• 関連の記事

「診断」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「診断」に関する情報が集まったページです。

医療機器ニュース:
独自のイメージング技術を搭載した、内視鏡向け超音波診断装置を発売
オリンパスとキヤノンメディカルシステムズは、超音波内視鏡システムにおける協業合意に基づき、内視鏡向け超音波診断装置「Aplio i800 EUS」を、日本国内と欧州、オセアニア地域で順次、販売開始する。(2024/6/12)

各企業の「DX推進指標の自己診断結果」を分析:
4047社に聞いた「DX推進」のリアル IPAが2023年版の分析レポートを発表
IPAは「DX推進指標 自己診断結果 分析レポート(2023年版)」を公開した。DX推進指標に基づいて日本企業が提出した自己診断結果を分析した。中小企業は大企業に比べて、相対的に成熟度レベルが低いことが分かった。(2024/6/6)

組み込み開発ニュース:
GaN FETのデッドタイムをほぼ0に、アナログ・デバイセズが高効率化製品群
アナログ・デバイセズがGaN(窒化ガリウム)ソリューションについて説明。2023年から100V対応の降圧コントローラーICとドライバICを投入しており、モーターをはじめとする産業機器、大型の医療診断機器、データセンター、宇宙機器などに向けた提案を強化する方針だ。(2024/6/3)

マーケティング活動の状況を診断:
アドウェイズ、バイタルサイン計測サービス「MARKETING DOC」を発表
アドウェイズは、マーケティングの活動状況を計測して診断するサービス「MARKETING DOC」を開始した。(2024/5/30)

シミュレーションを制する極意 〜Simulation Governanceの集大成〜(12):
Simulation Governanceの実践と発展に向けた活動
連載「シミュレーションを制する極意 〜Simulation Governanceの集大成〜」では、この10年本来の効果を発揮できないまま停滞し続けるCAE活用現場の本質的な改革を目指し、「Simulation Governance」のコンセプトや重要性について説く。引き続き、各サブカテゴリーの項目のポイントやレベルの意味を解説しながら、詳細な診断データを眺めていく。最終回となる連載第12回では、「Simulation Governanceの実践と発展」をテーマに筆者の考えをまとめる。(2024/5/30)

WAP、新リース会計基準対応に向け「影響額診断サービス」を開始 検討事項を速やかに特定
WAPは新リース会計基準に伴う財務上の影響を評価する新サービス「新リース会計基準 影響額診断サービス」の提供を開始した。サービスの特徴と利用フローを紹介する。(2024/5/24)

株式会社ビットフォレスト提供Webキャスト
脆弱性診断の内製化を阻む3つの壁を解消、失敗/成功事例に学ぶ実践のポイント
サイバー攻撃のリスクが高まる昨今、WebサイトやWebアプリケーションに対する脆弱性診断の重要性が高まっている。しかし、脆弱性診断を外注するとなると費用も期間もかかり過ぎてしまう。そこで注目されているのが、脆弱性診断の内製化だ。(2024/5/20)

電流をプログラム設定可能:
保護機能や診断機能を備えた車載用DCモーター向けゲートドライバーIC
STマイクロエレクトロニクスは、車載用DCモーター向けゲートドライバーIC「L99H92」を発表した。プログラミングや診断用のSPIポート、チャージポンプ回路、各種保護機能、2つの電流センスアンプを備える。(2024/5/16)

医療機器ニュース:
正診率約82%の早期胃がん深達度AI診断支援システムを発表
両備システムズと岡山大学は、内視鏡検査の画像を元にAIを用いて早期胃がんの深達度を判定する「早期胃がん深達度AI診断支援システム」を開発した。深達度を正診率約82%で判定し、医師の診断を補助する。(2024/5/15)

シミュレーションを制する極意 〜Simulation Governanceの集大成〜(11):
Simulation Governanceの体制カテゴリー「組織的対応」と「組織活性化」の診断結果
連載「シミュレーションを制する極意 〜Simulation Governanceの集大成〜」では、この10年本来の効果を発揮できないまま停滞し続けるCAE活用現場の本質的な改革を目指し、「Simulation Governance」のコンセプトや重要性について説く。引き続き、各サブカテゴリーの項目のポイントやレベルの意味を解説しながら、詳細な診断データを眺めていく。連載第11回では、体制カテゴリーの「組織的対応」と「組織活性化」にフォーカスする。(2024/5/15)

スマートメンテナンス:
AIの橋梁診断で人手や予算の限られた自治体でも定期点検を支援、BIPROGY
BIPROGYは、AI橋梁診断支援システム「Dr.Bridge」で自治体の小規模橋梁点検を支援している。現場の点検写真と諸元データを用い、AIが橋梁の劣化要因や健全度を判定する。(2024/5/13)

スマートリテール:
ZOZOが似合うラボの成果をアプリに実装、2026年にはAIによるスタイリング提案も
ZOZOは、ファッションコーディネートアプリ「WEAR」のリニューアルを発表するとともに、同社初のリアル店舗「niaulab(似合うラボ)」で得られた成果について説明。WEARの新機能のうち「ファッションジャンル診断」は、似合うラボで収集したデータから導き出した「似合う」の4要素のうち「ジャンル」に関する知見を組み込んだものだ。(2024/5/10)

Medtec Japan 2024:
アトピー性皮膚炎の診断支援に向けたAI画像解析技術、広島大学
広島大学は「Medtec Japan 2024」(2024年4月17〜19日/東京ビッグサイト)に出展し、AI(人工知能)画像解析技術を応用して、アトピー性皮膚炎や大腸がんの診断を支援する研究などの成果を展示した。(2024/5/7)

医療技術ニュース:
生体深部を観測できる短波赤外蛍光色素を開発、がん診断への応用に期待
北海道大学は、短波赤外蛍光イメージングの医療応用に向けた蛍光色素の開発に成功した。生体深部の観測が可能になるため、がん診断やがん治療への応用が期待される。(2024/5/2)

医療機器ニュース:
フォトンカウンティングCTの実用化を目指し、臨床研究を開始
キヤノンメディカルシステムズと広島大学は、次世代の画像診断装置として期待されるフォトンカウンティングCTの早期実用化を目指し、共同で臨床研究を開始した。装置機能の最大化を目指し、基礎から臨床応用まで幅広い研究を進める。(2024/4/30)

AI×ファッションの可能性【後編】
スマホで肌トラブル分析――AI肌診断に使われている「4つの技術」とは?
AI技術の活用は身近な場面で進んでいる。近年は、スマートフォンで手軽に実施できる肌診断サービスが人気だ。背景にはどのような技術が使われているのか。その仕組みを解説する。(2024/4/26)

医療機器ニュース:
ポータビリティ性を高めたラップトップ型汎用超音波画像診断装置
GEヘルスケア・ジャパンは、ラップトップ型汎用超音波画像診断装置「LOGIQ e Smart」の国内販売を開始した。従来機の特徴を継続しつつ、軽量化や機能強化を図ったハイエンドモデルだ。(2024/4/22)

シミュレーションを制する極意 〜Simulation Governanceの集大成〜(10):
Simulation Governanceの文化カテゴリー「経営層」と「組織文化」の診断結果
連載「シミュレーションを制する極意 〜Simulation Governanceの集大成〜」では、この10年本来の効果を発揮できないまま停滞し続けるCAE活用現場の本質的な改革を目指し、「Simulation Governance」のコンセプトや重要性について説く。引き続き、各サブカテゴリーの項目のポイントやレベルの意味を解説しながら、詳細な診断データを眺めていく。連載第10回では、文化カテゴリーの「経営層」と「組織文化」にフォーカスする。(2024/4/22)

Medtec Japan 2024:
わずか3個のLSIでモバイル超音波診断装置を実現、ソシオネクスト
ソシオネクストは「Medtec Japan 2024」(2024年4月17〜19日)に出展し、同社が開発したワイヤレス超音波診断装置専用のLSIを展示した。同LSIの活用により、従来のワイヤレス超音波診断装置に比べて、必要なチップ数を半分に削減できるという。(2024/4/19)

スマートメンテナンス:
インフラ構造物の点検/診断を2種類のツールで効率化、IHIがスマホ点検とAI診断開発
IHIグループは、インフラ構造物の点検/診断作業の支援を目的に、橋梁の定期点検を効率化するスマートフォンシステム「スマホ点検士」と、AIを活用してコンクリートの劣化を診断する「AIcon診断サービス」の提供を開始した。(2024/4/18)

医療機器ニュース:
画像診断支援AI技術の開発を支援するクラウドサービスの提供を開始
富士フイルムは、医療機関や研究機関における画像診断支援AI技術の開発を支援するクラウド型サービス「SYNAPSE Creative Space」の提供を開始する。一連のAI開発プロセスをワンストップで実施できる。(2024/4/18)

下咽頭がん公表の見栄晴、「競馬予想TV!」に約3カ月ぶり復帰へ 3度の抗がん剤治療&35回の放射線治療を終了
約3週間の経過観察と医師による診断を受け復帰。(2024/4/18)

初任給いくらもらった? 約1000人に調査:
初任給の使い道 「親・家族へのプレゼント」「趣味」を抑えた1位は?
家計診断・相談サービス「オカネコ」を運営する400F(東京都中央区)が「オカネコ 初任給と給料に関する調査」を実施した。初任給の使い方1位とは。(2024/4/17)

“適職診断”の「芸術家タイプ」に囚われる若者たち 負の風潮なぜ……? 識者が鳴らす「警鐘」
「芸術家タイプ」負のイメージはなぜ広がったのか。(2024/4/27)

FAニュース:
電気、水、エアなど工場インフラ設備の最適運転効率を算出する診断サービス
NECファシリティーズは、「工場インフラ設備最適運転診断サービス」の受け付けを開始する。工場インフラ設備の最適な運転効率を算出し、効率の期待値と実態値の乖離を可視化して設備の最適運転を提案する。(2024/4/11)

現場改善を定量化する分析手法とは(7):
外注先の診断と評価を通して「真のアライアンスパートナー」を発掘する
工場の現場改善を定量化する科学的アプローチを可能にする手法を学習する本連載。第7回は、外注先に焦点を当てます。「外注先の診断と評価」によって良好な関係を維持するだけでなく、互いに発展していける「真のアライアンスパートナー」を発掘できます。(2024/4/11)

デジタル変革の旗手たち:
AI活用で世界の内視鏡医療の向上に貢献したい――AIメディカルサービス 多田智裕CEO
内視鏡の画像診断を支援するAIが世界を変えようとしている。日本でこそ内視鏡で早期発見が可能な消化管がんだが、世界では多くの患者が命を落としているのが実情だ。内視鏡AI検査でがんの見逃しゼロを目指す医療ベンチャー、AIメディカルサービスの取り組みについて、ITmediaエグゼクティブ プロデューサーの浅井英二が話を聞いた。(2024/4/9)

医療機器ニュース:
ハキム病の早期診断へ、脳脊髄液腔領域を抽出するAI技術を開発
富士フイルムは、MRI画像から、くも膜下腔の不均衡分布に関係する脳脊髄液腔の各領域を抽出するAI技術を開発した。早期発見と早期治療が重要となる、ハキム病の診断精度向上が期待される。(2024/4/3)

プロに聞く「ペネトレーションテストはいつすべき?」 “わざと自社にサイバー攻撃”訓練に求められる覚悟
「うちもやったほうがいいのかな」というあいまいな理由だけでペネトレーションテストを実施しても、投資に見合った効果が得られるかというと疑問が残る。どうせ実施するならば、実のある診断・演習を実施したいものだ。どういったポイントに留意して取り組むべきか。(2024/4/1)

57歳のハル・ベリー、自身の性生活まで赤裸々に更年期障害を語る 医師から「最悪のヘルペス」診断され性病検査まで受けた過去
54歳のときのこと。(2024/3/27)

シミュレーションを制する極意 〜Simulation Governanceの集大成〜(9):
Simulation Governanceの活用カテゴリー「管理の仕組み」の診断結果
連載「シミュレーションを制する極意 〜Simulation Governanceの集大成〜」では、この10年本来の効果を発揮できないまま停滞し続けるCAE活用現場の本質的な改革を目指し、「Simulation Governance」のコンセプトや重要性について説く。引き続き、各サブカテゴリーの項目のポイントやレベルの意味を解説しながら、詳細な診断データを眺めていく。連載第9回では、活用カテゴリーの「管理の仕組み」にフォーカスする。(2024/3/27)

認知症診断のブルース・ウィリス、“水晶婚式”に妻とキスショット公開 妻は介護担い涙したことも
結婚15周年記念日を迎えた2人。(2024/3/22)

ブルース・ウィリスの三女、父に抱っこされる幼少期動画示し自閉症を公表 「大人になって診断されるの?」と反響
「診断を受け、人生が変わりました」(2024/3/19)

ドコモ、「【新】スマホ故障診断」提供 起動時の自己診断やOSバージョンチェックなどを追加
ドコモは、スマホやタブレットの故障診断を行える無料のアプリ「【新】スマホ故障診断」を提供開始。アプリ起動時に一部機能を自動診断し、OSバージョンが最新か否かの判断を行うなど、新たな機能を追加している。(2024/3/18)

医療技術ニュース:
AIによる医用画像診断の根拠が専門医の所見と一致するとは限らない
東北大学は、深層学習モデルが医用画像を診断した際の根拠と専門医の所見との一致度は必ずしも高くないことを確認した。医学的に妥当でない根拠は思わぬ診断結果を招く危険があるため、安全なAIの開発が期待される。(2024/3/18)

日本とも縁深いハリウッド俳優、マンモ陰性直後に進行早い乳がんの診断→両側乳房切除術へ 命救った“リスク算出”公表し「誰かの助けになれば」
一般の人も主治医へ頼むよう呼びかけ。(2024/3/15)

医療機器ニュース:
希少がんである神経膠腫の画像評価精度を向上させるAI技術を開発
富士フイルムと国立がん研究センターは、MRI画像から神経膠腫の疑いのある領域を精密に抽出するAI技術を開発した。神経膠腫の治療前画像を高精度に評価できるようになるため、早期発見や診断精度の向上に役立つ。(2024/3/13)

“典型的やられサイト”で学ぶセキュリティのワナ:
キャッシュからダメな情報が見えちゃうよ! 見逃しがちなWebアプリの落とし穴
ネット上で商売するのが当たり前な時代。インシデントが発生すれば失うものは計り知れない。本連載では脆弱性診断実習用のWebアプリ「BadTodo」を題材に、ストーリー形式でWebアプリ制作に潜む“ワナ”について学んでいく。(2024/3/6)

医療機器ニュース:
大腸内視鏡画像をAIが解析する診断支援ソフトウェアを発売
オリンパスは、NBIモードで撮影した大腸内視鏡画像を、AIが検査中にリアルタイムで解析する内視鏡画像診断支援ソフトウェア「EndoBRAIN-X」を発売した。同社製の大腸汎用スコープで使用できる。(2024/3/6)

シミュレーションを制する極意 〜Simulation Governanceの集大成〜(8):
Simulation Governanceの活用カテゴリー「活用手法」の診断結果
連載「シミュレーションを制する極意 〜Simulation Governanceの集大成〜」では、この10年本来の効果を発揮できないまま停滞し続けるCAE活用現場の本質的な改革を目指し、「Simulation Governance」のコンセプトや重要性について説く。引き続き、各サブカテゴリーの項目のポイントやレベルの意味を解説しながら、詳細な診断データを眺めていく。連載第8回では、活用カテゴリーの「活用手法」に着目する。(2024/3/5)

急に片耳がたれたワンコ、慌てて病院にいった結果…… 「こんな可愛い診断結果初めて見たよw」「笑っちゃった」と反響
よかった……!(2024/3/4)

「生成AIを使ったシステムには特有の脆弱性がある」:
「プロンプトインジェクション」「ジェイルブレイク」など5項目を診断 生成AI診断サービスをラックが提供開始
ラックは、生成AIシステムのセキュリティを強化するサービス「生成AI活用システム リスク診断」の提供を開始した。生成AIを使ったシステムに特有の脆弱性が含まれていないかどうかを評価し、改善点をレポートする。(2024/2/22)

みちょぱ、咳止まらず“激痛発生”で病院行き まさかの診断結果に「めちゃくちゃ怖いやん」「折れちゃうのね」
花粉症どころじゃない。(2024/2/16)

デジタルパソロジーの普及が進む
がんの早期発見を促す「病理診断のデジタル化」が進む英国 何が起きているのか
英国政府は、従来のがん診断手法を補完する技術として、デジタルパソロジー(デジタル病理画像による病理診断)技術の普及を強化する計画を打ち出している。何が起きているのか。(2024/2/16)

バレンタインデーのGoogle Doodleは化学元素のマッチングゲーム
Googleの記念日ロゴの2月14日版はバレンタインデー。2024年はキャラ診断で、自分が化学元素では何かを診断してもらい、どんな元素と相性がいいかを探るゲームだ。(2024/2/14)

“典型的やられサイト”で学ぶセキュリティのワナ:
対策できてる? Webアプリの「アップロード機能」に潜む、見落としがちなワナの数々
ネット上で商売するのが当たり前な時代。インシデントが発生すれば失うものは計り知れない。本連載では脆弱性診断実習用のWebアプリ「BadTodo」を題材に、ストーリー形式でWebアプリ制作に潜む“ワナ”について学んでいく。(2024/2/13)

シミュレーションを制する極意 〜Simulation Governanceの集大成〜(7):
Simulation Governanceの活用カテゴリー「活用場面」の診断結果
連載「シミュレーションを制する極意 〜Simulation Governanceの集大成〜」では、この10年本来の効果を発揮できないまま停滞し続けるCAE活用現場の本質的な改革を目指し、「Simulation Governance」のコンセプトや重要性について説く。引き続き、各サブカテゴリーの項目のポイントやレベルの意味を解説しながら、詳細な診断データを眺めていく。連載第7回では、活用カテゴリーの「活用場面」に着目する。(2024/2/13)

家電の運転データから症状を診断する機能、日立がスマホアプリに追加 修理依頼も
日立GLSは8日、家電ユーザー向けスマートフォンアプリ「ハピネスアップ」に、ネット対応家電の診断機能を追加すると発表した。(2024/2/8)

医療機器ニュース:
超音波内視鏡システムの協業に合意
キヤノンメディカルシステムズとオリンパスは、超音波システムにおいて協業することに合意した。超音波内視鏡検査で使用する超音波診断装置について、キヤノンメディカルが開発、生産し、オリンパスが販売する。(2024/1/30)

現場改善を定量化する分析手法とは(6):
「工場診断」は見える化による盤石な組織づくりの手法である
工場の現場改善を定量化する科学的アプローチを可能にする手法を学習する本連載。第6回工場運営分析の後編として、見える化に基づく「工場診断」を取り上げる。(2024/1/30)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。