特集:IoTがもたらす製造業の革新〜進化する製品、サービス、工場のかたち〜
ニュース
» 2022年02月03日 14時00分 公開

ベルトコンベヤー予兆保全システムのPoCパッケージをワンストップで提供製造ITニュース

サイバネットシステムは、機械学習やIoTを活用したベルトコンベヤーの状態監視および予兆保全システムについて、PoCパッケージの提供を開始した。センサーや機器の提案から、データ分析や異常検知、アルゴリズム改善までトータルで提供する。

[MONOist]

 サイバネットシステムは2022年1月25日、ML(機械学習)やIoT(モノのインターネット)を活用した、ベルトコンベヤーの状態監視と予兆保全システムのPoC(概念実証)パッケージの提供開始を発表した。

キャプション システム全体図[クリックで拡大] 出所:サイバネットシステム

 同パッケージでは、取り付けやすいセンサーや利便性に優れた通信機器などの提案から、データ収集後の分析や異常検知、機械学習のアルゴリズム改善まで、トータルでサービスを提供する。

 センサーなどを取り付けた後は、最短の場合、設置当日からデータの取得や可視化が可能だ。収集したデータは、ニューラルネットワークを用いた機械学習の手法であるオートエンコーダーなどで分析。ベルトコンベヤーの稼働状態を監視するとともに、正常運転時とは違う異常兆候を検知する。

キャプション オートエンコーダーを使った異常検知の例 出所:サイバネットシステム

 同パッケージには、無線対応センサー機器(3軸加速度センサー、温度センサーを各1系統)とその取り付け、PoC期間中のクラウド環境と状態監視用ダッシュボード(機械学習含む)、同社エンジニアによるデータ分析レポートおよび機械学習アルゴリズムのカスタマイズが含まれている。運用中のセンサーに合わせたPoC構成や電流センサーの追加にも対応する。価格は、3カ月間から試せるPoCパッケージが129万円からとなっている。

⇒その他の「製造ITニュース」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.