「ソフトウェアテスト」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「調査対象となった全ての企業が多額の投資を見込んでいる」:
オープンソース技術に基づくべき生成AIのコンポーネントは何か Linux Foundation Japanが調査レポートを発表
Linux Foundation Japanは「2023年オープンソースの生成AIに関する調査レポート」を公開した。生成AIがビジネスの重要な要素になりつつあり、統合の容易さと透明性の点で、プロプライエタリAIよりもオープンAIが好まれていることが分かった。(2024/6/14)

テストアプローチの基礎を築くには:
ポジティブテストとネガティブテストの違い
TechTargetは「ポジティブテストとネガティブテストの違い」に関する記事を公開した。ポジティブテストとネガティブテストについて詳しく述べ、一連の実例を用いて、両テストによって徹底したテストアプローチの基礎を築く方法を確認する。(2024/6/7)

山浦恒央の“くみこみ”な話(177):
イチから全部作ってみよう(8)発注側の要望を受けて始まる「ヒアリング」の例題
ECサイトを題材にソフトウェア開発の全工程を学ぶ新シリーズ「イチから全部作ってみよう」がスタート。シリーズ第8回は、正しい要求仕様書に向けた第一歩となる「ヒアリング」について具体的な例題を使って解説します。(2024/5/21)

ESEC:
Qtが静的解析とアーキテクチャ解析をスイートで提供、ソフトウェアテストを強化
Qt Groupは、「第27回 組込み/エッジ コンピューティング展(ESEC)【春】」において、静的解析/アーキテクチャ検証ツール「Axivion Suite」を紹介した。(2024/5/1)

山浦恒央の“くみこみ”な話(176):
イチから全部作ってみよう(7)正しい要求仕様書の第一歩となるヒアリングの手順
ECサイトを題材にソフトウェア開発の全工程を学ぶ新シリーズ「イチから全部作ってみよう」がスタート。シリーズ第7回は、要求仕様フェーズで作り上げる正しい要求仕様書に向けた第一歩となる「ヒアリング」について解説します。(2024/4/18)

エッジケースをテストする重要性:
エッジケースのバグは解決すべきか?
ソフトウェアテストにおけるエッジケースとは、ごく少数のユーザーにしか影響しないケースを指す。だとしても、エッジケースのテストが重要なことは変わらない。本稿では、どのようなときにエッジケースのバグを解決すべきか、それとも解決せずそのままにするのかを確認する。(2024/4/4)

山浦恒央の“くみこみ”な話(175):
イチから全部作ってみよう(6)要求仕様フェーズにおける開発の標準化やスパイラルモデルの有効性
ECサイトを題材にソフトウェア開発の全工程を学ぶ新シリーズ「イチから全部作ってみよう」がスタート。シリーズ第6回は、開発方法の整備やスパイラルモデルなど、前回に続きさまざまな問題がある要求仕様フェーズの対処法について解説します。(2024/3/18)

山浦恒央の“くみこみ”な話(174):
イチから全部作ってみよう(5)難題だらけの要求仕様フェーズにどう対処すべきか
ECサイトを題材にソフトウェア開発の全工程を学ぶ新シリーズ「イチから全部作ってみよう」がスタート。シリーズ第5回は、さまざまな問題がある要求仕様フェーズの対処法について解説します。(2024/2/19)

山浦恒央の“くみこみ”な話(173):
イチから全部作ってみよう(4)要求仕様フェーズに潜むさまざまな罠
ECサイトを題材にソフトウェア開発の全工程を学ぶ新シリーズ「イチから全部作ってみよう」がスタート。シリーズ第4回は、前回に引き続き、要求仕様フェーズの問題点を解説します。(2024/1/18)

「ID情報をマスクする」「アクセス許可の原則に従う」など:
FinTechでも現実に近いデータでテストしたい――データへのアクセスとセキュリティのバランスを取る方法6選
ソフトウェアテストでは実データの利用が役に立つとしても、実データのセキュリティとプライバシーを侵害しないよう注意しなければならない。本稿では、FinTechのソフトウェアテストを行う場合に中核とすべき6つの方針について説明する。(2023/12/28)

山浦恒央の“くみこみ”な話(172):
イチから全部作ってみよう(3)MINORIに学べ、全ての悪は要求仕様書から生まれる
ECサイトを題材にソフトウェア開発の全工程を学ぶ新シリーズ「イチから全部作ってみよう」がスタート。シリーズ第3回は、ソフトウェア開発における全ての悪を生み出す元凶、要求仕様フェーズの問題点を解説します。(2023/12/14)

Gartner Insights Pickup(328):
ソフトウェア開発の強化に向けたAI導入のヒント
本稿では、先進的なソフトウェアエンジニアが、ソフトウェア開発ライフサイクルに沿ってAIを重要な活動にすぐに取り入れる5つの方法と、ソフトウェアエンジニアリングリーダーがチームに、計画からテストまでの各段階にAIを持続的に統合できるように準備を整えさせる7つの方法を紹介する。(2023/12/1)

「成果、ガバナンス、リスク管理に重点が置かれるようになる」:
2024年には企業のAI導入が鈍化する? IDCが生成AIや自動化に関する未来予測を発表
IDCは、2024年以降の世界におけるAI、生成AI、自動化に関する予測を発表した。それによると2027年には、全世界でAIソリューションの支出が5000億ドル以上になるという。(2023/11/27)

山浦恒央の“くみこみ”な話(171):
イチから全部作ってみよう(2)ワインのECサイトを作るためにイメージを深めよう
ECサイトを題材にソフトウェア開発の全工程を学ぶシリーズ「イチから全部作ってみよう」。第2回は準備編として、開発対象となるワイン販売用のECサイトのイメージを深める。(2023/11/16)

山浦恒央の“くみこみ”な話(170):
イチから全部作ってみよう(1)ソフトウェア開発の大まかな流れを把握する
ECサイトを題材にソフトウェア開発の全工程を学ぶ新シリーズ「イチから全部作ってみよう」がスタート。シリーズ第1回は、イントロダクションとしてソフトウェア開発の大まかな流れを説明する。(2023/10/19)

開発や運用における「生成AI」の実力【第5回】
ChatGPTを使うのか、独自LLMを作るのか どちらが賢い選択?
「ChatGPT」をはじめとする生成AIの登場で、エンジニアの仕事は消えるという懸念が広がっているが、それは早まった見方だ。より賢く見るには、生成AIの現状を見極める必要がある。(2023/10/9)

「デベロッパーエクスペリエンス」「プラットフォームエンジニアリング」など:
ソフトウェア開発責任者なら知っておきたい3つのテクノロジートレンドとは? Gartner
Gartnerは2023年以降のソフトウェアエンジニアリングにおける3つの戦略的テクノロジートレンドを発表した。(2023/10/6)

開発や運用における「生成AI」の実力【第4回】
「生成AI」でスキルギャップ解消 その先に必要なのは?
生成AIは、IT運用のスキルギャップ解消に具体的にどのように役立つのか。スキルギャップが解消された際に重要となるのはどの要素なのか。(2023/10/4)

ChatGPTでソフトウェアテストはどう変わるか【後編】
「ChatGPT」の進化がソフトウェアテストを変える? 具体的な影響とは
OpenAIの生成AIツール「ChatGPT」をソフトウェアテストに活用する動きが活発化しつつある。ChatGPTは、ソフトウェアテストにどのような影響を及ぼすのか。(2023/9/30)

ChatGPTでソフトウェアテストはどう変わるか【中編】
「ChatGPT」をソフトウェアテストに使うなら“これ”に注意すべし
生成AIツールの「ChatGPT」をソフトウェアテストに活用する場合には、幾つかの注意点がある。それは何なのか。対処方法はあるのか。専門家の見解を基に、これらを探る。(2023/9/30)

開発や運用における「生成AI」の実力【第2回】
“生成AIが仕事を奪う”なんて話より大事な「IaC」や「SRE」に何が起きるのか
人間の仕事は生成AIに置き換わるのではないかという懸念が広がっている。生成AIは開発者や運用担当者の仕事をどう変える可能性があるのか。(2023/9/29)

日立、生成AIベンチャーと協業模索 年末に向け事業化目指す
日立製作所が生成AIを活用したビジネス創出に向け、動きを本格化させている。同社は9月26日に、生成AI系のベンチャー企業6社を集めたピッチイベントを都内で開催した。(2023/9/27)

山浦恒央の“くみこみ”な話(169):
業務効率化の道具箱(16)上司の指示が「言語明瞭、意味不明」で困っています
ソフトウェア開発にとどまらない、PCを使う全ての人が対象となるシリーズ「業務効率化の道具箱」。第16回は、これまで取り上げてこなかった「働き方を工夫する」をテーマに、困った上司の作業指示にどう対応していくかを考える。(2023/9/19)

ChatGPTでソフトウェアテストはどう変わるか【前編】
ChatGPTを「ソフトウェアテスト」に使いたくなるのはなぜ? 経験者に聞いた
OpenAIの生成AIツール「ChatGPT」をソフトウェアテストに活用する動きがある。具体的にどのように役立つのか。専門家の見解や、実際にChatGPTをソフトウェアテストに生かす経験者の声を紹介する。(2023/9/15)

開発チームは「単体テスト」と「結合テスト」のどちらに時間を割くべきか:
なぜソフトウェア開発者はテストのスキルを身に付ける必要があるのか
ソフトウェアの機能に対する要求が日々変わる中で、開発者がテストスキルを学ぶ必要性はこれまで以上に強いものとなっている。(2023/9/5)

山浦恒央の“くみこみ”な話(168):
業務効率化の道具箱(15)ツールを作るより難しい「業務改善の進め方」
ソフトウェア開発にとどまらない、PCを使う全ての人が対象となるシリーズ「業務効率化の道具箱」。第15回は、10人程度の小さな小売店で行った「自分でツールを作る」による業務効率化のケーススタディーを紹介する。(2023/8/17)

山浦恒央の“くみこみ”な話(167):
業務効率化の道具箱(14)続・便利なツールと裏腹の「地雷」を踏まないために
ソフトウェア開発にとどまらない、PCを使う全ての人が対象となるシリーズ「業務効率化の道具箱」。第14回は、前回に続き、ツールの導入/運用時にありがちな「地雷」をケーススタディー形式で紹介する。(2023/7/20)

三連休はこれで勉強だ! サイボウズ、新人ITエンジニア向け資料を無料公開
サイボウズは、ITエンジニア新人研修用の資料を無料公開した。2023年の新人研修で使用したもので、講義資料・動画を用意している。内容はローカライゼーションやアクセシビリティー、セキュリティなど全9種類。(2023/7/15)

山浦恒央の“くみこみ”な話(166):
業務効率化の道具箱(13)便利なツールと裏腹の「地雷」を踏まないために
ソフトウェア開発にとどまらない、PCを使う全ての人が対象となるシリーズ「業務効率化の道具箱」。第13回は、ツールの導入/運用時にありがちな「地雷」をケーススタディー形式で紹介する。(2023/6/15)

山浦恒央の“くみこみ”な話(165):
業務効率化の道具箱(12)VBSなら面倒な環境構築なしで自作ツールを作れる
ソフトウェア開発にとどまらない、PCを使う全ての人が対象となるシリーズ「業務効率化の道具箱」。第12回は、Windowsであれば面倒な環境構築なしで使えるVBSのプログラム記述方法を紹介する。(2023/5/18)

山浦恒央の“くみこみ”な話(164):
業務効率化の道具箱(11)VBAでグラフ描画が可能な自動集計アプリを作ってみよう
ソフトウェア開発にとどまらない、PCを使う全ての人が対象となるシリーズ「業務効率化の道具箱」。第11回は、VBAによる自動集計アプリのさらなる進化版として、データを転記し、グラフ描画を行うツールを作ってみる。(2023/4/20)

山浦恒央の“くみこみ”な話(163):
業務効率化の道具箱(10)VBAでさらに高機能な自動集計アプリを作ってみよう
ソフトウェア開発にとどまらない、PCを使う全ての人が対象となるシリーズ「業務効率化の道具箱」。第10回は、第9回で紹介したVBAによる自動集計アプリのバージョンアップ版を作ってみる。(2023/3/27)

品質不正問題:
「品質力は落ちている」と半数強が回答、現場担当者が懸念する3つの要因とは
MONOistでは2023年1月31日に「品質」に関するオンラインセミナー「転機を迎える製造業の品質と信頼」を開催し、187人の来場者にアンケートに回答いただいた。その中で現場での実情が見える内容について抜粋し、現場の課題感について紹介する。(2023/3/17)

山浦恒央の“くみこみ”な話(162):
業務効率化の道具箱(9)VBAで自動集計アプリを作ってみよう
ソフトウェア開発にとどまらない、PCを使う全ての人が対象となるシリーズ「業務効率化の道具箱」。第9回は、VBAによる自作ツール作成の例として自動集計アプリを作ってみる。(2023/2/21)

山浦恒央の“くみこみ”な話(161):
業務効率化の道具箱(8)ツールがないならVBAで作ってみよう
ソフトウェア開発にとどまらない、PCを使う全ての人が対象となるシリーズ「業務効率化の道具箱」。第8回は、自作ツール作成の第一歩としてVBAを紹介する。(2023/1/24)

山浦恒央の“くみこみ”な話(160):
業務効率化の道具箱(7)ターミナルソフト「RLogin」を使ってみよう
ソフトウェア開発にとどまらない、PCを使う全ての人が対象となるシリーズ「業務効率化の道具箱」。第7回は、ターミナルソフトである「RLogin」の導入方法や使い方を紹介する。(2022/12/22)

コーディングスキルがいらないIT職8選【第4回】
コーディング不要のIT職「ソフトウェア営業担当者」「テクニカルライター」が身に付けるべきスキル
「ソフトウェア営業担当者」「テクニカルライター」は、コーディングスキルのいらない代表的なIT職だ。主な業務と、業務遂行に際して必要なスキルを解説する。(2022/12/14)

コーディングスキルがいらないIT職8選【第3回】
コーディング不要のIT職「ビジネスアナリスト」「テクニカルリクルーター」とは何をする職業なのか
IT職の中には、コーディングスキルを必要としないものがある。その中の「ビジネスアナリスト」「テクニカルリクルーター」に関して、業務内容や必要なスキルを解説する。(2022/12/7)

コーディングスキルがいらないIT職8選【第2回】
コーディング不要のIT職「プロジェクトマネジャー」「ソフトウェアテスト担当者」が担う役割とは
コーディングスキルがいらないIT職であるプロジェクトマネジャー」「ソフトウェアテスト担当者」とは何か。それぞれの具体的な業務や必須スキルを解説しよう。(2022/11/30)

山浦恒央の“くみこみ”な話(159):
業務効率化の道具箱(6)Google Testを使ってみよう【その2】
ソフトウェア開発にとどまらない、PCを使う全ての人が対象となるシリーズ「業務効率化の道具箱」。第6回は、前回導入した「Google Test」の使い方と、「アサーション」「パス・カバレッジ」によるテストの方法を紹介する。(2022/11/28)

組み込み開発ニュース:
シフトレフトからシフトエブリウェアへ、全プロセスでソフトウェアテストが必須に
日本シノプシスは、BSIMM(Building Security In Maturity Model:セキュア開発成熟度モデル)の調査レポートの最新版「BSIMM13」について説明した。(2022/11/4)

OSSとの「上手な付き合い方」【第3回】
「入れた覚えのないOSS」問題が招く“あのリスク”の怖さと「棚卸し」の大切さ
利用しているOSSの実態を適切に把握することは、なぜ重要なのか。“知らないうちに使っていたOSS”によるトラブルを招かないための、適切な「棚卸し」の方法を探る。(2022/12/16)

山浦恒央の“くみこみ”な話(158):
業務効率化の道具箱(5)Google Testを使ってみよう【その1】
ソフトウェア開発にとどまらない、PCを使う全ての人が対象となるシリーズ「業務効率化の道具箱」。第5回は、単体テストで役立つフリーのツールである「Google Test」と「gcov/lcov」を紹介する。(2022/10/20)

山浦恒央の“くみこみ”な話(157):
業務効率化の道具箱(4)VirtualBoxでUbuntu環境を構築しよう
ソフトウェア開発にとどまらない、PCを使う全ての人が対象となるシリーズ「業務効率化の道具箱」。第4回は、仮想化ソフトウェアの「VirtualBox」を使って、Windows PC上にLinuxのUbuntuの環境を構築する方法を紹介する。(2022/9/27)

「技術的負債」主要6種とその対処方法【第3回】
“自分大好きエンジニア”が招く大問題とは?
企業の技術的負債はなぜ生まれるのか。「文書化」「情報共有」「ソフトウェアテスト」の観点から、その原因を探る。(2022/9/20)

山浦恒央の“くみこみ”な話(156):
業務効率化の道具箱(3)続・ショートカットキー活用、「技術の複利効果」で作業効率が上がりミスも減る
ソフトウェア開発にとどまらない、PCを使う全ての人が対象となるシリーズ「業務効率化の道具箱」。第3回は、第2回に続きショートカットキーを紹介する。塵も積もれば山となる方式で得られる「技術の複利効果」により、急激に作業効率が上がり、同時にミスも減らせるはずだ。(2022/8/25)

OSSとの「上手な付き合い方」【第2回】
OSSの“謎”現象「入れた覚えがないのに大量利用」はこうして起こる
企業はOSSを知らないうちに自社のシステムに組み込んでいる現実がある。使用しているOSSを検出し、OSSに含まれる脆弱性によるリスクを減らすには、どうすればよいのか。(2022/8/8)

山浦恒央の“くみこみ”な話(155):
業務効率化の道具箱(2)ショートカットキーも積もれば山となる
ソフトウェア開発にとどまらない、PCを使う全ての人が対象となるシリーズ「業務効率化の道具箱」。第2回は“塵も積もれば山になる”の効果を実感できるショートカットキーを紹介する。(2022/7/19)

CIO Dive:
絶対強者のMSに並べ Googleはセキュリティ企業のリーダーになれるか?
昨今、深刻なソフトウェアサプライチェーン攻撃が続き、テクノロジー業界と政府がオープンソースソフトウェアの保護に関心を寄せている。Googleはこれを機にセキュリティ企業のリーダーとして名乗りを上げたいようだ。(2022/6/29)

山浦恒央の“くみこみ”な話(154):
業務効率化の道具箱(1)ソフト開発だけじゃないPCの業務効率を高める5つの道筋
今回から新シリーズ「業務効率化の道具箱」がスタート。ソフトウェア開発にとどまらない、PCを使う全ての人が対象となる。シリーズ第1回はイントロダクション編として、業務を効率化する方法にどのようなものがあるのかを提示する。(2022/6/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。