ニュース
» 2021年12月23日 14時00分 公開

顔認証の業界横断プラットフォーム構築を、パナなど4社コンソーシアム設立製造マネジメントニュース

パナソニック システムソリューションズ ジャパンなど4社は、業界横断型の「顔認証マルチチャネルプラットフォーム」構築に向け、コンソーシアムを設立した。参加企業が顔認証の活用例やノウハウを共有し、サービス連携を協議する場となる。

[MONOist]

 パナソニック システムソリューションズ ジャパンは2021年12月9日、生体認証を活用した業界横断型プラットフォーム「顔認証マルチチャネルプラットフォーム」構築に向けて、コンソーシアムを設立した。

 同コンソーシアムを設立するのは、パナソニック システムソリューションズ ジャパンとジェーシービー、大日本印刷、りそなホールディングスの4社。同コンソーシアムでは、参加企業が業界を越えて活用事例やノウハウを共有し、サービスを連携できるようにする。

 顔認証マルチチャネルプラットフォームは、ユーザーの同意を得た上で、顔画像データを共通サーバに登録する。同データを業界横断的に活用することで、買い物の決済や各種契約、銀行や不動産の手続きなど、生活のさまざまな場面でより便利にサービスを利用できる環境を構築する。

キャプション 「顔認証マルチチャネルプラットフォーム」におけるサービス連携イメージ 出所:パナソニック システムソリューションズ ジャパン

 同コンソーシアムは2021年12月〜2022年5月の間に、5回程度の定例会を予定しており、運輸業や小売業などから20社以上が参加する。また、2021年12月〜2022年3月には、りそなグループの施設で顔認証の実証実験を実施する。実証実験の検証内容は、コンソーシアムの検討内容と共に顔認証マルチチャネルプラットフォームの構築に活用していく。

⇒その他の「製造マネジメントニュース」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.