ニュース
» 2016年09月09日 08時00分 公開

製造業はIoTを収益化できるのか、ソフトライセンス管理の仕組みで実現製造業IoT(2/2 ページ)

[朴尚洙,MONOist]
前のページへ 1|2       

IoTセキュリティは自動車と製造で検討が進む

ジェムアルトの木村優一氏 ジェムアルトの木村優一氏

 IoTセキュリティについては、PKI(公開鍵基盤)を用いた通信の秘密鍵を安全に保安するHSM(Hardware Security Module)を紹介した。ジェムアルトのHSMは、通信を暗号化する際に最も高いレベルのセキュリティが求められる秘密鍵を扱うハードウェアだ。主に、認証局との間で秘密鍵と電子証明書をやり取りする際に用いられており、米国のセキュリティ規格FIPS 140-2で、物理的に秘密鍵を守れるレベル3までをサポートしている。

 ジェムアルト アイデンティティ&データプロダクション事業部 ビジネスデベロップメント ディレクターの木村優一氏は「IoTセキュリティで、現在急速に検討が進んでいるのが、自動運転技術の開発が進む自動車と、インダストリー4.0に代表されるスマートファクトリー化が加速する製造、セキュア・マニファクチャリングだ」と語る。同社のHSMも、自動車、セキュア・マニファクチャリングの両分野で採用が広がっているという。

ジェムアルトがパートナーシップを組んでいる自動車業界の顧客。これらのうち3社がHSMを既に採用しているという ジェムアルトがパートナーシップを組んでいる自動車業界の顧客。これらのうち3社がHSMを既に採用しているという(クリックで拡大) 出典:ジェムアルト
ジェムアルトのセキュア・マニファクチャリングの顧客 ジェムアルトのセキュア・マニファクチャリングの顧客(クリックで拡大) 出典:ジェムアルト
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.