「流通業」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
流通IT − TechTargetジャパン

「スクレイピング」の理想と現実【後編】
小売業者が社外サイトのデータを加工せずに使う“深刻な理由”とは?
小売業者やEコマース業者は、社外のWebサイトから得られるデータに価値を認めている。一方でデータのスクレイピングやデータマネジメントになかなか取り組めていないという。それはなぜなのかを調査結果から探る。(2022/7/14)

石野純也のMobile Eye:
“裏方”のJENESISがなぜ「aiwa」ブランドのスマホを出すのか 日本市場での勝算は?
JENESISがアイワからライセンスを取得し、aiwaブランドを冠したスマートフォンやタブレットを8月に発売する。JENESISは深センに拠点を持つことを強みに、これまでもさまざまな製品の開発を裏方として支えてきた。スマートフォンやタブレットが成熟期を迎える中、なぜJENESISはaiwaブランドを引っ提げ、表舞台に立とうとしているのか。(2022/7/2)

物流のスマート化:
パナソニックの物流ショーケース、彩都パーツセンターが見せる「ウラの競争力」
パナソニック コネクトが「現場プロセスイノベーション」の物流分野における自社実践の場とする彩都パーツセンターを報道陣に公開。2018年10月の稼働開始から、生産性分析の工数削減やピッキング効率の向上、コストの適正化などで成果を上げており、今後はこれらの自社実践ソリューションをSaaSアプリケーションとして切り出し外販していく計画である。(2022/6/20)

SOD、“出演者の夢を応援する”音楽レーベル「SOD records」設立 第1弾リリースは元ダンス&ボーカルグループの小湊よつ葉
楽曲の配信日は、小湊さんのSODデビュー作と同じ6月27日。(2022/6/17)

ポストコロナに注力すべきITインフラサービス分野は? IDCアナリストが提言
IDCは、国内ITインフラストラクチャサービス市場の予測を発表した。一部の産業では回復が遅れているものの、全体的にコロナ禍の影響は解消に向かいつつあることから同社は堅調な成長を見込む。同社アナリストが提言する「今後注力すべき分野」とは。(2022/6/14)

「スクレイピング」の理想と現実【前編】
小売業者への調査で分かった「社外データ活用」“驚きの実態”とは?
調査によると、小売業者やEコマース業者による社外データの活用においては、いまだに手作業が残っている。なぜ自動化が進まないのかを調査結果から読み解く。(2022/5/27)

物流のスマート化:
自動倉庫やAGVなど最新物流機器が見学可、ダイフクが総合展示場を大規模刷新
ダイフクは2022年5月19日、同社の滋賀事業所にあるマテリアルハンドリングやロジスティクス機器の体験型総合展示場「日に新た館」を同年6月1日からリニューアルオープンすると発表した。自動倉庫やAGVなど同社が開発、製造した最新の物流関連機器を中心に、デモ展示を見学できる。(2022/5/24)

勝ち組の研究:
「ららぽーと福岡」オープンの衝撃 ショッピングセンター飽和の時代、勝算は?
2022年4月、ショッピングセンター(SC)業界の雄「ららぽーと」が福岡に出店した。SCは飽和しているといわれている。どこに商機を見い出しているのか、現地で分かったこととは?(2022/4/26)

顧客満足度向上は「システム」から始めよ:
PR:そのFAQで本当に解決できますか? 人手に頼ったカスタマーサポートから脱却を
顧客の購買行動がオンラインに移行する中、顧客ニーズの多様化や問い合わせ件数の増加などによってカスタマーサポート業務の逼迫(ひっぱく)が課題となっている。これを改善するにはどうすればいいのか。(2022/4/13)

サプライチェーン×DX:
NTTデータが提言 サプライチェーン強靭化には「デジタルツイン」が重要
コロナ禍、甚大化する自然災害、米中貿易摩擦、サプライチェーンを狙ったサイバー攻撃――。これまでの環境に最適化されたシステムの見直しを余儀なくされるような変化が起こる中、サプライチェーン強靭化のために何が必要か。IT技術はそのためにどのような貢献ができるのか。(2022/3/25)

基幹システム刷新の前に考えるべきEDI
2025年はEDIシステムも“崖”だった システム刷新をスムーズに完了させるコツ
「2025年の崖」を目前に、企業の意識は基幹システムに集中しがちだが、流通業にとって基幹システムと連動するEDIシステムの再構築も忘れてはならない。これをスムーズに実現できる手段があるという。(2022/3/11)

2カ月でエッジサーバのインフラ導入
三井化学がエッジサーバのインフラにHCIを導入した理由とは
複数拠点から集まるデータを処理する企業でDXを進める場合、データセンター一元化はデータ転送量やBCPの観点から望ましくない場合がある。エッジコンピューティングを検討すべきだろう。三井化学が導入したITインフラの事例を紹介する。(2022/3/17)

「崖問題」に付随するEDI再構築を乗り越える最適解
流通業の「2025年の崖」対応のキモはEDIにあり システム再構築の9つのポイント
レガシーシステム刷新はDX推進の礎(いしずえ)となるが、特にメーカーや卸売企業はEDIシステムの再構築にも注目しなければならない。EDI再構築のポイントやハマってはいけない落とし穴を解説する。(2022/3/3)

BANDAI SPIRITS、流通業者にガンプラ高額販売の是正要求 改善ない場合は取引中止も 詳細を聞いた
取引先あての文書がTwitterに出回り話題となっていました。(2022/3/2)

鉄道会社の苦悩:
JRが鉄道事業を維持するために、強化すべき「副業」は何か
経営状況の悪化が続く鉄道事業。私鉄各社が多角化した経営ビジネスを進める中、鉄道事業を中心としているのがJRだ。JR各社が今後生き残るために必要な策とは――。(2022/2/25)

4000人に聞いた:
日用品・化粧品の値上げ、どれだけ許せる? 最多は「3%未満」
「日用品・化粧品の購入に関する意識調査」を実施した。日用品・化粧品の10%を超える値上げは「許容できない」と回答した人が全体の約9割を占めた。値上げの事実を公表してほしいという意見も多く上がった。(2022/2/18)

34期連続増収:
「関西スーパー争奪戦」は始まりにすぎない!? 関西進出を狙う「オーケー」の恐るべき“実力”
2021年は「関西スーパー争奪戦」が注目された。オーケーは敗れたが、関西進出を検討している。競合他社と比較して見えたオーケーの実力とは?(2022/1/31)

経理/会計業務をもっと楽に:
PR:工事精算業務の手間とリスクを抜本解消! “OCR×AI”が切り開く、「脱・紙業務」と業務効率化の道筋
店舗や工場などの営業用施設を数多く保有する企業にとって、建設物の竣工までに業者に支払った代金を仮計上する工事精算業務は厄介な存在だ。非常な手間暇を要し、システム化しようにも業務の特性から一筋縄ではいかない。この悩みを解消するソリューションが今、注目を集めている。(2022/1/31)

設計業務DX:
PR:日立が実践する、日本のモノづくりを飛躍に導く設計業務革新「EngineeringDX」とは
製造業のDX推進を成功に導くには、設計業務において「フィジカル空間」の情報を「デジタル空間」へフィードバックする「EngineeringDX」が必要になる。このEngineeringDXに積極的に取り組む日立製作所が、同社の成果を広く活用できるようにクラウドサービスとして構築したのが「日立クラウド型設計業務支援サービス」だ。「従量課金型プライベートクラウドサービス」と組み合わせれば、さらに活用のレベルを向上できる。(2022/1/11)

どのように転売ヤーにとっての魅力をなくすか:
不正転売について考えてみた
メルカリをはじめとする「二次流通業者」の存在感が大きくなっている。 しかし、残念ながら二次流通業と消費者との関わりポジティブな側面だけでなく、ネガティブな側面もある。その代表が「不正転売」だ。本レポートでは、メルカリとUSJの転売対策など、企業の事例を取り上げる。(2021/12/18)

あらゆる現場でノウハウ共有を可能に:
PR:スマートフォン1台で業務マニュアルを作成 映像も駆使した“次世代のノウハウ共有”とは
マニュアルの作成のために、なぜいちいちPCで文章を作成し、画像を貼り付けるといった工数を重ねる必要があるのか。マニュアルを探して社内のフォルダをあさる時間は無駄ではないのか。顧客の声を受けたベンダーが目指したのは、スマートフォン1台でマニュアルを作成でき、その情報をスムーズかつ安全に共有できる仕組みだった。(2021/12/1)

未経験でも社内データサイエンティストになるための4つの指針
DX組織立ち上げの機運が高まる中、まったく異なる業務で活躍されていた方々が社内データサイエンティストの候補となることも多いでしょう。データサイエンティスト候補として選ばれた方々の視点に立ち、データサイエンスのスキルを身に付ける方法について紹介します。(2021/12/8)

複雑な制約条件をコントロールする:
PR:スマート物流のデータ基盤 先行企業2社はどう取り組むか
物流業界は人材不足を背景にリソースの効率化や平準化、デジタルを生かした業務改革が求められている。関係者が多く、複雑な制約条件で臨機応変な対応が求められるこの業界において実績を積むデータ基盤がある。なぜ選ばれるのだろうか。(2021/11/5)

羽ばたけ!ネットワークエンジニア(45):
AWSでサードパーティーの仮想ルーターが活躍する理由とは?
現在の企業ネットワークの主流は、閉域ネットワークサービスとクラウド接続サービスを組み合わせる構成だ。ここに新顔が現れた。「インターネット+クラウド用仮想ルーター」という構成だ。クラウド用仮想ルーターにはどのようなメリットがあり、将来はどのようになるのだろうか。(2021/10/25)

「プレミアムコンテンツ」の読み解き方
「コロナワクチン配布はなぜ難しいのか 得られる教訓は」を日本企業はどう読むべきか
世界のIT動向をまとめた「プレミアムコンテンツ」の読み解き方を解説する本連載。今回は「コロナワクチン配布はなぜ難しいのか 得られる教訓は」を取り上げる。(2021/9/29)

DX時代のプライバシー:
グローバルで進む、個人情報保護法の厳格化 企業が行うべき3つの施策
2018年に施行した欧州一般データ保護規則(GDPR)を機に、各国の個人情報保護法は厳格化の傾向をたどっている。そうした中、企業はどのような施策を講じればよいか。実際にプライバシー保護のグローバリゼーションに取り組んでいる企業の事例をもとに説明する。(2021/9/22)

使う目的は?:
普段使う自転車、1位は「ママチャリ」、2位は? 「乗れるけど日常的に使用しない」が半数
流通業向けシステム開発のプラネット(東京都港区)は、自転車に関する意識調査を実施した。(2021/9/13)

DX時代のプライバシー:
「プライバシー・バイ・デザイン」とは何か 法令厳格化の中で、DXを推進する考え方
DXの加速に伴い、各国ではプライバシー保護関連の立法や改正が進み、より厳格な要求を企業に課している。そうした中、企業に求められる考え方「プライバシー・バイ・デザイン」とは何か。(2021/9/9)

医療業界のデータ侵害コストは対前年比200万ドル増:
データ侵害のコストは過去最高の平均424万ドル、IBMがセキュリティ調査レポートを公開
日本IBMは、「2021年データ侵害のコストに関する調査レポート」を発表した。データ侵害インシデントにかかる1回の侵害当たりのコストは、前年よりも10%増え、平均424万ドルだった。(2021/8/27)

製造マネジメント インタビュー:
高まるアフターマーケット領域の関心、BPMソフトウェア企業が見る国内製造業
ペガジャパンは2021年7月1日、同社 代表取締役に福島徹氏が就任したことを発表した。金融機関を中心にBPM支援ソリューションを展開してきたが、今後は製造業をはじめ他業種への展開を強化する方針だ。福島氏に取材を行い、国内製造業をどのように見ているか聞いた。(2021/8/6)

Microsoft Focus:
小売りDXにMSが本腰 「Microsoft Cloud for Retail」から三越伊勢丹の“24時間型VRデパート”まで、支援に生かす“強み”とは
小売業界に特化したクラウドソリューション「Microsoft Cloud for Retail」を発表したMicrosoftが、世界規模で小売り向けの戦略を強化している。消費者向けのデジタル施策から在庫管理の効率化といった多様なニーズにソリューションで応える他、国内外の小売企業と個別にタッグを組んでDXを進める背景には、Microsoftが小売業だからこそ押し出したい強みがあるという。(2021/7/21)

カスタマーエッジを軸に素早く、安全にアプリケーションを届けるVolterra:
PR:F5のエッジ・クラウド戦略、Volterra統合で加速する分散アプリケーション基盤を包括的にカバー
エッジにアプリケーションを分散配置するなど、アプリケーション実行基盤が複雑化し、安全な実行はもちろん、可視化や分析の難易度は増すばかりだ。F5 NetworksはVolterraを買収することで、このような現状を解決するソリューションを幅広く展開するという。(2021/7/13)

フォルダに入れたらはい、完了!:
PR:安い、速い、高精度なクラウドOCRが組織変革を加速させる理由
ペーパーレス化が進んでいるとはいえ、流通業や製造業における受注業務は、まだまだ「紙」が主流。手作業による入力業務は、「繁忙期には残業も致し方なし」という悪しき習慣にもつながりかねないだけに、早々に解決を図りたいところだ。しかし、その紙をデータ化できるOCRの導入には、言うほど簡単ではない“壁”があるという。OCRに携わって25年以上のハンモックに、その理由と対応策を聞いた。(2021/7/7)

製造ITニュース:
中長期的なDX推進パートナーを求める小売業や消費財メーカーが増加か
マイクロソフトは2021年6月16日、小売企業や消費財メーカーで進むDXの現状と、それらの企業を対象とするIT市場での戦略説明会を開催した。また説明会では、マイクロソフトの製品、サービスを用いてデジタル戦略を進める消費財製造業として資生堂を紹介した。(2021/6/17)

広告コピー生成、効果予測、チャットbot他:
電通の広告・マーケティングノウハウをAIで再現 「CXAI」が目指すもの
電通グループ4社が、CXのためのAI構築サービスを開始した。電通のクリエイターの知見を学習したAI技術をモジュール化し、ニーズに合わせて組み合わせてWebアプリとして提供するものだ。開発の狙いについて聞いた。(2021/6/16)

製造IT導入事例:
凸版印刷がSAPのERPシステムなど導入、グローバルなデータ駆動経営目指す
SAPジャパンは2021年6月2日、凸版印刷がDX事業を推進するためのIT基盤としてERPシステム「SAP S/4HANA」など3製品を導入した。安定性と拡張性を持つERPシステムを通じて国内外拠点のデータ連携を促進し、凸版印刷のデータドリブン経営を実現する。(2021/6/3)

コロナワクチン配布に学ぶ「5つの教訓」【後編】
ワクチン温度だけじゃない、「新型コロナワクチン」の配布を阻む課題と対策
米国の新型コロナワクチン配布の経験から、サプライチェーン効率化に関する知見が見えてきた。「Chain of Custody」といった高度な手法から、現場の小さな工夫まで、さまざまなチップスを紹介する。(2021/6/1)

コロナワクチン配布に学ぶ「5つの教訓」【中編】
「温度監視」「需給調整」にも注目 米国に学ぶ新型コロナワクチン配布の知恵
新型コロナワクチンの品質を保つためには厳格な温度管理が欠かせない。リアルタイムで温度を監視したり、医療現場への配送をトラッキングしたりといった取り組みから学べるサプライチェーン管理の教訓とは。(2021/5/25)

コロナワクチン配布に学ぶ「5つの教訓」【前編】
未曾有のコロナワクチン配布プロジェクトから見えた「適切な情報共有」の本質は
新型コロナウイルス感染症の予防接種を希望する人にワクチンを届ける世界各国の取り組みには、連携の強化や徹底した情報共有などサプライチェーンの改善に関する多くのヒントが含まれている。学ぶべき教訓は。(2021/5/18)

羽ばたけ!ネットワークエンジニア(39):
コロナ禍で進むSD-WAN導入と企業ネットワークのダウンサイジング
SD-WANが話題になり始めたのは2015年ごろからだ。最近まで導入事例はほとんど見られなかったものの、コロナ禍で企業ネットワークの状況は一変し、SD-WANの採用が増え始めた。(2021/4/28)

製造マネジメントニュース:
ブルーヨンダーはCNS社の“専鋭化”に必須、パナソニックが7650億円で買収
パナソニックがサプライチェーンマネジメント(SCM)ソリューションを展開するブルーヨンダーの100%子会社化について説明。2020年7月に8億米ドルで同社の20%の株式を取得していたが、残り80%の株式の追加取得について、同社と、実質的な株主である投資会社2社との間で最終合意した。買収総額は71億米ドル(約7650億円)に上る。(2021/4/26)

新設の専用データセンターも「ほぼ満床」:
国内パブリッククラウド市場“急成長”は本当か? AWSやAzureも利用のデータセンター、日本に巨額投資の背景は
日本のパブリッククラウド市場が急成長の局面を迎えている。データセンターを手掛けるエクイニクスは新たに大規模ベンダー向けの拠点を新設したが、現時点で既にスペースは満床だという。その背景に何があるのか。国内におけるニーズの変化や各ベンダーの動きから読み解く。(2021/3/18)

Society5.0実現へ加速する5G:
PR:デジタル変革の切り札「ローカル5G」の可能性と課題
Society5.0を支える中核インフラとして期待されている5G ── 通信事業者が提供する商用サービスが大都市を中心に提供され始めているが、この次世代のモバイル通信技術は、企業や自治体が課題解決のために最適化して独自に構築することもできる。いわゆる「ローカル5G」だ。製造業のスマートファクトリー化や流通業のスマートロジスティクス化、建設現場のデジタル化、交通機関での映像監視、遠隔医療など、さまざまな分野で活用が期待されているが、解決すべき課題も残されている。ローカル5Gのワンストップソリューションを提供する日立システムズ、通信デバイスとプラットフォームを展開するエイビット、そしてセキュリティベンダーのUbiq Security Japanに話を聞いた。(2021/3/16)

デンソー「DX相談窓口」の仕事とは? 「なくす、へらす、かえる」組織の仕組み
仕事全体の仕組みを変えるDXと小さな改良を継続するカイゼンは相容れない関係ではないかもしれない。デンソーが実践したカイゼン活動はDXにも効果があったという。どんな組織でどんな活動を進めたかを聞いた。(2021/2/18)

これから「透明化」するもの、残るもの:
金融サービスのUXはどう変わるか、体験と消費の再設計とその指針
コロナ禍以降の金融機関のサービスはどう変化するだろうか。日本の金融システムのプロがユーザー体験デザインの識者と語った「究極のUX」とは。(2021/2/12)

新神戸駅「天むす」(780円)〜「通信販売」の駅弁で巣ごもり休日を楽しく過ごそう!
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは新神戸駅「天むす」(780円)です。(2021/2/12)

IDCが国内金融IT市場の予測を発表 金融機関以外のサービス参入が顕著に
IDCが発表した国内金融IT市場の市場予測によると、2021年の市場規模は対前年比0.2%増の2兆2760億円の見込みだ。同社は、他業態の企業のFinTech関連/エコシステムIT支出規模を対前年比32.5%増の638億円と予測した。(2021/1/18)

日本に本格進出:
カンヌライオンズ3冠のバーガーキング「Whopper Detour」キャンペーンを支えたBrazeとは?
「Forbes」が選ぶ未上場の有望なクラウド企業トップ100社「Forbes Cloud 100」に3年連続選出されたBrazeが日本に本格進出。同社が提供する統合型カスタマーエンゲージメントプラットフォームとはどのようなものか。日本法人代表に聞いた。(2020/12/22)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
安易な「Go To イート」批判に喝! “功罪”を検証して見えてきたものは
「Go To イート」には批判も多い。しかし、実態とは違うイメージで語られていないだろうか。キャンペーンの功罪を検証する。(2020/12/16)

顧客に応じて最適な画像認識技術を提供するための基盤:
PR:成熟した「画像認識」技術、企業の課題を解決できるか
機械学習技術の発達と5Gなどの大容量高速通信の普及により、業務プロセスへ画像認識技術を適用しやすくなってきた。具体的な問題解決に使いたいというニーズが高まる中、さまざまな画像認識パッケージからどれを選べばよいのかが分かりにくい。(2020/12/9)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。