ニュース
» 2024年02月06日 07時30分 公開

インダストリー5.0テーマの製造業向けイベントを愛知県で開催、国内外239社が参加FAニュース

2024年3月13〜15日、愛知県国際展示場(Aichi Sky Expo)においてスマート製造業総合イベント「SMART MANUFACTURING SUMMIT BY GLOBAL INDUSTRIE(スマートマニュファクチュアリングサミットバイグローバルインダストリー)」が開催される。参加企業/団体数は239、来場者は約1万5000人を見込む。

[朴尚洙MONOist]

 フランスのイベント運営会社であるGL events Venuesは2024年2月5日、東京都内で会見を開き、同年3月13〜15日にAichi Sky Expo(愛知県国際展示場)で開催するスマート製造業総合イベント「SMART MANUFACTURING SUMMIT BY GLOBAL INDUSTRIE(スマートマニュファクチュアリングサミットバイグローバルインダストリー、以下SMS)」について説明した。中部国際空港に隣接するAichi Sky Expoの展示ホールを2つ用いて、151社が参加する展示会の他、日本と欧州を中心に47人が登壇する講演プログラム、55社のスタートアップが出展するショーケース、CKDの最新スマート工場を見学できるツアーなどを行う総合イベントとして開催される。参加企業/団体数は239、来場者は約1万5000人を見込む。

SMS プロジェクト代表のモルガン・ショドゥレール氏 SMS プロジェクト代表のモルガン・ショドゥレール氏

 SMSは、フランスで開催されているインダストリー5.0をテーマとするスマート製造業イベント「GLOBAL INDUSTRIE」のグローバル展開を目指すイベントである。日本では、製造業の本社や工場が多数ある愛知県の協力の下で2019年から企画されており、コロナ禍を挟んで今回が初開催となる。SMS プロジェクト代表で愛知国際会議展示場の代表取締役社長を務めるモルガン・ショドゥレール氏は「今回のSMSには、フランスの大臣やEU大使をはじめ欧州を中心に海外から多くの方が来日するなど国際的なイベントになる。ぜひとも多くの方に参加していただきたい」と意気込む。実際に、239の参加企業/団体のうち、約30%に当たる68が海外となっている。

 総合イベントであるSMSは、いわゆる展示会に当たる「スマートマニュファクチャリングエキスポ」、インダストリー5.0に向けた日欧の産学民官の取り組みや方向性、戦略などについて語る講演プログラム「ビジネスサミット」、有力スタートアップ企業が集う「イノベーションショーケース」、愛知県近郊の最先端工場の工場見学を行う「スマートファクトリーツアー」、展示会場内でスマートマニュファクチャリングに関する実証実験に触れられる「スマートファクトリー&ロジスティクスデモンストレーション」の5つから構成されている。

 スマートマニュファクチャリングエキスポは、エネルギー、オートメーション、最先端テクノロジーと材料、デジタルエコシステムズ、サステナブルマニュファクチャリング、モビリティという6つのカテゴリーに分かれて、国内123社、海外28社、総計151社が参加する。大手企業では、トヨタ自動車の他、ブラザー工業、興和オプトロニクス、ヤマザキマザック、DMG森精機、フランスのダッソー・システムズ、スイスのストーブリ(Staubli)などの名前が挙がっている。

 ビジネスサミットは、メインステージとインターナショナルアゴラの2ステージに分かれ、3日間合計で26の講演プログラムが予定されている。初日の3月13日10時50分からのジェトロ(日本貿易振興機構) 副理事長の片岡進氏、日欧産業協力センター 欧州側専務理事のマヌエル・フベー氏、NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構) 副理事長の横島直彦氏が参加する日欧間のスマートマニュファクチャリング連携をテーマにしたパネルディスカッションをはじめ、国内から24人、海外から23人が登壇する予定だ。

 イノベーションショーケースには、国内33社、海外22社のスタートアップが出展する。先進的な技術の紹介を行うショートピッチによる18の講演プログラムも行う。

 スマートファクトリーツアーでは、2024年1月にオープンしたばかりのCKDの本社/小牧工場(愛知県小牧市)のショールームと薬品用包装機の生産ラインなどの見学を行う。また、愛知県主催の「愛知ものづくりファクトリービジット」も開催期間中に行い、三菱電機 名古屋製作所や日進工業 武豊工場、ヤマザキマザック、デンソー 安城製作所、デンソーウェーブなどの見学が可能だ。

Exotec Nihonの立脇竜氏 Exotec Nihonの立脇竜氏

 スマートファクトリー&ロジスティクスデモンストレーションでは、展示会場内でスマートマニュファクチャリングやスマート物流に関連した実機を実際に用いたデモンストレーションが披露される。樹研工業の射出成形による極小医療部品の自動生産、Exotec Nihonの倉庫自動化ソリューション「Skypodシステム」、シンガポールのスタートアップ・Space Monkeyのドローンによる24時間全自動点検システム、あいちデジタルアイランドプロジェクトのMR(複合現実)を用いた産業用機械のバーチャル展示の4つが予定されている。

 会見には、ビジネスサミットのメインスポンサーを務めるとともに、スマートファクトリー&ロジスティクスデモンストレーションに出展するExotec Nihon APAC取締役社長の立脇竜氏も登壇した。立脇氏は「国内でもインダストリー4.0に代表されるスマート工場の取り組みが進んできたが、工場の前後にある物流工程などのスマート化はそれほど進んでいない。インダストリー4.0の上にサステナビリティも可能とするインダストリー5.0に向けて、当社のSkypodシステムによって物流のスマート化を実現して貢献していきたい」と述べている。

⇒その他の「FAニュース」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.