ニュース
» 2022年02月24日 07時00分 公開

状態診断や予兆検知が可能な製造業向けIoTサービスが回転部品にも対応FAニュース

THKは、機械部品の状態診断や予兆検知を可能にする製造業向けIoTサービス「OMNIedge」に、回転部品の予兆検知を追加する。稼働中の回転部品にも容易に導入でき、LED表示による状態確認やリモート監視に対応する。

[MONOist]

 THKは2022年2月2日、機械部品の状態診断や予兆検知を可能にする製造業向けIoT(モノのインターネット)サービス「OMNIedge(オムニエッジ)」に、回転部品の予兆検知を追加すると発表した。同年3月1日より、センサーなどのハードウェアや通信機器一式を、通信費込みのパッケージで提供する。

キャプション IoTサービス「OMNIedge」に回転部品の予兆検知を追加[クリックで拡大] 出所:THK

 OMNIedgeは、機械部品に取り付けたセンサーからデータを収集し、安全な通信網を介して独自のアルゴリズムで数値化、解析することで、部品の状態診断や予兆検知ができる。これまでLMガイド、ボールねじ、アクチュエーターといった直動部品を中心に展開してきたが、新たにポンプ、ファン、モーターなどの回転部品にも対応する。

キャプション 直動部品と回転部品をカバーする「OMNIedge」[クリックで拡大] 出所:THK

 センサーは、既に稼働している回転部品にも後付けでき、Wi-Fi接続対応のため、最小限の配線で取り付けられる。初期設定も簡単で、即座にモニタリングを開始できる。

 センサー本体のLEDの色で部品の状態を示すため、目視だけで状態を確認できるほか、Webアプリケーションを用いた遠隔監視も可能だ。さらに、設定した閾値を超過するとメールで知らせる機能も備えており、異変や故障の見逃しを防ぐ。

キャプション 「OMNIedge」の運用イメージ[クリックで拡大] 出所:THK

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.