「SAP」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「SAP」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

レガシーなERPシステムからの脱却【前編】
製糖会社の「S/4HANA」移行 “30年来のSAPユーザー”が直面した老朽化問題
製糖会社Florida Crystalsは古くからSAPのERPシステムを運用している。AWSのパブリッククラウドに移行してシステム設計をシンプルにする前、同社のERPシステムはどのような課題を抱えていたのか。(2024/2/21)

ENEOS、デジタル戦略実現に向けて「RISE with SAP」を採用
SAPジャパンは、ENEOSがSAPのクラウドERPである「SAP S/4HANA Cloud」を中核とするクラウドオファリング「RISE with SAP」を採用したと発表した。(2024/2/20)

「失われた30年を取り返す最大のチャンス」 SAPが語る2024年のAI戦略
SAPは2024年のビジネス戦略を発表した。代表取締役社長の鈴木氏が「日本が失われた30年を取り返す最大のチャンス」と語るSAPのAI戦略とは。(2024/2/16)

日立産業制御が「GROW with SAP」を提供開始 工場の完全自動化を支援
日立産業制御ソリューションズはSAP S/4HANA Cloud Public Editionの提供開始する。同社の目指す、工場の完全自動化ソリューションとは。(2024/2/15)

RISE with SAPがもたらした亀裂【後編】
SAPユーザーが陥った「SAP製品の未来が見えない“闇”」の真相
先進的な機能の利用には「RISE with SAP」が必要になる――というSAPの発表が、ユーザー企業の間で波紋を呼んでいる。オンプレミスでSAP製品を利用しているユーザー企業の反応は。(2024/2/9)

伊藤忠商事、クラウド型統合人材管理プラットフォームを構築 サブシステムを生かすシステム構成とは
伊藤忠商事はクラウド型の統合人材管理プラットフォーム「SAP SuccessFactors」を導入した。サブシステムに分散していた人事データをどのように収集したのだろうか。(2024/2/2)

RISE with SAPがもたらした亀裂【前編】
SAPユーザーの信頼に“暗い影”を落とした「RISE with SAP」を巡る騒動
SAPが新機能の提供に関して打ち出した方針が、ユーザー企業の間で波乱を呼んでいる。ユーザー企業団体が強い懸念を示すのはなぜなのか。(2024/2/2)

製造業DX:
PR:「ムリ・ムラ・ムダ」のないモノづくりを実現する“際(きわ)”を乗り越えた工場DXとは
工場DXを実現するにはECMとSCMをシームレスにつなぐ必要があるが、業務間やシステム間に存在する“際(きわ)”がこれを妨げている。これらの“際(きわ)”を乗り越えるべく、日立が「SAP S/4HANA」を用いた実現方法をナレッジ化したものが「日立 設計・製造テンプレート」だ。(2024/1/31)

Exxon Mobilが考えるデータ活用とDX【前編】
エクソンモービルのデータ担当者がMicrosoftやSAPとの契約交渉で得た“深い学び”
Exxon Mobilでセントラルデータオフィスのマネジャーを務めるアンドリュー・カリー氏は、24年間でIT担当から経営戦略までさまざまな現場を経験し、DXにつながる学びを得たという。その内容とは。(2023/12/26)

SAP、ECCユーザーに向けた新サービス発表 レガシーシステム刷新をサポート
SAPが「SAP S/4HANA Cloud, private edition」の最新版や「RISE with SAP」の「プレミアムプラスパッケージ」などを発表した。(2023/12/26)

Weekly Memo:
SAPジャパン社長が「2024年は“ビジネスAI元年”になる」と宣言 その根拠を聞いてみた
2023年もあとわずか。2024年、企業のIT活用はどのように変化して進化していくのか。企業の基幹業務を担うERPをはじめとするエンタープライズアプリケーション市場をリードするSAPジャパンの鈴木洋史社長の話から探った。(2023/12/25)

キーマンズネット まとめ読みeBook:
SAPの2027年問題 スパゲッティー化した「日本型ERP」をどうする
国内2000社以上が導入しているといわれるSAP ERPのサポートが2027年末に終了する。SAPの2027年問題や日本型ERPがスパゲッティー化した理由を解説する。(2023/12/25)

基幹システムもクラウドへ:
増えるAzureへのSAP製品環境の移行事例 失敗を防ぐポイントをプロに聞く
企業のクラウド活用が進み、SAPの基幹システムのクラウドリフトが増えている。既存環境と各種サービスの親和性などを踏まえ、Azureの利用を検討する企業は多い。移行で留意すべき点は何なのだろうか。(2023/12/27)

「海外ベンダーに合わせてばかりの日本企業は“けなげ”だ」 花王グループのSAP Concur乗り換え話
花王グループがSAP ConcurからSAPPHIREに移行した。採用企業の多いSAP Concurだが、その先行きは怪しいかもしれない。(2023/12/20)

製造IT導入事例:
住友精化が基幹業務システムを「RISE with SAP」に刷新
住友精化は基幹業務システムを「SAP S/4HANA Cloud」を中心としたクラウドオファリング「RISE with SAP」へ刷新した。日本IBMが移行を支援した。(2023/12/20)

なぜSAPはCX領域でセールスフォースに追い付けないのか?
SAPはCXにスポットを当て、生成AI「Joule」に新機能を追加した。一方、セールスフォースに流れる顧客も増えているようだ。SAPが持つ課題と強みとは。(2023/12/19)

農林中央金庫、人事情報基盤をワンプラットフォーム化 その狙いは
農林中央金庫は2023年12月14日、SAP SuccessFactorsを導入したと発表した。同社の人材マネジメントの基本方針と、SAP SuccessFactorsの果たす役割は。(2023/12/15)

“大企業向き”だけじゃない:
SAPがGROW with SAPで中堅市場に本腰 「コストが合わない」は過去の話か
中堅企業にとって、「GROW with SAP」経由の「S/4HANA Cloud」導入は魅力的なクラウド移行の選択肢の一つだ。しかし、この市場セグメントをSAPが攻略することは容易ではない。(2023/12/12)

製造ITニュース:
「S/4HANA」のデータ活用した生成AI開発にも対応、SAPが新ツール提供開始
SAPジャパンは2023年11月28日、生成AI(人工知能)アプリケーションの開発者を支援するツールなどを新たに発表した。アプリケーションの統合開発環境に、生成AIアシスタントによるアプリケーションの開発支援機能を搭載するなどした。(2023/12/11)

住友精化が基幹業務システムを「RISE with SAP」へ移行
住友精化が日本IBMとSAPジャパンの支援の下、基幹業務システムを「RISE with SAP」へ移行した。(2023/12/6)

TOPPANがS/4HANAとSAP BTPで業務生産性を2倍に 今後の目標は
TOPPANホールディングスがS/4HANAとSAP BTPで業務生産性を2倍にした。同社の今後の目標とは。(2023/12/4)

“あらゆるレベルの開発者”が生成AI開発者に SAPが3つの新機能を発表
生成AIの台頭で、生成AIエンジニアの注目が高まっている。そんな中、SAPが3つの新機能を発表した。(2023/11/29)

東亜ディーケーケーが200億企業になるためにRISE with SAPを採用
東亜ディーケーケーがRISE with SAPを採用した。採用の決め手と今後の目標とは。(2023/11/28)

損害保険ジャパンがSAP Concurを導入 選定理由と効果は
損害保険ジャパンがSAP Concurを導入した。選定理由と導入効果を紹介する。(2023/11/27)

SAPが進める生成AIの実装 新たに発表された「SAP Spend Control Tower」とは
SAPは企業の支出分析に特化した「Spend Control Tower」を発表した。どのような機能を提供するのだろうか。(2023/11/24)

製造IT導入事例:
流体移送機器メーカーが基幹システム刷新、SAPのクラウドオファリング「RISE with SAP」採用
SAPジャパンは、SAPのクラウドERP「SAP S/4HANA Cloud」を中核とするクラウドオファリング「RISE with SAP」を、大晃ホールディングスが採用したと発表した。(2023/11/22)

東北電力がSAP S/4HANAを導入 背景には電力小売全面自由化による競争激化か
東北電力がS/4HANAの稼働を開始した。導入の決め手は何だったのだろうか。(2023/11/20)

Panaya Japan株式会社提供Webキャスト:
SAP S/4HANA 2023への移行でよくある課題とは? 人材不足でも円滑に進める方法
多くの企業が2024年にかけてSAP S/4HANA 2023への移行・アップグレードを計画している。国内50を超えるSAP S/4HANA移行プロジェクトを実施してきた企業が、その経験に基づき、直面しがちな代表的な課題と解決策について解説する。(2023/11/20)

SAP、Oracle、Salesforceの生成AIは何が違うのか? 関連ニュースをまとめ読み
ベンダー各社が生成AIサービスを相次いで打ち出している。一方で「何が違うのか」を明確に理解するのは困難だ。本稿ではOracle、Salesforce、SAPの情報をまとめて紹介する。(2023/11/15)

Qlikがデータアナリティクスの調査を実施 SAPユーザーが望むのは「データアクセスの高速化」
ビジネスの源泉となるデータ。Qlikした調査によれば、SAP製品ユーザーは1時間以内に発生した最新データを分析し、経営の意思決定に生かしたいと望んでいるようだ。(2023/11/9)

製造マネジメントニュース:
SAP S/4HANAユーザーの輸出管理業務効率化を目指す、日立ソリューションズがコベルコシステムと協業
日立ソリューションズはコベルコシステムと協業し、SAPのERPパッケージ「SAP S/4HANA」を利用する企業向けに、輸出管理業務の効率化やガバナンス強化を支援するソリューションを共同開発する。(2023/11/9)

SAPが発表した既存サービスに関する2つの最新情報 それぞれの概要を紹介
SAPはSAP S/4HANA Cloud, private editionの最新版と、RISE with SAPの新しいパッケージを発表した。(2023/10/27)

スプレッドシート頼りだったサプライチェーン管理をSAP IBPへ移行した結果
Arista NetworksはスプレッドシートベースのサプライチェーンプロセスをSAP Integrated Business Planning(IBP)に移行した。その結果とは。(2023/10/19)

CEO単独インタビュー「新生SUSEが狙うもの」【第8回】
「SAP ERPのクラウド移行」にSUSEが注目するのはなぜ?
SUSEはアジア太平洋地域における事業拡大に向けて、SAPのERPを切り口としたビジネスに期待を寄せている。どういうことなのか。SUSEとSAPの密接な関係を探る。(2023/10/17)

脆弱性「組み合わせ」でSAP攻撃【後編】
SAP製品が狙われ始めた? 大惨事を招くその“深刻なリスク”とは
セキュリティベンダーOnapsisは、SAP製品の脆弱性を悪用する攻撃方法を見つけた。企業が対策を講じるに当たり、“あること”がネックになると同社は指摘する。何に注意が必要なのか。(2023/10/13)

CIO Dive:
SAPがGoogle Cloudと協力し、SAP Datasphereに生成AIを導入 両社の取り組みを紹介
SAPは「SAP Datasphere」に生成AIを導入した。最初のユースケースは自動車業界向けだという。(2023/10/13)

全世界の工場で「Rise with SAP」の利用も
BMWが基幹システムの大型刷新でまずMINI工場に「SAP S/4HANA」 その狙いとは?
BMWは自動車ブランド「MINI」の工場に「SAP S/4HANA」を導入した。この施策は同社の生産戦略「BMW iFACTORY」に基づくものだ。この戦略が目指す「自動車製造のデジタル化」とは。(2023/10/12)

SAPがLeanIXの買収でユーザーに新たなAIサービスを模索 一方で“過度な期待”には注意?
SAPはLeanIXを買収した。背景にはLeanIXが企業向けのアプリケーションポートフォリオをマッピングする生成AIサービスをリリースしたことがある。この買収により、ユーザーに新たなAIに関するメリットが提供されるかもしれない。(2023/10/11)

「オンプレに投資は行わない」 SAPにおける生成AI、クラウド、日本の競争力強化への取り組み
SAPジャパンは「SAP NOW Japan」を開催した。同社の生成AIやクラウドにかける期待に加え、国際競争力が低下している日本が取るべき打開策が分かる。(2023/10/4)

脆弱性「組み合わせ」でSAP攻撃【前編】
SAP製品を狙った“深刻な手口”が判明 複数ツールの脆弱性を悪用か
既知の脆弱性をうまく組み合わせれば、SAP製品への攻撃ができると、セキュリティベンダーOnapsisは警鐘を鳴らす。同社が発見した恐ろしい攻撃手法とは何か。(2023/10/4)

山善、人財マネジメントでSAP SuccessFactorsの導入を決めた3つのポイント
山善は2023年2月からSAP SuccessFactorsを人財マネジメントシステムとして本稼働している。導入の決め手とは。(2023/10/3)

SAPが生成AIサービス「Joule」を発表 その特徴は
生成AIに対する企業の注目が高まる中、SAPが新たなサービスを発表した。(2023/10/2)

元・外資営業役員が語る:
外資の営業は10年前からAI活用 なぜ日本企業の多くはいまだに「蚊帳の外」なのか
外資企業では、10年以上前から営業活動において簡単な業務であればAIを活用してきた。なぜ日本企業ではいまだにAI活用が進まないのだろうか? 元SAPジャパンの営業役員に日本の課題とポテンシャルを聞いた。(2023/9/28)

シニアが「働きがいのある会社」 2位「SAPジャパン」、1位は?
GPTW Japan(東京都港区)が、9月13日、2023年版日本における「働きがいのある会社」シニアランキングを発表した。大規模部門1位に輝いたのは「ディスコ」だった。(2023/9/27)

製造IT導入事例:
三洋化成工業、基幹システムをクラウド型ERP「SAP S/4HANA」に刷新
NTTデータ グローバルソリューションズは、三洋化成工業が採用した「SAP S/4HANA」の構築を2023年4月に完了し、同社基幹システムを刷新したと発表した。(2023/9/21)

SAPが国内におけるAIエコシステムを展開 狙いとユーザーのメリットは?
昨今はAI活用に注目が集まっている。そんな中、SAPがAIエコシステムの展開を発表した。ユーザーへのメリットとは。(2023/9/20)

SAPジャパンがシステム移行を支援する新サービスを発表 旭化成の活用事例とは
基幹システムの移行を支援するために、SAPジャパンはクラウドサクセスサービス事業を開始した。本稿はその取り組み概要と旭化成の活用事例を紹介する。(2023/9/20)

進むSAP活用 味の素のグループ会社の取り組み事例
味の素グループのタイ味の素がSAPを活用して大きな成果を出している。取り組みによって生まれた変化とは。(2023/9/19)

英国第2の都市バーミンガムが財政破綻 背景にはOracleプロジェクトのコスト肥大化
英国第2の都市バーミンガムが財政破綻した。背景にはOracleプロジェクトのコスト肥大化がある。バーミンガム市議会は大幅にカスタマイズされたSAPシステムをOracle Fusionに移行しようとしていたが、その複雑さからプロジェクトは難航していたようだ。(2023/9/8)

製造IT導入事例:
水道機材メーカーがクラウドERP「RISE with SAP」を採用、データ活用基盤を構築
SAPジャパンのクラウドサービス「RISE with SAP」をフソウが導入した。今回のシステム移行により、フソウはデータ活用基盤を構築して戦略的経営を進めつつ、営業競争力を強化し、企業価値を向上する。(2023/9/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。