• 関連の記事

「エッジコンピューティング」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「エッジコンピューティング」に関する情報が集まったページです。

AUTOSARを使いこなす(31):
AUTOSARの最新リリース「R23-11」(その1)+SDVに取り組むための心構え
車載ソフトウェアを扱う上で既に必要不可欠なものとなっているAUTOSAR。このAUTOSARを「使いこなす」にはどうすればいいのだろうか。連載第31回は、日本におけるAUTOSARの活動状況を報告するとともに、最新改訂版の「AUTOSAR R23-11」を紹介する。加えて、自動車業界で注目を集める「SDV」にどのように取り組むべきかについて論じる。(2024/2/15)

マルチクラウド、エッジ、5Gを駆使
AWSとGoogleで実現 オンプレミスでは駄目だった“小売業者の理想”とは?
小売業者Ocadoは複数のクラウドサービスを駆使することで、“オンプレミスだけ”ではできなかった、自社の要望に沿ったシステム運用ができるようになった。オンプレミスとクラウドサービスを併用する仕組みとは。(2024/2/7)

エッジAI対応デバイスを迅速に開発できる「AMD Embedded+」アーキテクチャ登場 Ryzen EmbeddedとVersal Adaptive SoCを活用
エッジAIへのニーズの高まりを受けて、AMDがRyzen EmbeddedとVersal Adaptive SoCを併載することで高パフォーマンスと効率性を両立できるソリューションを発表した。マザーボードはODMメーカーを通して提供されるという。(2024/2/6)

生成AIによってクラウドの重要性が増す可能性:
2025年までに企業の50%がクラウドプロバイダーと戦略的提携を結ぶようになる IDCがクラウド市場を予測
日本を除くアジア太平洋地域では、生成AIの台頭に伴いAI中心の時代に移行する中、企業にとってクラウド基盤がイノベーションの中核になるとIDCは予測する。(2024/2/1)

通信機器ベンダーが語る6Gの技術と活用例
「5G」の次世代「6G」で何ができる? インドで始まる“モバイルの未来”を解説
通信機器ベンダーEricssonは、インドにおける「6G」研究プログラムを開始した。どのような新技術や活用例が登場するのか。名門工科大IITと提携する狙いとは。(2024/1/29)

第8回 スマート工場EXPO:
Edgecross対応の軸受診断エッジアプリ、生産設備などの予知保全に貢献
NTNは「第8回 スマート工場EXPO」において、新たに発売した軸受診断エッジアプリケーションによるデモンストレーションを披露した。(2024/1/25)

Broadcomによる買収後のVMware
Broadcomが「VMware買収」をした真の結末とは? 生き残る製品、旅立つ製品
BroadcomがVMwareの買収を2023年11月に完了した。買収後も開発や提供が続く可能性が高いVMware製品、売却になる可能性のある製品は何か。VMware製品が今後どうなるのかを考える。(2024/1/18)

PCIeに初対応、産業用途に特化:
消費電力が一般品の半分&瞬停にも対応、TDKの産業向け新SSD詳細
TDKが、高速バスインタフェース規格「PCI Express(PCIe)」に同社として初めて対応した産業機器向けのM.2 2280タイプSSD「SNP1Aシリーズ」を開発した。信頼性や安定動作が重視される産業用途に特化する形で開発したという同製品の詳細を、TDKの担当者に聞いた。(2023/12/27)

エッジコンピューティング:
軌道上衛星におけるエッジコンピューティングの実証に合意
Space CompassとMicrosoftは共同で、軌道上衛星のコンピューティング環境で動作するソフトウェアの開発と実証に取り組む。地球上の特定場所における船舶を、衛星からリアルタイムに検知するアプリケーションを開発する。(2023/12/26)

インテル、日本で「Core Ultraプロセッサ」を正式発表 AI処理を高速化
インテルが新しいモバイル向けCPU 「Core Ultraプロセッサ」(開発コード名:Meteor Lake)を日本で正式に発表した。(2023/12/18)

製造マネジメントニュース:
国内企業で進むDX、導入技術は「IoTプラットフォーム」が最多に
ガートナージャパンは、国内企業のデジタル変革(DX)を推進する技術の導入状況について調査した結果を発表した。半数以上の企業や組織が、何らかのIoTプラットフォームを導入済みあるいは検証中であることが分かった。(2023/12/4)

“土木×AI”で起きる建設現場のパラダイムシフト(21):
AIと車両搭載IoTセンサーで、交通インフラの問題を解消する最新研究【土木×AI第21回】
連載第21回は、交通インフラの事故防止や維持管理の諸問題を解決する目的で、車両搭載のIoTセンサーで取得したデータをAI解析する最新研究を紹介します。(2023/11/30)

5Gの現状を正しく把握しよう【後編】
「6G」の前になぜ「5G SA」の時代がやってこないのか
コアネットワークまでを5Gで構成する「5G SA」は、限られた通信事業者しか提供していない。5Gの利点を引き出しやすくなる5G SAの導入が進まない理由とは。(2023/11/29)

FAニュース:
エッジコンピューティング向けスリム型産業用コンピュータ、処理能力2倍以上向上
東芝インフラシステムズは、スリム型産業用コンピュータの新製品「FA2100TX model 700」を発売した。処理能力が2倍以上向上し、エッジコンピューティング用途向けにストレージやメモリを大容量化している。(2023/11/22)

セミナー:
PR:IoT時代の産業制御機器 IEC62443に備えるセキュリティウェビナ
TechFactory会員の皆さまに、注目のセミナー情報をお届けします。(2023/11/16)

「今の取り組みが未来の自社にどう貢献するのか」を明確に:
ガートナーは「IoTプラットフォームが熱い」と分析 企業はDX推進のためにどのような技術を導入しているのか
ガートナージャパンは、国内企業のDX推進技術の導入状況に関する調査結果を発表した。それによると最も導入されているDX推進技術は「IoTプラットフォーム」だった。(2023/11/9)

日本企業が今、投資しているテクノロジーは? ガートナーが分析
国内企業がデジタル変革を推進するために多く導入しているテクノロジーは何か。ガートナーの調査から、新しいテクノロジーを導入するに当たっての「壁」が浮かび上がった。(2023/11/29)

「EdgeTech+ 2023」事前情報:
エッジデバイスの設計を支援する製品やデモを披露、アヴネット
エレクトロニクス商社のアヴネットは「EdgeTech+ 2023」に初出展する。「Edgeデバイスのスマートな開発設計をサポート」というテーマのもと、AMDやNXP Semiconductors、onsemi、ローム、STMicroelectronicsといった主要サプライヤーの製品ポートフォリオや事例を含むソリューションを展示する。(2023/11/7)

抽選でQUOカードPayが当たる:
PR:「スマート工場におけるエッジコンピューティングの実態」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にQUOカードPay(5000円分)をプレゼント。(2023/11/7)

「vSphere」「ESXi」のサポート終了を乗り切るには【第2回】
VMware vSphereのバージョン6、7、8の違い バージョンアップの利点とは?
「VMware vSphere 6.0」のサポートが終了する。vSphereのバージョンアップをすることでユーザー企業はどのようなメリットが得られるのか。移行先のハードウェア選びのポイントと合わせて説明する。(2023/11/22)

「vSphere」「ESXi」のサポート終了を乗り切るには【第1回】
サポート切れの「vSphere」はなぜ危険なのか? “安定稼働”に油断できない訳
「VMware vSphere」のバージョン6.5と6.7のテクニカルガイダンスが2023年11月に終了する。一見安定稼働しているように見えても、サポート切れのvSphereを使い続けることにはリスクが伴う。そのリスクとは何か。(2023/11/21)

人工知能ニュース:
音声制御を可能とするエッジデバイス向け自然言語理解エンジンを発表
NXP Semiconductorsは、自然言語理解エンジン「VIT Speech to Intent」を発表した。IoT、産業、車載アプリケーションの機器に対し、自然な対話での操作を可能にする。(2023/10/20)

デバイスからプラットフォームに進化するAMD FPGA/SoC:
PR:AI対応エッジデバイスの設計・開発を加速するFPGAベースのエコシステム
エッジコンピューティングでAI活用のニーズが高まっている。だがその開発は複雑で高難度だ。リアルタイム性や低消費電力、拡張性などの課題をクリアしつつ、AI対応エッジデバイスの設計・開発をシンプルにするプラットフォームとは?(2023/10/16)

AWSの“オンプレクラウド”って実際どうなの? ラックを日本初導入したNTTコムに話を聞く
AWSの“オンプレクラウド”を使ってみた感想は? ラックを日本初導入したNTTコムに話を聞く。(2023/10/6)

IT産業のトレンドリーダーに聞く!:
他社に勝てる、ユーザーが本当に求めている製品を徹底的に議論していく レノボ・檜山社長がこだわる、ハードウェアメーカーだからこそできること
コロナの5類感染症変更など、世の中の環境、経済状況や社会情勢が激変する昨今。急激な円安に伴う物価の上昇が続く中で、IT企業はどのような手を打っていくのだろうか大河原克行氏によるインタビュー連載のレノボ・ジャパン 後編をお届けする。(2023/10/6)

AUTOSARを使いこなす(30):
AUTOSARの最新リリース「R22-11」(その2)+SDVとAUTOSAR導入の共通点
車載ソフトウェアを扱う上で既に必要不可欠なものとなっているAUTOSAR。このAUTOSARを「使いこなす」にはどうすればいいのだろうか。連載第29回は、前回に続いて「AUTOSAR R22-11」について紹介するとともに、自動車業界で注目を集める「SDV」というバズワードとAUTOSAR導入の関係性について考えてみる。(2023/10/5)

クラウド時代のバックアップ【第6回】
バックアップに欠かせなくなる3つの“必須キーワード”とは?
サイバー攻撃が拡大する中で、企業はバックアップ戦略の転換を迫られている。今後のバックアップ戦略で重要となる3つのキーワードとは何か。(2023/10/2)

産業用メタバースに集まる注目と疑問 製造業を大きく変えるその価値とは
Siemens USAのCEOであるバーバラ・ハンプトン氏が、産業用メタバースと製造の未来を語った。(2023/9/27)

CIO Dive:
レッドソックスの球団経営はエッジコンピューティングでどう変わったか?
レッドソックスは、コーチやマネジャーが選手の分析や動画、データを使って素早くインサイトを得られるように、クラウドやエッジコンピューティングを活用しているという。(2023/9/22)

房野麻子の「モバイルチェック」:
どうなる? 500万回線突破「楽天モバイル」 明るい話題と不安要素
自社回線(MNO)の契約数が500万を突破した楽天モバイル。直近決算では赤字幅が縮小、OpenAIとの協業を発表するなど明るい話題も出た。一方、不安要素も残っている。(2023/9/15)

ビシェイ SiHP054N65E:
2kW以上に対応する第4世代のパワーMOSFET
ビシェイ・インターテクノロジーは、第4世代となる「650 V E」シリーズのパワーMOSFET「SiHP054N65E」を発表した。標準オン抵抗が10Vで0.051Ωと低く、2kW以上のアプリケーションに適する。(2023/9/11)

スマート工場:
PR:スマート工場実現に、スマートシティーのノウハウが生きる
スマート工場に向けた取り組みをPoCから先に進めるには、個別最適やサイロ化の状態から抜け出す全体最適の視点が必要だ。レノボ・エンタープライズ・ソリューションズとヴイエムウェアが、スマートシティーのノウハウを生かしたソリューションを提案している。(2023/8/25)

新ベンダー/新製品じろじろウオッチ(10):
エッジクラウド、ネットワーク事業を展開するGcoreが日本市場に本格参入
エッジクラウド、ネットワーク事業を展開するGcoreは東京に拠点を開設し、日本市場への本格参入を発表した。Gcoreはルクセンブルクに本社を置き、パブリッククラウドやエッジコンピューティング、コンテンツデリバリー、ホスティング、セキュリティソリューションなどを提供している。(2023/8/14)

FAニュース:
画像検査や予兆保全などのAI推論処理に適した産業用エッジAIコンピュータ
コンテックは、NVIDIA「Jetson Orin」モジュールを搭載した産業用エッジAIコンピュータ「DX-U2000」シリーズ24種を発表した。大容量ストレージを標準搭載するほか、4G LTE Cat.4通信モデルを選択可能で、画像検査などのAI推論処理に適する。(2023/8/7)

幅広い業界で信頼されるDXパートナー:
PR:H3Cのソリューションが実現するデジタルトランスフォーメーション 最新事例も紹介
DXに取り組む中で「複雑化するITシステム」「IT技術者の不足」「データ管理」「ネットワークセキュリティ」などの課題に直面する企業は多い。H3Cはこれらの課題をいかに解決するのだろうか。(2023/8/14)

4万台のデバイスと25万超のエンドポイントにわたって1万超のネットワークを構成:
スターバックスが「Cisco Meraki」ネットワーク用のTerraform Providerをオープンソース化、その狙いとは
Starbucksが「Cisco Meraki」用のネットワーク構成自動化ツール「Terraform Provider Meraki」のOSS化を発表した。その概要と狙いとは?(2023/7/29)

日本ものづくりワールド 2023:
「私絶対負けませんから」じゃんけんAIで示すOKIの「作る力」
OKIは、グループ会社であるOKIアイディエス、OKIシンフォテック、OKIネクステックと共同で「日本ものづくりワールド 2023」に出展。「じゃんけんAI」などで技術力を示すことで、推進するEMS/DMS事業をアピールした。(2023/7/7)

製造ITニュース:
ゲーム業界で培ったエッジ向け低遅延通信を産業用途で展開、ルクセンブルク企業が国内参入
エッジデバイス向けソリューションを展開するGcoreは2023年6月20日、日本拠点を開設して本格的に国内市場へ参入すると発表した。オンラインゲーム向けに提供してきた低遅延の通信サービスを強みとする。(2023/7/5)

米国EE Timesが独占インタビュー:
枚葉式で2度目のチャンスをつかむ、Rapidus小池氏
米国EE Timesは、imecの年次イベントにてRapidus社長の小池淳義氏に単独インタビューを行った。Rapidusは、「枚葉式の処理」により超短TATで製品を顧客に提供することを狙う。これは、小池氏にとっては“2度目のチャンス”になる。さらに、Rapidusの成功をアナリストがどう見ているかも、紹介する。(2023/6/27)

IBM SecurityとAWSが統合拡大 ハイブリッド/マルチクラウドのセキュリティ簡素化と強化を支援
IBM SecurityはAWSとの統合を拡大し、クラウドセキュリティの簡素化と強化を目指すと発表した。AWSビルトインソリューションの提供が予定されている。(2023/6/27)

エッジコンピューティング:
エッジ運用の“非効率”を解決する、デル・テクノロジーズの「NativeEdge」
デル・テクノロジーズが年次カンファレンス「Dell Technologies World 2023」で発表した同社の最新ソリューションについて説明。エッジ分野では、2022年から開発を進めてきたエッジ運用ソフトウェアプラットフォーム「NativeEdge」が正式発表されている。(2023/6/26)

日本ものづくりワールド 2023:
世界初、設備の異常検知AIを搭載したワイヤレスメッシュセンサーモジュールを開発
TDKは、設備の異常を検知するエッジAIを搭載したワイヤレスメッシュセンサーモジュール「i3 Micro Module」の開発を進めている。エッジAIを搭載したワイヤレスメッシュセンサーモジュールの開発は世界初だという。(2023/6/23)

孫氏はChatGPTで毎日ブレスト、Y!mobileとLINEMOの統合は考えていない――ソフトバンク株主総会で語られたこと
ソフトバンクは6月20日、第37回定時株主総会を開催した。株主との質疑応答では、ChatGPTなどの生成AIの活用について、創業者の孫正義氏(ソフトバンクグループCEO/ソフトバンク取締役)が生成AIについて語る一幕もあった。(2023/6/21)

COMPUTEX 2023でCEOが登壇:
時価総額1兆ドル超え、生成AIブームに乗るNVIDIA
生成AIの世界的ブームの波に乗り、NVIDIAの時価総額は1兆ドルを突破した。同社CEO、Jensen Huang氏は2023年5月、「COMPUTEX TAIPEI 2023」の基調講演で登壇し、生成AIの持つ可能性や、その基盤として必要となる最新製品について語った。(2023/6/16)

ITワード365:
【クイズ】「ルーターやゲートウェイが、インターネット側から特定のポート番号に送られてきたパケットをあらかじめ設定したLAN側の機器に転送する機能」 他
最新IT動向のキャッチアップはキーワードから。専門用語で煙に巻かれないIT人材になるための、毎日ひとことキーワード解説。用語の意味から隠されたIT用語が何なのか当ててみよう。(2023/6/15)

クラウドかエッジかはあなた次第:
エッジコンピュータって何? クラウドとはどう違うの?
「エッジコンピュータって何」という疑問に明確に答えられる人はあまり多くないかもしれない。本稿ではエッジとクラウドの違いやエッジの特徴、ユースケースを紹介する。(2023/6/13)

エッジコンピューティング:
「Red Hat Device Edge」は2023年9月に正式リリース、ABBが「Edgenius」に採用
レッドハットが米国開催の年次イベント「Red Hat Summit 2023」で発表した同社製品の新機能について説明。製造業関連では「Red Hat Device Edge」のアップデートや、大手産業機器メーカーであるABBとシーメンスによる取り組み事例などを紹介した。(2023/6/8)

製造マネジメントニュース:
製造業DXを推進するシーメンス、バッテリーメーカー向けにデジタル基盤の提案強化
シーメンスは、記者懇談会を開催し、統合デジタルプラットフォーム「Xcelerator」を中心に日本の製造業のDXを積極的に支援していく他、特にバッテリーメーカー向けの支援を強化し、日本発のバッテリーメーカーのデジタル基盤を世界に発信していく考えを示した。(2023/6/7)

2023年6月開催のイベント「Intel Connection 2023」にも注目:
PR:インテルの最新CPU「第4世代 インテル Xeon スケーラブル・プロセッサー」が企業や社会の課題解決に寄与し、変革を支える理由
企業や社会におけるデジタル化の進展は新たな段階に突入した。DX、AI、サステナビリティ、カーボンニュートラル、省電力など、要求が多様化するコンピューティング環境において、CPUはどのような役割を果たし、貢献していくのだろうか。(2023/6/6)

エッジコンピューティング:
エッジ展開を簡素化、最適化するソフトウェアプラットフォーム
デル・テクノロジーズは、エッジ展開を簡素化かつ最適化するエッジ運用ソフトウェアプラットフォーム「Dell NativeEdge」を発表した。大規模環境での安全なデバイス導入やリモート管理、マルチクラウドアプリケーションの自動化を可能にする。(2023/6/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。