特集:IoTがもたらす製造業の革新〜進化する製品、サービス、工場のかたち〜
ニュース
» 2016年10月21日 11時00分 公開

HPEのIoT戦略は「シフトレフト」、エッジにサーバ「Moonshot」の処理能力を導入製造業IoT(2/2 ページ)

[朴尚洙,MONOist]
前のページへ 1|2       

さまざまなパターンの導入事例を作って発信していく

日本HPEの香月千成子氏 日本HPEの香月千成子氏

 HPEは、IoT向けのハードウェアだけを展開するのではなくソフトウェアも含めたトータルソリューションとして提案していく考えだ。その事業方針については、日本HPE 執行役員 プリセールス統括本部 統括本部長の香月千成子氏が説明した。

 香月氏は、無線と有線、両方に対応するセキュアなネットワークとして「Aruba」を紹介。「モバイルファーストとして無線対応を優先してきたArubaだが、HPEへの統合後に有線対応も進めた。これはまさに、IoT対応のために1つになったといっても過言ではない」(香月氏)とした。

「Aruba」によるIoTのセキュアなネットワーク 「Aruba」によるIoTのセキュアなネットワーク(クリックで拡大) 出典:日本HPE

 またIoT向けのアプリケーション開発プラットフォームであるHPE Universal IoT Platformは、通信事業者向けの巨大ネットワーク管理・運用ソリューションをベースに開発された。香月氏は「小さく始めることが多いIoTのアプリケーション開発は、各業種に特化しがちで、最終的に縦割りになって業種間でのデータ流通を妨げる可能性がある。当社のIoTプラットフォームは、業種ごとの最適化はテンプレート提供で対応しながら、水平型のデータ流通も可能になっている」と強調する。

「HPE Universal IoT Platform」の概要 「HPE Universal IoT Platform」の概要(クリックで拡大) 出典:日本HPE

 日本HPEでは、これらのIoT関連ソリューションを展開する新組織として「HPE IoT推進室」を設置した。同室の活動を促進するのが、本社内に開設したHPE IoT コンピテンスセンターとなる。同センターでは全てのサーバ、ストレージ、ネットワーク機器を無償で利用できる。

「HPE IoT コンピテンスセンター」で提供する検証環境 「HPE IoT コンピテンスセンター」で提供する検証環境(クリックで拡大) 出典:日本HPE

 大月氏は「具体的な事業目標は話せないが、IoTビジネスを早期に立ち上げたいと考えている。そのためには、さまざまなパターンの導入事例を作って発信していくことが重要になるだろう」と述べている。

FlowServeにおける予防保全での採用事例FlowServeにおける予防保全での採用事例 米国のポンプメーカーFlowServeにおける予防保全での採用事例。NIやPTCとの協業によるものだ。こういった事例を日本HPEから発信していく考えだ(クリックで拡大) 出典:日本HPE
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.