ニュース
» 2022年03月22日 15時00分 公開

静電気の力を利用して空間に浮遊する新型コロナウイルスを低減医療機器ニュース

富士通ゼネラルは、静電気を利用した空気清浄技術「2ステージプラズマクリーン技術」により、浮遊新型コロナウイルスが10分間で99.9%以上低減することを確認した。

[MONOist]

 富士通ゼネラルは2022年2月25日、日本繊維製品品質技術センターと共同で、静電気を利用した空気清浄技術「2ステージプラズマクリーン技術」により、密閉空間に浮遊する新型コロナウイルス(デルタ株)が10分間で99.9%以上低減することを確認したと発表した。

→特設サイト「新型コロナウイルス 製造業が直面する未曾有の試練」

キャプション 浮遊ウイルス感染値測定結果[クリックで拡大] 出所:富士通ゼネラル

 2ステージプラズマクリーン技術は、プラスイオンが放出する帯電部で、空気中に含まれるウイルスや煙、花粉などの微粒子をプラスに帯電させてから、捕集部でマイナス電極に吸着させることで空気中の微粒子を除去する。

キャプション 「2ステージプラズマクリーン技術」の概念図[クリックで拡大] 出所:富士通ゼネラル

 今回の実験では、1m3の密閉空間で、新型コロナウイルスをエアロゾルのように浮遊させ、2ステージプラズマクリーンを搭載したデバイスを稼働させてから3分後、10分後の空気に含まれるウイルスを回収した。

キャプション 実証試験に使用した「2ステージプラズマクリーン技術」搭載のデバイス[クリックで拡大] 出所:富士通ゼネラル
キャプション 浮遊ウイルス感染値測定イメージ 出所:富士通ゼネラル

 その結果、デバイスを稼働させない場合と比較して、ウイルスの感染価は10分間で検出限界以下の99.9%減少を確認した。

キャプション 試験装置通電時の回収液0.1ml当たりのプラーク形成 出所:富士通ゼネラル

 新型コロナウイルスは、感染者のせきやくしゃみ、会話などの際に排出される飛沫や飛沫よりも小さな水分を含んだ状態であるエアロゾルが、主な感染経路と考えられている。富士通ゼネラルは、今後も研究開発に注力し、空気環境対策に貢献していくとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.