ニュース
» 2023年10月26日 15時00分 公開

指に合わせて調整可能な、スズ製手指用副木の販売を開始医療機器ニュース

日本シグマックスは、能作から製造販売業務を引き継いだ、スズ製の手指用副木「ヘバーデンリング」の販売を開始した。スズは柔らかく曲げられるため、同リングは手指の太さや変形に合わせて調整できる。

[MONOist]

 日本シグマックスは2023年10月2日、鋳物メーカーの能作から製造販売業務を引き継いだ、スズ製の手指用副木「ヘバーデンリング」の販売を開始した。

キャプション 「ヘバーデンリング」の装着イメージ 出所:日本シグマックス

 ヘバーデンリングは、手指の第一関節の固定を目的としたスズ製のリングで、第一関節に装着して使用する。スズは柔らかく曲げられるという特性を持つため、手指の太さや変形に合わせて調整可能だ。着脱しやすいようにリングは簡単に開閉でき、アクセサリー感覚で装着できるデザインを採用している。

キャプション スズ製リングは柔らかく、指に合わせて調整可能[クリックで拡大] 出所:日本シグマックス

 スズには抗菌性があり、また同リングは水にぬれても使用できるため、衛生的だ。テーピングでの固定のように、水仕事の後の巻き直しは必要ない。

キャプション 水にぬれても使用できるため衛生的[クリックで拡大] 出所:日本シグマックス

 ヘバーデンリングは、高岡銅器の伝統技術を有する能作が医師と共同開発し、2018年に発売した。2023年1月に販売を中止したが、販売再開を望む声が多いことから、日本シグマックスが医療機器として製造販売を引き継いだ。能作は、部材供給会社として、引き続き同リングの製造に関わる。

 リングサイズは3SからLまで5サイズあり、価格は各3600円(税別)となっている。

キャプション 指の太さに合わせて選べる5サイズ[クリックで拡大] 出所:日本シグマックス

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.