• 関連の記事

「腫瘍」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「腫瘍」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

孫正義と医師が語る「ASI時代のがん治療」 AI活用で個別化医療の実現へ
ソフトバンクグループの会見では、孫正義会長兼社長とテンパスAI COOのRyan Fukushima氏、医師らを交え「ASI時代におけるこれからのがん治療のあり方」と題し、パネルディスカッションが開かれた。(2024/7/17)

まぶたの病気と闘う猫、手術後の“パッチリおめめ”に感涙の声 幸せあふれるビフォアフに「元気になってくれてよかった」「凛々しくなったね」
手術成功よかった!(2024/7/14)

つながれたまま置き去りにされた大型犬2匹、衝撃的な姿から1カ月後…… 驚異的な回復を見せる様子に「泣けてきます」
幸せに暮らしてほしい。(2024/6/15)

医療機器ニュース:
独自のイメージング技術を搭載した、内視鏡向け超音波診断装置を発売
オリンパスとキヤノンメディカルシステムズは、超音波内視鏡システムにおける協業合意に基づき、内視鏡向け超音波診断装置「Aplio i800 EUS」を、日本国内と欧州、オセアニア地域で順次、販売開始する。(2024/6/12)

パワーリフティング選手「私は皮と骨になった」 “風邪かと思った”珍しい病気でICUへ→20キロ失い歩けなくなってから復帰するまで
約1年間の努力が実を結び。(2024/6/6)

愛猫が天国へ旅立つ前夜に起こった“不思議体験” 飼い主の自責の念を救った“メッセージ”が心を打つ
「ペットロスとの寄り添い方」第29回は猫「大(だい)」くんです。(2024/5/24)

保険適用拡大で普及:
ロボット支援手術の第一人者に聞く 日本製「ヒノトリ」の可能性
ロボット手術の世界的第一人者、札幌医科大学 消化器・総合、乳腺・内分泌外科学講座の竹政伊知朗教授に、日本製の手術支援ロボットの可能性や今後の展望を聞いた。(2024/5/21)

緑内障の早期発見へゲームアプリと医療行為を連動 東北大などが日本初の試み
失明率の高い緑内障の早期発見・治療を可能にするため、東北大と仙台放送、日本生命、仙台市は16日、視野をチェックできるスマートフォン用のゲームアプリ「メテオブラスター」VR版と移動眼科検診を連動させた取り組みを5月からスタートすると発表した。ゲームアプリと医療行為を一体化させるのは日本初の試みという。(2024/5/17)

医療機器ニュース:
正診率約82%の早期胃がん深達度AI診断支援システムを発表
両備システムズと岡山大学は、内視鏡検査の画像を元にAIを用いて早期胃がんの深達度を判定する「早期胃がん深達度AI診断支援システム」を開発した。深達度を正診率約82%で判定し、医師の診断を補助する。(2024/5/15)

Netflix映画「よめぼく」、suisがカバーした「若者のすべて」が主題歌に 秋人の両親役に仲村トオル&大塚寧々
永瀬廉さん演じる秋人の両親役に仲村トオルさんと大塚寧々さん。いいキャスティングだ……!(2024/5/14)

医療技術ニュース:
生体深部を観測できる短波赤外蛍光色素を開発、がん診断への応用に期待
北海道大学は、短波赤外蛍光イメージングの医療応用に向けた蛍光色素の開発に成功した。生体深部の観測が可能になるため、がん診断やがん治療への応用が期待される。(2024/5/2)

【獣医師監修】猫が首をかしげる7つの気持ち 知っておきたい病気の可能性も徹底解説
猫が首をかしげる7つの理由と病気の可能性について獣医師が解説します。(2024/4/12)

ランサムウェア攻撃事例10選【前編】
“あの映像”まで流出……ランサムウェア被害組織のデータはこうして漏れた
二重恐喝といった新たな手口が使われ、ランサムウェアは依然として組織の脅威となっている。被害を受けているのはどのような組織なのか。攻撃に使われた手口と共に状況をまとめる。(2024/4/10)

「年末は連日検査、年明けに手術」市川由衣、悪性腫瘍の疑いで療養していた ファン驚き「そんなことが」
既に仕事を再開しています。(2024/4/4)

須藤理彩、娘の“半顔出し”ショットに「めちゃ美人!」「そっくりですね」 亡き夫・ブンサテ川島道行さん次女が小学校卒業
おめでとうございます!(2024/3/25)

ホロライブ・雪花ラミィが休止期間中の出来事を明かす 「がんリスク検査で全部引っ掛かって死ぬんだと思った」
実際はほぼ問題なかったようです。(2024/3/25)

【獣医師執筆】犬の呼吸が早い・息が荒い原因は? 愛犬のために知っておきたい病院に連れていくべき症状や対処法を解説
犬の呼吸が早い・息が荒い原因について獣医師が解説します。(2024/3/20)

医療機器ニュース:
希少がんである神経膠腫の画像評価精度を向上させるAI技術を開発
富士フイルムと国立がん研究センターは、MRI画像から神経膠腫の疑いのある領域を精密に抽出するAI技術を開発した。神経膠腫の治療前画像を高精度に評価できるようになるため、早期発見や診断精度の向上に役立つ。(2024/3/13)

32歳ですい臓がん“ステージ4”YouTuber、念願の結婚式に涙 「おじいちゃんとおばあちゃんになるまで生きる」と宣言
すてきな結婚式。(2024/3/11)

医療機器ニュース:
大腸内視鏡画像をAIが解析する診断支援ソフトウェアを発売
オリンパスは、NBIモードで撮影した大腸内視鏡画像を、AIが検査中にリアルタイムで解析する内視鏡画像診断支援ソフトウェア「EndoBRAIN-X」を発売した。同社製の大腸汎用スコープで使用できる。(2024/3/6)

オズワルド伊藤、がん手術の相方不在で“決死のピン芸”「必ず、一笑いとってくる」→漫才師の痕跡ゼロな姿になってしまう
畠中さん早く戻ってきてー!(2024/3/1)

亡き夫が連れて来た子犬が成長し、虹の橋を渡った日…… 家族をつないだ14年と「これからの幸せ」を願う姿に涙がとまらない
「ペットの介護エピソード」第11回はイングリッシュ・ポインターの悟空くんです。(2024/3/23)

「CSI:ニューヨーク」マック役俳優、33歳息子の死去を公表 「愛する人を失った全ての人へ」5年半の闘病生活つづる
代表映画作品に「フォレスト・ガンプ/一期一会」ダン中尉役など。(2024/2/28)

死別したばかりのパパを恋しがる赤ちゃん、家族写真を見せると…… 涙なしでは見られない反応が2400万再生【海外】
どうか幸せになってほしい。(2024/2/28)

ひつぎに入って帰宅した父犬に、息子犬が寄り添い…… 胸を打つ親子の絆と、埋葬後の愛に満ちた変化
「ペットロスとの寄り添い方」第24回はヨークシャテリア・琥珀くんです。(2024/2/9)

多くの持病を抱え11歳で介護が始まったワンコ…… “永遠の愛をくれた”愛犬を守るために奮闘した日々
「ペットの介護エピソード」第10回はキャバリア・キング・チャールズ・スパニエルのリリィちゃんです。(2024/2/3)

32歳ですい臓がん“ステージ4”YouTuber、抗がん剤治療やりきり療養へ「体力の貯金がなくなって」 “飲酒許可”には笑顔
がんの根治を目指した大手術後、再発防止の抗がん剤治療もやりきったそうです。(2024/1/28)

「よめぼく」Netflix映画として実写化 永瀬廉×出口夏希で余命宣告された2人の“期限付きの恋”描く
森田碧さんの小説『余命一年と宣告された僕が、余命半年の君と出会った話』が「余命一年の僕が、余命半年の君と出会った話。」として2024年配信。(2024/1/25)

「なんで俺なの?」大友康平の衝撃告白にエール続々 “腫瘍公表”も「いつまでも待ってます」「必ず復活して」
お大事に……。(2024/1/19)

坂上忍、11歳“13男”・平塚コウタの旅立ちに悲痛 余命宣告から一時回復も涙「お別れが来るのは分かってんです」「もっと出来たんじゃないか」
みんなに愛されたゴールデンレトリバーのコウタ。(2023/12/27)

売れ残っていた生後8カ月の猫をお迎え、約4カ月後…… 最期の126日間の記録に涙が止まらない
みんなを見守ってね。(2023/12/20)

「CYBERJAPAN DANCERS」渡辺加和が子宮内膜症で2度手術、卵巣&卵管摘出で号泣の過去も「わたしの中で財産になりました」
現在では周囲の支えを実感し「自分はなんてラッキーガールなんやろう……」(2023/12/19)

CRAZY COCO、最愛の母逝去で沈痛 脳腫瘍&胃癌&白血病に襲われた故人へ 「余命13ヶ月言われてたけど20ヶ月も」「最後まで闘った」
ご冥福をお祈りします。(2023/12/17)

「ホーム・アローン」じんとくるシーン演じたサンタ役俳優、治療費クラファン開始 容姿に影響およぶ治療明かし支援が続々
俳優仲間や一般のファンからもエールが。(2023/12/8)

愛猫が息を引き取る直前「ありがとう、楽しかったよ」と声を掛けたら…… 家族みんなが久々に集った夜の奇跡に涙
「ペットロスとの寄り添い方」第22回は猫・きららちゃんです。(2023/12/8)

「ヒバヒル」ブレンダ役俳優、脳腫瘍手術直前に夫の“裏切り”が発覚 壮絶告白に慰め続々「あなたのせいじゃない」
2015年からがんとの闘病をオープンに。(2023/12/7)

「人間の子どもみたい」「どこのロッチ中岡かとw」 術後服を着たデカワンコ、人に見えるスタイルに驚愕の声続々
気付いた瞬間びくってしちゃう。(2023/12/2)

ワンコ、虹の橋を渡ったお姉ちゃんの祭壇前にたたずんで…… 愛ある追悼に「ちゃんとわかってるんですね」感涙の声
大切な存在だったんだね。(2023/12/1)

寝たきりになった14歳のハスキー 10年ぶりのわが子たちとの再会を胸に虹の橋を渡り……「今を大切に生きた」姿に感動
「ペットの介護エピソード」第9回はシベリアンハスキーのダイアちゃんです。(2023/11/25)

手術を終えて“性格が変わるかも”と言われたうさぎ、帰宅1日目で……? まさかの姿に「涙が止まらない」の声
良かったね!(2023/11/16)

12歳で保護されたシニア猫→歯根腫瘍の手術を乗り越え…… “フミフミ”を再開した姿に「うれしくて泣けてくる」「おかえりなさい」
たくさん食べて長生きしてね。(2023/11/14)

医療機器ニュース:
中枢神経系悪性腫瘍を90分で診断する、術中統合診断システムを開発
横浜市立大学は、迅速病理診断と迅速分子診断を統合した、術中統合診断システム「i-ID」を開発した。中枢神経系悪性腫瘍の検体採取から、90分で正確に診断できる。(2023/11/8)

膵臓に腫瘍発見の北村総一朗、経過を報告「どうやら私の方に有利に進んでいる」
経過が順調で何よりです。(2023/10/31)

医療技術ニュース:
卵巣がんの新たな発がんメカニズムを解明
理化学研究所は、がんエピゲノムを標的としたマルチオミックス解析により、卵巣がんの新しい発がんメカニズムを解明した。予後不良な卵巣がんの新規治療法への応用が期待される。(2023/10/23)

医療技術ニュース:
血液検査で複数のがんを早期に検知するがんマーカーを発見
名古屋大学は、複数のがんを早期に検知する可能性を持った血液がんマーカー「SDF-4」を発見した。診断能の精度は、現在日常診療で汎用されている血液がんマーカーよりも高い。(2023/10/19)

ヘルニア、角膜腫瘍、歯周病に悩まされるも…… 前向きに生きるワンコと介護に“笑顔”で向き合う飼い主に感動
「ペットの介護エピソード」第7回はミニチュアダックスフントのたまごちゃんです。(2023/10/14)

パパが息子を叱るフリ→大型犬がとった予想外の行動が…… 390万再生の光景に「ドーベルマンを初めて可愛いと思えた」
葛藤が伝わってきます。(2023/10/13)

“イエモン”吉井和哉、早期の喉頭がん公表&年末ライブに言及 発表秒読み“渾身の新曲”についても明かす
11月には新曲を発表予定。(2023/10/11)

手術後の飼い主を心配して寄り添うワンコ、自身も病気とトラウマを抱え…… 必死で生きる犬を支える飼い主に話を聞いた
とってもとっても優しい子……。(2023/10/7)

がん再々再発の古村比呂、腫瘍巡る検査結果に医師も驚き「とても珍しく凄いこと」 治療継続も当人「心は前向きです」
数日前に11回目の抗がん剤治療。(2023/9/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。