ニュース
» 2019年06月13日 10時00分 公開

ルネサスが新たなエッジAI技術を開発、世界最高クラスの電力効率と推論精度人工知能ニュース(4/4 ページ)

[松本貴志,MONOist]
前のページへ 1|2|3|4       

2022年以降にリリースする製品へ応用

 同技術は現在も研究中で、「製造プロセスのばらつきをどのようにして検出するか」「経年劣化による演算精度への影響が発生するか」などの課題を検討している。また、2022年以降にリリースする実効電力効率10TOPS/Wクラスの「e-AI」ソリューション製品に要素技術として応用される見込みだ。

「e-AI」ソリューションの電力効率ロードマップ(クリックで拡大) 出典:ルネサス エレクトロニクス

 同技術は「VLSI技術/回路シンポジウム 2019(2019 Symposia on VLSI Technology and Circuits)」(2019年6月9〜14日、京都)において論文発表(A Ternary Based Bit Scalable, 8.80 TOPS/W CNN Accelerator with Many-Core Processing-in-Memory Architecture with 896K Synapses/mm2)がなされた。また、テストチップにマイコンやカメラなどの周辺機器を接続し、ボタン電池で駆動する「AIモジュール」によってリアルタイムな画像認識を行うデモも披露された。

左:テストチップが乗ったAIモジュール。中央のLSIがテストチップ 右:人を識別するセグメンテーションをテストチップで動作させるデモ。人が移っている領域が赤色にオーバーレイされている(クリックで拡大)
前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.