ニュース
» 2021年12月22日 06時00分 公開

購入から数年たったクルマをトヨタがリフレッシュ、ADAS追加やシート表皮交換安全システム

トヨタ自動車とKINTOは2021年12月21日、購入後の車両を最新の状態にするサービスを2022年1月下旬から開始すると発表した。

[齊藤由希,MONOist]

 トヨタ自動車とKINTOは2021年12月21日、購入後の車両を最新の状態にするサービスを2022年1月下旬から開始すると発表した。

 基本性能を向上させる「アップグレード」、古くなったアイテムを新品と交換する「リフォーム」、運転データを基に一人一人に合わせてクルマの設定を最適化する「パーソナライズ」の3つを提供していく。まずは該当車種のユーザーを対象に、アップグレードとリフォームの一部メニューから提供する。パーソナライズは将来的な提供に向けて準備を進めていく。

「アップグレード」「リフォーム」「パーソナライズ」を提供する[クリックで拡大] 出所:トヨタ自動車

 今後、技術革新に伴い車両価格は上昇していく見通しだ。これにより保有期間が伸びることが考えられ、新車で買ったときの状態のまま長期間クルマを利用する人が増えていくと見込む。こうした中で、クルマの状態をなるべく新しい状態にできることがサービスの特徴になるとしている。

 サービス名は「KINTO FACTORY」で、車種や対応店舗を限定した状態で提供を開始する。利用状況などを踏まえて順次拡大する。海外への展開も検討している。対象車種は「アクア」「プリウス」「プリウスα」「アルファード/ヴェルファイア」「LEXUS UX」「LEXUS NX」だ。対象となる年式についてはサービス開始時に告知する。

 サービスに対応しているのは、トヨタ車がトヨタモビリティ東京の3店舗(芝浦店、U-Car深川店、U-Car足立島根店)と、中古車オークションなどを手掛けるトヨタユーゼックの1店舗(カーロッツ浜松)。レクサス車はトヨタモビリティ東京の2店舗(レクサス荻窪、レクサス東京 ガレージ荻窪)で対応する。中古車として販売する車両の価値向上も図る。

 組み付け作業が簡単なものについては販売店のサービス工場で行う。トヨタ自動車のサービス分室や生産拠点などでの大掛かりな改造なども視野に入れる。

 サービス開始時に提供するのは、アップグレードでは静止物の検知に対応したパーキングサポートブレーキの後付け、ブラインドスポットモニターとリアクロストラフィックアラートの後付け、パワーバックドアのキックセンサー追加などだ。リフォームでは、シート表皮やクッションの交換、本革ステアリングホイールへの交換などを行う。リフォームは購入後10年程度までの車両、アップグレードは購入から5〜7年程度の年式が対象になる。車種によって、利用できるメニューは異なる。いずれもメーカー保証が付く。

 料金プランはサービス開始時に公開する。サービスを1つ利用するごとに支払う形式だけでなく、継続的な利用を想定したサブスクリプション方式も予定している。パーソナライズはサービス内容だけでなく、価格面も含めて検討中だ。ソフトウェアの無線ネットワークによるアップデート(OTA:Over-The-Air)を行うだけでなく、販売店とも連携していることが強みになるという。

性能向上したクルマは買い替えなければ手に入らなかったが、買い替えずに進化させていくことを目指す[クリックで拡大] 出所:トヨタ自動車

→その他の「安全システム」関連記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.