ニュース
» 2021年12月07日 09時00分 公開

ローソンとマイクロソフトが協業、AIとカメラ活用で小売業のDXを推進スマートリテール

日本マイクロソフトは2021年12月2日、小売店舗のDX推進を目的とした取り組みにおいてローソンと協業することを発表した。神奈川県内の4店舗で「店舗運営支援 AI」などを用いた実証実験を、同年11月から2022年3月の期間で実施する。

[池谷翼,MONOist]

 日本マイクロソフトは2021年12月2日、小売店舗のDX(デジタルトランスフォーメーション)推進を目的とした取り組みにおいてローソンと協業することを発表した。神奈川県内の4店舗でカメラや音声データ、「店舗運営支援 AI(人工知能)」を用いた実証実験を、同年11月から2022年3月の期間で実施する予定だ。

店舗内に設置したカメラ[クリックして拡大] 出所:ローソン、マイクロソフト

 今回の実験では、店舗内に設置したカメラやマイクで取得したデータを匿名化した上で、売り場の通過人数や顧客の滞留時間、棚の接触時間、商品の購入率を可視化し、POSの売り上げデータなどと合わせて分析する。分析したデータを参考にして、各店舗に最適な棚割や販促物掲出などを実施し、顧客が買いやすい売り場の実現と店舗の利益向上を図る。

 データ分析はマイクロソフトのクラウドサーバであるAzure上に構築した店舗運営支援 AIが行う。同AIはローソンのPOSデータや会員データと、カメラデータ、音声データなどを用いて、行動分析や仮説立案、店舗施策の変更などを行う。その結果から、売り上げや利益向上などの指標を顕在化させるプロセスを構築し、各施策の変更による結果を分析、各店舗に適した施策の優先度を可視化する。

⇒その他の「スマートリテール」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.