「OS」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!OS→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でOS関連の質問をチェック

関連キーワード

抽選でQUOカードPayが当たる
「サーバOSの現状と今後」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にQUOカードPay(5000円分)をプレゼント。(2024/2/22)

仮想デスクトップを利用
MacでもWindowsが使えるクラウドPC「Windows 365」の2つの実行方法
「Windows 365」を導入する企業は、「Windows」搭載PCだけではなく、あらゆる種類のエンドポイントで利用できるようにしなければならない。特に「macOS」で使う場合の方法を解説する。(2024/2/24)

FAニュース:
OS実装済みのグラフィックターミナルを発表、迅速な実行で運用を合理化
Rockwell Automationは、運用の合理化を支援するグラフィックターミナルの新製品「FactoryTalk OptixPanel」を発表した。クローズドなOSをインストール済みのためすぐに実行でき、実装および保守のリスクを低減する。(2024/2/20)

スマートビル:
オープン化で次世代の「ビルOS」構築 パナソニックと福岡地所が実証実験
パナソニック エレクトリックワークス社と福岡地所は、福岡市内で「次世代オープンビルプラットフォーム(ビルOS)」の実証実験を行っている。ビルOSを活用して管理スタッフの位置情報データAPIを生成。このデータをもとに業務管理アプリを開発して有効性を検証する。建物内の設備や人などの情報を統一的なAPIにより外部に提供する、新たな建物モデルの構築を進める。(2024/2/19)

TechTargetジャパン 特選プレミアムコンテンツ:
「Windows 7」が愛され続けた理由
使い勝手の良いOSとして広く受け入れられた「Windows 7」。長く愛されたのはなぜなのか。その理由を振り返る。(2024/2/18)

「Android 15」のデベロッパープレビュー 1が登場
Googleは、次期モバイルOS「Android 15」の最初のデベロッパープレビュー版をリリースした。対応する端末はPixel 6以降。(2024/2/17)

AUTOSARを使いこなす(31):
AUTOSARの最新リリース「R23-11」(その1)+SDVに取り組むための心構え
車載ソフトウェアを扱う上で既に必要不可欠なものとなっているAUTOSAR。このAUTOSARを「使いこなす」にはどうすればいいのだろうか。連載第31回は、日本におけるAUTOSARの活動状況を報告するとともに、最新改訂版の「AUTOSAR R23-11」を紹介する。加えて、自動車業界で注目を集める「SDV」にどのように取り組むべきかについて論じる。(2024/2/15)

TechTargetジャパン 特選プレミアムコンテンツ:
「Windows 10を正しく更新できない」問題の賢い対処法
「Windows Update」を利用した「Windows 10」の更新時に「OSを正常に更新できない」「更新後にデバイスが正しく動作しなくなる」といった問題が発生することがある。こうした問題に対処するには。(2024/2/11)

スマートビル:
スマートビル事業の拡大へ、エクシオグループがホテルOSや独自BASを持つ「X1Studio」と提携
エクシオグループは、IoTテクノロジーデザインやソフトウェアアプリケーションの開発を手掛けるX1Studioと、データセンターやスマートビルの事業拡大を目的に業務提携を締結した。(2024/2/7)

次期「Windows Server 2025」、無停止でOSアップデートを実現する「ホットパッチ機能」を全エディションで提供
米Microsoftは、次期Windows Serverとなる「Windows Server 2025」で、OSや実行中のワークロードを停止することなく自動的にOSのアップデートを行える「ホットパッチ機能」を、全エディションで提供することを明らかにした。(2024/2/7)

セキュリティニュースアラート:
Dockerとruncに4つの脆弱性が見つかる 悪用でホストOSにアクセスされるリスク
SynkはDockerとruncに「Leaky Vessels」という脆弱性が存在すると発表した。Leaky Vesselsは4つの脆弱性で構成されており、悪用されるとサイバー攻撃者がコンテナを越えてホストOSにアクセスするリスクがある。(2024/2/7)

リアルタイムOS列伝(43):
Fiberもどきの「Protothreads」は既存RTOSとの組み合わせで力を発揮する
IoT(モノのインターネット)市場が拡大する中で、エッジ側の機器制御で重要な役割を果たすことが期待されているリアルタイムOS(RTOS)について解説する本連載。第43回は、実装がFiberの一種のようになっている「Protothreads」を取り上げる。(2024/2/6)

auの「Galaxy Z Flip4」「Galaxy Z Fold4」、Android 14へアップデート可能に
KDDIは、2月6日に「Galaxy Z Flip4」「Galaxy Z Fold4」のOSアップデートを実施。Android 14ではテーマのカスタマイズや健康に関するデータの管理、視覚/聴覚障がい者向けの機能改善などを行っている。(2024/2/6)

Windows 11のレジストリバックアップ【前編】
「Windows 11」設定変更前にやっておきたい“レジストリ”をバックアップする方法
レジストリのバックアップは、PCのレジストリを編集してOSを壊した際の保険になる。「Windows 11」でレジストリのバックアップをするには、どのような手順を踏むのか。(2024/2/3)

Windowsフロントライン:
Windows 11“24H2”と「AI PC」の実際 Windows 12はどうなる?
Microsoftの次期OSと見られるWindows 11 “24H2”は“Windows 12”となるのか? はたまた“AI PC”とは何を指すのか? 現状の情報から考察していこう。(2024/2/2)

製造マネジメント インタビュー:
パナソニック内の実証成果を展開、「SCMのOS」を目指すブルーヨンダーの現在地
パナソニックグループ傘下に入ったSCMソリューションベンダーのブルーヨンダー。次世代プラットフォーム開発など現在の取り組みについて、ブルーヨンダー EVPでCROのコーリー・トレフソン氏と、ブルーヨンダージャパン 代表取締役社長の渡辺大樹氏に話を聞いた。(2024/2/2)

分かっていても徹底できないことはある:
PR:セキュリティ対策コスト削減の鍵は「点検作業の自動化」にある
働き方が多様化する中、エンドポイントを狙う攻撃は後を絶たない。セキュリティツールを導入する以外にもPC設定の見直し、OSアップデートなど対策はあるが、手動では限界がある。課題解決の鍵は「設定の点検自動化」にある。(2024/2/2)

検証! Microsoft&Windowsセキュリティ(9):
Windows Server 2012/2012 R2のESUに“抜け道”なし――サポートが終了したOSをセキュアに保つ正規の方法とは
Windows Server 2012/2012 R2に対して「拡張セキュリティ更新プログラム(ESU)」を通じて提供される「セキュリティ更新プログラム」は、Microsoft Updateカタログから誰でもダウンロード可能です。しかし、それをインストールするには“ESUを利用する権利”が必要です。ESUを知らずにセキュリティ更新プログラムを入手、インストールした場合、どうなるのでしょうか。検証してみました。(2024/1/30)

レノボ、ペン入力にも対応した10.95型Androidタブレット
レノボ・ジャパンは、10.95型液晶を備えたAndroid OS搭載タブレット端末「Lenovo Tab M11」を発表した。(2024/1/23)

ドコモの「Xperia 1 V」「Xperia 10 V」「Xperia 5 V」がAndroid 14にバージョンアップ
NTTドコモが2023年に発売した3機種のXperiaが、Android 14にバージョンアップされる。同OSの新機能や機能改善が適用される他、セキュリティーパッチの更新も行われる。(2024/1/23)

「Xiaomi 11T」「Xiaomi Pad 6」がHyperOSへ Xiaomi Japanが発表 Android 14ベースの新たなOS
Xiaomi Japanは1月19日、日本国内向けに販売している一部端末に対し、Xiaomi HyperOSへのアップデートを配信すると発表した。HyperOSはAndroid 14をベースにしたOSとなる。対象端末はスマートフォン1機種、タブレット1機種だ。(2024/1/19)

auの「Galaxy A53 5G」がAndroid 14へアップデート可能に
KDDIは、1月16日に「Galaxy A53 5G SCG15」のOSアップデートを実施。Android 14ではテーマのカスタマイズや健康に関するデータの管理、視覚/聴覚障がい者向けの機能改善などを行っている。(2024/1/16)

auの「Galaxy S22/S22 Ultra」、Android 14へアップデート
KDDIは、1月11日に「Galaxy S22 SCG13」「Galaxy S22 Ultra SCG14」のOSアップデートを実施。Android 14ではテーマのカスタマイズや健康に関するデータの管理、視覚/聴覚障がい者向けの機能改善などを行っている。(2024/1/12)

CES 2024:
パナソニックのスマートテレビが「Fire TV」に――OSを「Fire OS」に切り替え 2024年から順次
パナソニックのスマートTVのOSが、Firefox OSからFire OSに切り替わることになった。2024年に発売するフラグシップ有機EL搭載TVを皮切りに、パナソニックのスマートTVに「Fire TV」の機能が統合されることになる。(2024/1/10)

パナのスマートテレビが「Amazon Fire TV」ベースに Fire OS搭載3モデルを発表
パナソニック エンターテインメント&コミュニケーションは、米Amazonと「Fire TV」のライセンス契約と協業を発表した。「VIERA」のスマートテレビのOSにAmazonの「Fire OS」を採用。第一弾として、65/55インチ「Z95A」と77インチ「Z93A」の新型OLEDテレビを投入する。(2024/1/9)

Tech TIPS:
ひと目で分かるWindows 10/11 サポート期限一覧【2024年版】
Windows OSは、提供開始から約10年のサポート期間が設けられている(一般的なエディションの場合)。ただ、機能更新プログラムの適用状況(バージョン)によって、サポート期間は変わる。例えば、Windows 11 Home/Proの2021 Update(バージョン21H2)は、2023年10月10日にサポートが終了している。また、エディションによってもサポート期間が異なるので注意が必要だ。そこで、サポート期間を一目で分かるようにまとめてみた。(2024/1/9)

電子ブックレット(組み込み開発):
リアルタイムOS列伝まとめ(第16回〜20回)
MONOistやEE Times Japanに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、IoT市場が拡大する中で、エッジ側の機器制御で重要な役割を果たすことが期待されているリアルタイムOS(RTOS)について解説する連載「リアルタイムOS列伝」の第16回〜20回をまとめた。(2024/1/9)

リアルタイムOS列伝(42):
マイクロソフトにWindows以外のOSは無理?「Azure RTOS」は「Eclipse ThreadX」へ
IoT(モノのインターネット)市場が拡大する中で、エッジ側の機器制御で重要な役割を果たすことが期待されているリアルタイムOS(RTOS)について解説する本連載。第42回は、第4回で紹介した「Azure RTOS」がMicrosoftの手を離れて「Eclipse ThreadX」としてオープンソース化される話題を取り上げる。(2024/1/9)

特選プレミアムコンテンツガイド
「脱Windows」が“無謀過ぎ”ではない本当の理由
「Windows」でしか稼働しないアプリケーションは、Windows以外のOSを搭載したPCの採用を妨げる可能性があった。この状況は変わりつつある。Windowsを使うのをやめる“脱Windows”には、どのような方法があるのか。(2024/1/3)

Microsoftの「365」系サービス【第3回】
「Microsoft 365」と「Office 365」は同じじゃない? 実はこんな違いがあった
Microsoftは、同社のオフィスアプリケーションやOSをサブスクリプション形式で利用するための幾つかの選択肢を用意している。「Office 365」と「Microsoft 365」の違いを含めて、その選択肢を紹介する。(2023/12/31)

人気連載まとめ読み! @IT eBook(113):
新たなプログラミング言語を習得したい人にオススメ! プログラミング言語「Rust」の基礎をしっかり学べる無料の電子書籍
人気過去連載を電子書籍化し、無料ダウンロード提供する@IT eBookシリーズ。第113弾はWindowsやAndroid OSの開発にも採用されたプログラミング言語「Rust」を対象に、言語の特徴や、開発環境の構築方法、記述方法をサンプルコードとともに紹介します。(2023/12/28)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「自社製品に利用中のOS・プロセッサ」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(3000円分)をプレゼント。(2023/12/25)

アドビのWindows版「Illustrator」で起動しないトラブルの報告が相次ぐ(解決策あり) macOS版「Lightroom Classic」ではSonomaで一部機能が利用できない問題も
アドビのカスタマーサポートが、公式XアカウントにおいてWindows版「Illustrator」で起動しないトラブルと、macOS版「Lightroom Classic」の一部機能が正常に動作しないトラブルについて告知している。後者については回避策のないトラブルもあるため、OSのアップデートを見合わせるように呼びかけている。(2023/12/19)

リフト&シフトはどんな場合に最適?【前編】
いまさら聞けない「リフト&シフト」 なぜ人気でどこが駄目?
既存のアプリケーションやOSをそのままクラウドサービスに移す「リフト&シフト」方式は、クラウドサービスへの引っ越しを検討する企業にとって有力な選択肢だ。その長所と短所を解説する。(2023/12/18)

第8回 JAPAN BUILD TOKYO:
日立、ビルOS「BuilMirai」で設備を統合管理 芝浦プロジェクトに採用
日立製作所は、野村不動産の「芝浦プロジェクト」に導入が決まったビルOS「BuilMirai(ビルミライ)」で、建物設備の統合管理によるスマートビル化を提案している。(2023/12/14)

TechTargetジャパンエンジニア読本集:
Linuxで設定をためらう“謎”の文字列「777」の正体
「UNIX」系OSでファイルやフォルダを操作する際によく見かけるのが、アルファベットや数字から成る“謎の文字列”だ。これらの文字列の意味や使い方とは。実例に沿って説明する。(2023/12/14)

Windows用プロセッサは今後どうなる?【後編】
Windowsの主流CPU 「進撃のArm」は“あのプロセッサ”を駆逐する?
NIVIDIAがWindows向けのArmプロセッサを製造する場合、「x86」のプロセッサやPC購入者の判断に、無視できない影響を与える可能性がある。Mac向けのOS「macOS」の状況を含めて解説する。(2023/12/14)

ドコモ、「Galaxy A54 5G」をAndroid 14へOSアップデート
NTTドコモは、12月11日に「Galaxy A54 5G SC-53D」をAndroid 14へアップデートした。壁紙やロック画面などのカスタマイズをはじめ、One UI 6で新機能も追加している。(2023/12/13)

Computer Weekly日本語版+セレクション
「Windows」をやめて「Chromebook」を使う理由
GoogleのクライアントOS「ChromeOS」とアプリケーション仮想化ツールを利用することで、MicrosoftのクライアントOS「Windows」のアプリケーションを利用可能になる。この仕組みの狙いとは。事例を基に解説する。(2023/12/13)

自動入力機能などを強化した「macOS Sonoma 14.2」が提供開始
Appleは、Mac用OS「macOS Sonoma 14」の最新版「macOS Sonoma 14.2」の提供開始を発表した。(2023/12/12)

2023 TRON Symposium:
オープン化で裾野広がるμT-Kernel 3.0、プログラミングコンテストを起爆剤に
「2023 TRON Symposium」では、TRONプロジェクトのRTOS「μT-Kernel 3.0」をテーマに大手マイコンメーカー4社が協賛する「TRONプログラミングコンテスト」が発表された。本稿では、このμT-Kernel 3.0関連を中心に2023 TRON Symposiumの展示を紹介する。(2023/12/11)

PR:最新OSを搭載して生まれ変わった、アイ・オー・データ機器の新型NAS「LAN DISK Z」の実力を試す
アイ・オー・データ機器の法人向けのWindows搭載NAS「LAN DISK Z」シリーズは、小規模環境のワークグループ環境から、大規模なActiveDirectory環境まで対応できる豊富なラインアップが特徴だ。2023年9月には、最新OS「Windows Server IoT 2022」を搭載する新モデルが登場している。今回はその4ドライブ構成の高性能モデルとスタンダードモデルをレビューする。(2023/12/8)

アラクサラとの融合も強調:
Fortinetが考える「1つのOSで守る」という手法
フォーティネットジャパンは2023年12月1日、同社のイベント「Accelerate Japan 2023」に合わせて記者説明会を開催。Fortinetの創業者、取締役会会長 兼 CEOのケン・ジー氏と、2023年7月からフォーティネットジャパン 社長執行役員に就任した与沢和紀氏が登壇し、事業戦略を語った。(2023/12/7)

組み込み開発ニュース:
μT-Kernel 3.0のプログラミングコンテスト開催、1次審査合格で評価ボードを供与
トロンフォーラムは、リアルタイムOS「μT-Kernel 3.0」を用いた「TRONプログラミングコンテスト」を開催する。アプリケーション、ミドルウェア、ツール/開発環境の3部門で実施し、1次審査合格者に評価ボードを無償で供与する。最優秀賞や特別賞を含めた賞金総額は500万円だ。(2023/12/5)

ドコモの「arrows N F-51C」Android 13へアップデート Dolby Atmosやクイック設定パネルも改善
NTTドコモは、12月4日に「arrows N F-51C」のOSアップデートを実施。Android 13に対応し、Dolby Atmosで「カスタム」の削除と「ボイス」の追加を行い、クイックパネルの「Wi-Fi」アイコンが「インターネット」に変更となる。(2023/12/4)

多機能さに驚き! タッチ対応で便利に使えるデルの23.8型ディスプレイ「P2424HT」を試す
デル・テクノロジーズの「Dell 24 マルチタッチ USB-C モニター P2424HT」は、最大10点マルチタッチ操作に対応する23.8型ディスプレイだ。その名の通りUSB Type-CケーブルによるPCとの1本接続にも対応しており、Mac(macOS)もサポートしている。その使い勝手を試してみよう。(2023/12/4)

2023国際ロボット展:
TwinCAT×ROSで何ができる? ベッコフのロボットモジュールが日本初上陸
Beckhoff Automation(ベッコフオートメーション)は「2023国際ロボット展」において、ロボットモジュール「ATRO」を日本初公開した。(2023/12/4)

リアルタイムOS列伝(41):
UNIXを逆順で読んだ「Xinu」は教育向け、RTOS開発者のレファレンスにも
IoT(モノのインターネット)市場が拡大する中で、エッジ側の機器制御で重要な役割を果たすことが期待されているリアルタイムOS(RTOS)について解説する本連載。第41回は、パデュー大学 教授のDouglas Comer氏が開発した、教育向けのRTOS「Xinu」はを取り上げる。(2023/12/4)

Windows用プロセッサ「今後の行方」【前編】
「Windows端末」にIntelではなくArmプロセッサ? NVIDIAの思惑とは
MicrosoftのOS「Windows」向けのプロセッサとしてはIntelのCPUが広く知られている。その状況にNVIDIAが挑戦状を出す。Windows端末やプロセッサ分野に与える影響とは。(2023/12/3)

Google、AIによる画像説明などAndroidとWear OSの新機能を複数紹介
Googleは、AndroidとWear OSの複数の新機能を紹介した。代替テキストがない画像の説明をAIが読み上げる機能や、Wear OSでのスマートホーム制御機能などだ。年末恒例の新Emoji Kitchenも登場した。(2023/12/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。