ニュース
» 2022年01月13日 08時00分 公開

AIを用いたクラウドベース情報検索システム、北米トヨタが次世代システムに採用組み込み採用事例

Toyota Motor North Americaは、CerenceのAIを用いたクラウドベースの情報検索システム「Cerence Browse」を採用した。トヨタおよびレクサスの次世代マルチメディアシステムに搭載する。

[MONOist]

 Cerenceは2021年12月16日、Toyota Motor North America(TMNA)が、同社のAI(人工知能)を用いたクラウドベースの情報検索システム「Cerence Browse(セレンスブラウズ)」を採用したと発表した。

 Cerence Browseにより、ユーザーは地理データや株式情報、天気、レジャー、グルメ、ニュースイベントなどの一般的な情報を含めたさまざまな情報をリアルタイムで音声検索できる。主に運転や旅行に関する問い合わせを目的としていた従来のシステムと比較して、より幅広い範囲での情報検索に対応した。

 機械読解AIが情報をリアルタイムにスキャンし、意味を抽出する。一般的な質問に対して、人間の会話に近い形で適した回答を返すものとなっている。

 TMNAは、トヨタおよびレクサスの次世代マルチメディアシステムに、Cerence Browseを搭載する。自動車メーカーがCerence Browseを導入するのは、今回が初の事例になるという。

⇒その他の「組み込み採用事例」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.