ニュース
» 2022年05月24日 06時00分 公開

BMWが次世代リチウムイオン電池の試験生産、2022年秋から拠点が稼働電動化

BMWグループは2022年5月23日、ドイツ・ミュンヘン郊外にセル生産コンピテンスセンター(CMCC)を2022年秋に開設すると発表した。

[齊藤由希,MONOist]

 BMWグループは2022年5月23日、ドイツ・ミュンヘン郊外にセル生産コンピテンスセンター(CMCC)を2022年秋に開設すると発表した。

 1万5000m2の敷地を活用し、次世代の高性能バッテリーセルのビジネス面における実現可能性を検証する。また、次世代リチウムイオン電池のエネルギー密度を大幅に向上させるとともに、材料の使用量や生産コストの削減を図る。

CMCCの外観[クリックで拡大] 出所:BMW

 CMCCのパイロットラインで検討したセルの生産プロセスはサプライヤーに展開し、品質や生産量、コストを最適化できるようにする。

 CMCCにおける初期の投資額は1億7000万ユーロだ。80人の従業員が働く。ドイツ連邦経済省とバイエルン州経済・地域開発・エネルギー省もプロジェクトを支援している。

 バッテリーセルの生産ラインは段階的に立ち上げる。まずは電極の材料となるグラファイトやニッケル酸化物などの計量、混合や、金属箔のコーティング、圧縮などを行う。その次の段階で、セルの組み立てや形成のためのシステムを設置する。1年間かけて通常の生産に移行する。オペレーションには再生可能エネルギー由来の電力を使用する。

→その他の「電動化」関連記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.