ニュース
» 2022年06月16日 07時30分 公開

トヨタがHPの3Dプリンティングソリューション導入、試作や最終製品への適用検証3Dプリンタニュース

SOLIZEと日本HPは、トヨタ自動車が3Dプリンタによる試作品の製作および最終製品への適用を検証するため、HPの3Dプリンティングソリューション「HP Jet Fusion 5200シリーズ」を導入したことを発表した。

[八木沢篤,MONOist]

 SOLIZEと日本HPは2022年6月15日、トヨタ自動車が3Dプリンタによる試作品の製作および最終製品への適用を検証するため、HPの3Dプリンティングソリューション「HP Jet Fusion 5200シリーズ」を導入したことを発表した。

 トヨタ自動車は2021年に、顧客要望に応えるため、廃版となった「A70型 スープラ」の補給部品(フロントドアガーニッシュ)を3Dプリンティングにより復刻し、純正部品として再販売する取り組みを開始。このプロジェクトでは、SOLIZEが「HP Jet Fusion 3Dプリンティングソリューション」を活用し、部品の製造を行っていた。

 そして今回、より柔軟な製造プロセスを検討する中で、トヨタ自動車は試作品製作および小ロットの最終製品への3Dプリンタ活用を視野に、HPの3Dプリンティングソリューション「HP Jet Fusion 5200シリーズ」の導入を決めた。導入支援はSOLIZEが行った。

3Dプリンティングソリューション「HP Jet Fusion 5200シリーズ」の設置イメージ 3Dプリンティングソリューション「HP Jet Fusion 5200シリーズ」の設置イメージ[クリックで拡大] 出所:日本HP

 トヨタ自動車が導入した3Dプリンティングソリューション「HP Jet Fusion 5200シリーズ」は、HP独自の3Dプリンティング技術であるMulti Jet Fusionプラットフォームが提供する高度な機能を活用し、部品の設計と高品質な商用部品の製造を可能にする。また、優れた等方性(方向によって材料の物理的な性質が変わらないこと)を備えた機能的な部品を生産することで、生産効率と経済効率を両立した幅広い用途の最終部品の製造につなげられるとする。

⇒ その他の「3Dプリンタ」関連ニュースはこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.