カーボンニュートラルへの挑戦

北九州市響灘臨海エリアで水素/アンモニアのサプライチェーン構築が可能かを調査脱炭素

伊藤忠商事は、福岡県水素拠点化推進協議会の参画メンバーとして、北九州市響灘臨海エリアを中心とした水素/アンモニアのサプライチェーン構築に関する実現可能性調査をスタートした。

» 2024年06月04日 06時30分 公開
[遠藤和宏MONOist]

 伊藤忠商事は2024年6月3日、福岡県水素拠点化推進協議会の参画メンバーとして、北九州市響灘臨海エリアを中心とした水素/アンモニアのサプライチェーン構築に関する実現可能性調査を開始したと発表した。

 水素とアンモニアは、燃焼時にCO2を排出しないため、カーボンニュートラルの実現で役立つエネルギーとして注目されている。水素は、発電や船舶/自動車などの燃料、合成メタン(e-methane)製造に使用可能な一方、密度が低く体積が大きいため、長距離の大容量輸送には適しておらず、地産地消が効率的だ。アンモニアは、発電や船舶燃料などに使える他、分解することで水素を製造(アンモニアクラッキング)できる。

水素/アンモニアの特徴と用途[クリックで拡大] 出所:伊藤忠商事

調査における伊藤忠商事の役割

 福岡県水素拠点化推進協議会では、海外からのアンモニア調達やアンモニアクラッキングと地域資源を活用した響灘臨海エリアでの水素製造およびパイプラインを通じた近隣需要家への供給、という水素/アンモニアのサプライチェーン構築に関する調査を実施する。

 伊藤忠商事は、今回の調査全体の取りまとめ、海外でのアンモニアの製造と供給、日本コークス工業と共同でのアンモニアの貯蔵/供給を担当する。日本コークス工業は、アンモニアの製造、販売、中継基地事業のノウハウとインフラを有しており、伊藤忠商事も水素/アンモニア事業の実績があり、これらの知見を活用し、今回の調査を推進する。

水素/アンモニアのサプライチェーンのイメージ図と伊藤忠商事の役割[クリックで拡大] 出所:伊藤忠商事

 北九州市響灘臨海エリアでは、半径10〜15km圏内に鉄鋼、化学、発電、ガスなどを扱い、脱炭素化が必要な企業が集積している。こういった企業は脱炭素化を実現するためにパイプラインを通じた効率的な水素とアンモニアの配給を求めている。エリア内では2030年に水素換算で約9万トン(t)、2040年に約70万tの水素/アンモニアの需要が見込まれている。また、北九州市は、製造工程でCO2を排出しないグリーン水素製造に必要な再生可能エネルギーの電源構成に占める比率が最も高い地域の1つであり、水素製造の競争力がある。

⇒その他の「脱炭素」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.