ニュース
» 2022年06月08日 11時00分 公開

どんな配線も工具や力不要で接続できる新技術搭載の端子台、フエニックス・コンタクトハノーバーメッセ2022

フエニックス・コンタクトは、世界最大級の産業見本市「HANNOVER MESSE(ハノーバーメッセ)」(2022年5月30〜6月2日)に出展し、新開発の裸線のままでも工具不要で簡単に接続できる接続方式「Push-X」テクノロジーを採用した端子台「XTV」シリーズを初めて展示した。

[永山準,MONOist]

 フエニックス・コンタクトは、世界最大級の産業見本市「HANNOVER MESSE(ハノーバーメッセ)」(2022年5月30日〜6月2日)に出展し、裸線のままでも工具不要で簡単に接続できる新開発の接続方式「Push-X」テクノロジーを採用した端子台「XTV」シリーズを初展示した。

「Push-X」テクノロジーを採用した端子台「XTV」シリーズ[クリックで拡大]

 制御機器や受配電機器など機器と電源を接続する方式においては、近年、作業工数削減を目的に、配線を差し込むだけで接続でき「ねじレス化」を実現するプッシュイン接続方式の採用が進んでいる。ただ、従来のプッシュイン接続方式は、配線によって内部のスプリングを押し込む構造のため接続時にある程度押し込む力が必要なほか、撚線の場合は基本的に先端にフェルールと呼ばれる棒状の端子を圧着する必要があった。フェルールを用いない状態で接続するためには、ドライバーを用いてボタン部分を押し下げ、あらかじめ内部のスプリングを開放するという作業をしなければならなかった。

細くても、撚線のままでもそのまま差し込むだけで接続可能

 今回、フェニックス・コンタクトが開発した接続方式Push-Xテクノロジーでは、新たなスプリング設計によってこれらの課題を解決。あらゆる種類の配線を、そのまま工具不要かつ、従来よりも力をかけずに迅速に接続できるようになったという。

 従来のプッシュイン接続方式の構造では、配線を差し込み口に挿入するとすぐに内部のスプリングに接触し、それを押し込むことで接続が完了するという方式だったため、接続に力が必要となっていた。Push-Xテクノロジーでは、配線を差し込んでも終端位置に到達するまでスプリングと接触しない構造で、配線がスプリングに接触すると、スプリングによって固定されていた配線固定のための機構が解放され、接続が完了する仕組みになっている。これによって工具やフェルールの圧着も不要で、力をかけずに接続が可能になった。また、従来の方式と同様、ボタン部分を押し込むだけで、接続を解除可能だ。

Push-Xテクノロジーの仕組み 出所:フエニックス・コンタクト

 同社が展示会で初公開したPush-Xテクノロジー採用の端子台「XTV」シリーズは、適合断面積6、10、16mm2の貫通型端子台と多線式端子台をラインアップ。日本国内では、2022年内の発売を予定している。説明担当者は、「これは配線業界の革命的な新技術といえる。半導体、工作機械をはじめとした顧客から多くの問い合わせがある」と語っていた。

「XTV」シリーズにフェルール端子なしの撚線を接続する様子

 同社はこのほか、ラインアップを拡充した、プッシュイン接続対応のEMCフィルターも展示。定格電流は1〜20Aをそろえ、2022年夏中の発売を見込んでいるという。

EMCフィルターの新製品[クリックで拡大]

 また、イーサネット通信と給電を1組の非接触カプラで同時に実現する「NearFiカプラ」のデモも展示。日本国内でも近日発売予定だとしている。

「NearFiカプラ」のデモ[クリックで拡大]

≫「FAニュース」のバックナンバー

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.