JIMTOF2022 特集
ニュース
» 2022年11月14日 11時00分 公開

顔認証や遠隔操作も、新NC搭載のファイバーレーザーマシンなど3機種を国内初披露JIMTOF2022

 アマダは「第31回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2022)」(2022年11月8〜13日、東京ビッグサイト)において、新NC装置「AMNC 4ie」を搭載したファイバーレーザーマシン「VENTIS-3015 AJ e」などを国内初披露した。

[長沢正博MONOist]

 アマダは「第31回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2022)」(2022年11月8〜13日、東京ビッグサイト)において、新NC装置「AMNC 4ie」を搭載したファイバーレーザーマシン「VENTIS-3015 AJ e」などを国内初披露した。

新NCのコンセプトは4つの“E”

 AMNC 4ieはEasy(誰でも使える)、Efficiency(どこでも使える)、Environment(環境に優しい)、Evolution(ユーザーとともに発展する)という4つの“E”をコンセプトにしている。

 VENTIS-3015 AJ eは操作パネルに付いたカメラにより顔認証ができ、初心者には視認性の高いガイドに沿ってボタンを押せば加工できるなど、熟練度に応じた操作画面に切り替えられる。「機密性の高いプログラムは一定の権限者にしか見せないなどのセキュリティ管理にもなる」(説明員)。モバイル端末で遠隔スタートができ、終了予測や完了通知も受け取ることが可能。多台持ちによる現場の省人化を支援する。

ファイバーレーザーマシン「VENTIS-3015 AJ e」 ファイバーレーザーマシン「VENTIS-3015 AJ e」[クリックして拡大]

 電力量やガス消費量からCO2を算出して見える化する他、取引先などに提出するレポートも簡単に作成できる。アイドリング時にチラーやコンプレッサーを自動で調整し、従来機比でCO2排出量を最大65%削減する。また、レーザーのノズル、保護ガラスの状態診断などを自動で行い、作業者の段取り作業を低減する。

 シングルモジュールの6kW発振器を備え、レーザー光を金属の材質、板厚に応じて最適な軌跡となるよう制御するLBC技術も搭載、高速、安定加工を実現する。LBCフラッシュカットで小径穴の高速加工も可能になった。

同じ高さでもストッカーの積載量は1.5倍に

新開発のストッカー、壁には目安として15段、10段相当の高さに印が[クリックして拡大]

 自動化ソリューションとして、材料を管理、供給する新開発のストッカーも紹介した。パレットのスイッチラックを外すことで、従来機と同等の設置床面積と高さで材料積載量を1.5倍に高めた。5〜20段までのラインアップがあり、高さは5段で2646mm、10段で3772mmとなっている。「高さに制限のある工場に向けた提案となる。いつも見ている工場の高さと比べていただけるように10段、15段の高さの壁に目安の印を付けて展示した」(説明員)。

 ベンディングマシン「EGB1303 e」「EGB 6020 ATC e」も国内初公開となった。AMNC 4ieを搭載している他、いずれも駆動方式を油圧ハイブリッドから電動サーボモーターに変更した。加工精度の向上とともに、消費電力とランニングコストを低減する。

 VENTIS-3015 AJ eと同様、作業者に合わせた画面表示をすることが可能な他、音声操作機能を付け、材料などを抱えて両手がふさがった状態や、操作パネルから離れた位置にいてもスタートやストップの操作ができる。また、ATC(自動金型交換装置)付きのEGB 6020 ATC eならセッティングも音声で指示できる。

 Y3軸バックゲージであらゆる形状への安定突き当てを実現する他、突き当てモニター機能や最終角度表示機能なども付いている。

電動サーボベンディングマシン電動サーボベンディングマシン 自動金型交換装置搭載の電動サーボベンディングマシン「EGB 6020 ATC e」(左)と、電動サーボベンディングマシン「EGB1303 e」(右)[クリックして拡大]

⇒その他の「FAニュース」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.