• 関連の記事

「プリクラッシュセーフティシステム」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「プリクラッシュセーフティシステム」に関する情報が集まったページです。

「Apple Vision Pro」をiFixitがさっそく解剖 EyeSightのしくみを探る
Appleが2月2日に発売した空間コンピューティングヘッドセット「Apple Vision Pro」を、iFixitがさっそく分解し、レポートを公開した。第1弾では外から目が見えるような機能「EyeSight」のしくみを探っている。(2024/2/4)

ドローン+AIで橋梁を点検、労力やコストカットへ
衝突回避センサーを備えたドローンにロボットカメラを搭載し、撮影した画像を人工知能(AI)が解析してひび割れなどを見つける。狭い場所の点検も容易で、マンパワーに頼った従来の点検と比べ、約4割のコストカットにつながるという。(2024/2/2)

日産の商用バン「クリッパー」がEVに 航続距離はフル充電で最大180キロ
日産自動車が「日産クリッパーEV」を2月12日に発売する。荷室性能と積載量を確保しつつ、安全性能も充実させた。(2024/2/2)

走るガジェット「Tesla」に乗ってます:
テスラの運転支援「オートパイロット」って実際どうなの? 「モデル3」オーナーが感じた“能力の高さ”とは
「iPhoneにタイヤをつけたようなクルマ」と表現されるTesla。IT・ビジネス分野のライターである山崎潤一郎が、デジタルガジェットとして、そしてときには、ファミリーカーとしての視点で、この未来からやってきたクルマを連載形式でリポートします。(2024/2/1)

Apple Vison Pro、米国で2月2日発売 約50万円
米Appleは、空間コンピュータ「Apple Vision Pro」を米国市場で2月2日に発売する。米国での価格は3499ドル(約50万円)。(2024/1/9)

「死亡交通事故ゼロ」を目指すSUBARU Lab:
PR:SUBARUの挑戦を支える、「AI開発を止めないストレージ」とは
「死亡交通事故ゼロ」を実現するため、技術開発を進めるSUBARU。従来の画像認識から進化するため、AI技術の導入を考える同社の前に立ちはだかった壁とは。(2024/2/2)

トヨタ「ランドクルーザー70」が3度目の復活 価格は480万円
トヨタ自動車は11月29日、ランドクルーザー70を発売した。同車は1984年、業務用途や過酷な環境での使用を主体とするヘビーデューティーモデルとして誕生。今回が日本市場で3度目の復活となる。(2023/12/2)

協働ロボット:
手先のラストワンインチを埋める、器用さをもたらすロボットハンド
Thinkerは量産を見据えた開発フェーズとして開発中のロボットハンド「Think Hand F」のα版を「2023 国際ロボット展」に出展する。(2023/11/24)

維持検査・点検:
国交省、画像計測7技術をまとめた土工の点検支援技術性能カタログを策定
国土交通省は、土工構造物点検と防災点検に活用できる7つの画像計測技術をまとめた「点検支援技術性能カタログ」を策定した。(2023/11/20)

安全衛生:
清水建設が外販開始、重機オペの死角をカバーするAI監視「カワセミ」
清水建設は、建設現場での重機接触災害の根絶を目指し、AIで重機オペレーターの死角をカバーする車両搭載型の安全監視カメラシステムを開発した。画像解析AIは、さまざまな姿勢の骨格を機械学習しており、重機周辺でしゃがんでいたり、手荷物などに隠れていても、人の存在を検知する。(2023/11/6)

「ITmedia DX Summit Vol.16」開催レポート:
SUBARUが脱出した「データの三重苦」 データ基盤統合で生まれた「3つの効果」を紹介
「100年に1度の大変革期」と言われる自動車業界では、業務基盤の強化とDX推進が最重要課題となっている。SUBARUが取り組むデータマネジメントを通じた「データ価値の最大化」とデータ活用推進活動を紹介する。(2023/9/29)

受付開始:
トヨタ「GR86」のMT車にアイサイト搭載 「AE86」40周年記念車も
TOYOTA GAZOO Racingは、GR86を一部改良するとともに、AE86の生誕40周年を記念した特別仕様車「RZ“40th Anniversary Limited”」を200台限定で設定した。(2023/9/23)

無人搬送車:
大日本印刷が自律搬送ロボットの稼働率を高めるシミュレーターを共同開発
大日本印刷とUltimatrustは、自律走行搬送ロボットの経路を最適化するアルゴリズムと、その導入効果を検証するシミュレーターを開発した。ロボットの最適経路を短時間で導き、搬送時間を短縮する。(2023/7/11)

「Apple Vision Pro」のEyeSight、スバルの運転支援システムと商標かぶる? 実際は25年前に……
「Vision Pro」のEyeSightという名称が気になってしまった皆さん。記者も気になったので調べてみた。(2023/6/9)

“PV詐欺”じゃない、本当にすごい 「Vision Pro」を試してわかった、Appleが作りたい未来
Appleが発表した「Apple Vision Pro」を短時間だが体験することができた。正直な感想として「これはすごい」。公開されたビデオは、決して「PV詐欺」ではない。(2023/6/7)

約50万円、「Apple Vision Pro」の実物を見てきた 気になる本体の“仕上がり具合”
6月5日(現地時間)から開催されているアップルの「WWDC23」。現地でApple Vision Proの実物を見る機会に恵まれたので、フォトレポートをお届けしよう。(2023/6/6)

さすがに約50万円は…… 「Apple Vision Pro」の廉価版は登場するのか? Proというネーミングの意図は
米Appleが発表した「Vision Pro」は約50万円という価格で登場する。Proということは安価なモデルが登場するのだろうか。(2023/6/6)

アップル、初のMRヘッドセット「Apple Vision Pro」正式発表 3499ドル、発売は24年頭に
米Appleは6月5日(現地時間)、年次開発会議「WWDC23」において、同社初のMRヘッドセット「Apple Vision Pro」を発表した。実空間とコンピュータのディスプレイを融合するMR技術に対応し、新たに「空間コンピューティング」を標榜する。(2023/6/6)

Apple、“空間コンピュータ”をうたうMRヘッドセット「Vision Pro」発表 価格は約50万円
米Appleが新カテゴリーとなるMRヘッドセット「Vision Pro」を発表した。(2023/6/6)

7400円:
日産、急加速を抑える「後付け」装置 踏み過ぎ・踏み間違いを検知
日産自動車は「後付け急加速抑制アシスト」を発売した。時速30km以下の低速走行時、障害物の有無にかかわらず、アクセルペダルの踏み過ぎや踏み間違いによる急加速を検知し抑制。ブザー音が鳴り、メーターパネル内にカメのマークが点灯し、ドライバーにブレーキを促すという。(2023/3/31)

新開発の電池パック導入:
LEXUS、バッテリーEV「UX300e」を一部改良 航続距離が512キロに伸長
LEXUSは3月30日、バッテリーEV(BEV)「UX300e」を一部改良し発売した。新しい電池パックを導入し、航続距離を伸ばしたほか、予防安全機能も拡充した。(2023/3/30)

ロボット開発ニュース:
群制御モジュールの導入で複数台のAGVによる自動搬送を効率化
Industry Alphaは、複数台のAGVの動きを最適化する群制御モジュールを導入し、スマート倉庫における自動搬送を効率化した。各AGVが位置情報を共有し、エリア内を最短経路で走行できるようになった。(2023/3/27)

ロボット:
KDDIがエレベーターメーカー5社とロボットプラットフォームの接続試験で合意、ロボットとEVを一元管理
KDDIとKDDI総合研究所は、独自に開発した多様なロボットの一元管理が可能なロボットプラットフォームと、大手エレベーターメーカー5社のエレベーター用クラウドとを接続する試験を行う。(2023/3/20)

製造マネジメントニュース:
スバルが社長交代、品質保証や製造を経験した大崎氏が新CEOに
SUBARUは2023年3月3日に開催した取締役会において、社長人事を内定した。(2023/3/6)

「走りの味」を深化:
販売停止の「レクサスNX」受注再開 インテリアはより華やかに
LEXUSは、ラグジュアリークロスオーバーSUV「NX」を一部改良して3月2日に発売、注文の受付を再開する。価格は445万〜753万5000円。(2023/3/3)

DX 365 Life(3):
あなたのCRMは顧客を正しく理解してますか? Microsoftのビジネスアプリケーション(CRM編)
攻めのDXの実現に、なぜMicrosoftのビジネスアプリケーション(CRM)が効果的なのか。組織で必要とされる理由と有効なアプリケーションを解説する。(2023/2/21)

ロボット:
ロボット同士が指示し合い天井を施工する「システム天井施工ロボット」を実現場に適用、鹿島とテムザックが開発
テムザックは、鹿島建設と共同で開発を進めている建築ワークロイドの第2弾「システム天井施工ロボット」を建設現場に適用した。システム天井施工ロボットは、施工を行う「機能部」と「台車部」を組み合わせ、機能を分散することで小型化を実現した。(2023/1/17)

宇宙開発:
宇宙ごみ除去のアストロスケールが創業10周年「次の10年で宇宙を持続可能に」
アストロスケールが宇宙の持続可能な利用に向けたスペースデブリ除去をはじめとする同社の事業について説明。2023年で創業10周年を迎える同社は、JAXAや衛星通信サービスを提供するOneWebなどとの契約を締結するなど着実に事業を拡大している。(2023/1/13)

ユーブロックス ANT B11:
最小のBluetooth AoAアンテナボード
ユーブロックスは、Bluetooth AoAアンテナボード「ANT B11」を発表した。アプリケーションボードと組み合わせることで、屋内測位用のAoAのアンカーポイントとして機能する。(2023/1/11)

安全システム:
ハンズオフの普及拡大と一般道の運転支援導入へ、ホンダのADASの次世代技術
ホンダは2022年12月1日、運転支援システム「ホンダセンシング」の次世代技術を発表した。(2022/12/1)

家族のミニバン:
新型「セレナ」発表 疲れにくく、酔いにくいクルマを極めたワケ
日産自動車は11月28日、フルモデルチェンジした新型「セレナ」を発表した。室内空間の広さや利便性はそのままに、最先端技術の搭載やさまざまな機能の拡充、移動時の快適性を徹底追求したという。(2022/11/28)

船も「CASE」:
実用化に向けて開発が進む自律“帆走”技術の今
エバーブルーテクノロジーズは今も自律帆走技術の開発に取り組んでいる。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的まん延による停滞はあったものの、実証航海とプロトタイプのブラッシュアップを積み重ねて、自律帆走だけでなく機動力を重視した機走(内燃機関もしくはモーターで動作する推進器による航行)をメインとした自律運航小型船舶も手掛けるなど開発領域を広げている。(2022/11/28)

「RS」グレード新設定! スバル新型「インプレッサ」を世界初公開 ハッチバックタイプのみで登場
米国市場には2023年春以降に投入。(2022/11/21)

価格は182万円〜:
SUBARU、同社初となる小型SUV「新型REX Z」を発表
SUBARUは11月11日、新型小型SUV「REX(レックス)」を発表した。同社が小型SUVを発売するのは初めてとなる。(2022/11/11)

ドローン:
ドローン一体型レーザー測量システムの後継機「UL-2」、東京ドーム約24個分を計測
TIアサヒは、ドローン一体型のレーザー測量システム「UL-2」を販売展開している。ホバリング時の飛行時間が最長約27分で、従来機と比較して約8分長くなった。(2022/11/2)

Japan Drone2022:
KDDIが次の段階と目する“スマートドローン”で何ができるか?通信オプションにスペースX“Starlink”も
KDDIが2022年1月に100%子会社で設立した「KDDIスマートドローン」。同社が呼称するモバイル通信に対応した“スマートドローン”は、飛行エリア、コスト、スピードなどの優れたメリットがあり、物流、点検、計測などでの活用が期待されている。ただ、その運用には、通信や管理でポイントが存在する。(2022/10/17)

23年春頃の発売予定:
LEXUS、バッテリーEV「UX300e」の一部改良を発表 電池容量を72.8kWhに増強
LEXUSは10月12日、ブランド初のバッテリーEVの市販モデル「UX300e」の一部改良を発表した。日本での発売は、23年春頃を予定している。(2022/10/13)

車両デザイン:
スバル「クロストレック」が全面改良、動的質感にさらなる磨き
SUBARU(スバル)は2022年9月15日、全面改良する「クロストレック(CROSSTREK)」を世界初公開した。2023年以降に日本市場に導入し、順次各国に展開する。日本での受注は2022年秋以降を予定している。(2022/9/16)

とことん使える、頼れる相棒:
SUBARU、新型SUV「CROSSTREK」を世界初公開
SUBARUは9月15日、新型SUV「CROSSTREK(クロストレック)」を世界初公開した。これまで市場によって使い分けていた「クロストレック」「SUBARU XV」の名称をグローバルで統一。従来のデザイン性に磨きをかけた他、先進の安全技術を搭載した。(2022/9/15)

トヨタ初、エアコンにナノイーX搭載:
トヨタ、「カローラ アクシオ」「カローラ フィールダー」を一部改良
トヨタ自動車は8月22日、「カローラ アクシオ」と「カローラ フィールダー」を一部改良し発売した。今回の一部改良では、プロジェクター式LEDヘッドランプを標準装備した他、マニュアルエアコンに同社初となるナノイーXを搭載。またシートの表面を一新し、堅牢さと上質さを表現したという。(2022/8/24)

MONOist 15周年記念電子ブックレット:
MONOist 新年展望まとめ 2017〜2022年[オートモーティブ 編]
MONOist編集部の各編集部員が、豊富な取材実績や幅広い知見を基に「次の1年」を占う『MONOist 新年展望』。本ブックレットでは「オートモーティブフォーラム」に掲載した2017〜2022年の新年展望、合計6本をまとめてお届けします!(2022/8/22)

PreActの「TrueSense」:
安全性と低コストを両立、ソフトウェア定義可能なLiDAR
先進運転支援システム(ADAS)やさまざまなレベルの自動運転などのソリューションは、現在多くの車両で利用可能だが、高精度で価格競争力のある高度なセンサーが必要である。本記事では、高精度とカスタマイズ可能なソフトウェアコンポーネントを特徴とし、価格競争力もあるPreAct TechnologiesのLiDARセンサーを紹介する。(2022/8/18)

走るガジェット「Tesla」に乗ってます:
Teslaからの警告 ルールと実態の乖離問題をどう解決するのか
Teslaが発する警告や制限、ルール通りに走っていると流れに乗れないなどの現実的問題など。(2022/7/31)

ちょい渋? レクサス、「ES」を一部改良 上質空間を追求、メッキグリルの特別仕様車も設定
上質・洗練を追求!(2022/7/29)

累計293万台を販売:
レクサス、「ES」を一部改良 メッキグリルの特別仕様車を発売
LEXUSは大型セダン「ES」を一部改良するとともに、特別仕様車「Graceful Escort」を設定した。7月28日、全国のレクサス店で発売している。(2022/7/29)

レクサスがコンパクトSUV「UX」をリニューアル 2タイプの特別仕様車も設定
【画像71枚】価格は400万3000円から。(2022/7/12)

都会派コンパクトクロスオーバー:
LEXUS、新型「UX」を発売 特別仕様車の特徴は?
LEXUSは7月7日、新型「UX250h/200」を発売するとともに、2タイプの特別仕様車「F SPORT Emotional Explorer」および「Graceful Explorer」を、全国のレクサス店で発売した。(2022/7/7)

ドローン:
ドローン自動衝突回避システムの実証実験を実施、NEXCO東日本
NEXCO東日本は、FaroStarとともに、福島県南相馬市に位置するサービスエリア「セデッテかしま」の東側にある森林で、南相馬市の協力を受け、ドローンの自動衝突回避システムの実証実験を実施した。実証実験は、将来の無人航空機やドローンの活用を視野に、こういった機体の安全な飛行の確保を目的としている。なお、2021年9月より募集を開始していたアクセラレータープログラム「ドラぷらイノベーションラボ」で採択された企業との実証実験となる。(2022/6/29)

7月20日発売:
「ジムニー」「ジムニー シエラ」、スズキが一部仕様変更
スズキは、軽四輪駆動車「ジムニー」と小型四輪駆動車「ジムニー シエラ」の仕様を一部変更し、7月20日に発売する。5MT(5速マニュアルミッション)車に停車時アイドリングストップシステムを追加。それに伴い、インパネスイッチのレイアウトなどを変更した。(2022/6/20)

約7年ぶりの全面刷新、レクサス新型「RX」世界初公開 気持ちのいい走りを実現する「Fスポーツ パフォーマンス」モデルも
新顔「スピンドルボディ」はどう?【画像152枚】(2022/6/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。