「販売管理」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

三菱地所ハウスネット、国産iPaaSの活用でデータ連携基盤の構築を内製化 賃貸業務を効率化
三菱地所ハウスネットは、賃貸業務の効率化に向け、国産のiPaaS「DataSpider Cloud」を導入し、不動産テックを支える各種クラウドシステム間の柔軟なデータ連携基盤を自社開発した。(2022/5/13)

大日本印刷が基幹システム700超のVMをOCIに移行、ITリソース最適化を推進
大日本印刷は「Oracle Cloud Infrastructure」を採用し、オンプレミスの「VMware vSphere」環境で稼働する700以上の仮想サーバを「Oracle Cloud VMware Solution」に移行させる。同社がレガシーシステムのモダナイゼーションによって実現したい、コスト最適化以上のこととは。(2022/5/11)

2023年には企業アプリの60%がローコード/ノーコード開発に 一方でCoE設置の課題も――IDC予測
IDCの調査によると、ローコード/ノーコードプラットフォームを活用している企業は、2021年9月時点で4割弱に上った。ベンダーの支援策なども功を奏し、ローコード/ノーコード開発は急速に標準化していく見通しだ。(2022/4/22)

データで導くプライシングの技術(2):
実は難しい「値付け」の力学〜納得感と収益の妥当なバランスを決める決定要因
「スペックウォーク」(Spec-Walk)や「モデルウォーク」(Model-Walk)を駆使しても、それだけで値付けを決定できるわけではない。特にBtoB商材で長期間利用される商品のサポートサービスは値付けを決定する際に検討すべき要素が複数あり、売り切り商品と比べても合理的な価格決定が難しい。この問題をデータを駆使して解決するには、理解しておくべき前提知識がある。(2022/5/18)

データで導くプライシングの技術(1):
「稼ぐ力」を作り出す合理的なプライシングの技術
市場ニーズや事業環境が変化する中で「稼ぐ力」を継続的に維持するには商品やサービスの合理的な価格決定が必要です。複雑なサプライチェーンの中でどう仕組みを構築すればよいのでしょうか。(2022/5/13)

家電メーカー進化論:
倒産危機の新興家電シロカ、買い取りから2年で売上高71億円の新社長の手腕
製品のリコール費用などで19年に債務超過に陥ったシロカは、2000年に誕生した調理家電を中心に取り扱う白物家電メーカー。現在は新しい経営体制とファンドによる支援により、新生シロカとして再生。旧体制からわずか2年で、売上高を71億にまでアップさせた背景を、金井まり新社長と開発陣に聞いた。(2022/4/15)

キリがないOSSの脆弱性や人手によるミス、開発工数増にどう対応すべきか:
PR:DXを急ピッチで推進する凸版印刷が「GitHub Advanced Security」で実現するOSSセキュリティ対策とは
凸版印刷は2020年4月に全社横断でDX施策を推進する「DXデザイン事業部」を新設した。同事業部でサービス開発を行うICT開発センターは、開発プロセスをモダン化し、DevSecOpsを推進するコード管理プラットフォームとして「GitHub Enterprise」と「GitHub Advanced Security」を導入して、その活用範囲を広げている。GitHubの選定理由や感じたメリット、今後の展望などについて、ICT開発センターのメンバーに聞いた。(2022/4/21)

留意点は?:
売上が減少傾向……それでも「間接費」を削減して、収益力をアップさせる方法
コスト削減施策のうち、直接費についてはすぐに削減することは難しい半面、間接費については見直しの余地が大きいもの。そこで、間接費を削減するためのさまざまな施策を考えます。(2022/3/15)

動き出した日本の「契約・決済のデジタル化」検討はどこまで進んだか、これからどうなるか
2021年発足したデジタル庁が縦割りの壁を解消する活動を本格化させている。商取引や契約、決済手続きは企業から見ると一続きのプロセスだが、今までそれぞれの監督省庁が異なったり別の法律に縛られたりといった事情からなかなか一元的に合理化できなかった。今、この問題を抜本から解消しようとする検討が進んでいる。(2022/2/21)

オリオンビールがオフィス移転で直面した「サーバ置けない問題」 それでも数カ月でクラウド化できたワケ
オフィス移転によってサーバ室が使えなくなる危機に陥ったオリオンビール。社内システムの移行先にはAWSを選んだが、作業時間は残り数カ月。タイムリミットが迫る中、それでも同社がクラウド化できた理由とは。(2022/2/8)

魚を生きたまま持ち運べる水槽「活魚BAG」がインパクト抜群 開発者に狙いを聞いた
CAMPFIREで10台限定の試験販売を実施。(2022/2/7)

製造マネジメントニュース:
ソニー3Q決算は過去最高の売上高と営業利益、モビリティ事業はアセットライトで
ソニーグループは2022年2月2日、2022年3月期(2021年度)第3四半期(10〜12月)の業績を発表した。半導体不足や物流混乱などのマイナスの影響を受けたものの、半導体分野などの大幅増やその他事業の堅調などがあり、第3四半期としては過去最高の売上高と営業利益を達成した。(2022/2/3)

売り上げよりもブランドを重視:
PR:シウマイ弁当の崎陽軒・野並社長に聞く市場変化を乗り越えるためのヒント
(2022/2/2)

伊勢の「昭和」な食堂が店舗DXで生産性爆上げ その時社長は何をしたのか
デジタルをうまく活用すれば地方の昭和な食堂の経営はここまで変わる。平均客単価3倍、従業員のスキル向上と事業拡大も実現、海外ITベンダーとも取引する地方の老舗食堂のビジネスはITでどう変わったか。代表の講演から具体的な施策を見ていく。(2022/2/1)

PR:ノーコードツールでデジタル変革 DXを成功に導く「3つのステップ」とは?
(2022/2/1)

石角友愛とめぐる、米国リテール最前線:
小売りを救う“緊急事態対応”! 進化する需要予測の「4つのカギ」
コロナ禍では、急な感染拡大や緊急事態宣言などの発令により、消費者の行動が大きく変わる。そんな中、小売り企業はどのように備えるべきなのか──“緊急事態”の需要予測を成功に導く「4つのカギ」を紹介する。(2022/1/21)

クラウド事例ウォッチ:
「見たいときに見られる経営データ」をクラウドで実現 ピエトロが20年来の業務システムをAWS移行したワケ
2019年に業務システムをAWSに移行した、ドレッシングの生産や販売を手掛けるピエトロ。20年にわたって利用してきた旧システムから乗り換えた理由とは。(2022/1/19)

「Ruby biz Grand prix 2021」表彰式レポート:
PR:新たなビッグビジネスを予感させる9サービスを表彰
まつもとゆきひろ氏によって開発されたプログラミング言語「Ruby」を活用し、新たなビジネス価値を創造するサービスや商品を展開している企業を表彰するビジネスコンテスト「Ruby biz Grand prix 2021」の表彰式が、2021年12月15日に開催された。(2022/1/18)

コアスタッフ 代表取締役 戸澤正紀氏:
PR:半導体不足の中で存在感示したコアスタッフ、22年は「多様化するニーズに応える」
オンライン通販サイト「CoreStaff ONLINE」を運営する商社であるコアスタッフは2021年、同サイトの新規登録顧客数が2倍になるなど半導体/電子部品需要の急増を背景に、飛躍的に事業規模を拡大させた。顧客層の拡大に伴い、オンライン販売に求められるサポート要求もより高度化するとともに多様化。「2022年は、そうした多様なニーズに幅広く応えていくため、組織力強化、サポート体制の拡充を図っていく」とするコアスタッフ代表取締役戸澤正紀氏に事業戦略を聞いた。(2022/1/13)

金融機関ならではの要望に応えられる:
PR:地銀向け投信・保険販売システムを高セキュアにクラウド化、システム基盤選択の決め手は?
金融機関向けのサービスをクラウドで提供する場合、セキュリティの高さが非常に重要視される。さらに金融機関が必要なセキュリティは一般の企業とは異なる。加えてFinTech企業が開発しやすいプラットフォームであることが望ましい。金融機関向けサービスをクラウド化した企業の事例からは何が学べるだろうか。(2021/12/28)

明日から使えるITトリビア:
何これ便利 「そのデータ、印刷して郵送して」を1通99円から日本郵便が代行するサービス
請求書など、送ったデータを「紙でほしい」なんて言われることもあるかもしれない。煩わしいなと思っている人にぴったりな「Webレター」というサービスを日本郵便が提供している。(2021/12/21)

PBC、Dynamics 365の簡易導入サービス「Quick Start Service」で中小企業のビジネス成長を支援
パシフィックビジネスコンサルティングは、Dynamics 365の簡易導入サービス「Quick Start Service(QSS)」の提供を開始した。段階的な導入手法により、短期間、低コストでの導入を可能にし、中小企業のCRM/ERP活用やDX基盤の構築を支援する。(2021/12/14)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
法人ならApple製品が最大35%オフに? 「AFS」の仕組みを詳しい人に聞いてみた
 Appleが法人向けに提供しているリースサービス「Apple Financial Service」。企業にとってお得に見える仕組みだが、実際のところどうなのか。Macお宝鑑定団のDANBOさんをゲストにいろいろと聞いた。(2021/12/13)

産業動向:
「ゼネコンは8社が減益、電気通信は5G基地局の増大などで好調」建設業の第2四半期決算
建設HRは2022年3月期第2四半期決算のまとめを公表した。レポートでは、建設業関連6業種全てが前年同期比で増収となる一方で、純利益は4業種が減益になったと報告している。(2021/12/3)

小売・流通アナリストの視点:
競合は無印とニトリか 「イオン・キャンドゥ」タッグで再編進む100円ショップ業界の今
100円ショップ業界3位のキャンドゥが、イオンとの資本提携を発表したが、キャンドゥの狙いはどこにあるのか。もはや「100円」の商品だけでなく、さまざまな商品を扱う同業界の今を探る。(2021/11/25)

インフラの性能、拡張性、信頼性を大幅強化:
PR:900億件のデータを管理する山崎製パンがAI活用も見据えて刷新したDWHインフラ
ITとビジネスの一体運営を進めている山崎製パンは、消費者ニーズの多様化とビジネス環境の変化に対応するためにデータ活用基盤の刷新を決断。同社が抱えていた課題を解決し、AI活用、BCPの強化を見据えて採用したデータ活用基盤とは。(2021/11/25)

「面倒なくスタートアップ企業と同じようなアプリが作れる」:
ローコード開発のOutSystemsが、マイクロサービス化した次世代版「Project Neo」を発表
OutSystemsが、同社のローコード開発プラットフォームで、コンテナとクラウドを活用する次世代版、「Project Neo」を発表した。マイクロサービス化しており、スタートアップ企業と同じようなアプリケーションサービスの開発と運用が、一般企業でも煩雑な作業なしにできるとしている。(2021/11/19)

PR:レガシーな開発チームがクラウドネイティブ開発環境にたどりつくまでの道のり 内田洋行ITソリューションズ金沢氏に聞く「はじめの一歩」を踏み出すヒントと IT 中間管理職の戦い方
(2021/10/7)

Go AbekawaのGo Global!〜Mintzu Hnin Khat編(後):
ミャンマーではエンジニアは女性の仕事
ITにも日本にも興味はなかった。でも、1人のヒーローに出会って、日本でエンジニアになりたいと思った。(2021/10/6)

オンライン予約サービスのインフラにAWSを採用するTravelport
旅行サービス業が「AWS」採用 決め手はAmazon系ならではの“あの経験”
オンライン旅行予約サービスを手掛けるTravelportは、オンライン旅行予約システムの性能と拡張性を強化するためにAWSを採用している。AWSを採用した理由とは。(2021/10/1)

クラウドニュースフラッシュ
トヨタ系地図サービス会社が、3大クラウドではなく「OCI」のDBMSを選んだ理由
国内企業の「OCI」の導入事例やクラウド利用状況調査の結果、「秘密計算」が可能なクラウドサービスの提供開始など、クラウドの主要なニュースを紹介する。(2021/9/30)

PR:待望のAMDモデル! 16コアCPU+RTX 3090のパワーを引き出す「Endeavor Pro9050a」の実力に驚く
16コア32スレッドのモンスターCPUを搭載可能なエプソンダイレクトのハイエンドデスクトップPC「Endeavor Pro9050a」。NVIDIAのGeForce RTX 3090を採用したモデルを細かくチェックした。(2021/9/28)

変わる野菜ビジネスの法規制に対応 仕入れから販売まで統合管理のクラウドサービス
日立ソリューションズ西日本は、青果卸業向けのクラウドサービス「Hi-PerBT 青果卸向け販売管理システム」の提供を開始した。2020年6月に改正された卸売市場法に対応し、商品の受け卸ろしや販売管理機能などを提供する。(2021/9/21)

京王百貨店、全社員が利用する情報活用基盤を刷新 データドリブン経営の強化へ
京王百貨店は、Oracleのクラウドデータウェアハウス「Oracle Autonomous Data Warehouse」を活用し、全社員が利用するデータ活用基盤を刷新。リアルタイムなデータ活用を促進し、顧客の変化や多様性に迅速に対応するデータドリブンな業務変革を推進する。(2021/9/17)

工程管理は、あらゆる現場問題を解決する(8):
厳格な「棚卸し」は経営改善につながり、工程管理に現場監督者の活躍は欠かせない
工場における生産管理の根幹となる「工程管理」について解説する本連載。第8回は、まず「棚卸し」についての説明を行った後、連載の締めくくりとして、工程管理における現場監督者の役割と活躍の重要性について解説する。(2021/9/9)

製造業DXが生む3つの価値(2):
モビリティでリアルタイム情報収集を実現、AI活用でさらに強力なツールに
製造業でも多くの関心が寄せられている「DX」。前回連載の「製造業に必要なDX戦略とは」では、製造業におけるDXへの取り組み方を3つ例に挙げて解説した。本連載では、DX基盤を構築したその先で、具体的に「何が実現できるのか」を紹介する。(2021/8/27)

3〜4年前を思い出す:
本当に「前例はない」のか ニップンが“決算延期”に陥った大規模攻撃の教訓
ニップンがサイバー攻撃を受け、システム障害に陥った。早期復旧は難しく「これほど広範囲に影響を及ぼす事案は例がない」とされる。しかし、実際には前例はあったともいえるのではないか。過去の事例から学べることは……?(2021/8/24)

大規模なクラウド移行がきっかけに:
“以前はベンダー任せだった”システム開発を1年でほぼ内製化 エディオン、大転換に戸惑う現場を導いた戦略とは
柔軟なシステムの変更に自社で対処する力を付けようと、内製化を考える企業は多いはずだ。だが、これまで開発の大半を外注していた企業が内製に振り切ることは簡単ではない。そんな力業に挑んだのが、全国規模で家電販売チェーンを展開するエディオンだ。「そんなことが本当にできるのか」と戸惑うIT部門のメンバーを説得し、実際に内製化を進めたというリーダーはどのような戦略をとったのか。クラウド化の過程と併せて聞いた。(2021/8/18)

ニップンで「前例のない規模」のシステム障害が発生 サイバー攻撃によるサーバーへの不正アクセスだったと公表
ニップンは、7月7日に起きたシステム障害でサイバー攻撃によるサーバーへの不正アクセスがあったことを発表した。保管する企業情報及び個人情報の一部が流出した可能性がある。財務システムも被害を受け、21年4〜6月期の決算は約3カ月延期すると発表した。(2021/8/19)

日本の製粉大手に「前例ない」大規模攻撃 大量データ暗号化 起動不能、バックアップもダメで「復旧困難」
「システムの起動そのものが不可能で、データの復旧の手段はない」――製粉大手のニップンに、前例のない規模のサイバー攻撃。一度の攻撃で大量のデータが同時多発的に暗号化され、決算作業もできなくなった。(2021/8/17)

製造IT導入事例:
国内大手石油用機器製造販売企業が基幹システムにSaaSを採用
日本オラクルがSaaSとして提供する「Oracle Fusion Cloud Applications」製品群を、タツノが基幹システムに採用した。製品ライフサイクル情報など、経営情報をリアルタイムに確認可能になった。(2021/8/16)

製造マネジメントニュース:
スバルが2021年度の生産販売台数を下方修正、下期の挽回を前提に4万台減
SUBARU(スバル)は2021年8月3日、2021年度(2022年3月期)第1四半期(4〜6月期)の連結業績を発表した。(2021/8/4)

コミュニティー形成が鍵:
ライブコマースを今始めるべき理由と成功するためのポイント 17LIVEのCEOに聞く
オンラインでのショッピング体験の充実がコロナ禍の課題となっている。新たな手法として注目されるのが、ライブ配信経由でダイレクトに購入を促す「ライブコマース」だ。(2021/7/22)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
定期代が上がる!? 鉄道の“変動運賃制度”が検討開始、利用者負担は
鉄道で「変動運賃制度」の検討が開始された。そもそも、通勤通学定期券によるボリュームディスカウントは必要だったのか。鉄道会社の費用と収益のバランスが、コロナ禍による乗客減少で崩れてしまったいま、改めて考えてみたい。(2021/7/16)

4K? ウルトラワイド?:
テレワークに効く! 大画面液晶ディスプレイと最新ノートPCを勧めるワケ
在宅ワークを中心としたテレワークで、会社にいるときと同じような生産性を維持するのには、環境整備が欠かせない。真っ先にお勧めしたいのがデュアルディスプレイの導入だが、そこに一工夫をかけるとさらに効果を高めることができる。(2021/7/15)

freeeが「限度額3000万円」の法人向けクレカを提供する狙い
6月22日、7月に創業10年を迎えるfreeeは新戦略発表会を行った。新たなビジョンとして「だれもが自由に経営できる、統合型経営プラットフォーム」を掲げ、引き続きスモールビジネスにフォーカスして経営を支援していく。(2021/6/22)

【解説】バーティカルSaaS 国内でも盛り上がりの兆し
最近、注目を集めている“バーティカルSaaS"という言葉を聞いたことがあるだろうか。業界を問わず利用されるクラウド型のシステムは、部署や部門の課題を水平的にカバーすることから“ホリゾンタルSaaS"と呼ばれている。一方「建設」や「不動産」など、特定の業界に根付いた課題を解決するシステムは、垂直を意味する“バーティカルSaaS"と呼ばれ、徐々に認知が広まってきている。(2021/6/22)

中堅中小企業がクラウド移行を加速させる3つの理由:
「1人情シスでハードソフト更新の無限ループは限界」――クラウド移行企業が語る成果と経営者を納得させるコツ
2021年5月11日〜12日に開催された「AWS Summit Online」でクラウド移行を進めた2社がクラウド移行の成果や経営陣からクラウド移行のゴーサインをもらうためのポイントを語った。(2021/6/18)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(88):
私が決めた要件通りにシステムを作ってもらいましたが、使えないので訴えます
えっ? システムが実用的でないって? でも、要件を決めたのはあなたでしょう?(2021/5/26)

オンプレミスとクラウドのいいとこ取り:
PR:ファイルサーバーがここまで進化 中小企業にオススメしたい最新手法とは
企業規模を問わずデータの有効な活用が不可欠になりつつある。だが、予算や人手が限定的な中小企業の場合、自身で新たにデータ共有の仕組みを構築し運用することは容易ではない。実情を基に対策を探った。(2021/5/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。