特集
» 2015年01月27日 11時00分 公開

ARM「mbed OS」とは何か?その詳細と動向mbed OS(3/4 ページ)

[大原雄介,MONOist]

 さて、このSensinode Oyの提供しているNanoService群とmbed OSの関係であるが

  • NanoStack + NanoService + NanoRouter → mbed OS
  • NanoServer Platform → mbed Device Server

 と理解すればよい。

 もう一度Photo06に戻ると、本来のNanoStackは6LoWPANの上にCoAPが搭載されているだけで、HTTPとかIPv4/v6は本来NanoRouter側の機能である。ただmbedもいろいろあるわけで(Photo10)、Flash/SRAMにゆとりのある製品とか、要件的に6LoWPANではなくIPv4/v6でつなぎたいというケースであれば、いちいちルータを介さずにmbedから直接IPv4/v6を出力した方が効率的である。

photo (Photo06)
photo (Photo10) ARM TechCon 2014会場で展示されたmbed対応プラットフォーム各種

 加えて、CoAP以外にMQTT(MQ Telemetry Transport)とかLWM2M(LightWeight M2M)などのサポートも追加されている。これらは本来のNanoServiceにはサポートされていない気がするのだが、いずれも軽オーバーヘッドの通信プロトコルであり、既に実装されている例もある。これらも統合することで、幅広いプロトコルに対応できるように、ということだと思われる。

 対応するmbed Device Serverの方も、これにあわせて機能を充実させる必要がある。Photo11も再掲になるが、アプリケーションプロトコルと、加えてDTLS/TLSといったSecurity Protocolもサポートが追加されているのが分かる。LWM2Mはエンドでバイス同士の通信に使われるが、HTTPやMQTTはエンドでバイス/サーバ間に使われるので、これもInterfaceにサポートを追加する必要があるのは間違いない。その上位に関しては、現時点では明確な情報が公開されていないが、恐らくSensinodeの提供していたものよりも強化されていることは間違いない。

photo (Photo11) アプリケーションプロトコルとしてHTTPとMQTTが加わっているのが、mbed Device ServerとNano Service Platformとの違い

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.