• 関連の記事

「チャットボット」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「チャットボット」に関する情報が集まったページです。

「人に寄り添い顧客コミュニケーションを変革する」仕組みとは:
LINE AIカンパニーが顧客コミュニケーション変革支援を強化 新体制の狙いを聞いた
DXの波から取り残されてきたアナログな情報がAIの力を借りて徐々にデジタル化し始めている。「手書き書類」に次いで、顧客の「生の声」を分析する目処が立ってきた。今後コンタクトセンターなどの業務を大きく変えるポテンシャルを秘める。BtoB事業の拡大を目指し、体制を強化するLINE AIカンパニーに技術展望と日本企業のDX支援の現状を聞いた。(2022/8/16)

Meta、チャットボット育成のため「BlenderBot 3」を一般公開(「Tay問題」対策も)
Meta AIは、人間との自然に会話するbot構築を目指し、「BlenderBot 3」を一般公開した。かつてのMicrosoftの「Tay」が暴走した問題を踏まえ、対策も強化した。(2022/8/8)

コールセンターのKDDIエボルバが社内の電話対応を完全撤廃したワケ
KDDIグループのKDDIエボルバは、米Microsoftのコミュニケーションツール「Microsoft Teams」を活用し、社内の電話対応を撤廃した。コールセンター事業の同社が、社内とはいえ電話対応を撤廃した理由には「コミュニケーションのデータ分析」があった。(2022/8/3)

テレワークを危険にする「PC放置」問題の対処法【後編】
「テレワークは危ない」と考える人が恐れている“あのセキュリティ問題”とは?
MicrosoftやGoogleは自社のオフィススイートに、テレワーク時の情報漏えいリスクを減らす機能を提供している。こうした機能が熱望される背景にある変化とは。(2022/8/2)

行政サービスにおけるAI活用【後編】
IT先進国エストニアの「仮想アシスタント」に世界が注目する理由
IT先進国として知られるエストニアは、行政サービスの仮想アシスタントの運用を開始した。他国の注目を集めるこの仮想アシスタント開発の経緯と、今後の課題とは。(2022/8/2)

プラマイデジタル:
コミュ力の高い対話型AIは人間との関係をどのように築くのか?
Googleの対話型AIエージェントLaMDAが意識を持っていると主張した研究者がいたことが話題になったが、対話型AIは現在、大きなトレンドになっている。(2022/8/1)

PR:企業サイトの「検索窓」を“最強の従業員”に! 求める回答を即座に表示、顧客満足度を高める検索体験とは
(2022/7/29)

スマートファクトリー:
PR:不具合調査の所要時間を10分の1に、現場発DXで改善広げるリコーインダストリー 東北事業所
製造業でスマート工場化が加速している。ただ、スマート工場化のさまざまなアイデアは現場で生まれる一方で、個別の取り組みが部門最適に陥り全体最適化が難しい課題がある。こうした中で、デジタル基盤やコラボレーションツールを活用し、“現場発のDX”によりさまざまな改善を工場全体の価値につなげているのがリコーの国内生産関連会社であるリコーインダストリーだ。東北事業所での取り組みを紹介する。(2022/7/29)

テレワークを危険にする「PC放置」問題の対処法【前編】
Microsoft 365で使える「アイドルセッションタイムアウト」とは 利用するには
テレワークに慣れた時期に起こり得る“あるインシデント”を防ぐために、Microsoftは「Microsoft 365」の機能追加を進めている。その一つが「アイドルセッションタイムアウト」だ。どのような機能なのか。(2022/7/27)

センター英語を例に分かる、自然言語処理入門(1):
コンピュータはどうやって言葉を認識しているのか? 自然言語処理(NLP)を基礎から解説
センター試験を例に、自然言語処理の基礎を解説する本連載。第1回はコンピュータが言葉を認識するための手法について。(2022/7/27)

スモールスタートが可能に:
HubSpotが無料版「CMS Hub」を提供 お金をかけずにどこまでできる?
HubSpotが「CMS Hub」の無料版を提供開始。CRMとの連携を活用したWebサイトの構築と運営管理を低コストで実現。(2022/7/26)

売り手、買い手双方の立場から知る:
PR:インボイス制度、消費税の仕組みから実務への影響まで超解説! 残り1年半で“押さえておきたい”要点は?
いよいよ、施行まで1年半を切った「インボイス制度」。今年1月に施行されたばかりの改正電子帳簿保存法への対応と並行し、今まさに準備を進めているという人も少なくないだろう。仕入税額控除に関わるインボイス制度は、買い手と売り手双方に大きなインパクトがあるが、具体的に何がどう変わるのか――理解が進んでいない領域でもある。ここでは、ITmedia ビジネスオンライン主催のインボイス制度セミナーから、マネーフォワードのセッションをピックアップし、基本から要点までじっくり解説する。(2022/7/25)

「音」にこだわるMicrosoft Teams【後編】
TeamsのWeb会議は高音質化で“古き良きあれ”に近づく?
Microsoftは「Microsoft Teams」のアップデートで、音声の品質を改善する機能を追加した。その隠れた意図とは何か。Web会議ツールベンダーが音声および映像品質の改善を目指す、市場ニーズの変化とは。(2022/7/25)

「Python+PyTorch」と「JoeyNMT」で学ぶニューラル機械翻訳(2):
Discordのチャットbotでニューラル機械翻訳を試そう 「JoeyNMT」のカスタマイズについても解説
精度向上により、近年利用が広まっている「ニューラル機械翻訳」。その仕組みを、自分で動かしながら学んでみましょう。第2回はユースケースごとに「JoeyNMT」をカスタマイズする方法や、Discordのチャットbotに組み込む方法を解説します。(2022/7/21)

「音」にこだわるMicrosoft Teams【前編】
TeamsがWeb会議の「高音質化」に本気な“納得の理由”
「Microsoft Teams」にエコーキャンセル機能をはじめ、Web会議の音質を改善する幾つかの新機能が加わった。Microsoftだけではなく、専門家も「Web会議ツールの音質改善」を重要視する。その理由は。(2022/7/18)

月刊乗り鉄話題(2022年6月版):
「カーマカマカマ♪」 構想から40年「蒲蒲線」が度々話題になるワケ
そもそもどこ? どう読むの? 誰が便利になるの? いる? いらない?──を解説。あ、「カーマカマカマ♪」がちょっと頭から離れなくなっちゃいました。(2022/6/30)

教育ITニュースフラッシュ
中野第一小学校が導入した「AI教育アプリ」とは? 漢字テストの成績向上
中野区立中野第一小学校のAI教育アプリケーション導入事例や、多摩大学のAIチャットbot事例など、教育ITに関する主要ニュースを紹介する。(2022/6/20)

“すべての人に健康を、飢餓をゼロに”:
PR:フリオ社長に聞く バイエル薬品が目指す社会と患者の治療に変革をもたらすイノベーティブな取り組み
「Health for all, Hunger for none」というビジョンを掲げ、病気の治療にとどまらず重度の病気からの回復をもたらす開発パイプラインと革新的なデジタル技術を推進しているバイエル薬品。本記事では、2021年に代表取締役社長へ就任したフリオ・トリアナ氏へのインタビューを通し、同社の国内での活動状況やこれからの挑戦についてお届けしていく。(2022/6/30)

満足度の高いWebチャットツール 「導入しやすさ」で大きな支持を得たサービスは?【2022年6月版】
ユーザー満足度の高いWebチャットツールはどれ? IT製品レビューサイト「ITreview」に寄せられたレビューを基に、ランキング形式でまとめた。(2022/6/16)

Alibabaが3位に食い込む:
2021年の「世界IaaS市場」、規模が41.4%増の909億ドルに
Gartnerによると、世界のIaaS市場規模は2021年に909億ドルとなり、2020年の643億ドルから41.4%成長した。(2022/6/7)

月刊乗り鉄話題(2022年6月版):
東海道線と東海道本線ってどっちが正解? 山手線の「山手」って何なの? 実は楽しい「鉄道路線のお名前」の謎
知らなくても困らないけど、知ると何だか乗りたくなってくる「鉄道路線名」のお話をどうぞ。40代以上の皆さん、覚えてますか……?「E電」。(2022/6/2)

Teamsに「Operator Connect」がもたらすもの【後編】
Teamsで電話を使う3大手段「Operator Connect」「専用通話プラン」「ダイレクトルーティング」の違いとは?
Microsoftは「Teams」で電話サービスを使えるようにする方法は幾つかある。「Operator Connect」をはじめとする主要な3つの方法を比較する。(2022/5/27)

Gartnerに聞くパンデミック後の人事部門【前編】
“コロナ離職”はパンデミック後も終わらない――Gartnerが言い切る理由
調査会社Gartnerの人事調査責任者は、パンデミックに由来する高い離職率は今後も続くと考えている。その理由と企業にできる対策を聞いた。(2022/5/24)

Teamsに「Operator Connect」がもたらすもの【前編】
「Teamsで電話」をもっと身近にする「Operator Connect Accelerator」とは?
Microsoftは「Teams」で利用可能な電話サービスを充実させようとしている。その肝となるのが、通信事業者向け支援プログラム「Operator Connect Accelerator」だ。その中身は。(2022/5/20)

PR:AIで心疾患を見つけ出せ――医療現場のAI活用、その現状を追う AIは「勉強熱心で優秀な研修医」になるのか
(2022/5/20)

これからのデジタルマーケティングを切り開く「運用型クリエイティブ」入門:
複雑化するマーケティング、CMOがまず着手すべきこととは?
本連載では、これからのデジタルマーケティングで継続的に成果を創出するために必要な新しい方法論としての「運用型クリエイティブ」についてお伝えします。(2022/5/18)

この頃、セキュリティ界隈で:
「薄気味悪い」心の健康ケアアプリにMozillaが警鐘 貪欲な個人情報収集、プライバシーはないがしろ?
人にはなかなか相談できない問題も、メンタルヘルスアプリなら心の健康を支える助けになってくれそうに思えるかもしれない。しかしそうしたアプリについて独自の調査を行ったMozillaは、32個のアプリのうち28個に「プライバシー保護に問題あり」と判定した。(2022/5/12)

AIキャラ同士が交流するSNS、rinnaが公開 AIに会話を教えておしゃべりさせよう
rinnaが、対話AIを育成して交流させるSNSアプリ「キャラる」を正式リリースした。ユーザーがAIに会話を教えて育てると、人間対AI、AI対AIで対話できるようになる。(2022/4/27)

会話できる「ハローキティロボット」が発売 身振り手振りで案内してくれる
ネコ型ロボット……!(2022/4/21)

「Cloud CIRCUS」にオンライン展示会ツール:
オンライン展示会を簡単かつ安価で開催可能に クラウドサーカスが「CrowdBooth」を提供開始
取引先を集めた合同オンライン展示会や就職イベントなどの各種イベントが月額5万+制作費で開催可能に。(2022/4/21)

バーガーキング伝説のキャンペーンの裏側にある緻密な戦略:
PR:顧客満足度を向上させる「人間らしさ」をオンラインで再現する方法
複数チャネルを使ってさまざまなマーケティング施策を進める企業は珍しくないが、個々の施策が分断されていることで顧客の「ディスロイヤリティー」を誘発する恐れがあるという。この打開策となるのが「人間らしさ」とデジタルを組み合わせた新しい手法だ。(2022/5/9)

「Fjord Trends 2022」を読む:
パンデミック後の生活者 マーケターなら押さえておくべき5つのトレンドとは?
2022年に押さえるべき世界の最新デザイントレンドをまとめたレポート「Fjord Trends 2022〜新たな日々を織り成すもの〜」から、ビジネスの在り方を再設計するためのヒントを学ぶ。(2022/4/14)

上方修正からさらに上振れのマネフォ決算 SaaS ARRは40%増の129億円に
再び事業成長にフォーカスし、いったんの黒字化を経て投資を再度強化したマネーフォワード。4月13日に発表した第1四半期(2021年12月−2022年2月)決算は、計画を大きく上振れした着地となった。(2022/4/14)

今日のリサーチ:
チャットbotの導入 企業とユーザーそれぞれのメリットは?――NTTレゾナント調査
企業は「業務効率化」、ユーザーは「時間の節約」にメリットを感じているようです。(2022/4/12)

顧客満足度向上は「システム」から始めよ:
PR:そのFAQで本当に解決できますか? 人手に頼ったカスタマーサポートから脱却を
顧客の購買行動がオンラインに移行する中、顧客ニーズの多様化や問い合わせ件数の増加などによってカスタマーサポート業務の逼迫(ひっぱく)が課題となっている。これを改善するにはどうすればいいのか。(2022/4/13)

プラマイデジタル:
偏りのない「感情認識AI」が目指すウェルビーイングな社会とは?
SXSWのピッチイベントで優勝したHume AIの「共感型AI」はウェルビーイングへの貢献をうたう。(2022/4/5)

顧客ロイヤルティを高める方法とは?:
PR:「カスタマーサービスはコストセンター」? マネーフォワードの“CX戦略”から見えた、顧客視点が放つ圧倒的効果
2022年2月、カスタマーサービスプラットフォームを提供するZendeskが、CXをテーマにしたウェビナーを開催した。ウェビナー内には、Netflixの創業者であるMitch Lowe氏のほか、日本からはマネーフォワードでCS本部を束ねる竹下晴基氏等が登壇。顧客視点の重要性と、コストセンターとして捉えられがちなカスタマーサービスから得られる“真価”について言及した。時代の先端を走る企業が考える、CXとは何なのか?(2022/4/27)

高島屋オンラインストアで24時間365日対応 カラクリの「KARAKURI chatbot」を導入
高島屋は「高島屋オンラインストア」にカラクリの「KARAKURI chatbot」を導入した。「顧客の困りごと」の解決に24時間365日リアルタイムで対応し、コールセンターの応答率向上を目指す。(2022/3/29)

「働けない」を「働ける」へ、「働き続ける」へ:
PR:雇用を創造し、自らも「はたらいて、笑おう。」を実現
環境の問題で働けない人を事業モデルで働けるようにし、不安や不満で働き続けられない人をデジタルで働き続けられるようにする。私たちの仕事は、雇用にかかわるさまざまな課題を解決することです。(2022/3/29)

群馬県公式サイト、スマホに対応、全面リニューアルへ チャットbot導入も
群馬県は、公式Webサイトを全面リニューアルし、PCでの閲覧を前提としたデザインを一新、スマートフォンに最適化させる。必要な情報に容易にアクセスできるサイトを構築し、県民の利便性向上を図る。(2022/3/22)

企業のDX志向は高く、IT投資は増加傾向 2030年度のDXソリューション市場は5兆円超へ――富士キメラ総研予測
富士キメラ総研によると、コロナ禍によるリモート化や顧客接点の改革、内製化などのニーズが高まり、国内企業のDX関連投資は増加傾向にあり、2030年度のDXソリューション市場は5兆1957億円に達する見通しだ。(2022/3/18)

京都銀行など地銀がチャットボット向けFAQをAIで共有化 6行がタッグを組んだ理由
京都銀行や十六銀行など地銀6行が、社内外向けのFAQデータを共有化する。AIを使ったチャットボットでFAQを活用することで、業務の効率化を図る。複数行のFAQデータから、地銀の汎用的なFAQをAI技術を用いて作り上げるのは、AIチャットボットサービスなどを提供するPKSHAだ。(2022/3/16)

製造業IoT:
進む製造業のDX、ソニー、リコー、コマツ産機、旭化成の取り組み
日本マイクロソフトは2022年3月15日、製造業のDX(デジタルトランスフォーメーション)支援への取り組みを説明すると共に、ソニーやリコー、コマツ産機、旭化成と共同で取り組むDXの事例を紹介した。(2022/3/16)

ENEOS根岸製油所、AIチャットbotで社内の問い合わせ対応と申請作業を自動化
ENEOS根岸製油所は、AIチャットbotを自社開発し、社内システムの問い合わせ対応と構内車両の修理申請作業を自動化し、業務効率化を図った。開発には、AIチャットbot構築プラットフォーム「KUZEN」を活用した。(2022/3/16)

ビジネスパーソンとの関係を強化:
青山商事がお悩み相談「“AI”よしこママ」をアップデート 進化した内容は?
青山商事が、お悩み相談AIチャットボット「スナックママ『よしこ』」の累計相談件数が11万件を突破したと発表した。(2022/3/15)

「総務」から会社を変える:
「なくす」と「変える」で考えてみる 総務から会社組織が生まれ変わるカギ
総務領域に詳しい豊田健一氏の連載。今回は、働き方の変化に伴う、総務の管理手法の変化を扱う。これまでの集中管理から分散管理へ移行するに伴い求められるのが自走組織への変化だが、その中で総務が意識すべきたった一つのポイントとは。(2022/3/11)

AI・機械学習の用語辞典:
ヒューマン・イン・ザ・ループ(HITL :Human-in-the-Loop)とは?
用語「ヒューマン・イン・ザ・ループ」について説明。機械学習においては、データ収集と前処理〜モデルの訓練〜運用監視〜継続的なアップデートというライフサイクルの中に人間との相互作用、つまり人間からのフィードバックが含まれることを指す。人間参加型のAIとも呼ばれる。(2022/3/10)

「勤怠管理や電子契約などのツールと連携することで活用シーンが増加」:
CAMELORSが「リモートテック カオスマップ2022年度版」を公開
CAMELORSは「リモートテック カオスマップ2022年度版」を公開した。テレワークに役立つ「オンライン展示会」「バーチャルオフィスツール」「リモート接客」など657のサービスを74のカテゴリーにまとめた。(2022/3/4)

クラウドニュースフラッシュ
戸田建設がオンプレミスのVMware製品をあえて「Oracle Cloud」に移行する理由
クラウドサービスを採用した戸田建設やGMOあおぞらネット銀行などの事例、AWSのHPC向けインスタンスの提供開始など、クラウドに関する主要なニュースを取り上げる。(2022/2/28)

AI同士にイチャイチャさせてみた 恋愛AI「足繁逢」 vs. 「エアフレンド」
DMM GAMESの恋愛ゲーム「プラスリンクス」にrinna社製AI搭載のキャラクターが登場した。プレイヤーとヒロインがリアルタイムチャットでやりとりしながら進めるゲームで、AIと恋愛トークはできるのか試してみた。(2022/2/24)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。