ニュース
» 2022年07月08日 06時00分 公開

運転をリモート診断して結果に合わせてカスタマイズ、トヨタがサービス実証を開始モビリティサービス

トヨタ自動車とKINTOは2022年7月7日、ユーザー一人一人の運転を診断し、その結果に合わせてクルマを進化させる実証を開始すると発表した。同月8日から「アルファード」「ヴェルファイア」のユーザーから参加者を募集する。

[齊藤由希,MONOist]

 トヨタ自動車とKINTOは2022年7月7日、ユーザー一人一人の運転を診断し、その結果に合わせてクルマを進化させる実証を開始すると発表した。同月8日から「アルファード」「ヴェルファイア」のユーザーから参加者を募集する。

 2022年1月から、購入後のクルマに対して経年劣化や技術の進化に合わせてソフトウェアやハードウェアを変更するサービス「KINTO FACTORY」を提供している。一律のサービス提供ではなく一人一人に合わせてカスタマイズしていくため、運転データを基にした分析を始める。

 実証では、コネクテッドサービス「T-Connect」に加入しているアルファード/ヴェルファイア(ハイブリッド車のみ)のユーザーを対象に、アクセルやブレーキ、ステアリング操作などのデータを収集し、特徴や個性を数値化する。申し込みから10日以内に運転の評価とアドバイスをまとめた診断結果をオンラインでフィードバックし、その結果に応じたKINTO FACTORYのメニューを提案する。

運転の診断結果のイメージ[クリックで拡大] 出所:トヨタ自動車

→その他の「モビリティサービス」関連記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.