ニュース
» 2021年12月14日 14時00分 公開

量子コンピュータ市場は2027年までに86億ドル市場に成長すると予測量子コンピュータ

IDC Japanは2021年12月9日、量子コンピュータの市場予測レポートを発表した。量子コンピューティング技術の発展によって、将来的な市場成長が進むとしている。

[池谷翼,MONOist]

 IDC Japanは2021年12月9日、量子コンピュータの市場予測レポートを発表した。量子コンピューティング技術の発展によって、将来的な市場成長が進むとしている。

 レポートでは量子コンピューティングの支出は2020年の4億1200万ドルから、2027年に約86億ドルに増加すると予測している。2021年から2027年の6年間のCAGR(平均年間成長率)は50.9%になる。

 この予測にはコアとなるQCaaS(Quantum Computing as a Service:量子コンピューティングサービス)の支出と、QCaaS利用に関連する支出が含まれる。量子コンピューティング技術の進展と共に、QCaaSインフラとプラットフォームの成熟、量子技術に適したパフォーマンス集約的なコンピューティングワークロードの成長が市場成長をけん引するとしている。

 また、量子コンピューティング市場への投資は2021年から2027年の6年間で11.3%のCAGRで成長して、2027年末までに約164億ドルに達すると予測する。IDC Japanはこれらの投資によって新世代の量子コンピューティングソリューションが登場し、新たなユースケースと市場セグメントの開発を促進する可能性があると指摘する。

⇒その他の「量子コンピュータ」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.