デジタルツインを実現するCAEの真価
ニュース
» 2020年08月06日 13時00分 公開

選べる2つのソルバー、統一感のある新UIで「Ansys Discovery」がパワーアップCAEニュース(2/2 ページ)

[八木沢篤,MONOist]
前のページへ 1|2       

GRANTAとの連携、ジェネレーティブデザインのサポートも

 その他の強化ポイントとしては、同社の材料データベース「Ansys GRANTA」(以下、GRANTA)との連携もサポート。GRANTAのライセンスを所有するユーザーであれば、GRANTAの豊富な材料データベースにアクセスし、解析に用いることができる。

材料データベース「Ansys GRANTA」との連携もサポートする 材料データベース「Ansys GRANTA」との連携もサポートする ※出典:アンシス・ジャパン [クリックで拡大]

 また、オートデスクの3D設計ソリューション「Fusion 360」で作られたジェネレーティブデザイン(SDZファイル)をインポートする機能を新たに搭載し、ジェネレーティブデザイン形状と境界条件をAnsys Discovery上に取り込んで解析が行えるようになった。

ヘルプ機能を充実、一連の操作体系が学べるインタラクティブツアーも

 UIについては、これまで各ツールでばらばらだった仕様を見直し、統合。EXPLOREステージとANALYZEステージ、SpaceClaimによるモデリング機能(MODELステージ)の切り替えがワンクリックで行える。また、ヘルプ機能も充実し、詳細の説明文や操作方法に関する動画がオーバレイ表示され、操作に不慣れなユーザーも安心して利用できる。

ヘルプを呼び出すと必要な情報がオーバレイ表示される ヘルプを呼び出すと必要な情報がオーバレイ表示される ※出典:アンシス・ジャパン [クリックで拡大]

 「以前までのバージョンでは『どこから始めたらよいか分からない』といった声も聞かれたため、起動時に機能や手順の解説を表示するようにした。これに加えて、ガイダンスに沿って一連の操作方法を学べる『インタラクティブツアー機能』も新たに用意した」(同社 技術部 プリセールスチームの山口貴大氏)

 こうした支援機能の充実とともに、同社はAnsys Discoveryのコミュニティーサイト「Discovery Community Forum」を開設している。ここではオンラインチュートリアルやFAQの他、無料でオンラインサポートを受けられる窓口(日本語での問い合わせも可能)なども用意している。

⇒ その他の「CAE」関連ニュースはこちら

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.