「ウイルス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

ウイルス、ワーム対策製品一覧 − TechTargetジャパン メールセキュリティ
質問!ウィルス対策→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でウィルス対策関連の質問をチェック

「商品売買」名ばかり:
コロナ禍に蔓延! 違法高利の「買い取り金融」
こわもてが登場する映画やドラマでおなじみのヤミ金業者が、新型コロナウイルス禍で収入が減ったサラリーマンらをターゲットにして、高金利の融資をチラつかせている。(2022/1/15)

政府が端末整備を推進
教育用「ノートPC」が西欧で売れ続ける“謎”
新型コロナウイルス感染症のパンデミック期間に、教育用ノートPCの需要が急速に高まった。流行当初と比べれば成長は鈍化したものの、依然としてその需要は高い。この需要は今後も続くのだろうか。(2022/1/14)

イオンシネマ、座席を再び間引き販売へ 17日から コロナ感染再拡大受け
イオンシネマは13日、新型コロナウイルス感染症の再拡大を受け、座席を前後左右1席ずつ開ける間引き販売を17日から実施すると発表した。(2022/1/13)

期間限定:
フレッシュネスバーガー、ポテト25%増量キャンペーンを実施 ポテト難民を救いたい
フレッシュネスは1月14日から、ハンバーガーチェーン「フレッシュネスバーガー」にてフライドポテト増量キャンペーンを期間限定で実施する。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う世界的な物流網の乱れが原因でポテトの提供を休止するファストフード店などが出てきたことから、ポテト難民を救いたいとしている。(2022/1/13)

MONOist 2022年展望:
工場のリモート対応は2022年も加速、映像活用拡大もネットワーク環境が課題に
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)以降、多くの業務のリモート化が進められてきたが、これまで「現地現物現実」が基本として徹底されてきた製造現場でも部分的にリモート対応を取り入れる動きが広がってきた。2022年はこうした仕組みの整備が進み、さらにより広く取り入れられる見込みだ。(2022/1/13)

Mouser Electronics APACマーケティング&ビジネス開発担当VP Daphne Tien氏:
PR:部品数も品種も「圧倒的」、供給難を乗り越えるマウザーの在庫戦略
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)や半導体/部品不足の先行きが不透明な中、2021年の売上高を大きく伸ばしたMouser Electronics(マウザー・エレクトロニクス)。本社VP, APACマーケティング&ビジネスデベロップメントを務めるDaphne Tien氏は、困難な状況下でも、同社ならではの在庫戦略で切り抜けてきたと語る。(2022/1/13)

2021年9月現在のCOVID-19の影響を考慮:
以前の水準に戻るのは「2023年以降」と予測 IDCが国内IT市場予測をアップデート
IDC Japanは、2021年9月末現在の新型コロナウイルス感染症の影響を考慮した国内IT市場予測を発表した。2020年の実績は18兆2518億円。2021年の予測については19兆234億円とした。(2022/1/12)

医療機器ニュース:
空間中の新型コロナウイルスを99%不活化する紫外線照射技術を開発
富士通ゼネラルは、子会社のエアロシールドが開発した紫外線水平照射技術「n-UV技術」により、空間に浮遊する新型コロナウイルスのデルタ株を1分間で99%以上不活化することを確認した。(2022/1/12)

4タイプの次世代オフィス:
UCHIDA FAIR 2022、国産木材を活用した家具やスマホでオフィスの状況が分かるシステム
国内では、少子高齢化が進行しており、さまざまな企業で生産性の向上が求められている。また、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、企業や官公庁でテレワークの導入が進み、オフィスには、照明機器の遠隔操作や作業効率を高める機能、オンラインで利用状況を確かめられる機能が求められている。こういった状況を踏まえて、内田洋行は、解決策となるオフィス製品を2021年11月9〜26日に開いた「UCHIDA FAIR 2022」で披露した。(2022/1/12)

4月以降、順次販売再開へ:
サントリーの「カルロ ロッシ」、一部休売へ 海上輸送の需給逼迫、製造に遅延も
サントリーワインインターナショナルは、ワインブランド「カルロ ロッシ」の一部商品を1月末で休売すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大で海上のコンテナ輸送の需給が逼迫(ひっぱく)している上、豪州にある現地ワイナリーの製造に遅れが生じているため。(2022/1/11)

三菱重工業社長 泉沢清次さん(64) 脱炭素を見据え 多様な選択肢提案
昨年は新型コロナウイルスと脱炭素の潮流が事業に大きな影響を与えた。(2022/1/11)

医療技術ニュース:
血小板凝集塊の出現頻度で新型コロナの重症化リスクを予測
東京大学は、新型コロナウイルス感染症の患者の約9割に、過剰な数の循環血小板凝集塊が存在することを発見した。その出現頻度は、重症度、死亡率、呼吸状態、血管内皮機能障害の程度などと強い相関が認められた。(2022/1/11)

テレワーカーのBCP【後編】
「自然災害でテレワーカーが働けない」に備えて企業がすべきことは
米国は2020年に、10億ドル規模の被害額となった自然災害が22件発生した。新型コロナウイルス感染症の影響でテレワークは普及したものの、テレワーカーの被災に備えた事業継続計画(BCP)はどうすればいいのか。(2022/1/11)

自動車業界の1週間を振り返る:
クルマのパーソナライズって言うんなら、ボディーカラーも変えなければ!
さて、今週は現地時間の1月7日まで、米国ネバダ州ラスベガスにて消費者向けエレクトロニクス展示会「CES 2022」が開催されました。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染が再拡大し、さまざまな企業が現地での出展を見送り、オンラインでの出展に切り替えました。(2022/1/8)

牛乳の大量廃棄、年末年始は発生せず 農水相「協力の輪が拡大した」 消費促進の影響か
金子原二郎農水相が牛乳の廃棄が年末年始に発生しなかったと明らかにした。新型コロナウイルスの感染拡大による需要回復の遅れなどで、年末年始に大量廃棄される懸念が高まっていた。金子氏はマスコミ報道などで「協力の輪が拡大した」としている。(2022/1/7)

現場から悲鳴:
「どう穴を埋めれば」「危機的」 新型コロナで医療関係者220人が休職
沖縄県内の医療現場を担う医師や看護師ら220人が新型コロナウイルスの感染者や濃厚接触者になり、勤務を外れる事態となっている。(2022/1/7)

Samsung、Micronが生産を減速:
中国のロックダウン、DRAM供給停止を招く恐れも
Samsung Electronics(以下、Samsung)とMicron Technology(以下、Micron)が、中国西安市に保有するメモリチップ工場の生産を減速させている。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大を受け、人口1200万都市である西安が2021年12月23日、ロックダウン(都市封鎖)に踏み切ったためだ。(2022/1/7)

トロント大学ミシサガ校が実践、「オンライン教育」移行のこつ【後編】
“学部主導のIT導入”で混乱の大学が「オンライン教育」に爆速移行 その作戦は
トロント大学ミシサガ校は、新型コロナウイルス感染症の影響で迅速なオンライン教育移行が求められていた。従来、各学部がそれぞれにIT機器導入をしていた同校が、今回選んだ移行方法とは。(2022/1/7)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
メガネ、クルマ、チップ――CES 2022の見どころを振り返ってみた
オミクロン株で拡大するコロナウイルス感染の最中に開催されているCES 2022。それでも重要な発表はいくつかあった。(2022/1/6)

企業首脳、賃上げ意欲も回復不安
経済同友会と経団連、日本商工会議所の経済3団体は5日、新年祝賀会を東京都内で行った。昨年は新型コロナウイルス禍で初めて中止され、2年ぶりの開催。経営者ら出席者の人数は感染対策のため、例年の約1800人から約240人に絞られた。(2022/1/6)

米元人気子役、“マスクするなんて負け犬”コメントに激怒「さっさと消えて」 父親を新型コロナウイルスで亡くす
「許せない」と憤っています。(2022/1/5)

ドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天の年頭所感 コロナ禍が続く中、5G普及に向けてどう動く?
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天の社長が2022年の年頭所感を発表した。2021年は新型コロナウイルス感染症の流行が続き、デジタル化(DX)やリモートワーク、テレワークの推進にモバイル回線が利用されることもあり、DXを担うとうたった5Gの普及に課題も見えてきていた。(2022/1/5)

除雪機の使用に注意 締め切った屋内での使用で一酸化炭素中毒で死亡する事故も
新型コロナウイルス感染症の影響で除雪作業の担い手が不足し、高齢者や作業に慣れていない人が作業する地域も。気を付けてください。(2021/12/31)

帝国データバンク調査:
2021年のコロナ関連倒産、20年の2倍に 最も倒産が多かった業種は?
2021年、新型コロナウイルスの影響を受けた倒産は1770件で、20年(842件)の2.1倍になった──帝国データバンクが12月29日、そんな調査結果を発表した。業種別では飲食店が最多。建設・工事業にも影響が波及しているようだ。(2021/12/30)

ジレンマ:
アベノマスク「廃棄もったいない」配布希望1万件超に
政府が新型コロナウイルス対策で調達し、アベノマスクと揶揄(やゆ)される布製マスクの在庫分を希望者に配布した後に廃棄する意向を示したことで、「もったいない」などと再活用を模索する動きが広がっている。(2021/12/29)

2021年BUILT年間記事ランキング:
【年間記事Top10】2022年1月フルハーネス政省令が完全施行、建設業の働き方改革など
前年から続く、新型コロナウイルス感染症のまん延防止措置に伴う、労働環境の変革を促す流れが継続し、現場でも遠隔での業務をはじめ、Web会議や現場管理アプリに代表される各種ITツールの導入、ワークプレースの多様化など、withコロナに即した働き方が業界内の裾野まで浸透し、日常に定着したともいえる1年でした。また、一時は開催も危ぶまれた東京オリンピック・パラリンピックも無事に開かれ、五輪特需に沸いた建設需要も一段落。大都市圏での新築マンションや大規模再開発はまだ残存するものの、今後は国が掲げる国土強靭化計画に基づく、“防災・減災”や“インフラ老朽化対策”が需給のメインとなっていくのではないでしょうか。2021年にBUILTで公開されたランキングTop10の記事を紹介しながら、関連する年間トレンドも振り返ります。(2021/12/28)

ディズニーは最大9400円に:
【まとめ】2021年下半期〜22年春に値上げする商品・サービスは?
2021年が終わろうとしている。新型コロナウイルスで抑制されていた消費の反動で「リベンジ消費」が盛り上がりつつあるものの、外食やテーマパーク、食料品の値上げ発表が多く見られた。どのような商品が値上がりするのか? 2021年下半期〜22年春までに値上げする商品・サービスをまとめてみた。(2021/12/27)

LINEリサーチ調べ:
BTSや呪術廻戦を抑え、約55万人が「2021年に流行った」と感じたこと 1位は?
昨年に続き新型コロナウイルスの影響があった2021年だが、どのようなものが世間で流行ったのだろうか。 LINEが運営するLINEリサーチは、全国約55万人を対象に「2021年流行ったと思うモノ」の調査を実施した。(2021/12/27)

コロナ禍で犯罪大幅減 ネット利用詐欺は増加傾向 犯罪白書
法務省が21年版犯罪白書を公表した。2020年1年間の刑法犯認知件数は、前年比で約18%減少。直近5年平均の約2倍の減少率で、新型コロナウイルスが広がる中、犯罪は例年以上に減っていたことが明らかになった。(2021/12/27)

「見えないWeb攻撃」──情報漏えい対策の盲点:
主戦場はWebブラウザ 忍び寄る「見えないクライアントサイド攻撃」の実態
アンチウイルスソフトの検知をかいくぐり、Webブラウザに不正なスクリプトを埋め込む「クライアントサイド攻撃」。セキュリティ管理者も見落としがちなこの攻撃の実態を、アカマイ・テクノロジーズの中西一博さんが解説する。(2021/12/27)

医療技術ニュース:
新型コロナ死亡者数の少ない理由、日本人に多い白血球の型が影響
理化学研究所は、季節性コロナウイルスに応答する記憶免疫キラーT細胞が、類似したウイルスにも反応する抗原部位を持つことを発見した。その部位が、新型コロナウイルスのスパイクタンパク質領域にも、強く交差反応することが分かった。(2021/12/27)

家電メーカー進化論:
コロナ禍で品切れ続出、パナのホームベーカリーが5万円でも人気なワケ
新コロナウイルス禍による巣ごもり生活で注目を集めた家電が、食パンのほか、お餅やうどん、ピザ生地なども作れるホームベーカリーだ。パナソニックは、ホームベーカリー市場でシェア1位を長く維持し、市場を牽引してきた。パナソニックのホームベーカリーの製品企画担当者へ、製品の歴史と今後について話を聞いた。(2021/12/27)

回線契約中に「ウイルス対策はされていますか?」 コロナ広まりたてのときに起きたすれ違い漫画に笑いと哀愁
不幸なすれ違いだった。(2021/12/26)

残りを廃棄の方針に:
「アベノマスク」意外にも人気殺到! 希望者に配布
政府が昨年、新型コロナウイルスの感染防止策として配布した「アベノマスク」を含む布マスク。在庫の保管費用について会計検査院から指摘を受け、岸田文雄首相が希望者に配布した上で、残りを廃棄する方針を明らかにしたところ、意外にも人気殺到の状況だという。(2021/12/24)

約3割が「長期化するコロナ禍で健康に悪影響が出ている」と回答:
リモートとオフィスでそれぞれ「はかどる仕事」は何? オカムラが働き方の変化に関する調査結果を発表
オカムラは、新型コロナウイルス感染症の流行下での、労働者の働き方や働く環境、意識の変化に関する調査結果を発表した。約3割の人が「コロナ禍が長期化していることで健康に悪影響が出ている」と感じていることが分かった。(2021/12/24)

不動産市場の「今」を知る――アットホームラボ調査レポート(5):
コロナ収束に期待感、不動産仲介の業況は上向くか?
新型コロナウイルスの感染拡大から約2年が経ちました。国内の感染状況は足元では落ち着き、日常生活が戻りつつあります。そこで今回は、アットホームが行っている「景況感調査」で業況の推移を確認し、不動産店の声なども紹介しながら不動産市場の「今」について解説していきます。(2021/12/24)

日本での生産も:
植物由来ワクチン「来年に7600万回分」 田辺三菱製薬社長
田辺三菱製薬の上野裕明社長が21日、産経新聞のインタビューに応じ、カナダの子会社メディカゴが開発中の植物由来の新型コロナウイルスワクチンについて、「早ければ来年中に最大で年間7600万回分の生産を目指す」との考えを明らかにした。(2021/12/22)

コロナ接種 フランスで偽造アプリ証明が横行 半年で18万件発覚
フランス内務省は、新型コロナウイルスのワクチン接種証明で6月に導入した「健康パス」について、これまでに国内で18万2000件の偽造が発覚したと明らかにした。(2021/12/22)

東京ガス社長 内田高史さん(65) 脱炭素へ 天然ガス活用は「現実解」
今年は新型コロナウイルス、2030年度の温室効果ガス排出量の削減目標の引き上げ、資源価格高騰と、激しい環境変化に対応してきた。(2021/12/21)

「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」サービス開始 何が必要? どうすれば使える?
デジタル庁と厚生労働省が、新型コロナウイルスのワクチン接種の証明書として利用できるアプリの配信と運用を開始した。アプリの概要と、アプリの使い始め方を簡単に紹介する。(2021/12/20)

Apple、オフィス勤務再開を延期 新型コロナウイルス感染拡大を受け
「われわれはハイブリッドワークの試験運用開始を無期限延期にする」とティム・クックCEOは述べたという。(2021/12/20)

サプリ市場、初の1兆円超え コロナ禍、健康志向追い風
新型コロナウイルスの感染拡大で消費者の健康志向や免疫への関心が高まったことを背景に、サプリメントの販売が好調だ。民間調査会社によると市場規模は今年初めて1兆円を超える見通しで、食品メーカーなどは拡大する需要の取り込みへ、商品開発やプロモーションに力を入れている。(2021/12/20)

百貨店のクリスマス商戦活況 「リベンジ消費」追い風
新型コロナウイルス禍の自粛生活の反動による「リベンジ消費」の後押しもあり、各百貨店でクリスマス商戦が活況を呈している。巣ごもり需要で例年より価格が高めのクリスマスケーキの売れ行きが好調なほか、「自分へのご褒美」も含めたプレゼント用の高額商品の販売も伸びている。(2021/12/20)

百貨店のクリスマス商戦活況 「リベンジ消費」追い風
新型コロナウイルス禍の自粛生活の反動による「リベンジ消費」の後押しもあり、各百貨店でクリスマス商戦が活況を呈している。(2021/12/20)

Q&A 弁護士に聞く、現場のギモン:
会社主催の新年会、感染が不安なので拒否できますか?
会社主催の新年会は、新型コロナウイルスの感染の不安を理由に拒否できるのか? 弁護士が4つのポイントに分けて解説する。(2021/12/20)

医療技術ニュース:
デルタ株に特徴的な1つのアミノ酸変異がウイルスの病原性を増大させる
国内の研究コンソーシアム「G2P-Japan」は、新型コロナウイルス「デルタ株」が従来株と比べて病原性が高いことを確認し、デルタ株に特徴的な変異P681Rが病原性の高さと関与していることを明らかにした。(2021/12/20)

日本のホテル、「脱インバウンド」で再生なるか
政府が来年1月末にも観光支援策「Go To トラベル」を再開する方向で検討を始めた。新型コロナウイルスの感染状況も落ち着き、ホテルなど宿泊業界の客足回復に対する期待はが強まっている。もっとも、コロナ前にインバウンド(訪日外国人客)に頼りすぎ、過大な投資が重荷となって経営破綻に至ったケースもある。こうした例を教訓に「危機」をホテルはいかに乗り切るのか。2回にわたり検証する。(2021/12/17)

ヘッドレスコマース vs. 従来型コマース【後編】
コロナ禍のEC課題を“爆速”で解決 「ヘッドレス」だから成功した2社の事例
ECの新潮流である「ヘッドレスコマース」が拡大している。新型コロナウイルス感染症の流行という非常時に、その真価を生かした2社の取り組みを紹介する。(2021/12/17)

Gartner Insights Pickup(237):
CIO(最高情報責任者)とITリーダーは次はどこへ向かうか
ITリーダーは、新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的大流行)で永遠に変わった世界の中で、ITを活用して価値を生み出す無限の可能性を持っている。(2021/12/17)

ミニアプリから加入できる「PayPayほけん」提供開始 「コロナお見舞い金」も
PayPayは、ミニアプリから加入できる「PayPayほけん」を提供開始。サービス開始時はドライブやレジャーなどの他、新型コロナウイルス感染症と診断された際に一時金を支払う「コロナお見舞い金」も提供する。(2021/12/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。