ニュース
» 2020年11月17日 06時30分 公開

EVで増える銅加工を容易に、古河電工がハイブリッドレーザー技術を製品化金属加工技術(2/2 ページ)

[三島一孝,MONOist]
前のページへ 1|2       

電動車の銅関連部品の加工がターゲット

 「BRACE」はレーザー発振器であり、レーザー加工機メーカーの製品に組み込んだり、銅加工を行う工場などに導入しこれらの加工機と組み合わせたりすることが必要になる。古河電工 研究開発本部 プロジェクトチームリーダーの行谷武氏は「基本的には自動車メーカー、自動車の主要部品メーカー、レーザー加工機などを提供する設備メーカーがターゲット顧客となる」と述べている。

 例えば、リチウムイオンバッテリーの生産工程で「BRACE」の導入を考えた場合、電極切断、積層、集電溶接、封止・封栓、モジュール化などのそれぞれで生産性工場や品質向上を実現できるという。

photo リチウムイオンバッテリー製造における「BRACE」の適用範囲(クリックで拡大)出典:古河電工

 実際に、集電溶接の場合などで試験した場合、箔溶接時の課題である破れや穴もなく、溶接中のスパッタやブローホールの発生を抑制できたという。これにより「リチウムイオン電池の小型化や大容量化にも貢献できる」(行谷氏)としている。

photo 集電溶接における実際の加工サンプル表面と加工サンプル断面(クリックで拡大)出典:古河電工

毎年新製品をリリースしカバー範囲を拡大

 「BRACE」の標準価格は3900万円。古河電工では、「BRACE」の有効性を実体験できるアプリケーションラボを2021年1月25日に、同社千葉事業所内に開設予定としている。これにより、ユーザーの持ち込むサンプルワークの試作加工や加工条件のコンサルテーションなどを行えるようにするという。

photo アプリケーションラボで行うこと(クリックで拡大)出典:古河電工

 今後はまずユーザーへの提案を進め、用途を拡大していく方針だ。カバー範囲の拡大も進める。「BRACE」第1弾製品を2021年に発売した後、2022年には次世代製品を投入する予定だ。さらに2023年にも新たな製品を投入し「現状ではできることは限られるが、顧客ニーズに合わせて、製品を強化することで、カバー範囲を広げていく」と行谷氏は語っている。これらの取り組みにより2025年度には100億円規模の売上高に成長させる方針である。

photo 製品ロードマップ(クリックで拡大)出典:古河電工

≫「金属加工技術」のバックナンバー

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.