「OS」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!OS→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でOS関連の質問をチェック

組み込み開発ニュース:
インテルから独立したウインドリバー、今度はアプティブが4900億円で買収
米国の大手ティア1サプライヤーであるアプティブ(Aptiv)は、リアルタイムOS「VxWorks」や組み込みLinux「Wind River Linux」などのベンダーであるウインドリバー(Wind River Systems)を買収すると発表した。買収金額は43億米ドル(約4900億円)。(2022/1/14)

PR:Windows 11時代はサステナビリティーでリーダーシップをとる――デル・テクノロジーズ
新OSの「 Windows 11 」が登場し、PC選びの基準が変わりつつある。その最新事情をPCベンダー各社に聞いた。まずはデル・テクノロジーズからだ。(2022/1/11)

「ビジネス用Chromebook」の使い方・選び方【第5回】
「Google Pixelbook Go」は仕事で使えるか? “Google純正Chromebook”の中身
「Chrome OS」の開発元であるGoogleが、自ら販売する「Google Pixelbook Go」。ビジネス向け「Chromebook」として、Google Pixelbook Goにはどのような特徴があるのか。簡潔に紹介する。(2022/1/9)

MSI、軽さ1.86kgでRTX 3060 Laptop GPUを搭載するノートPCをAmazonで発売
エムエスアイコンピュータージャパンは、ゲーミングノートPC「GF65 Thin」シリーズより、最新OS「Windows 11 Home」を搭載した最新バージョン「GF65-10UE-437JP」を214日よりAmazonで発売する(2022/1/7)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
2022年のパソコンはどう進化する? OSもCPUも世代交代が進むWindows PC MacはAppleシリコンに完全移行へ
2021年は、Windowsが久々のメジャーアップデートを果たし、IntelのCoreプロセッサが第12世代へ進み、Appleシリコンはその適用範囲を高性能ノートまで広げた。その延長線上にある2022年のパソコン動向はどうなるのか。(2022/1/2)

リアルタイムOS列伝(18):
Rustをフル活用したリアルタイムOS「Tock」の特異性
IoT(モノのインターネット)市場が拡大する中で、エッジ側の機器制御で重要な役割を果たすことが期待されているリアルタイムOS(RTOS)について解説する本連載。第18回は、カーネルやドライバをRustで記述することで、RTOSのレイテンシや安全性の問題をドラスチックにクリアした「Tock」を紹介する。(2021/12/27)

CloseBox:
よみがえれ、フラットベッドスキャナー
2003年発売、最新OSでは動かないはずのフラットベッドスキャナーが動いた。(2021/12/24)

Appleの脆弱性への姿勢に疑問の声【前編】
Appleの「macOS」修正姿勢に専門家が批判 「なぜパッチをすぐ配布しないのか」
Appleが脆弱性を修正する一連の行動について、セキュリティベンダーMalwarebytesが問題を提起した。批判の焦点はどこにあるのか。(2021/12/22)

問題が解決するまで専任の担当者が徹底支援:
PR:Windows 11移行時のアプリ互換性に不安があるなら絶対に利用したい無償の技術サポートサービス「App Assure(互換性支援サービス)」とは
「新しいOSへの移行」は企業システムにおける懸念事項の一つだ。「Windows 11」への移行でも、アプリやハードウェアの互換性が心配でなかなか踏み切れないということもあるだろう。そうしたOS移行にまつわる不安や懸念を解消してくれる無償の技術サポートサービスがあることはご存じだろうか。(2021/12/20)

電子ブックレット(組み込み開発):
リアルタイムOS列伝まとめ(第1回〜5回)
MONOistやEE Times Japanに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、IoT市場が拡大する中で、エッジ側の機器制御で重要な役割を果たすことが期待されているリアルタイムOSについて解説する連載「リアルタイムOS列伝」の第1回〜5回をまとめた。(2021/12/20)

Computer Weeklyリバイバル
Chrome OS&Chromebookのススメ
過去のComputer Weeklyから人気があったものを改めて紹介します。(2021/12/18)

「Windows 365 Business」がWindows 11に対応 月額2720円で最新OSをクラウドで利用可能に
米Microsoftは12月15日、サブスクリプション型クラウド仮想PCサービス「Windows 365 Business」がWindows 11に対応することを明らかにした。今週中に対応を始めるとしている。(2021/12/17)

解決しない問題
MacとLinuxが「Windows 11」の代替案になり得ない理由
Windowsがバージョンアップするたびに繰り返されてきた、「他OSへの移行」の検討。Windows 11に「ノー」を突き付けたとして、では何を使うか。MacやデスクトップLinuxではダメだ。(2021/12/17)

「準仮想化」を理解するためのポイント【後編】
「準仮想化」の意外な注意点とは? 使えるハイパーバイザーとOSは?
準仮想化を実現する際に必要なのがハイパーバイザーとゲストOSだ。準仮想化ハイパーバイザーの機能と、ゲストOSとして利用できるOSを取り上げる。(2021/12/8)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(199):
同じバージョン「21H2」のWindowsだけど、3つの異なるOSがあるのはなぜ?
2021年9月初めのWindows Server 2022、2021年10月初めのWindows 11に続いて、2021年11月中旬にWindows 10 November 2021 Updateがリリースされました。これらのOSは全て「21H2」という共通のバージョン番号を持ちます。しかし、OSの世代としては3つとも異なり、リリース順とも違います。なぜでしょう。(2021/12/8)

法改正やWindows 11の普及も見据えた運用を
Windows Update「即時適用」が難しい本当の理由、企業のベストプラクティスとは
PCを適切に保護して企業の情報を守りたくとも、それで業務が滞ってはいけない。情報システム部門にとって大きな負担である「OSアップデート」の対応を、テレワーク環境でも「安全に、確実に、素早く」適用するためにはどうすべきか。(2021/12/3)

Windowsフロントライン:
Windows 10はいつまで使えるのか
Windows 10の大型アップデート「Windows 10 バージョン21H2」(November 2021 Update)が配信された。今後、同OSのサポート周期などを整理した。(2021/11/29)

リアルタイムOS列伝(17):
大学生まれのフル機能RTOS「RIOT-OS」は良くも悪くもビジネスと直結しない
IoT(モノのインターネット)市場が拡大する中で、エッジ側の機器制御で重要な役割を果たすことが期待されているリアルタイムOS(RTOS)について解説する本連載。第17回は、欧州の大学の共同研究に出自を持つフル機能のRTOS「RIOT-OS」を紹介する。(2021/11/29)

PR:Windows 11に第12世代Coreが登場!――今ボーナスで買うべきPCはどれだ?
Windows 11やOffice 2021といった、OS/オフィススイートのリリースが相次いでいる。せっかくボーナスで新しいPCを手に入れるのなら、そういった要素はもれなく取れ入れて少しでも長くPCを使いたいと考える人も多いだろう。お勧めの最新モデルをピックアップした。(2021/11/29)

調査レポート:
「Galaxy Watch4」が「Apple Watch」のシェアを奪いSamsungが2位に浮上 WearOSのシェアも拡大
Counterpoint Reserachによる7〜9月期のスマートウォッチ市場調査によると、メーカー別ランキング1位はAppleが守ったが、「Galaxy Watch4」発売のSamsungが大きく伸び、Huaweiから2位を奪った。OS別ランキングでは「WearOS」が2位。(2021/11/24)

Huaweiは何を考えているのか
EMUI、HarmonyOSからopenEulerまで、HuaweiがOSを自社開発するワケ
デバイスメーカーのHuaweiは、複数のOSを自社開発している。Huaweiが目指している未来とは何か。(2021/11/23)

これから必須の知識になる
対応しているOSは? NVMe-oFを理解するための4つのポイント
NVMe-oFはまだ始まったばかりだ。対応しているOSはあるのか、必要なハードウェアは何か、どんな用途に向いているのかなど、NVMe-oFについて知っておくべきポイントをまとめた。(2021/11/16)

Microsoftが学校向けOS「Windows 11 SE」を発表 プリインストールPCは2021年後半から順次受注開始
Microsoftが、Windows 11の新エディションとして「Windows 11 SE」をリリースした。学校(主に小学校と中学校)で利用されるPCで利用することを想定しており、必要なアプリを管理者がリモートでプロビジョニング(書き込み)できるようにしていることが特徴だ。Chromebookを意識してか、オフラインでできることの多さもアピールしている。(2021/11/10)

Microsoft、教育機関向け「Windows 11 SE」リリース 「Chrome OS」対抗で
Microsoftは「Chrome OS」対抗の教育向けOS「Windows 11 SE」を発表した。同時発表の「Surface Laptop SE」を含む教育向けノートPCにのみ搭載する。かつての「Windows 10S」よりも管理しやすくなっている。(2021/11/10)

Microsoft、3万580円からの教育機関向けPC「Surface Laptop SE」でChromebookに対抗
Microsoftは「中学校向け」の新ノートPC「Surface Laptop SE」を発表した。日本での販売価格は3万580円から。搭載するOSは「Windows 11 SE」だ。(2021/11/10)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(160):
Windows 11/Windows Server 2022に対応した「Windows Admin Center 2110」がリリース
Microsoftは2021年11月2日(米国時間)、「Windows Admin Center(WAC)」の最新のメジャーバージョン「WAC 2110」のリリースを発表しました。Windows Server 2022、Azure Stack HCI 21H2、Windows 11のリリース後に登場したWAC 2110は、当然、これらの最新OSに対応しています。(2021/11/11)

組み込み開発ニュース:
RTOSベースの組み込みソフトウェア開発プラットフォームがRust言語に対応
京都マイクロコンピュータは、RTOSベースの組み込みソフトウェア開発プラットフォーム「SOLID」について、次世代プログラミング言語「Rust」に対応した新バージョン「SOLID Ver.3.0」をリリースすると発表した。(2021/11/5)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(159):
Windows Server 2022ベースの「Azure Stack HCIバージョン21H2」が正式リリース 何ができる? 新機能は?
Microsoftは2021年10月19日、Azure Stack HCIの新バージョンのGAリリースを発表しました。新バージョンは、Windows Server 2022と共通のOSビルドで構築されたAzure Stack HCIクラスター専用OSです。(2021/10/28)

macOSの新バージョン「Monterey」(モントレー)が提供開始 一部の新機能は後日対応
macOSの新バージョン「Monterey」(モントレー)の提供が始まった。対応モデルからは無償でアップデート可能だが、一部の新機能は今後の提供となる。(2021/10/27)

Android 12の「おおよその位置情報」でポケモンGOは遊べない? 検証してみた
米Googleが配信を始めた、最新OS「Android 12」には、新たに「おおよその位置情報」を提供する機能を追加している。この機能で、ポケモンGOは果たして遊べるのか?検証してみた。(2021/10/27)

アイ・オー、Windows 10 IoTを採用したPentium搭載ミニデスクトップ
アイ・オー・データ機器は、OSとしてWindows 10 IoT Enterpriseを導入したミニデスクトップPC「MPC-LVZ2」を発表した。(2021/10/27)

シニアのiPhoneユーザーはウイルス対策率が低め ドコモが調査
NTTドコモのモバイル社会研究所が、シニア層のスマホセキュリティ対策に関する調査結果を発表。OS別に見ると、のぞき見対策はAndroid所有者、ウィルス対策はiPhone所有者の実施率が低い傾向にあった。(2021/10/22)

PR:Windows 11搭載PCを買うならマウスコンピューターがお勧め!
新しいOS「Windows 11」が登場し話題を集めている。おうち時間が増える中で、せっかくなら新しくPCを買ったり買い換えたりするタイミングで新OSも一緒に手に入れたいところだ。お勧めのプリインストールモデルをピックアップした。(2021/10/21)

「Android 12」、既存のPixelシリーズに配信開始
Googleは正式版モバイルOS「Android 12」を「Pixel 3」以降のPixelスマートフォンに配信開始した。Samsung Galaxy、OnePlus、Oppo、Realme、Tecno、Vivo、Xiaomiなどの一部機種にも年内に配信する。(2021/10/20)

山市良のうぃんどうず日記(217):
人知れず消えた古い「仮想マシン構成バージョン」のサポート
最新サーバOS「Windows Server 2022」のリリースに続いて、最新デスクトップOS「Windows 11」の一般提供が始まりました。これらのOSをプレビュー段階から評価している中、1年以上気が付かなかった、「Hyper-V」の重要な仕様変更を見つけました。筆者が気が付かなかっただけのことですが、そもそも公式ドキュメントが追い付いていないんです。(2021/10/20)

「Windows 11」と「Windows 10」の10個の違い【後編】
Windows 11の「タブレットモード廃止」はWindows 10からの移行の障壁になるか?
Microsoftの新OS「Windows 11」はタッチ操作やゲーム機能を向上させ、PC操作の快適さを磨き上げた。仕事や遊びを問わない機能強化をアピールする同社の戦略は、企業やエンドユーザーに響くのか。(2021/10/20)

Apple「Final Cut Pro」がシネマティックモード対応 機械学習によるオブジェクト・トラッカー機能も追加
MontreyへのOSアップデートでシネマティックモード編集が可能になる。(2021/10/19)

Tech TIPS:
【Windows 11】インストールUSBメモリを「メディア作成ツール」で作る
何のOSもインストールされていないPCにWindows 11をインストールするなら、ブート可能なインストール用USBメモリを使うのが便利だ。Microsoftが無償提供している「メディア作成ツール」によるUSBメモリの作成とそこからのブート、インストールまでの手順を解説する。(2021/10/14)

Zepp、AMOLEDパネルを採用したスマートウォッチ3製品を投入
中国Zepp Healthは、独自開発OSを搭載したスマートウォッチ「Amazfit GTR 3 Pro」など3製品を発表した。(2021/10/13)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(110):
Windows 11一般提供開始、企業での導入/展開時に注意すべきポイントは?
MicrosoftはWindowsデスクトップOSの最新バージョンである「Windows 11」を正式にリリースし、Windows 11対応ハードウェアを搭載したWindows 10デバイスに対して、無料アップグレードの段階的なロールアウトを開始しました。(2021/10/12)

動作要件を満たさないPCを「Windows 10」から「Windows 11」にする方法(公式ながらも保証なし)
Microsoftの新OS「Windows 11」は、比較的新しいPCでも動作要件を満たさない可能性がある。しかし、一部のチェックを省略することで要件を満たさないPCでも、サポートや保証を受けられないことを承知すればインストールできる。その手順を解説する。(2021/10/8)

QNAP、同社製NAS向け最新OS「QTS 5.0」を提供開始 セキュリティ向上、exFAT対応
台湾QNAP Systemsは、同社製NAS製品向け最新OS「QTS 5.0」をリリースした。(2021/10/7)

インストール手順を紹介:
CentOS終了へ――移行先として注目の「Alma Linux」「Rocky Linux」を試してみよう
RHELのダウンストリームとして位置付けられていたCentOSは、2021年12月31日をもってCentOS 8のサポートが終了し、その役目を終えます。CentOSの動向を整理しつつ、移行先として注目される2つのディストリビューションを紹介します。(2021/10/7)

「Windows 11」と「Windows 10」の10個の違い【前編】
「Mac」好きは早く「Windows 10」をやめて「Windows 11」に移りたい?
Microsoftは新OS「Windows 11」を投入した。UIのデザイン刷新といった数々の「進化」は、即座に更新するだけの価値をもたらすのか。まずはWindows 10との主な違いを整理しよう。(2021/10/6)

「LIFEBOOK」「ESPRIMO」にWindows 11モデルが登場 “ハイリテラシーユーザー”向けも
富士通クライアントコンピューティング(FCCL)の個人向けPCにWindows 11プリインストールモデルが登場する。基本的には既存モデルのOSとOfficeスイートのバージョンをアップした格好だが、注目すべき新機能も搭載される。(2021/10/5)

Windows 11がついにリリース!:
主要PCメーカーのWindows 11プリインストールPCまとめ
約8年ぶりとなる新OS「Windows 11」がついにリリースされた。ここでは、Windows 11をプリインストールした各社の最新PCをまとめた。(2021/10/5)

「Windows 11」正式リリース 「Windows 10」からのアップデートは段階的に
Microsoftは10月5日、「Window 11」を正式リリースした。同日から新OS搭載のPCを購入できる。アップデートが可能になった「Windows 10」端末では、設定の「更新プログラムのチェック」でアップデートオプションが表示される。(2021/10/5)

ドコモの「LG style3 L-41A」がAndroid 11にバージョンアップ
NTTドコモは、10月4日に「LG style3 L-41A」のOSアップデートを実施。Android 11ではチャットやSNSなどの通知の強化を行う。アクセスポイント切り替えを繰り返し実施すると着信できない場合がある不具合も解消する。(2021/10/4)

車載ソフトウェア:
トヨタ子会社のウーブン・プラネット、車載OSの開発強化でRenovo Motors買収
トヨタ自動車の子会社ウーブン・プラネット・ホールディングスは2021年9月28日、自動車向けOSを開発する米国のRenovo Motors(レノボモーターズ)を買収したと発表した。(2021/9/29)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(194):
Hyper-V Server 2022って出るの? 出ないの? どっちなの?
Microsoftは2021年9月1日(米国時間)、長期サービスチャネル(LTSC)の最新サーバOS「Windows Server 2022」のリリースを発表しました。Microsoftはこれまで、Windows ServerのLTSCバージョンに対応する無料のハイパーバイザー製品「Microsoft Hyper-V Server」を提供してきましたが、結論から言うと、Windows Server 2022ベースのMicrosoft Hyper-V Serverをリリースする計画はないようです。(2021/9/29)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。