ニュース
» 2021年12月06日 08時00分 公開

エッジAI端末におけるリアルタイム映像分析を可能にする物体検知技術人工知能ニュース

NECは、大量の映像から分析対象を高速かつ高精度に処理できる「漸進的物体検知技術」を開発した。演算量が多くても高い検知精度を維持して、人物や車両などさまざまな対象を検知できる。エッジ機器にも対応可能だ。

[MONOist]

 NECは2021年11月16日、大量の映像から分析対象を高速かつ高精度に処理できる「漸進的物体検知技術」を開発したと発表した。2022年度の製品化を目指す。さまざまな検知対象や処理方式、AI(人工知能)チップに対応し、人や人の関節点、車両や車両のナンバープレートなどを検知できる。

キャプション 「漸進的物体検知技術」の処理イメージ[クリックで拡大] 出所:NEC

 同技術は、高速だが精度の劣る物体検知AIモデルと、高精度だが演算量の多い物体検知AIモデルを組み合わせて処理する。まず高速物体検知AIモデルによって粗い精度で複数検知し、検知結果をまとめて高精度物体検知AIモデルで処理することで、段階的に検知対象を精緻化し、最終結果を出力する。

 カメラ画像からの車両ナンバープレート検出に同技術を適用したところ、高精度物体検知AIモデル単独の処理と比べて、約8倍の画像枚数を処理できた。一般的に演算量と精度はトレードオフの関係だが、同技術では演算量が多くても検知精度を維持できる。

 廃熱や冷却の問題から、搭載できるプロセッサと処理能力に制約があるエッジ機器にも対応し、カメラ映像のリアルタイム処理や複数台カメラの同時処理を可能にする。交差点の見守りや交通管制の最適化、店舗や倉庫の侵入検知、施設管理の最適化などに適している。

キャプション 「漸進的物体検知技術」の適用対象[クリックで拡大] 出所:NEC

⇒その他の「組み込み開発ニュース」の記事はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.