ニュース
» 2022年07月04日 09時00分 公開

SiemensとNVIDIAが産業向けメタバース構築で提携、XceleratorとOmniverseを接続製造業メタバース

SiemensとNVIDIAは産業向けメタバースの構築に向けて提携を発表した。第1弾の取り組みとして、Siemensのオープンなデジタルビジネスプラットフォーム「Xcelerator」と、NVIDIAの3Dデザイン/コラボレーション向けプラットフォーム「Omniverse」を接続し、Siemensの物理ベースのデジタルモデルとNVIDIAのAI対応リアルタイムシミュレーションによる、産業向けメタバースの構築を可能にする。

[八木沢篤,MONOist]

 SiemensとNVIDIAは2022年6月29日(ドイツ時間)、産業向けメタバースの構築と、AI(人工知能)駆動のデジタルツインテクノロジーの利用拡大による産業オートメーションのさらなる高度化を目的に提携し、両社の関係をより一層強化すると発表した。

産業向けメタバースの構築に向け、提携を発表したSiemensとNVIDIA 産業向けメタバースの構築に向け、提携を発表したSiemensとNVIDIA[クリックで拡大] 出所:Siemens、NVIDIA

 その第1弾の取り組みとして、Siemens Digital Industries Softwareのオープンなデジタルビジネスプラットフォーム「Xcelerator」と、NVIDIAの3Dデザイン/コラボレーション向けプラットフォーム「Omniverse」を接続する。これにより、Siemensの物理ベースのデジタルモデルとNVIDIAのAI対応リアルタイムシミュレーションによる、産業向けメタバースの構築が可能となる。

「Siemens Process Simulate」(左)は「NVIDIA Omniverse」(右)と接続し、完全な忠実度、フォトリアリスティック、リアルタイムのデジタルツインを可能にする 「Siemens Process Simulate」(左)は「NVIDIA Omniverse」(右)と接続し、完全な忠実度、フォトリアリスティック、リアルタイムのデジタルツインを可能にする[クリックで拡大] 出所:Siemens、NVIDIA

 Xceleratorのオープンなパートナーエコシステムに、Omniverseを組み合わせることで、デジタルツインの利用が加速し、製造およびプロダクトライフサイクル全体における生産性およびプロセスの向上が見込めるという。具体的には、リアルタイムのパフォーマンスデータを備えたデジタルツインの導入、革新的な業界向けIoT(モノのインターネット)ソリューションの作成、エッジまたはクラウドでのアナリティクスから得られる実用的なインサイト(洞察)の活用、ビジュアライズされた没入感のあるシミュレーションの利用が可能となり、迅速な意思決定などを支援する。

 両社の提携により実現する産業向けメタバースは、Xceleratorによる物理ベースのデジタルツインを、OmniverseおよびAIによってフォトリアリスティックに視覚化し、リアルタイムで没入感のある仮想空間を作り出す。両社は、今回の提携により実現する産業向けメタバースをあらゆる規模の企業に展開するとしている。

動画 The Next Evolution of Industrial Automation with Siemens Xcelerator and NVIDIA Omniverse 出所:NVIDIA

 今回の発表について、Siemens Digital Industries Software 社長兼CEOのトニー・ヘミルガン(Tony Hemmelgarn)氏は「現実世界とデジタル世界をできるだけ近づけ、われわれのソリューションが成長するエコシステムの中で一体化することで、非常に複雑な世界にいる顧客がより迅速に意思決定できるよう支援する。NVIDIAとのパートナーシップの強化により、全ての人がアクセスできる(産業向けメタバース)環境を提供する」と述べている。

⇒ その他の「VR/AR/MR」関連ニュースはこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.