ニュース
» 2022年02月04日 13時00分 公開

最終製品製造まで対応したFDM方式業務用3Dプリンタ3Dプリンタニュース

APPLE TREEは、最終製品製造まで対応するFDM方式の業務用3Dプリンタ「Creator4」を発売した。最大360℃まで加熱可能なノズルを搭載し、造形が難しいカーボンファイバー、ナイロン、一部のスーパーエンプラなどの素材も安定した造形ができる。

[MONOist]

 APPLE TREEは2022年1月25日、最終製品製造まで対応するFDM(熱溶解積層)方式の業務用3Dプリンタ「Creator4」を発売した。FLASHFORGE製の最上位モデルで、カーボンファイバーから一部のスーパーエンプラまで対応する。

 最大造形サイズは400×350×500mm。一般的な3Dプリンタの場合、大型モデルの造形時に分割が必要だったが、大型造形が可能なCreator4であれば分割せずに一体化したまま出力できる。

業務用3Dプリンタ「Creator4」 業務用3Dプリンタ「Creator4」[クリックで拡大] 出所:APPLE TREE

 また、ダイレクト方式の独立型デュアルエクストルーダー(IDEX)を採用。左右に独立して稼働するエクストルーダーを搭載しており、さまざまな造形に対応する。

独立型デュアルエクストルーダーを搭載 独立型デュアルエクストルーダーを搭載[クリックで拡大] 出所:APPLE TREE

 エクストルーダーは、工業用フィラメント対応の「EXTRUDER-HT」、炭素繊維対応の「EXTRUDER-HS」、軟性フィラメント対応の「EXTRUDER-F」の3種類をそろえ、用途に応じて使い分けが可能だ。なお、Extruder-Fは発売準備中で、購入時はExtruder-HT、またはExtruder-HSのどちらかのエクストルーダーを選択する。

3種類のエクストルーダー 3種類のエクストルーダー[クリックで拡大] 出所:APPLE TREE

 フィラメントは約20種類に対応する。最大360℃(Extruder-HS使用時)まで加熱可能なノズルを搭載し、造形が難しいカーボンファイバー、ナイロン、一部のスーパーエンプラなどの素材も安定した造形が可能だ。反りを防ぐためにヒートチャンバーを搭載しており、庫内温度を一定に保つ。最大65℃まで温められ、収縮の大きいABSのような材料も反りのない造形ができる。

反りを防ぐ庫内温度調整 反りを防ぐ庫内温度調整 出所:APPLE TREE

 16点のメッシュベッドレベリング機能を備え、自動でプラットフォーム調整が可能。これにより、手動のレベリングを採用する3Dプリンタに比べて、作業効率が向上している。X軸とY軸には、高精度なリニアガイドを搭載し、正確な位置決めに対応した。

⇒ その他の「3Dプリンタ」関連ニュースはこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.