• 関連の記事

「インタラクション」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「インタラクション」に関する情報が集まったページです。

本田雅一の時事想々:
アップルはどこへ向かう? 成熟した市場の中で、“王者の道”を探る
近年のアップルについて「世の中を刷新しようとしていない」「つまらなくなった」などの論調で嘆く声を耳にする。成熟した市場の中で、アップルは今後の成長軸をどこに見据えているのだろうか?(2022/6/21)

Innovative Tech:
「くすぐり」「息の吹きかけ」を感じるプニプニな敏感人工皮膚 ロボットに着せて人間みたいに
韓国のKAIST、米MIT、ドイツのUniversity of Stuttgartによる研究チームは、人間の皮膚をまねた柔らかく敏感な人工皮膚を開発した。人工皮膚を押すと変形し押した力や向きを感知するため「なでる」「くすぐる」「たたく」などのインタラクションを理解する(2022/6/21)

Marketing Dive:
メタバースのビッグウエーブに乗り遅れまいと先走る企業が頭を冷やしてまず考えるべきこととは?
メタバースに必死過ぎる企業はまず、そこでブランドの安全をいかに守るかということを考えた方がいい。(2022/6/9)

Social Media Today:
いつ投稿すると最も話題になる? Instagram、Facebook、Twitter、LinkedInを比べた
各種SNSでアカウントを運用する上で、最も良い反応を得るために投稿時間はいつにすべきなのか。3万人分の利用データから得られた洞察を提供する。(2022/6/3)

WebAssembly、Emscripten、Pyodideによるブラウザスタックが基盤:
Anaconda、Pythonアプリをブラウザで実行できるOSSフレームワーク「PyScript」を発表
Anacondaは、Pythonと標準HTMLを組み合わせ、ブラウザで動作するリッチなPythonアプリを作成できるOSSフレームワーク「PyScript」を開発していることを明らかにした。(2022/5/19)

セキュリティ、イングレスゲートウェイ、イベントドリブン、GraphQLなど:
Google、2022年以降のAPIエコノミーで注目すべき7つのトレンドを紹介
GoogleはAPIの活用を目指す企業に向けて、APIエコノミーの未来を形作る7大トレンドを紹介した。(2022/5/10)

Innovative Tech:
YouTubeの“おすすめ動画”を他人と交換できるプラグイン 見知らぬ誰かのレコメンド動画を視聴可能に
米Virginia Techの研究チームは、YouTubeにおいて、他人にオススメ(レコメンド)される動画の一覧が表示されるプラグインの開発と、そのプラグインを使用した際のユーザーの評価を考察した論文を発表した。(2022/4/26)

VRアバターはビデオチャットより“素の自分”さらけ出す 東京都市大など研究
VRアバターによるコミュニケーションは、ビデオチャットより“素の自分”をさらけ出す――こんな実験結果を、東京都市大学などが発表した。(2022/4/13)

減塩食を“しょっぱく”感じる箸型デバイス、明大とキリンが開発 電気で味覚を操作
明治大学とキリンホールディングスは、減塩食品の味わいを増強させる箸型デバイスを開発した。減塩食を食べたときに感じる塩味が1.5倍程度に増強されることを世界で初めて確認したという。(2022/4/11)

Marketing Dive:
イケてないブランドでも成功をつかむには?――TikTokとInstagramの“二刀流”入門【前編】
TikTokの人気が高まっている。ブランドはこのプラットフォームの良さを認識するとともに、マーケティング戦略に組み込む方法を知る必要がある。それはB2CだけでなくB2Bであってもだ。(2022/4/1)

CDNもOracleが自前で提供 OCIの大幅アップデートの詳細は
OracleがOCIのラインアップを刷新。「最大のフレキシビリティを持ちながらシンプルなサービスを提供する」ことを目標に複数の新機能を発表した。今まで提供してこなかった領域のサービスを含め、攻めたラインアップだ。(2022/3/31)

Innovative Tech:
「何かに集中していて、聞き取れなかった音声」を後から再生できるイヤフォン 京セラが開発
京セラ研究開発本部フューチャーデザインラボの研究チームが人間拡張研究の一環として、何かに集中していて聞き逃した音声を後から教えてくれるヒアラブルデバイスを開発した。(2022/3/28)

Innovative Tech:
スーパーの「パック肉」が自分好みか、AIが判定 カメラで撮影し、色味や脂身量を解析
明星大学情報学部丸山研究室の研究チームは、スーパーマーケットなどに陳列するパックに入った精肉が自分の好みかどうかの選定を支援する手法を開発した。色味や脂身量、脂身の入り方の3種類を指標に、自分好みを数値化し、判定する。(2022/3/22)

Innovative Tech:
キャラクターを逆光背景に溶け込むように合成できるシステム 中京大が開発
中京大学濱川研究室の研究チームは、逆光の背景画像と前景となるキャラクターを調和するように合成する自動システムを開発した。背景の光源に合わせて、陰影・輝度値・色を調整し背景画像に溶け込むようにキャラクターを加工する。(2022/3/22)

Innovative Tech:
「持ち上げて伸びるネコの骨や肉を感じる」――猫の体内をリアルに再現したロボット 大阪芸大などが開発
大阪芸術大学とATR(国際電気通信基礎研究所)の研究チームは、呼吸や身体に触れたときの動作などを忠実に再現する猫型ロボットを開発した。リラックスした猫を持ち上げた際の柔軟に伸びる特徴と呼吸の表現にこだわった。(2022/3/18)

Adobeが考える「メタバース・レディな世界」の可能性 AR室長にインタビュー
あちらこちらで聞こえてくる「メタバース」だが、クリエイティブツールの最大手である米Adobeも注視する領域だ。実際にどのような取り組みを進めているのか、米Adobeのステファノ・コラッツァ氏に聞いた。(2022/3/16)

Innovative Tech:
VRアバターが相手だと自分のことを多く話してしまう? 東京都市大などが検証
東京都市大学などの研究チームは、ビデオチャットよりも、VRアバターを介した場合の方が、対話相手に自分自身の事柄(思考、感情、体験など)をより多く話してしまうことを明らかにした論文を発表した。(2022/3/9)

Innovative Tech:
謝罪の秘訣は台数? 台数が増えることでロボットの謝罪の効果は高まるのか
ATR(国際電気通信基礎技術研究所)などの研究チームは、サービス中に失敗した人型ロボットが謝る際に、1台よりも2台の方が謝罪の効果が高くなることを実証した論文を発表した。(2022/3/8)

Innovative Tech:
猫の横で毎晩一緒に寝たらどのような影響が出る? 法政大学が検証
法政大学の研究チームは、寝床がいつも変わる猫の横で寝る睡眠手法を検証した論文を発表した。猫の横に寝袋を敷き24日間一緒に寝た際に、身体的・心理的にどう影響するかを従来のベッドや布団で寝る睡眠スタイルと比較し考察した。(2022/3/8)

研究“謝罪するロボットの台数が増えると効果が高まる”が興味深すぎて人気に 「クレーマーが納得するまで無限に増えてほしい」
今日もまたペッパーくんが頭を下げている。(2022/3/3)

本田雅一の時事想々:
ソニーが放つ、異色の“穴あきイヤフォン” 「ヒアラブル機器」が再ブレイクしそうな理由
ソニーが発売した「LinkBuds」は、ヒアラブル機器が新しい世代への入り口に差し掛かったことを予感させる製品だ。LinkBudsは、ただの「快適なイヤフォン」ではないという。どういうことかというと……?(2022/3/4)

KDDI、5G SAでプレイステーションのゲームストリーミングと8K映像の配信に成功
KDDIとソニーは、5Gスタンドアローン環境でプレイステーションのゲームストリーミングとリアルタイムの8K映像配信の技術検証に成功。検証結果は「SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2022」での活用を予定している。(2022/2/28)

富士通が"AI倫理影響評価システム"のドラフト版を無償公開 「信頼できるAI」普及を目指す
富士通は、AI倫理ガイドラインに基づいてAIシステムの倫理上の影響を評価する方式を開発した。AIシステムの設計などで考慮すべき項目を網羅的に洗い出す仕組みだ。(2022/2/22)

YouTubeがメタバース参入を検討中「まずはゲームに適用」
YouTubeが、メタバースへの参入について検討している。「将来を語る上でメタバースに触れないわけにはいかない」とした上で「より没入感の高い視聴体験をどうすれば提供できるかを考えている」とした。(2022/2/18)

Innovative Tech:
「他人とどれくらい関わりを持ったか」計測するデバイス、はこだて未来大が開発
公立はこだて未来大学角康之研究室の研究チームは、ウェアラブルデバイスで計測した運動量だけでなく、その際に人とどれくらい関わったかの社会的活動量を同時に計測し、両者の数値から行動を分類し考察した論文を発表した。(2022/2/14)

Innovative Tech:
肉眼では見えないQRコードを埋め込む技術、米MITと米Metaが開発
米MIT CSAILと米Facebook Reality Labs(現Meta Reality Labs)の研究チームは、QRコードやArUcoマーカー、バーコードなどの肉眼では見えない2次元タグを埋め込み、赤外線カメラを通して読み取れる技術を開発した。(2022/2/3)

VRニュース:
3Dホログラム映像を視聴できる4K液晶採用のMRディスプレイ
サンリスは、Realfiction製のMRディスプレイ「Dreamoc XL5」の日本での販売を開始した。液晶ディスプレイをフルHDから4Kにアップグレードし、正面と左右の3方向から鮮明な3Dホログラム映像を視聴できる。(2022/2/3)

Innovative Tech:
英語ネイティブとの発音の違いを深層学習で可視化 ソニーCSLが開発
ソニーコンピュータサイエンス研究所(ソニーCSL)京都研究室の研究チームは、非母国語の学習において、学習者の発話とネイティブスピーカーの発話の違いを深層学習を使い分析し、視覚的に提示するシステムを開発した。(2022/1/20)

Innovative Tech:
手書きのイラストと一緒に踊れるシステム、愛工大が開発 人の動きにイラストが反応
愛知工業大学の水野慎士研究室の研究チームは、オンラインユーザーが手描きスケッチした2次元キャラクターを遠方の現実空間に3次元CGキャラクターとしてプロジェクターで表示し、現地の人とインタラクションできるシステムを開発した。(2022/1/12)

Innovative Tech:
作業中に「ツンデレ」されるとやる気は高まるか? メイドアバターで、奈良先端大が検証
奈良先端科学技術大学院大学の研究チームは、冷たい対応と優しい対応を組み合わせた動作「ツンデレ」が作業意欲にどのような影響を与えるかを検証した。(2021/12/14)

データ流通プラットフォームの「新たな役割」とは IDCが分析
IDCが国内データ流通プラットフォームの動向に関する調査結果を発表した。データ流通プラットフォームは単にデータを流通させるためだけではない新しい役割が増していると分析するが、課題もある。(2021/12/9)

Innovative Tech:
電波を注入し、人間を充電器化 タイピングや車の運転中にスマートウォッチなどを充電
米マサチューセッツ大学の研究チームは、キーボードに触ってタイピングした際に自動でスマートウォッチのバッテリーを充電するシステムを開発。人間の体を経由して電力を供給する。(2021/12/6)

Innovative Tech:
犬から人へ電話をかけられる「DogPhone」 愛犬は飼い主にどのくらい着信を入れるか検証
スコットランドのグラスゴー大学と、フィンランドのアールト大学の研究チームは、犬から人のスマートフォンへビデオ通話をかけられるボール型IoTデバイス「DogPhone」を開発。くわえて動かすことで、飼い主に電話をかけられる。(2021/11/30)

キャラクター開発のノウハウ×最新テクノロジー:
電通「キャラクターCXソリューション」 キャラクター×テクノロジーで顧客体験向上を目指す
電通が新サービス「キャラクターCXソリューション」を提供開始。柔軟に活用できて親しみやすいキャラクターにテクノロジーを掛け合わせ、新たな顧客体験の創出を実現する。(2021/11/16)

イノベーションのレシピ:
パナソニックの「とがったアイデア」を展示、蔦屋家電+でプロトタイプ展開催
パナソニックは2021年11月8日〜14日にかけて、同社が展開するデザインスタジオ「FUTURE LIFE FACTORY」が制作したプロトタイプを紹介する「未完成の未来 FUTURE PROTOTYPE展」を「蔦屋家電+」で開催中だ。(2021/11/10)

Gartner Insights Pickup(231):
顧客サービスとサポートテクノロジーのハイプサイクルにおける2021年の主要トレンド
顧客サポートおよびサービス(CSS)のリーダーは、有望なテクノロジーを評価し、投資を再検討する。本稿では、顧客サービスとサポートにおける5つの主要トレンドを紹介する。(2021/11/5)

新しい顧客接点開拓:
スターバックスがAlexaを活用したお試しサンプリング施策に挑んだ理由
スマートスピーカーを活用したお試しサンプル配布を実施したスターバックス。その企画の背景や狙い、施策を通した気付きを聞いた。(2021/10/14)

「Call of Duty」のカーネルレベルのチート対策「RICOCHET Anti-Cheat」始動
人気ゲーム「Call of Duty」でのチート行為対策「RICOCHET Anti-Cheat」が発表された。年内に「Warzone」と「Vanguard」に適用される見込みだ。サーバ側の機械学習アルゴリズムやカーネルレベルのドライバで構成される。(2021/10/14)

「メタバース=スノウ・クラッシュ」で本当にいいの? メタバースはコンピュータの歴史そのものだ
メタバースとは何か。西田宗千佳さんが改めてその定義を考えてみた。(2021/9/10)

2度目のバーチャル開催:
「SIGGRAPH 2021」、装着者の目を表示すぐHMDなど
「SIGGRAPH 2021」が2021年8月9〜13日に、多くのカンファレンスと同じく、2年連続でバーチャル開催された。今回は、全てのコンテンツを1つのプラットフォームに統合することで、発見したり視聴しやすい優れたプラットフォームを構築し、2020年と比べてかなりスムーズな運営を実現することができていた。(2021/9/21)

人工知能学会 タスクフォースが使い方を直伝:
「AI使って解決したい」「これってAIでできないの?」の答えを「AIマップ」で見つけよう
人工知能学会では外部発信活動の一つとして「AIマップβ」を公開している。本記事では活動のいきさつや、AIマップの活用方法を紹介する。(2021/7/21)

ポストコロナの製造業IT戦略(4):
ニューノーマルに必須となる柔軟性、求められる「スモールスタート」
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)がもたらした「withコロナ」のニューノーマル時代において、製造業にどのような変革が必要となるのかを考える本連載。第4回となる今回は、「ニューノーマル」において必要な姿勢として定着する「スモールスタート」について解説します。(2021/6/16)

WWDC21レポート:
AppleがWWDC21で示した情報操作の未来
Appleが開催した開発者向けイベント「WWDC21」。そこから見えてくるものを五つの視点で林信行氏が振り返る。(2021/6/11)

Apple、最新iOS「iOS 15」を発表 FaceTimeがAndroid、Windowsにも対応
これまでApple製品しか使えなかったビデオ通話サービス「FaceTime」が、Chromeなどのブラウザで利用可能になった。(2021/6/8)

ファーストパーティーデータの活用で顧客体験強化:
「Adobe Real-Time CDP」がCookieレス時代のマーケターにもたらすもの
Adobeがファーストパーティデータ指向型の次世代型CDPを発表。あるべき脱Cookie戦略についてAdobeの考え方をまとめた。(2021/4/28)

林信行視点で振り返るAppleイベント:
M1チップと新色で“時代の変化”を感じさせたApple新製品発表会を振り返る
Appleの発表会では、さまざまな新製品が登場した。それぞれの製品から見えてくるものを林信行氏が読み解いた。(2021/4/22)

Word文書の編集からKindleでの読書まで:
10.3型ながら300g台の激軽E Inkノート「Supernote A5 X」を試してみた(後編)
10.3型の大画面を採用したE Ink電子ペーパー「Supernote A5 X」。実際の使い勝手はどうなのか、実機を使っていろいろな用途で使ってみた。(2021/3/23)

Innovative Tech:
“ARお絵かき”が進化? 現実に置かれた物体と連動する技術「RealitySketch」 Adobeなど開発
現実とバーチャルのインタラクションを簡単に行えるようにする取り組み。(2021/3/18)

Innovative Tech:
“ショーケースの向こう側”を操作できる技術 MIT「inDepth」開発
ガラスのショーケースに入っているものを指し示すことが簡単にできる。(2021/3/12)

江崎氏、国領氏が語る「ウィズコロナ時代のデジタル社会の展望」とその設計思想
コロナ禍を機に表面化したデジタル社会の課題は何か、これからの私たちがウィズコロナ時代に心すべきことは何かを、WIDEプロジェクトの代表を務める東京大学 江崎 浩氏、慶応大学理事国領二郎氏が語った。カギは「レジリエントな社会」の仕組み作りにあるようだ。(2021/3/11)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。