ニュース
» 2022年02月18日 11時00分 公開

量産への移行を容易にするJetson搭載産業用グレードベアボーンPCを発売組み込み開発ニュース

マクニカとアドバンテックは、エッジAI向け「NVIDIA Jetsonモジュール」を搭載可能な産業用グレードベアボーンPC「EPC-R7200」を発表した。「Xavier NX」「TX2 NX」「Nano」モジュールに対応し、試作機から容易に量産へと移行できる。

[MONOist]

 マクニカとアドバンテックは2022年2月3日、エッジAI(人工知能)向け「NVIDIA Jetsonモジュール」を搭載可能な産業用グレードベアボーンPC「EPC-R7200」の発売を発表した。また、マクニカは、同PCとJetsonモジュールとのセット販売、ワンストップの導入支援サービスを提供する。

キャプション 産業用グレードベアボーンPC「EPC-R7200」[クリックで拡大] 出所:マクニカ

 EPC-R7200は、NVIDIA Jetsonモジュール「Xavier NX」「TX2 NX」「Nano」に対応し、部品規格やI/Fピン配置に互換性のあるキャリアボードを搭載する。開発者キット「NVIDIA JetPack SDK」で動作し、Jetsonモジュールを直接換装するだけで、ドライバのインストールや機能構成の設定をしなくてもI/Oを利用できる。

 電源電圧は9〜24Vで、耐振動性は3.0Grms、動作温度範囲は−40〜+85℃。堅牢な筐体は152×137×42mmのアルミニウム製で、モジュール式ヒートスプレッダを備え、高い放熱性とESD保護機能を提供する。MIPI-CSI2カメラ入力、HDMI 2.0ポート、Dual GbE LAN、Dual USB 3.2 Gen1、無線モジュール接続拡張用Dual M.2スロットなどを搭載し、拡張性も高い。

 豊富なGPUモジュールとI/Oオプションにより、同一プラットフォームを使用して、さまざまなタイプの試作機を並行開発できる。また、量産対応が可能なため、試作機から量産への移行も簡単で、開発期間やコストの削減に貢献する。

⇒その他の「組み込み開発ニュース」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.