで、従来のチラシ広告に換わる精度の高い顧客獲得を実現する。(2021/12/1)

CMOのためのデジタルトレンド解説:
2021年の「広告」「Web解析」「SEO」 重要トピックスを振り返る
2021年のデジタルマーケティングのアップデート内容について「広告」「Web解析」「SEO」に絞って、振り返っていきたいと思います。(2021/12/1)

エバンジェリストに聞く:
アドビが考えるこれからのB2Bデジタルマーケティングとは?
日本国内で新たにリリースした「Adobe Real-Time CDP B2B Edition」やアトリビューション分析ツール「Bizible」の特徴とこれからのB2Bデジタルマーケティングについて、アドビの安西敬介氏に聞いた。(2021/11/30)

EVの長い充電時間をどう過ごすか 充電スポット周辺のグルメ情報伝える「EVごはん」
EVのデメリットとして真っ先に挙げられるのが充電時間の長さだ。マーケティングコンサルタントの石井啓介さんは充電時間を楽しむため、EVユーザー自身に充電スポットの近くで見つけたグルメ情報を投稿してもらうSNSグループ「EVごはん」を発足した。(2021/11/30)

忘年会、今のところ「予定なし」が77% 半数は忘年会自体に消極的
 クロス・マーケティング(東京都新宿区)は、全国の20〜69歳の男女を対象に「忘年会に関する調査(2021年)」を実施した。その結果、飲食店などで対面の飲み会を予定している人は2割ほどいるものの、ほとんどの人は年の瀬に忘年会をする予定はないことがわかった。(2021/11/27)

今日のリサーチ:
2021年のMA導入率は微増 クラウドサーカス「マーケティングオートメーション意識調査」
企業活動における新型コロナウイルスの影響が心配される中、2021年のMA導入率は17%。2020年の15%から微増となりました。(2021/11/22)

「よく買う冷凍食品・レトルト食品」 チャーハン、麺類を抑えて1位になったのは?
リサーチ会社のクロス・マーケティングは、「冷凍食品・レトルト食品に関する調査(2021年)」を実施した。普段よく買う冷凍食品は? 男女間で差はあるのか? などを調査した。(2021/11/20)

営業プロセスの中身:
セールスコンテンツの重要性が高まる。コンテンツマーケティングも変わるか
コロナ禍で、営業プロセスの中身はどう変ったのだろうか? コロナで最もビジネススタイルが変ったのは、営業ではないかとよく言われるが……。(2021/11/20)

企業のマーケティング高度化と持続的な事業成長を実現:
電通と電通デジタル、複数メディアを統合的にモニタリングするマーケティングダッシュボード「MIERO」を提供
企業の持続的な事業成長に貢献する統合マーケティングダッシュボード。第一弾としてテレビ・デジタル動画統合管理ダッシュボード「MIERO Digi×TV」をローンチ。(2021/11/18)

今日のリサーチ:
前澤友作氏のスタートトゥデイがトップ 採用広報・マーケティングに強い200社――No Company調査
学生たちが最も話題にした企業、団体・組織。自社への興味・関心を持ってもらうにはどうしたらよいのでしょう。(2021/11/17)

プチぷよ:
HISがミニトマト栽培 “農業事業”を新たな柱へ
エイチ・アイ・エス(HIS)は11月15日、「農業プロジェクト」としてミニトマト栽培の実証実験とマーケティングを始めると発表した。(2021/11/16)

「ITmedia マーケティング」eBookシリーズ:
つぶれないお店の「LINE」活用(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定期でお送りしています。今回のテーマは「店舗のLINE活用」です。(2021/11/15)

Apple Store、「ホリデーシーズン・マーケティング」を復活
2020年はコロナ禍で実施されなかったApple Storeのホリデーマーケティングが復活している。(2021/11/15)

今日のリサーチ:
「ポイ活」「リテール広告」に注目 LBMA Japanが位置情報マーケティングサービスのカオスマップを公開
位置情報は今後、マーケティングにどう活用されていくのでしょうか。(2021/11/12)

2度目のコラボ:
『鬼滅の刃』との限定モデル登場 ソニーのウォークマンとノイキャンイヤフォン 「ファンへの販促の一環」
ソニーマーケティングは、アニメ『鬼滅の刃』とコラボした限定ウォークマンとワイヤレスノイズキャンセリングイヤフォンを販売すると発表した。同日からオンラインストアと直営店での受け付けを始めたほか、23日からは店舗でも数量限定で販売する。(2021/11/11)

エンゲージメント量を計測:
「学生の注目企業2021」 SNS上で話題になったトップ200社を発表
採用マーケティング支援を行うNo Company(東京都港区)は、SNS上で学生から関心が高い「学生の注目企業2021」を発表した。SNS上でエンゲージメントが高い企業を一覧にまとめた。10万以上のエンゲージメントを獲得した2社は?(2021/11/11)

今日のリサーチ:
2021年のSNSマーケティング予算 約7割の企業が増額――アライドアーキテクツ調査
「食品」「飲料」「化粧品」「外食」「小売」の各業種におけるSNS活用実態は?(2021/11/10)

勘違いだらけのWebマーケティング【第3回】:
離脱につながるUI/UX そのカート追加導線が残念な理由
Webマーケティングでよくある勘違いを紹介し、理想と現実のギャップを埋めるための本連載。第3回は「カート追加導線」について。(2021/11/8)

メルペイ、ENEOS&コスモ石油のiD決済に対応 10%還元も
スマホ決済サービス「メルペイ」が、ENEOSとコスモ石油マーケティングが運営する全国のサービスステーションのiD決済へ対応。これを記念し、支払い金額の10%相当分のポイントを還元するキャンペーンを行う。(2021/11/4)

SBI証券、「Pontaポイントサービス」開始 Tポイントも利用可能
 SBI証券は11月1日より、ロイヤリティ マーケティングと連携し「Pontaポイントサービス」を開始したと発表した。(2021/11/4)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。