VR/ARが描くモノづくりのミライ 特集
ニュース
» 2022年01月20日 13時00分 公開

優れたVR映像や温度体感で、メタバース体験を充実化する3製品を発表VRニュース

Shiftallは、VRヘッドセット「MeganeX」、ウェアラブル冷温デバイス「Pebble Feel」、音漏れ防止機能付きマイク「mutalk」を発表した。優れたVR映像と温度体感、周りに迷惑を掛けないマイクで充実したVR体験を提供する。

[MONOist]

 Shiftallは2022年1月4日、VR(仮想現実)ヘッドセット「MeganeX(メガーヌエックス)」、ウェアラブル冷温デバイス「Pebble Feel(ぺブルフィール)」、メタバース対応音漏れ防止機能付きマイク「mutalk(ミュートーク)」を発表した。パナソニックと協業開発したメタバース向け製品で、Shiftallより発売する。

 MeganeXは、約250g(ケーブル部除く)と軽量設計の6DoF対応VRヘッドセットで、長時間メタバース内で過ごすヘビーユーザーに快適なプレイ環境を提供する。リフレッシュレート120Hzで駆動する5.2K、10ビットのHDRマイクロOLEDディスプレイや、Snapdragon XR1プラットフォームを搭載。SteamVRに対応しており、さまざまなアプリケーションを利用できる。2022年春の発売、価格は10万円(税込)未満を予定している。

VRヘッドセット「MeganeX」 VRヘッドセット「MeganeX」[クリックで拡大] 出所:Shiftall

 Pebble Feelは、高性能ペルチェ素子を搭載した、小型のパーソナルエアコンデバイス。専用シャツと組み合わせて装着することで、首元を瞬時に冷却または加熱できる。専用のSteamVR用アドオンを利用すれば、VRChatのようなメタバース空間で寒さや暑さを体験できる。

 既存のシェーダーを使うことで、体感温度を指定したワールドを作成可能な仕組みも提供する。重さは約60gで、ヒート&クールプレート部の温度は最低9℃、最高42℃となっている。2022年春の発売、価格は2万円(税込)前後を予定している。

ウェアラブル冷温デバイス「Pebble Feel」 ウェアラブル冷温デバイス「Pebble Feel」[クリックで拡大] 出所:Shiftall

 mutalkは、音漏れ防止機能付きのBluetoothマイク。メタバースやオンラインゲームのボイスチャットで大声になっても、音漏れ防止機能が自分の声を周りに聞こえにくくしてくれる。専用のバンドで顔に固定するため、両手がふさがっている状況でもハンズフリーで会話が可能だ。

 ビジネス用途も想定しており、ストラップを外せば、話したい時だけ口に当てる使い方もできる。静かなオープンスペースでも、周りに迷惑を掛けたり内容を聞かれたりせずに電話会議ができる。2022年夏の発売、価格は2万円(税込)前後を予定している。

音漏れ防止機能付きマイク「mutalk」 音漏れ防止機能付きマイク「mutalk」[クリックで拡大] 出所:Shiftall

⇒ その他の「VR/AR/MR」関連ニュースはこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.