ニュース
» 2022年03月08日 11時00分 公開

デクセリアルズが京都セミコンダクターを買収、微細加工と半導体設計の技術を融合組み込み開発ニュース

デクセリアルズは、日本政策投資銀行と共同で京都セミコンダクターの株式を取得し、子会社化することを発表した。京都セミコンダクターの半導体設計技術を生かし、高速通信やセンシング市場において新技術、新製品を共同開発する。

[MONOist]

 デクセリアルズは2022年2月17日、日本政策投資銀行(DBJ)と共同で京都セミコンダクターの株式を取得し、子会社化することを発表した。

 デクセリアルズは、エレクトロニクス機器や自動車向けの材料、技術、デバイスの開発、製造、販売を手掛ける。京都セミコンダクターは、受発光半導体デバイス、複合半導体デバイスおよびモジュールの開発、製造、販売を中心とし、光通信デバイスやセンシングデバイスなど多岐にわたるIoT(モノのインターネット)分野でカスタマイズ技術を活用した製品を提供してきた。

 デクセリアルズが有する微細加工技術と、京都セミコンダクターの半導体設計技術を組み合わせることで、今後成長が見込まれる高速通信やセンシング市場において新技術、新製品を共同開発し、シナジー効果の創出を狙う。

 デクセリアルズは、売主のアイ・シグマ事業支援ファンド2号投資事業有限責任組合との間で、京都セミコンダクターの全株式の取得に関する株式譲渡契約書を締結。合わせて、株式譲渡実行日付(2022年3月24日)で取得予定の株式の一部を、DBJへ譲渡する株式譲渡契約書および株主間契約書を締結した。譲渡後はデクセリアルズが81.1%、DBJが18.9%の株式を保有する。

⇒その他の「組み込み開発ニュース」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.