ニュース
» 2022年02月15日 13時00分 公開

高強度エンプラ系フィラメント2種をFDM方式3Dプリンタ対応素材に認定3Dプリンタニュース

XYZプリンティングジャパンは、BASFが提供するフィラメント2種を自社の熱溶解積層方式3Dプリンタ「PartPro300 xT」対応素材として認定した。2種のフィラメントは優れた材質特性を備え、滑らかな表面仕上げや最終用途部品にも対応できる。

[MONOist]

 XYZプリンティングジャパン(以下、XYZ)は2022年1月28日、BASFが開発、販売する3Dプリンタ用フィラメント「Ultrafuse PET CF15」「Ultrafuse PAHT CF15」を、自社製のFDM(熱溶解積層)方式3Dプリンタ「PartPro300 xT」対応素材として認定したと発表した。独自のICチップを付属して、同年1月31日より販売を開始した。

 Ultrafuse PET CF15は、カーボン短繊維を15%含有したPET(ポリエチレンテレフタレート)ベースのフィラメント。吸湿性が低いため、防湿用のドライボックスが不要で、造形品は100℃近くの耐熱性がある。PETが本来有する硬さに加え、高い剛性と研磨性を備えており、研磨などの後加工で滑らかな表面に仕上げられる。

BASFの3Dプリンタ用フィラメント「Ultrafuse PET CF15」による造形例 BASFの3Dプリンタ用フィラメント「Ultrafuse PET CF15」による造形例[クリックで拡大] 出所:XYZプリンティングジャパン

 Ultrafuse PAHT CF15は、カーボンファイバーを15%含有したPA(ナイロン)ベースのフィラメント。通常のPAよりも硬性と耐薬品性に優れ、150℃の耐熱性や高い造形精度を備えるため、機械やバイクなどの最終用途部品にも対応可能だ。

BASFの3Dプリンタ用フィラメント「Ultrafuse PAHT CF15」による造形例 BASFの3Dプリンタ用フィラメント「Ultrafuse PAHT CF15」による造形例[クリックで拡大] 出所:XYZプリンティングジャパン

 2種類のフィラメントに付属するXYZのICチップにより、PartPro300 xTはフィラメントの種類を自動で検知する。フィラメントに応じてノズル温度やプリントスピードなど最適な設定を自動で選択するため、3Dプリントの安定性や造形精度が向上する。

独自のICチップを付属して販売を開始する 独自のICチップを付属して販売を開始する 出所:XYZプリンティングジャパン

 また、XYZでは、PartPro300 xT専用の「High Temperatureエクストルーダー」も同時に発売する。これまで最高260℃だったノズル温度を300℃まで高温にでき、より多くの種類のフィラメントに対応可能になる。価格は、Ultrafuse PET CF15、PAHT CF15が1万5180円で、High Temperatureエクストルーダーが3万1130円だ(いずれも税込み)。

⇒ その他の「3Dプリンタ」関連ニュースはこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.