「SAP」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「SAP」に関する情報が集まったページです。

事業統廃合、M&A……変化に耐えるIT部門を考える:
PR:身動きが取れないSAP移行、激変する事業環境に基幹システムは追従できるか
古いSAP ERPのサポート切れが迫り、リプレースで多忙な企業も多い。身動きの取りにくい巨大プロジェクトを進めながら、事業統合や組織見直しなどのダイナミックな変化に情報システム部門はどう対応すべきか。(2022/6/24)

SAPが6月のセキュリティパッチを公開 「緊急」の脆弱性含むため直ちに確認と更新を
SAPは2022年6月のセキュリティパッチを公開した。セキュリティノートのうち1つはCVSSスコア10、優先度「緊急」(Very High)に分類されている。(2022/6/17)

SAP IBPとGoogle Cloudがデータ連携拡大 需要予測の高度化でサプライチェーン混乱に対応
SAPのサプライチェーン計画ソフト「SAP IBP」と「Google Cloud」の新たな連携機能が追加された。両社のデータを統合することで需要予測の向上を図る。(2022/6/17)

パーソルキャリアが分析:
エンジニアの開発言語別の平均年収 3位「Perl」、2位「R」、1位は?
パーソルキャリアが運営するHR forecasterは、ITエンジニアの職種やスキルに応じた平均年収に関するデータを発表した。開発言語別の平均年収を見ると、1位はSAP製品の開発言語である「ABAP」で、661万円となった。2位はデータアナリスティクスや統計解析で活用されている「R」(656万円)、3位は大規模配信システムなどで活用されている(630万円)だった。(2022/6/9)

SAP SuccessFactors導入事例 協和キリンの人事システム基盤はどうなっているか
協和キリンは、SAPのクラウド人事ソリューション「SAP SuccessFactors」によって人事システム基盤を構築し、稼働を開始した。協和キリンは「Life-changingな価値を実現する」人材や基盤を強化し、どのような変化にも柔軟に対応できる組織作りを推進する。(2022/6/6)

SAP on Azure事例:クラフト・ハインツのERPクラウド移行と「デジタルイノベーションオフィス」
「サプライチェーンがちゃんと見えること」に本気を出した巨大食品メーカーは基幹業務システムのクラウド移行をきっかけにデジタルマニュファクチャリング再定義を目論む。(2022/6/2)

SAP顧客の悩み
なぜS/4HANA移行が進まないのか SAPユーザー会が発表した問題とは?
非常に多くのSAP顧客がS/4HANAへの移行に際して困難な状況を経験しているという。SAP顧客は何に悩んでいるのだろうか。(2022/5/31)

TechTarget発 世界のITニュース
Thoma Bravoが107億ドルでAnaplan買収 SAPやOracleとの競争力は高まるか?
IBP(統合事業計画)ソフトウェアベンダーのAnaplanは、投資会社に約107億ドルで買収される。SAPやOracleと競合するAnaplanの今後はどうなるのか。(2022/5/27)

データ可視化にかかる工数を90%削減 花王が「SAP Analytics Cloud」を導入
花王が「SAP Analytics Cloud」を導入した。これまで会計データの加工や可視化に利用していた「Microsoft Excel」から同サービスへの移行によって、データの可視化に必要な工数を約90%削減した。(2022/5/24)

人材採用に潜むリスク【前編】
「雇用した専門家が素人だった件」が発生する事情、虚偽を見抜く方法
SAP製品の経験者を採用したら実は素人だったという。人材市場の変化がこうした悲劇を助長している。オンライン面接が増える中、応募者の虚偽を見抜くにはどうすればいいのか。(2022/5/23)

Google WorkspaceとSAP S/4HANA Cloudが統合 3つのメリットは?
Google CloudとSAP SEは、Google WorkspaceとSAP S/4HANA Cloudを新たに統合する。SAPソフトウェアとGoogle ドキュメントやGoogle スプレッドシートとの間で、データのエクスポート/インポート可能にする。両社は統合のメリットを3つ挙げた。(2022/5/23)

SAP、ロシアにあるクラウドのシャットダウンを決定 顧客はデータ削除、送付、国外移行のいずれかを選択
独SAPが、モスクワにある同社クラウドのシャットダウンを決定した。ロシアの非制裁対象企業に対し、データの削除、送付、ロシア国外のデータセンターへの移行のいずれかを選択できるようにする。(2022/4/22)

SAP ERPユーザーFender「ギター爆売れ」の裏側で決行した「たった3日のERPクラウドリフト」
コロナ禍は在宅趣味に関わる市場にも大きな影響を与えた。2020年に過去最高のギター販売台数を記録したギターメーカーFenderはこの状況に対応すべく、たった3日でSAP ERPをクラウドにリプレースした。(2022/4/22)

MicrosoftがAzure上にRISE with SAPを導入 基幹業務システムを最適化
Microsoftは、AzureにRISE with SAPソリューションを導入する。同社のSAP ERPソフトウェアシステムをSAP S/4HANA Cloud, private editionに移行する。SAPもAzureへの移行を進め、基幹業務システムのIT運用を最適化する。(2022/4/12)

NEWS
パナソニックがDX推進に向けて「RISE with SAP」を採用した理由とは
パナソニックは全社的なDX推進のため、SAPのクラウドサービス「RISE with SAP」を採用した。グローバルで「SAP S/4HANA Cloud」への移行を加速させる。その狙いとは。(2022/4/7)

ブロックチェーンで来歴をリアルタイム追跡、ユニリーバがパーム油サプライチェーンにGreenTokenを試験導入
ユニリーバは、「GreenToken by SAPソリューション」をパイロット導入した。世界的なパーム油サプライチェーンのトレーサビリティーと透明性の向上を図る。(2022/4/6)

製造IT導入事例:
パナソニックが「SAP S/4HANA Cloud」をコアとしたクラウドオファリング導入
SAPのERP「SAP S/4HANA Cloud」をコアとしたクラウドオファリング「RISE with SAP」をパナソニックが導入した。これによりパナソニックは、バリューチェーン全体のDXを加速させる。(2022/3/31)

クラウドニュースフラッシュ
アステラス製薬が「Azure」で「SAP S/4HANA」を動かす“深い狙い”とは
基幹系システムのクラウドサービス移行が進みつつある。「Azure」で「SAP S/4HANA」を動かすアステラス製薬の事例や、クラウドセキュリティの新サービスなど、クラウドに関する主要なニュースを紹介する。(2022/3/31)

製造マネジメントニュース:
富士通とYE DIGITALが戦略的協業、製造業の「SAP S/4HANA」移行を支援
富士通とYE DIGITALは、「SAP ERP」のメインストリームメンテナンス終了に伴い、製造業の「SAP S/4HANA」への移行を支援するために協業する。スムーズな移行を支援するほか、業種固有の付加機能を構築、連携して追加提供する。(2022/3/28)

カプコンが財務経理DX基盤としてBlackLineを導入 決算にかかる時間を半減し、人的リソースをコア業務に集中
カプコンは、自社の財務経理DXの基盤として、「SAP Account Substantiation and Automation by BlackLine」を導入した。決算にかかる工数を半減し、付加価値の高い戦略的業務に人的リソースを集中させる。(2022/3/24)

製造IT導入事例:
ブルボンがSAP S/4HANAと分析ソフトを導入、意思決定の情報収集迅速に
SAPジャパンは、同社の次世代ERP「SAP S/4HANA」と分析ソフト「SAP Analytics Cloud」をブルボンが採用したと発表した。システム刷新により、意思決定に必要な情報提供の迅速化などを目指す。(2022/3/8)

ロシアでのサービスを停止する企業が続々と Appleに続きMicrosoftも
ロシアによるウクライナ侵攻を受け、ロシアでのサービスを停止する企業が増えている。Microsoft、EA、Airbnbがそれに加わった。既にApple、Oracle、SAP、NIKE、IKEA、H&Mなどが発表済みだ。(2022/3/5)

スバル、SAP ERPでビジネス環境の変化に対応する経営基盤を構築
スバルは「SAP S/4 HANA Cloud」をはじめとするSAPソリューションを導入し、経営基盤を刷新。経理/税務の品質向上やリスク低減、業務負荷削減などの効果が出ているという。(2022/3/3)

クラウドDWHで新旧システムの分断解消:
PR:SAPデータ資産をどう生かすか 「SAP Data Warehouse Cloud」の狙いを聞いた
DXに向けたシステム刷新を進めるSAPユーザーにとってSAP S/4HANAへの移行だけでなく、オンプレミスやクラウドに散在するデータ資産をどのようにつないで生かすかが大きな課題だ。SAPシステムの中で効率良く解決する方法が見えてきた。(2022/2/28)

SAP×関西エリアの成長ストーリーに密着:
PR:SAP人材の「成長への次の一手」とは? SAPエンジニアやコンサルタントとして、さらなる高みへ踏み出す方法
SAP製品を扱うエンジニアやコンサルタントの成長の仕方が多様化していることをご存じだろうか。SAPを極めるキャリアを目指すか、それともSAPを主軸として他のソリューションやプラットフォームの技術や知識の幅を広げるキャリアを目指すか。成長への考え方は人それぞれだ。SAPの現場経験を持つ若手エンジニアやコンサルタントには、どのような具体的な可能性があるのだろう。関西で活躍している2人のSAP人材の対談を通して、これからの成長の在り方を模索する。(2022/2/17)

製品動向:
建設特化のSAP S/4HANA向けプロジェクト管理テンプレート
JFEシステムズは、SAP S/4HANA向けに同社が開発したプロジェクト管理業務テンプレート「SIDEROS PS TEMPLATE for SAP S/4HANA」の最新版を販売開始した。(2022/2/22)

IBMとSAPが「RISE with SAP」の新サービスを開始 ミッションクリティカルなワークロードのクラウド移行を支援
IBMとSAPは、顧客のSAPソリューション環境からクラウドへのワークロード移行を支援する新サービスを開始する。IBMはクラウドインフラとテクニカルマネージドサービスなどを提供する。(2022/2/17)

産業用ネットワーク技術解説:
OPC UAの採用を主要IoTベンダーが表明、AWSやマイクロソフト、グーグルなど
OPC Foundationは2022年2月1日、 Amazon Web Services(AWS)、Google Cloud、IBM、Microsoft、SAP、シーメンスなどの主要なIoTベンダーがエッジとクラウド間の情報連携用技術として、OPC UAを採用することを表明したと発表した。(2022/2/4)

業務プロセスのマイニングサービスをTISが提供開始
TISは、SAP S/4HANAの導入を検討する企業向けに「プロセスマイニングサービス」の提供を開始する。(2022/1/14)

PR:SAP ERPの移行先に悩む企業へ データの価値を迅速に引き出すポイントとは?――専門家に聞く
システム移行を見据えるSAP ERPのユーザー企業にとって大きな課題の一つが「今までSAP ERPに蓄積したデータをどう活用するか」だ。SAP S/4HANAをはじめ多くの選択肢を前に、企業が正しい判断を下すポイントとは何か。SAP製品に精通した専門家の答えとは。(2022/1/6)

「エクスペリエンスマネジメント」を強化するマンチェスター・シティFC【前編】
マンチェスター・シティFCがSAPのPaaSで構築したデジタルサイネージの中身
イングランドの強豪プロサッカークラブであるマンチェスター・シティFCは、ファンの体験価値を向上させるためにITを駆使している。具体的に何をしているのか。(2021/12/28)

クラウド活用で脱炭素化に取り組むSiemens Energy【前編】
Siemens Energyが「SAP ERP」をGCPに移行 その“エコ”な狙いとは
Siemens Energyはデータセンターの規模縮小を進めている。「SAP ERP」に加えて、製造部門やサプライチェーン部門に関連するデータを全て「Google Cloud Platform」に移行させる計画だ。その狙いは。(2021/12/27)

製造ITニュース:
SAP「2027年問題」対策に、ノーコードでS/4 HANAにデータ移行するアダプター
アステリアは2021年12月14日、テクニカルパートナーであるフリーダムが、アステリアのミドルウェア「ASTERIA Warp」シリーズとERPシステム「SAP S/4 HANA Cloud」との接続を実現するアダプターを開発したことを発表した。(2021/12/22)

PR:SAP ERPデータの“脱サイロ”をどう進める? 全世界の事例を知る専門家の答え
SAP ECC 6.0のサポート終了に伴う“2027年問題”に関連し、多くのユーザー企業が「蓄積したデータをどこに置き、どう生かすか」という問題を抱える。スムーズかつ外部データも併せた幅広い活用をかなえる現実解とは。(2021/12/22)

Weekly Memo:
クラウド中心へ「大転換」図るSAPジャパン 2022年、3つの戦略とは
SAPジャパン社長の鈴木洋史氏に、「2021年の総括と2022年の戦略」について取材した。2022年の目標は「クラウドカンパニーへ大転換」だという。その意味とは。(2021/12/13)

富士通、SAP Concurで間接費管理基盤を刷新 グループ含む全従業員約7万人の経費精算を効率化
富士通は、国内グループ会社74社を含む全従業員約7万人が利用する間接費管理基盤としてSAP Concurソリューションを導入する。間接業務の効率化とデータドリブン経営を実現する他、企業文化の変革も進める。(2021/12/2)

SAPがローコード/ノーコード向け開発ツールを発表 AI関連機能も追加へ
SAPはSAP BTPで利用できる統合的なローコード/ノーコード開発ツールを発表した。コーディングのスキルを持たないユーザーでも、新しいアプリケーションの開発や、既存のアプリケーションの拡張などが可能だとしている。(2021/11/25)

コロナ禍で熱を帯びるHR Tech市場【後編】
SAPやServiceNowが「HR Tech」市場に本腰 買収したベンダーや技術の特徴は?
「HR Tech」に関連するベンダーや技術の買収が相次いでいる。買収により事業を強化したSAPやServiceNowの取り組みを紹介する。(2021/11/24)

製造ITニュース:
SAP S/4HANAへの迅速かつ効率的な移行を支援、日立製作所とcbsが協業開始
日立製作所は2021年11月8日、ドイツのcbsコーポレートビジネスソリューションズとビジネスパートナー契約を締結し、国内企業向けに既存の基幹システムからSAP S/4HANAへと移行する際のサポートに関する協業を開始した。(2021/11/17)

フォルクスワーゲン、ホンダなどの自動車販売会社Inchcapeのデータ活用【後編】
「GCP」と「RISE with SAP」を組み合わせて使う自動車販売会社 その狙いとは?
大手自動車販売会社のInchcapeはクラウドERPの「RISE with SAP」を導入し、そのインフラとして「GCP」を採用した。Inchcapeがクラウドサービス活用を進める理由と、同社のデータ活用に関する取り組みを説明する。(2021/10/26)

SAPがSuccessFactorsの新ソリューションを発表 人材のスキルアップと流動化へ
SAPジャパンは、従業員の自律的なキャリア開発や成長を支援する「SAP SuccessFactors Opportunity Marketplace」を発表。社内の人材流動性や組織のアジリティの向上を支援する。(2021/10/25)

フォルクスワーゲン、ホンダなどの自動車販売会社Inchcapeのデータ活用【前編】
大手自動車販売会社が「GCP」「RISE with SAP」導入で備えた“根本的変化”とは
自動車販売企業のInchcapeはSAPのクラウドERP「RISE with SAP」と、そのインフラとして「Google Cloud Platform」の採用を決定した。同社がこれらのサービス群を採用する背景にある、自動車業界の変化とは。(2021/10/12)

紙印刷を「大幅」削減 花王が決算業務の効率化に向けSAPのクラウドプラットフォームを採用
花王は、決算業務の効率化に向けたプラットフォームとして、ブラックラインとSAPの共同ソリューション「SAP Account Substantiation and Automation by BlackLine」を採用し、稼働を開始した。同社の働き方改革とDXを実現する取り組みとは。(2021/9/29)

製造IT導入事例:
業務用冷凍冷蔵庫メーカーがクラウド型ERPを採用
フクシマガリレイは、グループ会社との連携強化および業務効率向上を目的に、SAPの次世代ERP「SAP S/4HANA」と分析クラウド「SAP Analytics Cloud」の導入を決定した。(2021/8/30)

トラスコ中山が経理業務を効率化 ツール導入で数値のチェックを自動化、紙業務撤廃へ
トラスコ中山が自社の決算業務のプラットフォームとして、「SAP Account Substantiation and Automation by BlackLine」を導入した。紙の書類を使った作業や人手によるチェック作業を削減して、付加価値の高い業務への移行を目指した。(2021/8/19)

フォスター電機、国内初の「SAP on Google Cloud」採用は「検討4カ月、移行2日」
フォスター電機は「SAP on Google Cloud」を基盤に基幹システムとして利用する「SAP ERP」をクラウドに移行した。運用の課題や今後のデータ活用基盤整備に向けた構想と、コロナ禍でのフルリモートクラウド移行の全容を聞いた。(2021/8/19)

Google CloudとSAPが戦略的パートナーシップ拡大、GoogleのAIなどをSAP製品から利用可能に
Google CloudとSAPは戦略的パートナーシップの拡大を発表。Google CloudがSAPの「RISE with SAP」の戦略的パートナーになり、両社連携で企業のクラウドビジネス変革を加速させる。(2021/8/4)

積水ポリマテック、DataSpiderでデータ連携基盤を構築 実現に向けた3つのポイント
積水ポリマテックは、SAP製品を使った社内データ管理の規模を世界に展開する際、予算の課題を抱えていたという。同社が大規模なデータの収集、集約を効率的に進めるため採った戦略とは。(2021/8/2)

Weekly Memo:
基幹業務システムは「作る」から「選ぶ」へ――変わるERP、導入を成功させる3カ条は
ERPを新たに導入するとき、どのような考え方や姿勢で取り組めばよいか。SAPジャパンの幹部による自社イベントでの説明が、他社のERPにも当てはまる興味深い話だったので取り上げてみたい。(2021/7/19)

Weekly Memo:
クラウドERP市場で三大勢力が激突 SAP、オラクル、ワークデイがエンタープライズアプリ業界に起こす変化とは
クラウド利用の進展とともにエンタープライズアプリケーション市場の新たな勢力争いの構図が見えてきた。最近の動きを踏まえて考察してみたい。(2021/7/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。