「機械学習」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「機械学習」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

セキュリティニュースアラート:
Microsoft、生成AIシステムにおけるレッドチーム向けツール「PyRIT」を公開
Microsoftはセキュリティ専門家とMLエンジニアが生成AIシステムのリスクをプロアクティブに特定できるオープンな自動化フレームワーク「PyRIT」を公開した。PyRITはAIレッドチームの作業効率の向上が期待できる。(2024/2/27)

「AI/Automation for System Engineers」ライブ配信セミナー基調講演レポート:
AIを“敵”ではなく“相棒”にするための基礎知識
AIはエンジニアから仕事を奪うのか?――生成AIへの期待値の高まりとともに、改めてAIとの向き合い方が問われている。仕事でAIを使うことが当たり前になる時代に、エンジニアはどう振る舞うべきか。@ITが開催したセミナーからそのヒントを探る。(2024/2/27)

クラスタ管理者を支援する機能を追加:
Google、Kubernetes1.29に対応した「Google Kubernetes Engine」の新機能を解説
Googleは「Kubernetes 1.29」に対応した「Google Kubernetes Engine」(GKE)の新機能を解説した。(2024/2/26)

TechTargetジャパン 特選プレミアムコンテンツ:
「GPU」は「CPU」と何が違う? ゲーム以外で注目の訳
GPUはコンピュータゲームの画像処理にとどまらず、現在ではさまざまな用途に利用されている。GPUがゲーム業界以外からも注目される理由とは何か。導入時の注意点とは。(2024/2/25)

プログラミングを学びたいと思ったきっかけは? 実用的な理由が上位を占める結果に
NEXERとデジタルトレンドナビが共同で、プログラミングに関する調査結果を発表した。プログラミングを学びたいと思ったきっかけや、興味のある言語が明らかになった。(2024/2/23)

クリスタに画像生成AIを搭載する予定ない──提供元セルシスが発表 「データセットがクリーンなものしか使わない」
クリスタに画像生成AIが搭載する予定はない──イラスト作成ソフト「CLIP STUDIO PAINT」(クリスタ)を販売するセルシスは、そんな声明をX上に投稿した。(2024/2/22)

2024年、Googleの生成AI戦略とは【後編】
GoogleはマルチモーダルAI「Gemini」で“シェア拡大”となるか?
Googleは2023年末に発表した生成AI「Gemini」を発表。市場シェア拡大につなげる大きなチャンスとアナリストは見る。同社の戦略を解説する。(2024/2/21)

セキュリティニュースアラート:
GoogleがAI Cyber Defense Initiativeを立ち上げ OSSの防御ツールも公開
Googleは「AI Cyber Defense Initiative」の立ち上げを発表した。同社はこの取り組みをサイバーセキュリティのバランスを攻撃側から防御側へと傾ける大きなチャンスに位置付けている。(2024/2/20)

半径300メートルのIT:
高校生が学ぶ「情報II」が“本気すぎる” 研修にも使える教材のポイントを紹介
高校生の授業科目である「情報II」で学ぶ内容が非常に本格的だと話題になっています。大学時代に「情報」を学んでいた筆者が早速読んでみたところ、確かに“全くあなどれない”内容でした。(2024/2/20)

マテリアルズインフォマティクス:
低環境負荷防食剤の開発にMIを活用、材料探索範囲が従来の1万倍に
栗田工業は、Fracta Leapらとマテリアルズインフォマティクスを活用した低環境負荷防食剤の開発を開始した。従来の人手による材料探索法の1万倍の範囲を高速で探索できる。(2024/2/20)

量子コンピュータと企業のデータセンター【前編】
「量子コンピュータ」は何に使える? 期待できる“6つの用途”とは
量子コンピュータは実用化に向けた開発が進んでいる。具体的には、どのような用途に役立つのか。主な用途を6つ説明する。(2024/2/20)

深層学習モデルの仕組み【前編】
画像認識や生成技術の基礎「CNN」「GAN」とは? 押さえたい特徴と違い
主要な深層学習モデルとして「畳み込みニューラルネットワーク」(CNN)と「敵対的生成ネットワーク」(GAN)がある。両者には似通う点があるが、仕組みや使い方は異なる。その成り立ちから解説する。(2024/2/19)

大塚商会社長が語る「AIとDXに注力する理由」 “売上高1兆円”も視野に
“売上高1兆円”の大台を狙う大塚商会が今、AIとDXに注力している。同社が進める新しい営業の在り方とは何か。大塚裕司社長が語った。(2024/2/16)

Pythonデータ処理入門:
[NumPy超入門]異なる型のデータを格納する構造化配列を使ってみよう
NumPyの多次元配列の要素は全て同じ型である必要があります。が、異なる型のデータを1つの配列に格納したいこともあるはずです。それを可能にする構造化配列を紹介します。(2024/2/16)

PR:AIで販売データ分析 専門作業なしで「数万件の特徴量」抽出 アパレル企業が2人で挑んだAI検証の一部始終
(2024/2/16)

Marketing Dive:
Meta幹部が力説 AIへの投資が広告主に「なくてはならないもの」である理由
2023年第4四半期にMetaの広告ビジネスを前年同期比24%増の総額387億ドルにまで押し上げたものとは何か。同社グローバルビジネスグループ担当バイスプレジデントであるアルビン・ボウルズ氏が語った。(2024/2/15)

エッジテクノロジー株式会社提供ホワイトペーパー:
PR:DXの中核、データ分析プロジェクト推進にはどのような体制・人材が必要なのか
DXの中核となるデータ活用。多くの組織で取り組みが進んでいるが、データ分析プロジェクトを推進するAI人材などの確保に悩んでいるケースが少なくないだろう。中でも、第1フェーズである分析企画段階で必要な職種・スキルを解説する。(2024/2/15)

ポストコロナのIT事情【後編】
「PCリプレース」や「印刷」はどう変わる? IT部門が知っておくべき3つの動向
ハイブリッドワークが普及して働き方が変化する中、IT部門は従業員が利用するノートPCやプリンタからセキュリティまで、多方面からIT利用を見直す必要がある。具体的にどのような変化があるのか。3つの観点で解説する。(2024/2/15)

STマイクロ EVLSPIN32G4-ACT:
AI機能付きモータードライバーリファレンス設計
STマイクロエレクトロニクスは、3相モータードライバー「STSPIN32G4」をベースにした、エッジAI機能付きのモータードライバーリファレンス設計「EVLSPIN32G4-ACT」を発表した。(2024/2/15)

Coderpadが発表:
採用担当者が開発者に求めるプログラミング言語スキルランキングトップ10、PythonがJavaScriptを超えて1位に
CoderPadは人事、採用担当者が開発者に求めるプログラミング言語スキルランキングトップ10を発表した。(2024/2/14)

AI・機械学習の用語辞典:
密ベクトル(Dense Vector)とは? 疎ベクトル(Sparse Vector)との違い
全てまたはほとんどの成分が0以外の数値を持つベクトルを「密ベクトル」と呼び、その代表例にはテキストなどのEmbedding(埋め込み表現)がある。また、大部分の成分が0で、一部のみが0以外の数値を持つベクトルを「疎ベクトル」と呼び、その代表例にはテキスト文書のtf-idf値がある。(2024/2/14)

データサイエンスのモデル入門【第1回】
ギャンブルが起源「データサイエンス」の基礎が分かる“4つの予測モデル”とは?
データ駆動型の意思決定がビジネスに欠かせなくなった。企業は予測モデルを構築してシミュレーションを重ねることで、深い洞察を得ることができる。代表的な4つのモデルについて、その起源や特徴を解説する。(2024/2/14)

「AI PC」がノートPCに集中する理由【後編】
デスクトップPCではなく「ノートPC」こそ“AI時代の主役”になる理由
AMDやQualcomm、Intelといったプロセッサベンダーは、AIモデルが稼働可能なプロセッサのターゲットをノートPCに据えている。その理由は何か。現時点でそうした「AIプロセッサ」を採用する意味はあるのか。(2024/2/14)

オープンソースツール「localllm」を利用:
Google、GPUを使わずCPUだけで生成AIアプリを開発する方法を解説
Google Cloudは、Google Cloudのフルマネージド開発環境「Cloud Workstation」や「クオンタイズドモデル(量子化されたモデル)」と、新しいオープンソースツール「localllm」を組み合わせることで、GPUを使わずに、LLM(大規模言語モデル)ベースのAIアプリケーションを開発する方法を公式ブログで紹介した。(2024/2/13)

Microchip Technology 社長兼CEO Ganesh Moorthy氏:
PR:「6つのメガトレンド」に照準 2023年の難局を切り抜け、長期成長の基盤を固めたMicrochip
5GやIoT、データセンター、eモビリティなど「6つのメガトレンド」にフォーカスして事業展開を進めるMicrochip Technology。2023年は世界的に半導体需要が減速する中にあっても、長期的成長に向けた戦略を推進し、難局を突破した。引き続き需要の先行きが見えない2024年だが、マクロ経済環境が好転した際に機を逃さない万全の態勢を整備し、主要メガトレンド分野における顧客の課題を解決するトータルシステムソリューションを強化しているという。今回、同社の社長兼CEO(最高経営責任者)を務めるGanesh Moorthy氏に2024年の事業戦略を聞いた。(2024/2/8)

Marketing Dive:
生成AIでポストCookieの課題を乗り越えるために必要な3つのこと
Cookieの死が目前に迫って、マーケターはデータをより適切に管理する必要が生じている。だが、このタスクはAIで処理できる可能性がある。(2024/2/12)

プロンプトエンジニアリングツール7選【前編】
生成AIの回答を「指示の出し方」で洗練させるプロンプトエンジニアリングとは
LLM(大規模言語モデル)を活用しようとするエンドユーザーにとって、望ましい出力を生成させるために鍵となるのが「プロンプトエンジニアリング」だ。どのようなものなのか。実施するためのツールとは。(2024/2/12)

ポケモンバトルに特化したAI、ポケモン社が将棋AIの会社と開発 「竜王戦」ライブ配信に活用
ポケモン社は9日、ポケモンバトルに特化したAI「Pokemon Battle Scope」(PBS)を開発したと明らかにした。(2024/2/9)

CISOたちが激論、「経営者はセキュリティに理解がない」は言い訳か?
ISC2が開催したパネルディスカッションで現役CISOや元CSOら3人が、今後求められるCISOの役割や経営者とのうまい付き合い方などについて激論を交わした。(2024/2/9)

Google Cloudのコスト削減術【後編】
Google Cloudで「クラウドコスト」の無駄をなくす“基本の方法”とは?
「Google Cloud」にはリソースの使用に関するアドバイスをしてくれるサービス「Recommender」がある。他にもデフォルトの機能使えばコストを抑えられる可能性がある。(2024/2/9)

PR:国内詐欺サイト、検知率95%超え! スマホに「詐欺ウォール」を導入してネットの危険から身を守ろう
スマートフォンやPCでインターネットサービスを利用する際に注意したいのが「ネット詐欺」だ。BBソフトサービスが提供している「詐欺ウォール」は、国内のネット詐欺に特化しており、95%を超える検知率を特徴としている。ネット詐欺に遭いやすいのは「情報をうのみにしてしまう人」だという。(2024/2/5)

機械学習入門:
機械学習をPythonで学ぼう! 基礎、できること、ライブラリ
「知識ゼロから学べる」をモットーにした機械学習入門連載の第1回。ルールベースと機械学習ベースの違いから、教師あり学習などの学習方法、回帰/分類などのタスクまで基礎の基礎から説明。機械学習のためのPythonライブラリも概説する。(2024/2/8)

AppleやAMD、Qualcommも発想は同じ
実は新しくないIntel「Core Ultra」が“AI PCブーム”を着火させるのか?
IntelはPCで人工知能(AI)技術を利用できるようにするプロセッサ「Core Ultra」を市場に投入した。他ベンダーも同様の狙いに照準を合わせる中で、IntelがAI用プロセッサの投入を急ぐ理由と、その影響とは。(2024/2/8)

デル、テレワークやハイブリッドワークに最適なヘッドセットやマウスを発売 周辺機器の利用状況の調査結果も公表
デル・テクノロジーズは、テレワークやハイブリッドワークに最適なヘッドセットやマウスおよびなどの周辺機器を発売した。【更新】(2024/2/7)

AI・機械学習の用語辞典:
ベクトル検索(Vector Search)とは? キーワード検索との違い
用語「ベクトル検索」について説明。テキストなどのデータを数値ベクトル(埋め込み)として表現し、それらのベクトル間の類似度を計算することで、関連する情報を見つけ出す検索方法を指す。Azure OpenAI Serviceの独自データ追加機能で利用可能な「キーワード検索」「ベクトル検索」「ハイブリッド検索」「セマンティック検索」という検索手法の違いについても言及する。(2024/2/7)

マルチクラウド、エッジ、5Gを駆使
AWSとGoogleで実現 オンプレミスでは駄目だった“小売業者の理想”とは?
小売業者Ocadoは複数のクラウドサービスを駆使することで、“オンプレミスだけ”ではできなかった、自社の要望に沿ったシステム運用ができるようになった。オンプレミスとクラウドサービスを併用する仕組みとは。(2024/2/7)

「AI PC」がノートPCに集中する理由【前編】
NPU搭載の“AIノートPC”はなぜCPUではなく「専用プロセッサ」を使うのか?
プロセッサベンダーはノートPC市場に向けて、AIモデルが稼働可能なプロセッサを投入している。その理由を考えるために、まず「AIとは何なのか」を理解しておこう。(2024/2/7)

生成AIで絶好調のサーバベンダー【前編】
高まる「クラウド不信」でサーバベンダーが“独り勝ち”の理由
生成AIに関心が集まる一方で、クラウドベンダーに自社のデータを渡すことを警戒している企業は珍しくない。生成AIの需要増から、サーバ業界に変化が起きている。(2024/2/7)

CIO Dive:
GPU不足が深刻化 生成AI導入を急ぐCIOは早めに手を打つべきか?
生成AIの急速な普及に伴い、処理に不可欠な半導体の不足が深刻だ。半導体メーカーやハイパースケーラー、その他のITプロバイダーは、企業が生成AI導入に必要とするプロセッサの提供を急いでいる。(2024/2/7)

アラブ首長国連邦の新しい「成長の原動力」【前編】
創立4年目で存在感 “人工知能大学”とはどんな大学なのか
アラブ首長国連邦はAI技術の活用を国家戦略に据え、新興大学の発展に力を入れている。同大学は国内の人材育成、シンクタンクとしての役割を担い、存在感を見せ始めている。どのような大学なのか。(2024/2/7)

人はなぜワクチン反対派になるのか──東大などがツイート分析 「陰謀論などに傾倒する人がなりやすい」
東京大学などの研究チームは、コロナ禍で新たに“ワクチン反対派”になる人の特徴を明らかにした研究成果を発表した。(2024/2/6)

炭化したパピルス巻物をAIで解読するコンテストで2000文字以上解読成功
ポンペイ火山噴火で埋もれた図書館から発掘された炭化したパピルスの巻物を解読するコンテスト「ベスビオ火山チャレンジ」で、新たな機械学習アルゴリズムが開発され、11行2000文字の解読に成功した。(2024/2/6)

IIFES 2024:
リニア搬送装置同士が高速同期制御、加減速ない止まらない設備で生産性向上
ベッコフオートメーションは「IIFES 2024」において、リニア搬送システム「XPlanar」などを活用したデモ展示を行った。(2024/2/6)

上位職種の平均月額単価は100万円を超える:
「TypeScript」「Go言語」などを扱うフリーランスエンジニアの需要が高まる パーソルキャリア
パーソルキャリアは「ITフリーランスエンジニアの平均月額単価ランキング」を発表した。職種別、業種別、言語別のいずれも、前回の調査から平均月額単価が上がっていた。(2024/2/6)

Innovative Tech:
中国のネット監視・検閲「グレートファイアウォール」を個人で再現 オープンソース「OpenGFW」公開中
米国の研究機関であるAperture Internet Laboratoryは、Linuxで動作する中国のインターネット検閲システム「グレートファイアウォール」をオープンソースで実装したシステム「OpenGFW」を発表した。(2024/2/6)

2024年、Googleの生成AI戦略とは【前編】
GoogleのAIモデル「Gemini」は“まずコストとプロセッサが特徴的”と言える訳
2023年末にGoogleが発表したAIモデル「Gemini」。Googleの製品にはどのような変化をもたらすのか。GPUではなくGoogle独自プロセッサを利用することで期待できるメリットとは。(2024/2/6)

今日のリサーチ:
ITフリーランスエンジニアの平均月額単価ランキング
DXの進展でIT・テクノロジー領域の人材需要が拡大しているようです。(2024/2/5)

AIワークフローのセットアップ、開発、移行の簡素化、迅速化を支援:
「NVIDIA AI Workbench」のβ版が登場 AI/MLプロジェクトのエンタープライズ対応ツールキット
NVIDIAは、GPUシステムでAIやMLプロジェクトを開発するためのエンタープライズ対応ツールキット「NVIDIA AI Workbench」のβ版をリリースした。(2024/2/5)

ドコモの通信品質、9割以上の対策が完了 「d払い」アプリを品質改善に活用
NTTドコモが2月2日、通信サービスの品質改善についての取り組み状況を説明した。点(2000箇所)と線(鉄道動線)での集中対策は計画通り完了し、通信品質が大きく向上したとしている。体感品質の向上に向けて、「d払い」アプリのバーコード表示時間も活用する。(2024/2/2)

GoogleのAI「Bard」、日本語で「Gemini Pro」と「G」ボタン対応 英語なら描画も可能に
Googleは生成AIチャット「Bard」の2024年最初のアップデートを発表した。「PaLM 2」ベースから「Gemini Pro」ベースになり、日本語でも回答の再確認が可能になり、英語で画像を生成可能になった。(2024/2/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。