ニュース
» 2023年12月07日 11時00分 公開

液体クロマトグラフにセルロースファイバー強化難燃複合樹脂を採用材料技術

島津製作所は、分析計測機器の液体クロマトグラフ「Nexera」シリーズの構成ユニット15種類に、セルロースファイバー強化難燃複合樹脂を採用した。石油由来樹脂の使用を削減しつつ、強度と軽さ、難燃性を兼ね備えている。

[MONOist]

 島津製作所は2023年11月21日、分析計測機器の液体クロマトグラフ「Nexera」シリーズの構成ユニット15種類に、セルロースファイバー強化難燃複合樹脂を用いることを発表した。同月下旬より出荷を開始する。

キャプション セルロースファイバー強化難燃複合樹脂を構成ユニットに採用した液体クロマトグラフ「Nexera」シリーズ[クリックで拡大] 出所:島津製作所

 同樹脂は、2020年に巴川製紙所とエフピー化成工業が共同で開発した「グリーンチップCMF」を基に、難燃性能を付与したものだ。グリーンチップCMFは、バイオマス素材のセルロースファイバーを配合し、石油由来樹脂の使用を削減しつつ、強度と軽さを兼ね備える。しかし、可燃性であることから、島津製作所を加えた3社が、難燃性を高める試みを進めていた。

 同社は、他の分析計測製品にも同樹脂の配合部材を採用したり、環境に配慮した素材を使用するなど、石油由来プラスチックの使用量や二酸化炭素排出量の削減を図る考えだ。

⇒その他の「材料技術」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.