「流通業」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
流通IT − TechTargetジャパン

関連キーワード

ビジネスに貢献できるクラウド運用とは:
PR:クラウドネイティブの世界でビジネスを止めない運用サービスはなぜ生まれたのか
ITサービス開発/運用は「ビジネス展開」とほぼ同義となっている今、求められている運用のあり方とは何なのか。どうすればクラウドを使いこなし、“ビジネスに貢献できるクラウド運用”へ変革できるのか。(2024/2/29)

セミナー:
PR:頑張りすぎる日本に警鐘! その荷物、本当に運ぶ必要あるの? 〜在庫コントロールの戦略化で2024年問題を変革のチャンスに〜
TechFactory会員の皆さまに、注目のセミナー情報をお届けします。(2024/2/27)

BAS:
2024年度は「デジタル技術による人手不足支援と建物の脱炭素」に注力 ジョンソンコントロールズ
ジョンソンコントロールズは2024年度、デジタル技術を活用した人手不足への支援、建物の脱炭素化支援などを加速する。業務の効率化や自動化の先にある「自律的に進化するビル」の実現に向けた取り組みを、代表取締役社長 吉田浩氏が語った。(2024/2/14)

テクノロジーで変えるネット通販の返品問題【第4回】
顧客エクスペリエンス向上につながる返品処理 その実現方法とは
オンラインショッピングの普及と共に消費者による商品の返品行動が増加した。商品の発信元である小売業者にとっての改善策にはどのようなものがあるのか。(2024/2/13)

「廃墟モール」米で急増なぜ? バック・トゥ・ザ・フューチャーゆかりの地も
この冬、あるショッピングモールの惨状を伝えるニュースに米国中が騒然となりました。そのモールとは、日本の皆さんもよく知る映画の舞台になった場所です。一体、どうなっていたのでしょうか。(2024/2/6)

テクノロジーで変えるネット通販の返品問題【第3回】
返品したら終わりじゃない――小売業者の苦悩を軽減するテクノロジーの力とは
インターネット通販における返品は小売企業にとって頭の痛い問題だ。返品件数を減らし、消費者の顧客満足度を高めるためには、テクノロジーをどう活用すればよいのかを検討する。(2024/2/6)

テクノロジーで変えるネット通販の返品問題【第2回】
返品問題は環境問題? 技術で問題解決に挑む英国ファッション協会の提言とは
コロナ禍を経てオンラインショッピングの利用件数が急増した。その便利さの裏側で、アパレル企業は返品件数の増加に頭を悩ませている。英国ファッション協会の調査レポートから返品問題の解決策を探る。(2024/1/30)

テクノロジーで変えるネット通販の返品問題【第1回】
「返品手数料は無料」はもう終わり? 英国アパレル企業の動きが示すものとは
英国のアパレル企業が相次いで消費者からの返品に手数料を請求する動きを見せている。その背景にはどのような問題があるのか。(2024/1/22)

「崖」だけでは済まない 2024年にERP刷新の責任者が知るべき10の技術トレンド
企業経営の核をになうERPの導入、刷新担当者が抱えるプレッシャーは過去最大級といえるだろう。責任者として押さえておくべきトレンドをまとめておこう。(2024/1/19)

新春トップインタビュー 〜ゲームチェンジャーを追う〜:
「作るAI」と「使うAI」に 日本オラクル社長に聞く「生成AIで起こる2つの加速」
2024年を「エンタープライズ向け生成AI元年」と位置付けている日本オラクル。生成AIが今年どのように飛躍するのか、三澤智光社長に聞いた。(2024/1/15)

前編:
「2024年問題」だけじゃない! 小売業界が直面するいくつもの重要課題
小売にもテクノロジーの浸透が進む。一方で、デジタルを活用した画期的と目されるサービスや企業が頭打ちになるニュースも多い。そうならないために、目を向けるべき課題と取るべき施策とは何か。小売業界に精通する筆者が解説していく。(2023/12/28)

ZuoraのCEOに聞く:
サブスクリプションは「定額制」ではない 頭打ち感を打破して成長し続けるための考え方
サブスクリプションエコノミーの拡大が続くが、市場が飽和する中で淘汰も起こり始めている。停滞を打ち破って飛躍するために今何が必要なのか。ZuoraのCEOでベストセラー書「サブスクリプション」(ダイヤモンド社)の著者でもあるティエン・ツォ氏に聞いた。(2023/12/11)

マック、KFCより人気 「日曜は働かない」米最強ファストフード店のビジネスとは?
米国には、日本で人気のKFCやマックが太刀打ちできないほど人気の最強ファストフード店があるという。日曜日は定休。それでも顧客満足度は全米1位。いったい、どんな企業なのか――。(2023/12/12)

データからアクションを起こせない企業に欠けていること どうすればデータドリブン経営は走り出すのか?
業種や規模などは関係なく、どんな企業にもビジネスに生かせるデータはある。だが、その価値に気が付かずに蓄積したままでは意味がない。データを価値あるものへと変えるために必要なこととは。(2023/11/29)

BPOで経理部門の働き方改革:
PR:「経理部門の属人化排除と業務改善を同時に実現」 BPOは何ができるのか
「経理部門の属人化している業務をなくしたい」「月の変わり目の繁忙期を改善し、働き方を改革したい」という目標を実現するなら、BPOに挑戦するといいかもしれない。(2023/11/29)

日本情報通信株式会社提供Webキャスト:
PR:EDIデータを統合して管理を効率化、製造業・流通業のDXを後押しするOMSとは?
取引先ごとに独自の仕様が存在するEDIは、製造業・流通業において、さまざまな課題を発生させる原因となっている。これらの課題を解決するには、EDIデータの統合・管理を実現するOMS(Order Management System)の導入が必要だ。(2023/11/17)

横浜にオープン「レジなし店舗」の勝算は? 米では相次ぎ閉鎖も
米アマゾンの「アマゾンゴー」が近年、相次いで閉鎖している。レジなしで時短や省人化などの恩恵が期待されたが、思いがけない落とし穴が潜んでいると筆者は指摘する。(2023/11/6)

羽ばたけ!ネットワークエンジニア(70):
オムロンがSD-WANでグローバルネットを刷新、「見える化」と「コスト削減」を実現
オムロンがSD-WANによるグローバルネットワークの刷新を進め、2023年12月に導入が完了する予定だ。高機能なSD-WANの特徴や導入効果を見てみよう。(2023/10/30)

「年収の壁」問題の根本は「第3号被保険者制度」にあり
政府が発表した「年収の壁」問題の対策は制度改正までの暫定版に過ぎないが、それでも放置しておくよりはずっとマシだ。とはいえ本丸は「第3号被保険者制度」の廃止にある。(2023/10/21)

知っておこう、“政府認定クラウド”:
“政府認定クラウドサービス”登録で開示される情報・されない情報 リスト入りを目指すときの注意点
政府のクラウドサービス認定制度「ISMAP」。登録に当たっては、サービスに関する様々な情報が一般に公開されることになる。果たして、どんな情報が“丸見え”になるのか。(2023/10/20)

「サードプレイス」今は昔? 米スターバックスが「ピックアップ店」を増やすワケ
米スターバックスが米国内で「ピックアップオンリーストア」を増やしている。スタバは自宅とも職場とも異なる、第3のリラックスできる場所「サードプレイス」としての機能をアピールし、ブランドを確立してきた。ブランドイメージとは相反するピックアップ・オンリー店舗を広げる狙いとは――。(2023/10/10)

羽ばたけ!ネットワークエンジニア(69):
SD-WAN一択ではない! 進化した国産ルーターでWANを作る
ここ最近、WANの更新に当たってSD-WANを選択する企業が増えている。だが、それは唯一の選択肢ではない。進化した国産ルーターでどんなWANができるか見てみよう。(2023/9/25)

ウォルマートが「広告代理店」になる日 小売りに頼らない未来の稼ぎ方
売上総利益率は70〜80%、ロスも生じず、返品される可能性もゼロ――。ウォルマートが将来を約束された、最強の売れ筋商品とは。(2023/9/14)

米当局、“悪質UI”のアマゾン提訴 ユーザーだます「ダークパターン」なぜ生まれる?
ECサービスなどでユーザーを故意に迷わせたり、誤って購入させたりする「ダークパターン」。6月、米連邦取引委員会がアマゾンを提訴し大きな話題になった。ダークパターンはなぜ生まれるのか。(2023/7/31)

製造IT導入事例:
日立製作所、半導体製造装置メーカーの生産計画をAIソリューションで自動化
日立製作所は、同社のLumadaソリューション「Hitachi AI Technology/計画最適化サービス」を日立ハイテクに導入し、生産計画を自動立案化したと発表した。(2023/6/21)

専門家が解説:
なぜ「スマートロック」は売れているのか 分析から見えたマーケティングの本質
コロナ禍が落ち着き、「スマートロック」に注目が集まっている。専門家がマーケティング視点で解説する。(2023/6/3)

Weekly Memo:
富士通とNECは2023年度の国内IT需要をどう見ているか
2023年度の国内IT需要の動きはどうなるか。富士通とNECの最新受注状況や業績予想から探ってみた。(2023/5/8)

流通戦争の生き証人:
「二流の地」から「流通の覇者」へ イオンが成功した出店戦略とは
2022年2月28日、長崎県佐世保市にある総合スーパー「イオン佐世保店」が閉店した。この閉店は、イオングループにとって「ひとつの時代の終焉」を意味するものであった。実は、イオン佐世保店は「ジャスコ」として営業を開始した商店街立地の高層総合スーパーのなかで、2022年時点でも同業態のまま営業を続ける最後の店舗であり、1970年代における流通戦争の生き証人でもあったのだ。(2023/3/31)

売り手の自己満足で終わらせない!:
PR:“売れない時代”こそ顧客の体験価値が重要 UX/CXデザインによるサービス価値の高め方とは?
近年、耳にする機会が増えた「ユーザーエクスペリエンス/カスタマーエクスペリエンス(UX/CX)デザイン」。サービスの差別化が難しくなる中、売上向上策としてその大切さが強く叫ばれるようになった。しかし言葉の捉え方の難しさもあり、UXデザインに取り組むことは決して容易ではない。そうした中、UXデザインの支援で豊富な実績を誇るTDCソフトの取り組みが注目を集めている。その具体的な中身とは。(2023/3/16)

巻き返しの可能性は:
イトーヨーカ堂、低迷の理由は「店の2階」にあり 残る100店舗弱に起きる変化
セブン&アイホールディングスは3月9日、今後3年以内にイトーヨーカ堂14店舗の閉店が新たに決まったと明らかにした。かつては182店舗(16年2月時点)を有したヨーカ堂は、なぜ10年で半減するほどに低迷してしまったのか。取材すると、その理由は「店の2階」にあることが見えてきた。(2023/3/10)

農業用AIが秘める可能性【後編】
「AIで農業は楽になる」と軽々しく口にする人は“大切なこと”を忘れていないか
AI技術は農業を省力化すると考えられている。そのこと自体は間違いではないが、実現は簡単ではない。「AIで農業が楽になる」などと軽々しく口にできないことは、農業が何を扱っているのかを考えれば明らかだ。(2023/3/1)

Appleにマイナンバー搭載を要請しつつ安全性を下げる規制強要の矛盾
Appleが提供するiPhoneとApp Storeに、日本政府がいくつかの要請を行っている。その実態や中身はどうなのか、林信行氏がまとめた。(2023/2/24)

「サステナブルプランニング」の方法論(2):
データに基づいたGHG排出削減の活動を阻む4つの課題
本連載では、企業にとっての新たな命題となった環境経営、すなわちGHG削減に不可欠なGHG排出量計画「サステナブルプランニング」の要点について述べる。第2回は排出量データに基づくGHG削減活動を行う上での課題点を整理する。(2023/2/21)

イノベーションのレシピ:
リコーの新型複合機は「環境」を重視、「DX」で電子帳簿保存法への対応も充実
リコーは、ADFから複数の領収書などをスキャンした後、同社の「RICOH 証憑電子保存サービス」を用いることで、電子帳簿保存法の要件に沿った証憑データを専用クラウドに保存できるA3対応のフルカラー複合機を発売する。(2023/2/7)

働き方の「今」を知る:
いくら「お願い」してもニッポンの賃金は上がらない──その3つの原因とは
岸田首相は1月4日の年頭会見で「賃上げを何としても実現する」と宣言した。しかし、いくら「お願い」してもニッポンの賃金は上がらない。筆者が解説する、日本の賃金が上がらない3つの原因とは?(2023/2/8)

電子インボイス導入は「面倒なだけ」? 業務効率向上につながる理由を解説
2023年10月から導入が始まるインボイス制度。企業の経理担当者から「対応が面倒だ」との嘆きの声が聞こえる中、「会計処理の効率化につながる」との指摘もある。その理由を見てみよう。(2023/1/13)

杉山淳一の週刊鉄道経済:
「シン・鉄道」のカギを握る会社はどこか 技術がどんどん“加速”する
2023年も鉄道を巡って、さまざまなニュースが話題になりそうだ。いろいろな話がある中で、鉄道ライターの杉山淳一氏はどこに注目しているのだろうか。(2023/1/2)

佐川の配達員が手ぶらで来た理由とは? 心温まる“神対応”に「有能すぎる」「あなたがサンタだったか」
この優しさ……本物のサンタクロースか!?(2022/12/22)

NEWS
東芝デジタルソリューションズ、倉庫運用を最適化する「LADOCsuite/WES」を提供開始
物流業界が抱える人手不足や配送件数の増加、サプライチェーンの寸断といった課題。東芝デジタルソリューションズは、倉庫運用を最適化して物流業界の課題を解消するクラウドサービスを提供する。(2022/12/6)

損保ジャパン、KDDI、トライアルの子会社が語る内製化(1):
委託から内製開発へ移行した企業が本音で語ったメリット、悩み、課題……
内製開発で先行する企業によるパネルディスカッションの内容を3回に分けてリポートする本連載。第1回は、内製化の理由、メリットや苦労、内製化をやり直すとしたらどうするかなどを話し合った部分をお届けする。(2022/11/14)

急成長SaaSに「BizDev」の力あり その実態をSansanなど3社の事例からひもとく
SaaSビジネスにおいて重要性を増す「BizDev」。企業ごとに方法論が異なるこの手法、各社はどのように取り組んでいるのか。Sansanなど、BizDevによって成果を出す3社に聞く。(2022/11/11)

滋賀県の「住み続けたい街」 3位「長浜市」、2位「日野町」、1位は?
大東建託は滋賀県に住む成人を対象に、居住満足度調査を実施した。その結果、「住み続けたい街(自治体)ランキング」の1位は「守山市」、2位は「日野町」、3位は「長浜市」だった。(2022/10/20)

EDI連携からAPIエコノミーへの転換を支援 インテックが「都市OS」基盤を強化
インテックが産業界向け「APIプラットフォーム構築サービス」を強化する。APIを生かしたデータ連携によって産業界の「API連携ビジネス戦略」を支援するとしている。(2022/9/22)

これから大きく伸びるAIビジネス、AIソリューションは? 「2022 人工知能ビジネス総調査」
富士キメラ総研はAIビジネス関連市場の調査結果をまとめた「2022 人工知能ビジネス総調査」を発表した。DXに向けた投資の伸びを受け、AIビジネス関連市場は順調に成長している。富士キメラ総研はその中で注目のAIビジネスとAIソリューションとして4分野を挙げた。(2022/9/15)

目指すは現場業務のスマート化
ハンディーターミナルにかける2社の思い
主に製造業・流通業で用いられるハンディーターミナル。それらに使われている組み込みOS「Windows Embedded Compact 7」のサポートが2021年に終了し、出荷期限を2026年に迎える予定だ。ある2社が手を組んでこの問題の解決に乗り出した。(2022/9/20)

製造業DXに向けたITインフラ革新のヒント - 特別編 CAE活用ウェビナーレポート:
PR:HPCやAIがCAE解析の課題を解決!! 現場が求める理想の解析環境を実現するには
デル・テクノロジーズは「新時代に突入するCAE、その可能性を広げる技術深化〜CAEをより深く、より広く活用する方法〜」と題したオンライン技術セミナーを開催した。オムロンの岡田浩氏による基調講演の他、アンシス・ジャパンの土屋知史氏、日本AMDの中村正澄氏、デル・テクノロジーズの岡野家和氏の講演をレポート形式でお送りする。(2022/9/8)

「スクレイピング」の理想と現実【後編】
小売業者が社外サイトのデータを加工せずに使う“深刻な理由”とは?
小売業者やEコマース業者は、社外のWebサイトから得られるデータに価値を認めている。一方でデータのスクレイピングやデータマネジメントになかなか取り組めていないという。それはなぜなのかを調査結果から探る。(2022/7/14)

石野純也のMobile Eye:
“裏方”のJENESISがなぜ「aiwa」ブランドのスマホを出すのか 日本市場での勝算は?
JENESISがアイワからライセンスを取得し、aiwaブランドを冠したスマートフォンやタブレットを8月に発売する。JENESISは深センに拠点を持つことを強みに、これまでもさまざまな製品の開発を裏方として支えてきた。スマートフォンやタブレットが成熟期を迎える中、なぜJENESISはaiwaブランドを引っ提げ、表舞台に立とうとしているのか。(2022/7/2)

物流のスマート化:
パナソニックの物流ショーケース、彩都パーツセンターが見せる「ウラの競争力」
パナソニック コネクトが「現場プロセスイノベーション」の物流分野における自社実践の場とする彩都パーツセンターを報道陣に公開。2018年10月の稼働開始から、生産性分析の工数削減やピッキング効率の向上、コストの適正化などで成果を上げており、今後はこれらの自社実践ソリューションをSaaSアプリケーションとして切り出し外販していく計画である。(2022/6/20)

SOD、“出演者の夢を応援する”音楽レーベル「SOD records」設立 第1弾リリースは元ダンス&ボーカルグループの小湊よつ葉
楽曲の配信日は、小湊さんのSODデビュー作と同じ6月27日。(2022/6/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。