ニュース
» 2022年02月09日 15時00分 公開

滅菌状態で狙った細胞を分取する閉鎖型細胞分取システム医療機器ニュース

ソニーは、細胞免疫治療法に必要な細胞薬の製造に用いる細胞を高速、高精度、高純度に分取する、閉鎖型のセルアイソレーションシステム「CGX10」を発売する。滅菌状態を維持したまま、細胞分取が可能だ。

[MONOist]

 ソニーは2022年1月26日、細胞免疫治療法に必要な細胞薬の製造に用いる細胞を高速、高精度、高純度に分取する、閉鎖型のセルアイソレーションシステム「CGX10」を同年秋に発売すると発表した。分析処理速度が1秒あたり1万5000個の場合、純度約97%で細胞を分取できる。

キャプション 閉鎖型セルアイソレーションシステム「CGX10」 出所:ソニー

 滅菌状態を維持したまま細胞を分取するため、外気と触れない独自の閉鎖型構造を採用。チップ内で細胞を解析後、液の流れの制御で狙った細胞を分取する。

キャプション 滅菌状態を維持する閉鎖型の構造 出所:ソニー

 405nm、488nm、561nm、638nmの4種類のレーザー光をチップ内の細胞に照射して得られた情報を、10個のパラメーターに基づき解析することで細胞を分類する。狙った細胞は、液体の流れを制御して分取する。

キャプション レーザー光を照射し、細胞を解析して分取する工程 出所:ソニー

 純度と分取速度のどちらを優先するかを、ユーザーが設定することも可能だ。設計上は、純度優先の設定で純度約97%、分取速度優先の場合は1秒あたり約10万個の細胞分取に対応する。また、細胞のダメージを抑えて分取後の生存率を高めるため、液体を適切に制御する。液体制御用のプラスチックチューブを含むチュービングキットは使い捨てとなっており、他の検体との相互混入を防止する。

キャプション 単回使用の使い捨て流路 出所:ソニー

 がんや自己免疫疾患の細胞免疫療法では、細胞を高精度かつ高純度に分取することで高い効果につながる。CGX10は、遺伝子治療を含む細胞免疫療法や再生医療分野での研究のほか、その後の医薬品製造管理および品質管理に関する基準GMPに適合した細胞製造での活用も期待される。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.