• 関連の記事

「インタラクション」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「インタラクション」に関する情報が集まったページです。

仕事に役立つ「AI」資格10選【中編】
「AI」のエキスパートになるなら、どの知識とスキルを極めるべき?
ビジネスにおけるAI技術活用が進む中で、ますます重要になっているのがAI技術関連の知識やスキルだ。大学などの教育機関が提供する5つのAIコースを紹介する。(2024/5/14)

理想的なARグラスはまだない? 3Dスキャンアプリを無料で提供する理由は? 米Niantic技術トップに聞く
同社エンジニアリング部門のシニア・バイスプレジデントであるブライアン・マクレンドン氏に話を聞いた。彼はGoogleマップやGoogle Earth、ストリートビューなどの開発をリードした人物であり、この分野では伝説的な人物でもある。(2024/5/7)

「@IT 開発変革セミナー 2024 Winter」基調講演レポート:
DevOps視点で考える「ソフトウェア品質マネジメント」
「新しい開発手法やツールを導入したが、期待したほど効果が上がっていない。むしろ生産性が低下した気がする……」。そんな課題を抱える企業に不足している視点とは何か。第一線で活躍するアジャイルコーチがDevOpsの視点でソフトウェア品質について語った。(2024/5/17)

自然言語で生成AIアプリを作成できる新機能も発表:
AWS、ビジネスとソフトウェア開発を支援する生成AIアシスタント「Amazon Q」の一般提供を開始
AWSは、ビジネス全般とソフトウェア開発を支援するように設計され、業務に合わせてカスタマイズできる生成AIアシスタント「Amazon Q」の一般提供を開始した。(2024/5/7)

「ビデオポッドキャスト」の全て【中編】
「動画版ポッドキャスト」は企業にとって何が魅力なのか?
「ポッドキャストの動画版」である「ビデオポッドキャスト」は、視聴者や配信者という個人の視点だけではなく、企業のような組織の視点でも役立つ。それぞれにどのようなメリットをもたらすのかを解説する。(2024/5/3)

Social Media Today:
Xが新規アカウントに課金するとユーザーはどれほど影響を受ける? そしてそれは本当にbot対策になるのか?
Xが新規利用者を対象に、課金制を導入する方針を表明した。botの排除が目的だというが、これは本当に機能するのか。(2024/4/18)

AIモデルの運用に不可欠:
LLMスタックのセキュリティを確保するには? Ciscoが解説
LLMスタックの保護は、データの保護、ユーザーの信頼、AIモデルの運用の完全性などを保証するために不可欠だ。本記事では、AIシステムの安全性を確保する方法を学ぶことの重要性について、LLM実装とLLMスタックに焦点を当てながら紹介する。(2024/4/17)

石角友愛とめぐる、米国リテール最前線:
なぜ、アマゾンは「薬局ビジネス」に注力するのか? 競合の“破壊者”となる生成AIの実力
競合のディスラプター(破壊者)となりうる、その略とは。(2024/4/10)

質問応答、UIナビゲーション、画面要約などのタスクに対応:
UIとインフォグラフィックスの理解に特化した視覚言語モデル「ScreenAI」 Googleが開発
Googleは、UIとインフォグラフィックスの理解に特化した視覚言語モデル「ScreenAI」を公式ブログで紹介した。(2024/4/2)

日本のブランドも利用可能:
電通グループのMerkleがAIと人間それぞれの強みを生かした新たなメッセージングソリューションを発表
電通グループのMerkleは、一貫したブランド体験を作成するために人工知能(AI)と人間の相互作用を組み合わせた新たなメッセージングソリューションをリリースした。(2024/3/31)

30億パラメーターで「Stable Code 3B」をチューニングしたバージョン:
Stability AI、データベースクエリ、コード変換など幅広いコーディングタスクに対応する生成AI「Stable Code Instruct 3B」を発表
Stability AIは、同社のコーディング用生成AI「Stable Code 3B」をベースにした指示学習済みの大規模言語モデル「Stable Code Instruct 3B」を発表した。(2024/3/29)

マーケティングツール「Adobe Experience Cloud」にAIを適用
Adobeのマーケティングツール「Adobe Experience Cloud」にAI(2024/3/27)

Innovative Tech:
「耳ぴく」で操作できるメガネ機器 “ダブルぴくぴく”や“3秒ロングぴく”などで入力 神戸高専が開発
神戸市立工業高等専門学校の髙田研究室に所属する研究者らは、耳を動かす“耳ぴく”を操作入力に活用する眼鏡型デバイスを提案した研究報告である(2024/3/27)

FM:
スポーツ観戦の距離を超え選手と観客を音声でつなぐ、パナソニック EW社の「チアホン」
新型コロナウイルスの5類移行を受け、スポーツイベントの客足回復が進んでいる。イベント自体の面白さはもちろん、リアル観戦にしかない選手たちの戦う姿に心を動かされる人々は多い。そうした中、試合中に選手と観客をダイレクトでつなぐツールとして導入されつつあるのが、観戦時の音声配信クラウドサービス「CHEERPHONE(チアホン)」だ。(2024/3/26)

Innovative Tech:
各キーをそれぞれ「好きな立体位置」に置ける自作3次元キーボード 布上にキーを配置 金沢大が開発
金沢大学に所属する研究者らは、各キースイッチを立体的に自由にレイアウトできる自作3次元キーボードシステムを提案した研究報告を発表した。(2024/3/14)

多言語対応、文化的背景理解に強み:
GPT-4に次ぐ性能? LLM「Mistral Large」が登場 Azureでも利用可能
Mistral AIがリリースしたLLM、Mistral Largeはテキスト理解、変換、コード生成などさまざまなタスクに活用できる。MistralはAzure AI Studioなどで利用できる。(2024/3/13)

セキュリティソリューション:
Cloudflare、大規模言語モデルを保護する新たなファイアウォールを開発
Cloudflareは大規模言語モデルを悪用から保護するための「Firewall for AI」を開発していると発表した。今後数カ月以内にβ版を提供する予定だ(2024/3/7)

Innovative Tech:
溶けるとゲームオーバーの“氷のコントローラー” 敵に当たると加熱 東大が開発
東京大学苗村研究室に所属する研究者らは、氷に直接触れて操作するゲームコントローラーを提案した研究報告を発表した。(2024/3/6)

ERPにAIチャットbotを統合する意味ってある? そのメリットを解説
ERPにAIチャットbotを統合する企業が増えている。本稿ではERPをチャットbot経由で活用するメリットと効果的なチャットbot選定のコツについて解説する。(2024/2/28)

Marketing Dive:
バーガーキングがまた発明 “ワッパー生成AI”でブランドの伝統を現代に
Burger Kingが米国で開始した生成AIを使ったユニークなコンテストは、カスタマイズできるワッパーを売りにしてきたブランドの伝統を今風のやり方でスマートに実現するものだ。(2024/2/21)

ソニーのデザイン部門が札幌国際芸術祭に参画 クリエイティブセンター長に狙いを聞いた
ソニーグループのデザイン部門であるクリエイティブセンターが、アートイベント「札幌国際芸術祭 2024」にイニシアティブ・パートナーとして参画している。石井大輔ソニーグループ クリエイティブセンター センター長に、狙いを聞いた。(2024/2/20)

ハイテク企業は成長第一戦略から効率を重視した戦略へ転換:
生成AI以外も注目のIT業界に与える10のトップトレンド Gartnerが発表
Gartnerは「2024年にテクノロジープロバイダー(技術提供者)に影響を与えるトップトレンド」を発表した。(2024/2/19)

AI・機械学習の用語辞典:
密ベクトル(Dense Vector)とは? 疎ベクトル(Sparse Vector)との違い
全てまたはほとんどの成分が0以外の数値を持つベクトルを「密ベクトル」と呼び、その代表例にはテキストなどのEmbedding(埋め込み表現)がある。また、大部分の成分が0で、一部のみが0以外の数値を持つベクトルを「疎ベクトル」と呼び、その代表例にはテキスト文書のtf-idf値がある。(2024/2/14)

期待されつつもトレンド入りは難しそうなテクノロジーを予測:
エンタープライズ5Gや折りたたみ式端末は2024年のトレンドになる? ならない?
ABI Researchは2024年、期待されてはいるが実現困難なテクノロジーについての予測を発表した。エンタープライズ5G、折りたたみ式端末の主流化などを挙げた。(2024/1/30)

フルスタック開発者/エンジニアが3位にランクイン:
2024年、企業が採用に苦労するIT職種トップ10 2位は“AI/MLスペシャリスト”、1位は?
CoderPadは「2024 State of Tech Hiring report」で、2024年に採用が難しくなると予想される職種のトップ10を発表した。(2024/1/26)

CAEニュース:
自動運転車用シミュレーター「DRIVE Sim」と「AVxcelerate Sensors」を統合
Ansysは、NVIDIAのAV(自動運転車)用シミュレーター「NVIDIA DRIVE Sim」と同社の「Ansys AVxcelerate Sensors」の統合を発表した。DRIVE Simユーザーは、AVxcelerate Sensorsで生成したセンサーシミュレーション出力へのアクセスが可能となる。(2024/1/26)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
Apple Vision Proは日本でも買えた! そのプロセスで感じられた語り尽くせない驚きの理由
米国において「Apple Vision Pro」の受注が始まった。筆者も実際に注文してみたので、その時の体験談を交えつつ、このデバイスが持つ可能性をひもといていきたい。【更新】(2024/1/24)

Social Media Today:
マーク・ザッカーバーグ氏はメタバースのことを忘れてしまったの? Metaの答えは……
Metaのマーク・ザッカーバーグ氏は最近、生成AIに前のめりになっているように見える。メタバース計画はMetaの中で優先が下がってしまったのか。(2024/1/22)

AWSの生成AI「Amazon Q」とは【後編】
「Amazon Q」は万能型のアシスタントになる? データ分析で終わり?
AWSのAIチャットbot「Amazon Q」は、BIサービス「Amazon QuickSight」など複数の同社サービスに搭載される見通しだ。アナリストは、Amazon Qの可能性をどう評価しているのか。(2024/1/18)

VR/AR/MRニュース:
ソニーがXR空間で3D設計できる新システムを開発、シーメンスとの提携も
ソニーは高品質XRヘッドマウントディスプレイと、3Dオブジェクトの直感的な操作と正確なポインティングを実現するインタラクション専用コントローラーを組み合わせた「没入型空間コンテンツクリエーションシステム」を発表した。(2024/1/12)

Innovative Tech:
「はかなく美しい……」 シャボン膜を“凍結”させたスクリーン 北陸先端大の研究者らが開発
北陸先端科学技術大学院大学の佐藤俊樹研究室に所属する研究者らは、シャボン膜を凍結させたスクリーンを提案した研究報告を発表した。(2024/1/12)

AWSの生成AI「Amazon Q」とは【中編】
AIアシスタント「Amazon Q」で“難解過ぎるBI”が簡単になる日は来るのか
AWSは2023年11月に発表したAIチャットbot「Amazon Q」を、BIサービス「Amazon QuickSight」をはじめとする複数サービスに組み込むことを計画している。Amazon Qはデータ分析のハードルをどう下げるのか。(2024/1/11)

問題点がメリットを上回るケースも:
開発者が注意すべき「マイクロサービスの問題点」、そのトップ10を解説
TechTagetは、「マイクロサービスの問題点」に関する記事を公開した。多くのメリットが得られるマイクロサービスだが、管理やコスト、デバッグの難易度などアプリケーション開発者が注意すべき点も多いという。(2024/1/5)

AWSの生成AI「Amazon Q」とは【前編】
CopilotのAWS版「Amazon Q」は何ができる? クラウドベンダーが三つどもえ
2023年11月、AWSは生成AIを活用したチャットbot「Amazon Q」を発表した。Amazon Qの概要を、アナリストの解説に沿って説明する。(2023/12/28)

今日のリサーチ:
「消費者の50%がソーシャルメディア利用を削減」「あえてAI非導入ブランドの出現」他、Gartner5つの予測
消費者のソーシャル離れや生成AI推しとその反動など、2024年以降のマーケティングに関するGartnerの予測を紹介します。(2023/12/23)

Social Media Today:
X(旧Twitter)離脱を考えるなら知っておきたい Metaの新SNS「Threads」でエンゲージメントを高める方法
Threadsの利用率が上昇すれば、イーロンリスクで先行き不透明なXからの乗り換えも現実味を帯びてくる。Threadsのエンゲージメントを促進する要因としてMetaが強調するポイントとは何か。(2023/12/22)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
注目高まるオンデバイス生成AI、スマートフォン関連市場でも新発表続々
展示会などでエッジ上で動作する生成AIのデモを見る機会も増えました。(2023/12/14)

Marketing Dive:
Z世代の親たち(X世代)をスルーしてしまう残念ブランドの末路
Z世代に売り込むことばかり考えて彼らの親の世代であるX世代を無視すれば、マーケターはみすみす金儲けのチャンスを逃すことになる。Wavemakerの最近の調査で明らかになった事実を紹介する。(2023/11/27)

Social Media Today:
Facebookの“ソーシャル離れ” フォローよりAI重視が加速――2024年のSNS大予測(Facebook編)
世界最大のSNSであるFacebookさえ、フォローする人よりAIがレコメンドするコンテンツの方がエンゲージメントが高いと考えるようになっている。2024年はどうなる?(2023/11/11)

Innovative Tech:
AIが「言語生成AIとの対話」で賢くなり続ける自動成長モデル 米Meta含む研究者らが開発
米Metaやカナダのマギル大学などに所属する研究者らは、環境と直接対話せずに大規模言語モデル(LLM)からのフィードバックを用いてAIエージェントを強化学習で訓練する手法を提案した研究報告を発表した。(2023/11/8)

コンタクトセンターソリューションから「Experience as a Service」へ:
生成AIは顧客サービスをどう変えるのか? Genesysの事業戦略
Genesys Cloud Servicesが戦略説明会を開催。AIを活用した顧客体験やSalesforceとの連携強化、日本における投資の進捗などについて、幹部が語った。(2023/10/12)

SnapchatのMy AIで考える「ChatGPT」のインパクト【前編】
Gartnerも興味津々 SnapchatのChatGPTベース機能「My AI」とは何なのか
Snapが「Snapchat」に追加した「My AI」は、OpenAIの「ChatGPT」をベースにした生成AI機能だ。My AIでできることとは何なのか。My AIに対する専門家の評価とは。(2023/9/30)

本田雅一の時事想々:
メタが「Quest 3」に込めた野心 どう進化するのか?
メタが発表した「Quest 3」。「お買い得なVRゲーム機」として一定の成功を収めているQuestシリーズだが、その先にはどんな未来を見据えているのか。イベントでは、AI技術などを取り入れた、コミュニケーションサービスの大きなイノベーションが感じられた。(2023/10/2)

DX 365 Life(10):
多国籍チームでビジネスを成長 D&Iに取り組むMicrosoftのトレンドを紹介 (Microsoftのビジネスアプリケーション-AI編その1)
長期的なビジネス成長を考える上で、外国人人材の起用やAIの活用は重要な要素になります。この点、日本企業はどのように取り組みを推進していくべきなのでしょうか。Microsoftの製品が提供する価値と合わせて解説します。(2023/9/29)

Innovative Tech:
AIがチームを組み、ゲーム攻略するシステム 中国チームが開発 マインクラフトなどで実験
中国の清華大学、北京郵電大学、テンセントなどに所属する研究者らは、さまざまなタスクを複数のエージェント(大規模言語モデルで駆動する自律AI)がメンバーを変えて協力して解決するシステムを提案した研究報告を発表した。(2023/9/5)

Social Media Today:
X(旧Twitter)、新プライバシーポリシーにユーザーの生体情報収集や公開データのAIトレーニングへの使用を明記
X(旧Twitter)の新たなプライバシーポリシーでは、公開データをAIのトレーニングに使うことなどが明記されている。(2023/9/4)

スケールと信頼性を追求し構築:
Uber、ワークフロープラットフォームCadence v1.0.0を発表 その機能は?
Uberは、オープンソースのコード駆動型ワークフローオーケストレーションプラットフォーム「Cadence」の新バージョン「Cadence v1.0.0」のリリースを発表した。(2023/8/23)

材料技術:
ZOZOが次世代の織物を披露、音楽を流せる織物やテキスタイル型ディスプレイを展示
ZOZO NEXT、東京大学筧研究室、細尾の3社は、共同研究プロジェクトの作品展示イベント「Ambient Weaving Collection−環境と織物」(2023年8月1〜7日、三菱ビル内のHave a Nice TOKYO!)を開き、音楽を流せる織物「Sounds」やテキスタイル型ディスプレイ「Pixels」を披露した。(2023/8/17)

Innovative Tech:
ライブ配信者の“平手打ち”や“頭突き”を感じられるシステム 電通大が開発 スマホを握る手に電気刺激
電気通信大学の梶本研究室に所属する研究者らは、ライブ配信者が反応した際の触覚をスマートフォンを介して提示する手法を提案した研究報告を発表した。(2023/8/9)

わずか2カ月で本番実装も:
生成AIで金融業界はどう変わるか AWSの金融向けサービスの全貌
業界を問わず、さまざまな企業が生成AIの活用を模索している。本稿は金融業界にフォーカスし、AWSが提供するAIサービスについて解説する。(2023/8/9)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。