ニュース
» 2022年04月20日 13時00分 公開

55%高濃度CeF成形材料を用いた洗面/浴室グッズを共同開発材料技術

パナソニック プロダクションエンジニアリングとケーワールドismは、植物由来のセルロースファイバー(CeF)を55%の高濃度で樹脂に混ぜ込んだ成形材料「kinari」を用いた洗面/浴室グッズを共同開発した。

[八木沢篤,MONOist]

 パナソニック プロダクションエンジニアリングは2022年4月19日、植物由来のセルロースファイバー(CeF)を55%の高濃度で樹脂に混ぜ込んだ成形材料「kinari」を用いた洗面/浴室グッズを、ケーワールドismと共同開発したことを発表した。

 kinariを原材料に、両社が共同開発したのは「ソープディスペンサー:Albero」と「ソープディッシュ:Soap dish」である。これら製品は同年5月初旬より、ケーワールドismのリンドパーク事業部から発売される。

kinariを原材料に開発した「ソープディスペンサー:Albero」(左)と「ソープディッシュ:Soap dish」(右) kinariを原材料に開発した「ソープディスペンサー:Albero」(左)と「ソープディッシュ:Soap dish」(右)[クリックで拡大] 出所:パナソニック プロダクションエンジニアリング

 パナソニックは2015年から石油由来の樹脂量を減らす研究開発に着手しており、2019年に植物由来のCeFを55%の高濃度で樹脂に混ぜ込む複合加工技術を開発。2022年1月からkinariブランドとして、高濃度CeF成形材料のテスト販売を開始している。

 両社は、2021年からkinariを原材料とした製品開発を推進。今回、パナソニックのkinariを用いた成形プロセス技術と、ケーワールドismの金型/成形技術を掛け合わせることで、手触りや外観も木材のようなマットで自然な風合いを備えるソープディスペンサー:Alberoとソープディッシュ:Soap dishを実現した。

 両製品は、同年5月初旬から大阪府八尾市のふるさと納税返礼品に採用されるとともに、量販店や通信販売でも取り扱いを開始する予定。洗面や浴室、水回り用品という誰もが使う製品を通して、環境負荷低減の取り組みに触れるきっかけを作り出し、持続可能な社会の実現に貢献するとしている。

⇒ その他の「材料技術」関連ニュースはこちら

⇒ 「デザインの力」のバックナンバーはこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.