「Microsoft」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Microsoft」に関する情報が集まったページです。

Exchange Onlineの基本認証廃止まで約3カ月 多要素認証に切り替えるには?
Microsoft Exchange Onlineにおける基本認証のサポートが2022年10月1日で終了する。米当局は、期日までに基本認証からモダン認証への切り替えを呼び掛けており、これを促すガイダンスを公開した。(2022/6/30)

Windows PowerShell基本Tips(35):
【 Get-AzureADMSGroup 】コマンドレット――Azure Active Directoryに作成されたグループを参照する
本連載は、PowerShellコマンドレットについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は「Get-AzureADMSGroup」コマンドレットを解説します。(2022/6/30)

Google WorkspaceでMicrosoft Officeファイルのオフライン編集が可能に
Googleが、同社のコラボレーションツール「Google Workspace」において、Microsoft Officeファイルのオフライン編集が可能になったと発表した。(2022/6/29)

CIO Dive:
絶対強者のMSに並べ Googleはセキュリティ企業のリーダーになれるか?
昨今、深刻なソフトウェアサプライチェーン攻撃が続き、テクノロジー業界と政府がオープンソースソフトウェアの保護に関心を寄せている。Googleはこれを機にセキュリティ企業のリーダーとして名乗りを上げたいようだ。(2022/6/29)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(213):
ちょっと待った! 個人向けMicrosoft DefenderアプリはMicrosoft 365製品ファミリー向けではありません、Windows標準のDefenderも置き換えません
既にIT系メディアのニュースでご存じかもしれませんが、Microsoftは2022年6月中旬に、クロスデバイス対応の個人向けアプリおよびサービスである「Microsoft Defender for individuals(個人向けMicrosoft Defender)」の提供を開始しました。自分も利用できると誤ってインストール、さらには無駄に購入してしまわないように、想定される勘違いをリストアップしてみました。(2022/6/29)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(127):
ついにIEのサポートが終了! 最新Windows Serverに残るIE依存機能問題は、Edgeの「IEモード」で回避できるのか?
「2022年6月15日」をもって、一般提供チャネルのWindows 11およびWindows 10におけるデスクトップアプリとしてのInternet Explorer(IE)のサポートが終了しました(完全に無効化されたわけでなく、今後の累積更新プログラムで無効化される予定)。本連載第124回では、ActiveXコントロールを利用するため、IEに依存するWSUSの更新プログラムのインポート機能を説明し、Microsoft Edgeの「IEモード」を利用した回避策を紹介しました。Windows Serverには、他にもIEに依存する役割があります。(2022/6/28)

「ランサムウェア」「誤操作」で取り返しのつかない事態に
「Microsoft 365」のバックアップが標準機能だけでは不十分な理由
クラウドサービスの導入を進めるときに盲点となりがちなのがデータのバックアップだ。「Microsoft 365」を利用する場合、標準機能だけではデータを損失したときの復元が不可能になる場合がある。確実なバックアップを実現するには。(2022/6/28)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(123):
データファイルとログファイルのI/O統計に関する情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、データファイルとログファイルのI/O統計に関する情報の出力について解説します。(2022/6/28)

Microsoft EdgeでIEモードが応答しなくなる不具合 KIRで対応済み
MicrosoftがEdgeの「IEモード」のタブが反応しなくなる不具合があると発表した。(2022/6/27)

製造マネジメントニュース:
マイクロソフトとP&G、クラウド活用による製造業のデジタル化に向け提携
マイクロソフトは、クラウドを活用した製造業のデジタル化に向け、The Procter & Gamble Company(P&G)との提携を発表した。「マイクロソフト Azure」を基盤とし、P&Gの世界100カ所以上の製造拠点のデータをデジタル化して統合する。(2022/6/27)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(122):
保留中のI/O要求に関する情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、保留中のI/O要求に関する情報の出力について解説します。(2022/6/27)

Windowsしか知らなかった人のための「Linux」入門【第5回】
「Microsoft Officeなんて要らない」と感じたらWindowsをやめてLinuxへ
「Linux」への移行を検討する「Windows」ユーザーは、両者の違いを理解した上で判断を下すことが大切だ。移行後の日常利用で特に重要になる「利用可能なアプリケーション」の違いを確認しておこう。(2022/6/26)

Microsoft“独占的ライセンス規約“問題の行方【前編】
「AzureじゃないとOfficeが高くなる」問題が緩和へ ただしAWSだと高いままの謎
Azure以外のクラウドサービスでMicrosoft製ソフトウェアを利用する際、料金が高くなる――。Microsoftはこのライセンス規約の緩和を進める。ただしAWSとGCPは緩和の対象外だという。その背景は。(2022/6/25)

顔認識サービスで「感情や年齢などを推論する機能」の提供を中止:
AIは「無制限に開発・構築してはならない」、Microsoftが「責任あるAI基準」公開 一部機能は中止へ
Microsoftは同社のAIシステムの構築方法を導くフレームワーク「Microsoft Responsible AI Standard v2」(責任あるAIの基準第2版)を公開した。さまざまな社会的な課題について、AIでどのように扱うのか、Microsoftの考えを示した。同時に社会的に悪影響を与えると考えられる同社のAIサービスの提供を中止した。(2022/6/24)

MicrosoftがWindows 10/11向け2022年6月Cリリースを提供開始
MicrosoftがWindows 10/11向けにプレビュー更新プログラムをリリースした。(2022/6/24)

「Dmail」はビジネスの安全性を高めるか ビジネス向けサービス提供予定
「Google Gmail」「Microsoft Outlook」「Apples iCloud Mail」など多くのメールサービスがある。これらの共通点は全て特定企業の管理下にあるサーバで保管される点だ。「急にアカウントが閉鎖される」「サービス終了で利用不可」といった不安を解消する可能性を持つ「Dmail」とは。(2022/6/24)

Microsoft 365にまつわる「ちょっと聞きたい」に応える:
PR:“リソース不足の中堅・中小の情シスにうれしい”情報コミュニティーとは?
「Microsoft 365を活用したいが、リソース不足で学ぶ暇がない。だが有償サポートを依頼する予算もない……」と困っている情報システム部門担当者はいないだろうか。無償でこの問題を解決できる方法を紹介する。(2022/6/23)

Microsoftが「Windows 11 Build 25145」をDevチャネルで公開 Surface Pro Xの復帰問題を修正
Microsoftが、「Windows 11 Insider Preview Build 25145」をDevチャネルで公開した(2022/6/23)

Microsoftの開発者向けサービス「Microsoft Dev Box」とは【前編】
Windows 365ベースのクラウドワークステーション「Microsoft Dev Box」とは?
Microsoftが開発者向けに提供するクラウドワークステーションの「Microsoft Dev Box」。開発者はMicrosoft Dev Boxを使うことで、何ができるようになるのか。機能と特徴を説明する。(2022/6/23)

TechTarget発 世界のITニュース
「Tableau」や「Microsoft Power BI」と競うQlikの”狙い”は成功するのか?
BIツールベンダーのQlikは、今後のロードマップを公開した。BIツールの機能追加や、既存機能の強化を実施する。どのような機能が追加されるのか。最大の注目ポイントは何か。(2022/6/23)

「FIDO2」にApple、Google、Microsoftが本腰【後編】
パスワードレス認証「FIDO2」を身近にするApple、Google、Microsoftの秘策とは
Apple、Google、Microsoftはパスワードレス認証技術「FIDO2」を本格的に普及させるために、導入のハードルを下げようとしている。3社は何を構想しているのか。(2022/6/23)

Windows Server 2022で「WSL2」が利用可能に 最新アップデートで正式対応
Microsoftは6月21日(現地時間)、Windows Server 2022で「Windows Subsystem for Linux 2」(WSL2)タイプのディストリビューションが利用可能になったと発表した(2022/6/22)

ノートPCよりタブレットが主力になる可能性 Windowsタブレットはどうなる?
Googleは、今後、PCよりもタブレットが主力になっていくという考えを示しています。こうなってくると気になるのが、Microsoftの対応です。2月にInsider向けにリリースされた「Windows 11 Build 22563」では、タブレットに最適化されたタスクバーが追加されました。(2022/6/22)

メタバースの標準化団体「Metaverse Standards Forum」結成 MetaやSIE、W3Cなど33団体
メタバースの標準化団体「Metaverse Standards Forum」が結成された。Microsoft、Meta、SIEなどの企業の他、W3Cも創業メンバーだ。「スノウ・クラッシュ」のニール・スティーブンソン氏が共同創業したブロックチェーン決済企業も参加する。(2022/6/22)

MS&AD、サイバー保険など強化 原社長「利益の5割を自動車保険以外で」
令和7年度までに、国内損保事業で稼ぐ利益の5割を自動車保険以外の事業で上げる目標を掲げたことを明らかにした。(2022/6/22)

GitHub、AIプログラミング機能「Copilot」の一般提供開始 月額10ドル
Microsoft傘下のGitHubは、AIプログラミング機能「GitHub Copilot」の一般提供を開始した。月額10ドルあるいは年額100ドルのサブスク制。学生と一部のメンテナーは引き続き無料で利用できる。(2022/6/22)

Microsoft、性別や感情を解析するAI顔認識ツールのAzureでの提供を停止
Microsoftは「Azure Face」の一部の機能提供を停止し、APIへのアクセスを制限すると発表した。音声版ディープフェイクの可能性のある「カスタムニューラル音声」へのアクセスも制限する。同社の「責任あるAIの原則」更新の一環だ。(2022/6/22)

この頃、セキュリティ界隈で:
悪用多発のゼロデイ脆弱性「Follina」 外部の研究者が危険性指摘、Microsoftの対応巡り批判も
「Follina」と呼ばれるゼロデイの脆弱性が、Microsoftの6月14日の月例セキュリティ更新プログラムで修正された。同社は、いったんはセキュリティ問題ではないと見なしていたことも判明。Microsoftの脆弱性に対する対応や情報開示の在り方に関する論議も起きている。(2022/6/22)

セブン&アイが「Anaplan」で“脱Excel” データの一元管理と経営判断の迅速化を図る
セブン&アイは、SaaS型プラン二ングプラットフォーム「Anaplan」を採用した。「Microsoft Excel」からの脱却でデータ収集や集計の属人化を防ぎ、より高度で迅速な経営判断の実現を目指す。(2022/6/22)

TechTarget発 世界のITニュース
「OKR」とは何か? Microsoftが語る“組織の連携強化”の鍵
Microsoftは、従業員体験向上を目的としたツール群「Microsoft Viva Suite」にOKRの管理ツールを追加する。組織の連携強化に役立つというが、どのようなツールなのか。(2022/6/22)

MicrosoftがArmデバイスでAzure Active Directoryにサインインできない不具合の修正を緊急リリース
Microsoftが、6月の月例セキュリティアップデートで起こった不具合に対応した更新プログラムを緊急リリース。(2022/6/21)

MacやAndroidにも対応 マイクロソフトがセキュリティアプリ「Defender for individuals」を提供開始
日本マイクロソフトは、「Microsoft Defender for individuals」の提供を開始した。WindowsだけでなくmacOSやiOS、Androidにも対応する新しいオンラインセキュリティアプリケーションで、同社は「デジタルライフ全体の保護する」としている。(2022/6/21)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(121):
フェイルオーバークラスタインスタンスで使用しているドライブ文字に関する情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、フェイルオーバークラスタインスタンスで使用しているドライブ文字に関する情報の出力について解説します。(2022/6/21)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(120):
テープデバイスの一覧と状態情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、テープデバイスの一覧と状態情報を出力する方法について解説します。(2022/6/20)

「Windows 10」標準ツールで強化するセキュリティ【第4回】
GPO(グループポリシーオブジェクト)とは? 危ないWindowsを生まない仕組み
Microsoftは、企業が安全に「Windows 10」搭載デバイスを運用できるようにするために、さまざまなセキュリティ向上の仕組みを設けている。主な仕組みを整理する。(2022/6/20)

日本のシェア率も:
PC版Webブラウザの世界シェアランキング 3位「Safari」、2位「Edge」、“圧倒的王者”のシェア率は?
米マイクロソフトが1995年から提供していた「Internet Explorer」のサポートを終了したことで「Webブラウザ」に注目が集まっている。Web解析サイト「StatCounter」でPC版Webブラウザの世界シェア(5月末時点)を確認してみた。(2022/6/19)

「Internet Explorer」の次は「Windows 10」に要注意? マイクロソフトが心配する次の危機
米マイクロソフト(MS)がWebブラウザ「Internet Explorer」のサポートを終了した。サポート終了間近の製品の状況をまとめた。(2022/6/18)

個人向け「Microsoft Defender」提供開始 Microsoft 365 PersonalとFamily契約者向け
Microsoftが Microsoft 365 PersonalおよびFamily契約者向けに、「Microsoft Defender for individuals」の提供を開始した。(2022/6/17)

Arm64アプリのビルドとデバッグが可能に:
Arm64デバイスでネイティブ開発が可能に、「Visual Studio 2022 17.3 Preview 2」がリリース
MicrosoftはWindows 11向けのネイティブArm64アプリケーションとして「Microsoft Visual Studio 2022バージョン17.3 Preview 2」をリリースした。「Windows 11 Armデバイス」でArm64アプリケーションのビルドとデバッグをネイティブにサポートする。(2022/6/17)

欧州委員会の偽情報対策の新規範にTwitter、Meta、Googleなどが署名
欧州委員会が「Code of Practice on Disinformation」(偽情報に関する行動規範)を発表した。フェイクニュースの拡散を阻止するためにプラットフォーマーが行うべき取り組みを決めたものだ。Twitter、Meta、Google、Microsoftなど34社が署名した。(2022/6/17)

Microsoft、iPhone/iPad用セキュリティアプリに進出 「Microsoft Defender for iOS」リリース macOS、Android向けも
Microsoftが個人向けMicrosoft Defenderで、iOS、macOS、Android向けアプリ提供を始めた。(2022/6/17)

IEサポート終了後も使い続ける方法はある? Microsoft公式の説明
Microsoftは2022年6月15日(現地時間)、長年利用されてきたWebブラウザ「Internet Explorer」のサポートを終了した。同社はブログで今後IEから「Microsoft Edge」に切り替える際の幾つかのポイントを紹介した。(2022/6/17)

ありがとう、Internet Explorer Twitterで飛び交う“はなむけの言葉”
米Microsoftは6月15日(現地時間)、Webブラウザ「Internet Explorer(IE) 11」のサポートを終了した。その衝撃は大きく、16日のTwitterでは「Internet Explorer」が日本トレンド入り。多くのユーザーがさまざまな“はなむけの言葉”を贈っている。(2022/6/16)

TBS報道が話題:
「Internet Explorer」サポート終了に自治体「なんで急に」報道 Twitterで「さすがに草」などの声
米マイクロソフトが「Internet Explorer」のサポートを終了したことに関連して、TBSの取材内容が話題となっている。(2022/6/16)

公取委、Microsoftの米ゲーム大手買収について意見募集 結合審査に際し情報求める
公正取引委員会が、米Microsoftと米ゲーム大手のActivision Blizzardが統合を計画している件について意見募集を始めた。同委員会は同件が競争に与える影響について審査中。郵送とメールで統合に関する情報や意見の提供を求めている。(2022/6/16)

Surface Pro Xにおける問題は解消せず:
MicrosoftがWindows 11「Build 25140」をDevチャネルで公開 ユーフェミア書体に新たなグリフを追加
Windows 11 Insider ProgramのDevチャネルに最新のビルドが掲載された。カナダの先住民が使う字体に新たなグリフが追加された一方で、Surface Pro Xで報告されている休止状態に絡む不具合は解消できていない。(2022/6/16)

「ハイブリッドワーク」時代にあるべきオフィスの姿とは? 日本マイクロソフトがリニューアルした品川オフィスをオンラインで公開
日本マイクロソフトがオンラインイベント「ハイブリッドワーク2022」を開催した。このイベントの中で、リニューアルが完了した同社の品川オフィス(本社)の様子が初めて公開されたので紹介する。(2022/6/16)

「Internet Explorer」サポート終了も「IEモード」で“ゾンビ化” 本当の混乱は7年後?
米マイクロソフト(MS)がWebブラウザ「Internet Explorer」のサポートを終了した。MSはMicrosoft Edge非対応のページやサービスを利用できる互換機能「Internet Explorer モード」をEdgeで提供しており、終了したはずのIEが“ゾンビ”のように存続することになる。(2022/6/16)

「Internet Explorer」サポート終了で米マイクロソフト公式ブログが話題 「長年のご愛顧ありがとうございました」
米マイクロソフト(MS)が1995年から提供するWebブラウザ「Internet Explorer」(インターネットエクスプローラー、IE)のサポートを終了した。これを受け、公式ブログでもユーザーに「長年のご愛顧ありがとうございました」としている。(2022/6/16)

Microsoft、5月末発表の悪用されたゼロデイ脆弱性「Follina」を修正
Microsoftが5月末に発表した「悪用されたことが確認された」ゼロデイ脆弱性を修正した。6月の月例更新ではこの他、3件の重要度最高のものを含む多数の脆弱性に対処。Microsoftは、可能な限り早く適用するよう勧めている。(2022/6/16)

Internet Explorer(IE)、約27年の歴史に幕 「ご愛顧ありがとうございました」
Microsoftは6月15日、1年前に予告したWebブラウザ「Internet Explorer(IE) 11」のサポート終了を実施した。1995年公開の「IE 1」から続いた27年の歴史に幕が下ろされた。Edgeの「IEモード」は「少なくとも2029年まで」サポートするとしている。(2022/6/16)

Microsoftが6月の累積更新プログラムを配信 ゼロデイ脆弱性「Follina」に対処
Microsoftは2022年6月の累積更新プログラムを配信した。今回のアップデートには先日明らかになったゼロデイ脆弱性「Follina」への対応が含まれている。(2022/6/16)

遠隔医療向け機能を強化
医療専用じゃない「Teams」が“病院必携ツール”になるために超えるべき壁とは
「Microsoft Teams」は遠隔医療向けの機能拡充を進めている。専門家はこうした機能が医療の在り方を変えると期待する一方で、改善の余地も大きいと考えている。(2022/6/16)

「FIDO2」にApple、Google、Microsoftが本腰【前編】
Apple、Google、Microsoftが推すパスワードレス認証「FIDO2」とは?
パスワードの要らない世界の実現を目指し、Apple、Google、Microsoftはパスワードレス認証技術「FIDO2」の活用に力を入れる。FIDO2は何を可能にするのか。このほど3社が打ち出した計画とは。(2022/6/16)

27年の歴史に幕:
【準備OK?】米マイクロソフトの「Internet Explorer」、6月16日起動不可に 必要な対策とシェア率は?
米マイクロソフト(MS)が1995年から提供するWebブラウザ「Internet Explorer」(インターネットエクスプローラー、IE)が6月16日(現地時間6月15日)でサポートを終了する。対策などをまとめた。(2022/6/15)

IE終了前日! 「IEモード」適用で現場の混乱を防ぐ
Internet Explorerが日本時間6月16日にサポート終了となる。以降は基本的に起動できないため、IEのみで動くシステムがまだ残っている現場では同日以降混乱が起こる可能性がある。そこで知っておくべきが、Microsoft Edgeの「IEモード」だ。(2022/6/15)

MicrosoftがWindows 11「Build 22621」をBetaチャネルで公開 ファイルエクスプローラーにタブ機能を追加
米Microsoftが「Windows 11 Insider Preview Build 22621」をDevチャネルで公開した。(2022/6/14)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(126):
Win32アプリとUWPアプリ、どっちを選ぶ? 両方ある場合の選択ポイントとメリット/デメリットは
ビジネス向けのアプリケーションの多くは、従来のWin32アプリとして提供されています。そのため、Microsoft Storeで提供されるUWPアプリをビジネスで積極的に活用しているというところは少ないかもしれません。Windows 10、そしてWindows 11で進化し続けるUWPアプリの世界は、知らぬ間に、企業におけるアプリの配布や更新の形を劇的に変える可能性を広げています。(2022/6/14)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(119):
欠落インデックスによる実行プランへの影響に関する情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、欠落インデックスによる実行プランへの影響に関する情報を出力する方法について解説します。(2022/6/14)

AppleのFIDOサインイン認証情報「パスキー」の仕組み Google、Microsoftと共同で推進する「パスワードを不要にする認証」
WWDC22でFIDOサインインの認証情報「Meet passkeys」に関する解説を公開。(2022/6/13)

UI開発を支援、開発環境構築済みのクラウドPCを提供:
デベロッパーが注目したいMSの開発関連技術「.NET MAUI」「Microsoft Dev Box」の威力とは
Microsoftは開発者向けカンファレンス「Build 2022」で発表したツールやサービスのうち、Visual Studioユーザーにとって要注目の技術「.NET MAUI」と「Microsoft Dev Box」を紹介した。さらに「Azure Deployment Environments」とArm64対応の「Visual Studio」も取り上げている。(2022/6/13)

Weekly Memo:
テレワーク一辺倒からどう変わる? 日本マイクロソフトが語る「ハイブリッドワーク」進化論
ニューノーマル時代の新たな働き方として注目される「ハイブリッドワーク」はこれからどう進化していくのか。日本マイクロソフトの考え方から解き明かしたい。(2022/6/13)

「メタルギア」小島秀夫監督、新作ゲーム開発へ 今度はMicrosoftとタッグ
ゲームデザイナーの小島秀夫さんが新作ゲームの開発に着手する。前作「DEATH STRANDING」はSIEとタッグを組んだが、新作はMicrosoftと連携。開発に当たっては、Microsoftのクラウド技術を活用するという。(2022/6/13)

「Microsoft Cloud for Sustainability」とは 「ネットゼロ」業界別サービスで達成支援
Microsoftは、事業活動における温室効果ガス(GHG)排出量を分析、可視化する「Microsoft Cloud for Sustainability」の一般提供を開始した。GHG排出量の削減や環境負荷の軽減、持続可能なITインフラやバリューチェーンの構築を支援する。(2022/6/13)

Microsoft「ライセンス規約変更問題」の行方【後編】
「AzureじゃないクラウドだとOfficeが高くなる」ライセンス規約は違法なのか?
Microsoftは同社のライセンス規約により、欧州の独占禁止法違反の疑いで欧州委員会から調査を受けている。一方で米国の独占禁止法に違反しているかどうかの判断は、より難しくなるという。その背景は。(2022/6/13)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(118):
欠落インデックスの列の情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、欠落インデックスの列の情報を出力する方法について解説します。(2022/6/13)

IEから切り替えのタイミングで……:
Microsoft Edgeの最新版が公開 深刻度「重要」の脆弱性に対処
Microsoftは、最新版となる「Microsoft Edge version 102.0.1245.39」を公開した。深刻度「重要」の脆弱性が修正され、迅速なアップデートの適用が求められる。(2022/6/11)

Internet Explorer 11 デスクトップアプリは6月15日にサポート終了
Microsoftは、Internet Explorer 11 デスクトップアプリケーションのサポートを6月15日に終了する。(2022/6/10)

MicrosoftがEdgeブラウザとXbox Cloud Gamingの統合を発表 PCでのゲーム体験を強化
Microsoftがプレス向けのバーチャルブリーフィング「What's Next for Gaming」にて、Microsoft Edgeとクラウドゲームサービス「Xbox Cloud Gaming」の統合を発表した。(2022/6/10)

オリジナルのXboxコントローラーを作れるサービス、日本でも利用可能に デザインパターンは数十億通り
米Microsoftが、「Xbox Wireless Controller」の色や柄をカスタムし、オリジナルのゲームコントローラーを作成・購入できるサービスの提供を日本や韓国などで始めた。これまでは北米など一部地域のみでの提供だった。(2022/6/10)

世界のIaaSシェア、2021年は1位AWS、2位Microsoft、3位Alibaba、4位Google ガートナー調査
米Gartnerが、ワールドワイドにおける2021年のIaaSクラウドの市場シェアについて、調査結果を発表した。トップは米AWSでシェア38.9%、2位は米Microsoftで21.1%、3位は中国Alibabaでシェア9.5%、4位は米Googleでシェア7.1%だった。(2022/6/10)

「Xbox Game Pass」でリリース前のゲームをプレイできる「Project Moorcroft」
Microsoftはリリース前のゲームのデモ版を体験できる新プログラム「Project Moorcroft」を発表。「Xbox Game Pass」加入者向けに2023年中に提供を開始する。開発者はプレイデータを取得できる。(2022/6/10)

XboxのクラウドゲームをSamsungのスマートTVで ソニーのコントローラも利用可能
MicrosoftはSamsungのスマートTVで「Xbox Cloud Gaming」のクラウドゲームをプレイできるようにする。日本を含む27カ国で6月30日ごろから提供開始の計画だ。Samsungの「Gaming Hub」は「GeForce Now」や「Stadia」にも対応する。(2022/6/10)

サポート終了目前のIEの脆弱性も対象:
「既知の悪用された脆弱性カタログ」に36個の脆弱性が追加 迅速にアップデートの適用を
「既知の悪用された脆弱性カタログ」に36個の脆弱性が追加された。複数のAdobe製品やMicrosoft製品などに影響を及ぼす脆弱性が含まれるため注意が必要だ。内容を確認し、迅速に対処してほしい。(2022/6/10)

抽選でAmazonギフト券が当たる
「Microsoft SQL Server/Windows Server移行」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2022/6/10)

Computer Weekly日本語版
MacでもLinuxでもない、脱Microsoftのための最強OS
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2022/6/10)

MicrosoftがArm64にネイティブ対応の「Power Toys」をリリース
米Microsoftが、パワーユーザー向けの公式ユーティリティー群「Power Toys」の最新版v0.59.0をリリースした。(2022/6/9)

IEサポート終了まで残り1週間、準備は終わった? IPAの注意喚起を改めてチェック
米Microsoftが提供するWebブラウザ「Internet Explorer」(IE)のサポート終了まで残り1週間となった。6月16日(日本時間)のサポート終了以降、IEを起動できなくなるため、IPAはIEコンテンツの利用者と提供者に必要な対応を紹介している。(2022/6/9)

Innovative Tech:
手書きスケッチをきれいな3D図面に自動変換するシステム 英国やフランスなどの研究チームが開発
英University College London 、フランスの研究機関Inria、Microsoft Research Asia、Adobe Researchによる研究チームは、フリーハンドで描いた形状をCAD(Computer-Aided-Design)コマンドに自動変換するスケッチベースのモデリングシステムを開発した。(2022/6/9)

CIO Dive:
クラウド市場戦国時代 AWSに吹く逆風はMS、Googleの追い風になるか?
AWSはクラウド市場シェア全体の約3割を占め、引き続きトップを維持しているが、幾つかの逆風に見舞われている。これを機にMicrosoftとGoogleは市場シェアを拡大できるか。米国アナリストが分析した。(2022/6/9)

使える「Microsoft Defenderウイルス対策」の6大機能【後編】
OneDriveに潜むランサムウェアを探す「Microsoft Defenderウイルス対策」の機能とは?
ランサムウェア対策は企業の急務だ。「Microsoft Defenderウイルス対策」はランサムウェア攻撃に立ち向かうために、どのような機能を備えているのか。(2022/6/9)

Microsortが「Windows 11 22H2」をRelease Preiewチャネルで公開 組織のIT管理者が検証可能に
米Microsoftが「Windows 11 22H2 Build 22621」をRelease Previewチャネルで公開した。(2022/6/8)

「Minecraft」の大型アップデート「ワイルド アップデート」配信開始
米Microsoft傘下のMojangが、人気ゲーム「Minecraft」の大型アップデートとなる「The Wild Update(ワイルド アップデート)」の配信を6月8日に開始した。(2022/6/8)

山市良のうぃんどうず日記(233):
Microsoft Edgeの更新で出現した謎の挙動と更新エラー、これで解消できました
先日、とあるWindows 10のPCの1台(実際にはテスト用仮想マシン)でMicrosoft Edgeを最新バージョンに更新しようとしたところ、それまでそのPCでは起きなかった謎の挙動と、更新エラーを目にしました。同様の更新エラーにお悩みの方のために、筆者はこうして解消できましたということを参考として紹介します(同様の問題が同じように解消できるとはお約束できません)。(2022/6/8)

テレワークの次はオフィスの整備
Teams/Zoomを使うと見えてくる、オフィスの弱点と課題
コロナ禍でテレワーク環境の整備が課題になったが、ハイブリッドな働き方に移行すると企業は新たな問題に直面する。「Microsoft Teams」や「Zoom」の利用にオフィス環境は耐えられるだろうか。(2022/6/7)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(117):
インデックスが欠落している列に関する情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、インデックスが欠落している列に関する情報を出力する方法について解説します。(2022/6/7)

MicrosoftがWindows 11「Build 25131」をDevチャネルで公開 Microsoft StoreアプリがArm64ネイティブ対応へ
米Microsoftが「Windows 11 Insider Preview Build 25131」をDevチャネルで公開した。(2022/6/6)

ランサムウェア対策を実施する中小企業はわずか3割 中小企業はセキュリティツールに何を求めている?
調査によれば、サイバー攻撃が活発化する中、大企業や中堅企業に比べて中小企業のランサムウェア被害対策は遅れている。日本マイクロソフトは調査結果を受け、「中小企業向け」をうたうセキュリティツールの販売を開始したが、そのポイントは何か。(2022/6/7)

Microsoft「ライセンス規約変更問題」の行方【中編】
「AzureじゃないとOfficeが高くなる」ライセンス規約変更が3年後に騒がれた理由
Microsoftは2019年に同社製品のライセンス規約を更新した。その変更内容が独占禁止法に違反していると、欧州委員会が指摘している。競合他社のクラウドベンダーとユーザー企業はどう動くのか。(2022/6/6)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(116):
インデックスの操作数と前回の実行日時に関する情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、インデックスの操作数と前回の実行日時に関する情報を出力する方法について解説します。(2022/6/6)

Microsoft、「労働組合を作らなくても話し合えるが、尊重する」
Microsoftの法務責任者、ブラッド・スミス氏は、労働組合結成に関する新たな原則を発表した。組合を作らなくても幹部と話し合えるが、組合結成には協力するとしている。(2022/6/3)

マルチクラウドアクセスを想定、CIEMも提供:
MicrosoftがIDガバナンスを強化へ セキュリティ新ブランド「Microsoft Entra」発表
Microsoftは、ID管理とアクセス管理の新たな製品群「Microsoft Entra」を発表した。既存のAzureADに、新たにCIEMや分散型ID管理を加え、IDガバナンスソリューションとして統合する。(2022/6/3)

重要なのは場を用意することではなく、選択できるようにすること:
PR:ハイブリッドワークが生産性向上の起爆剤に――実現に向けて働く環境をアップデートするポイントとは
オフィスに出社したり、在宅で業務を推進したりする「ハイブリッドワーク」の一般化が進む一方、テレワーク環境の整備がゴールになっているケースもある。コロナ禍以前からテレワークを実践してきたMicrosoftは、そうした状況に警鐘を鳴らす。では、ハイブリッドワークを見据えて働く環境をアップデートしていく上でのポイントはどこにあるのだろうか。(2022/6/2)

MSI、第12世代Core i7+RTX 3060を採用した17.3型ゲーミングノート
エムエスアイコンピュータージャパンは、第12世代Coreプロセッサを搭載した17.3型ゲーミングノートPC「Pulse-GL76-12UEK-452JP」を発売する。(2022/6/2)

Microsoft、「Surface Laptop Go 2」発売 第11世代Intel Core搭載で9万6580円から
Microsoftが軽量クラムシェルPC「Surface Laptop Go 2」を発表した。第11世代Intel Core搭載で価格は9万6580円から。新色「セージ」を含む4色展開だ。(2022/6/2)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(172):
Azureの新たなサーバレスのコンテナ実行環境、Azure Container Appsの一般提供開始
Microsoft Ignite 2021で発表された「Azure Container Apps」サービスの一般提供が始まりました。これにより、Microsoft Azureにまた1つ、運用環境で利用可能なコンテナ(ただしLinuxコンテナ)対応のサービスが増えました。(2022/6/2)

使える「Microsoft Defenderウイルス対策」の6大機能【中編】
無料で使える「Microsoft Defenderウイルス対策」のスキャン機能は使い物になるのか?
デバイスのセキュリティを確保するには、マルウェアを検出するスキャンが欠かせない。基本機能であるスキャン機能など、無料で使える「Microsoft Defenderウイルス対策」の主な機能を検証する。(2022/6/2)

日本マイクロソフト、中小企業向けに最適化したセキュリティツール単体製品「Microsoft Defender for Business」を提供開始
日本マイクロソフトは、中小企業向けセキュリティツール「Microsoft Defender for Business」の提供開始を発表した。(2022/6/1)

Metaが戦略的クラウドプロバイダーにMicrosoft Azureを採用 その狙いは
MetaはAzureを戦略的クラウドプロバイダーに選定した。AI分野の研究を強化する、Azureの強みとは。(2022/6/1)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(125):
サポート期限は大丈夫ですか? Windows、Windows Server、SQL Server、Office、IEの最新ライフサイクル情報を確認せよ
2022年5月から数カ月、WindowsおよびMicrosoftテクノロジーの製品ライフサイクルの終了が続きます。また半年後には、Windows 8.1とWindows Server 2012/2012 R2のライフサイクル終了が控えています。Windows 11や最新のOfficeアプリのリリース以降、サービスチャネルやサービス期間の変更もあります。最新情報をいま一度、確認しておきましょう。(2022/5/31)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。