インタビュー
» 2019年08月19日 06時30分 公開

ミリ単位で足を採寸できる「ZOZOMAT」、技術と目指すビジネスを聞くイノベーションのレシピ(2/2 ページ)

[松本貴志,MONOist]
前のページへ 1|2       

ZOZOMATは受付初日で20万件を超える予約、データ活用も視野に

 ZOZOMATの予約受付は2019年6月から開始されており、ZOZOMATは受付初日で20万件を超える注文があった。常井氏は「このユーザーの半数が実際に足を採寸したとしても、10万件もの足のサイズデータが集まる。民間企業で、足のサイズデータをこの規模で持つところは少ないのではないか。ブランドから見ても、豊富な足のサイズデータは販売促進や商品開発の面で魅力はあるだろう」と期待をにじませる。

 一方で、「データを集めることが目的ではないので、データ件数などで数値目標はない」とし、「オープンイノベーションを実現するために、ZOZOと面白いことができる会社を募集したい」と常井氏は協業を呼び掛けた。

 また、体型データを活用して出店ブランドの商品をマルチサイズ展開し、ZOZOTOWN上で販売するサービス「マルチサイズプラットフォーム(MSP)事業」を2019年秋から開始する予定だ。常井氏は「あこがれのブランドの服や靴を、自分に合った理想のサイズで購入できる」と説明。同事業への参画について、複数のブランドと話し合いを進めている状況とし、「現在ZOZOTOWNに出展していないブランドからも引き合いを得ている」と明かした。

 ZOZOTOWNは2018年の出荷額ベースで靴商品取扱高が約361億円だった。同社はZOZOMATによって靴カテゴリーの商品取扱高を一足飛びに成長させる考えだ。

ZOZOMAT予約受付ページ ZOZOMAT予約受付ページ(クリックでリンク先へ移動)
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.