ニュース
» 2022年04月28日 10時00分 公開

5GやLTEなど無線通信デバイスの開発支援サービスを提供開始組み込み開発ニュース

NTTドコモは、通信デバイスの開発を支援する「デバイス開発アシスト」の提供を開始した。同社が有する5GやLTEデバイス開発の知見を活用し、通信デバイス開発や検証の支援、アフターサポートを担う。

[MONOist]

 NTTドコモは2022年4月4日、通信デバイスの開発を支援する「デバイス開発アシスト」の提供を開始した。同社が有する5GやLTEデバイス開発の知見を活用し、企業の通信デバイス開発や検証の支援、アフターサポートを担う。

キャプション 「デバイス開発アシスト」のサービスイメージ 出所:NTTドコモ

 デバイスの企画や開発段階では、5GおよびLTEの無線通信全般に関連したコンサルティングや、IoT(モノのインターネット)デバイスとドコモのネットワークとの相互接続性試験などを支援する。

 デバイスの検証段階では、専用の検証環境による通信プロトコルの検証や、顧客の提供サービスにおけるさまざまな用途を想定したシステム検証を実施する。

 さらに、アフターサポートとしては、5GおよびLTEの通信におけるトラブルを調査、解析する。

⇒その他の「組み込み開発ニュース」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.