まとめ
» 2022年07月04日 12時00分 公開

3Dプリンタで治具製作、設計作業の自動化アプローチ電子ブックレット(メカ設計)

MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、ストラタシス・ジャパン主催オンラインセミナー「設計製造に『軽量・堅牢』を簡単に取り入れる! 先進的な設計製造ツール『nTopology』でアディティブ・マニュファクチャリング設計(治具編)を学ぼう!」の講演内容をまとめた「3Dプリンタで治具製作、設計作業の自動化アプローチ」をお送りします。

[MONOist]

MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、ストラタシス・ジャパン主催オンラインセミナー「設計製造に『軽量・堅牢』を簡単に取り入れる! 先進的な設計製造ツール『nTopology』でアディティブ・マニュファクチャリング設計(治具編)を学ぼう!」の講演内容をまとめた「3Dプリンタで治具製作、設計作業の自動化アプローチ」をお送りします。

3Dプリンタで治具製作、設計作業の自動化アプローチ

 アディティブマニュファクチャリング(AM)技術に関する豊富な経験と知識を持つ山一ハガネとストラタシス・ジャパンが、設計製造ツール「nTopology」を活用したAMによる治具の設計・製作プロセスと、そのアプローチについて詳しく解説した。


【主な内容】
 ・治具製作を3Dプリンタで実現する必要性について
 ・「nTopology」の3つの強みと活用メリット
 ・3Dプリント製治具/固定具に必要な設計作業を自動化
 ・AM活用効果は製品開発フロー全体で捉えて考えるべき
 など

・ブックレットは無料でお読みいただけますが、TechFactoryの利用登録および、メールマガジンの購読が必要です。
・電子ブックレットはPDFファイルで作成されています。
・電子ブックレット内の記事は、基本的に記事掲載時点の情報で記述されています。そのため一部時制や固有名詞などが現状にそぐわない可能性がございますので、ご了承ください。

⇒ その他の「メカ設計 電子ブックレット」はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.